ザミンストレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザミンストレル
英字表記 The Minstrel
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1974年
死没 1990年9月3日
Northern Dancer
Fleur
生国 カナダの旗 カナダ
生産 E.P.Taylor
馬主 Robert E.Sangster
調教師 Michael Vincent O'Brienアイルランド
競走成績
生涯成績 9戦7勝
獲得賞金 333,347ポンド
テンプレートを表示

ザミンストレル (The Minstrel) とは、カナダで生まれ、アイルランド調教された競走馬種牡馬である。1976年から1977年にかけてイギリス・アイルランドで走り、イギリス年度代表馬になるなど活躍した。馬名ミンストレルは吟遊詩人の意。叔父にイギリスクラシック三冠馬で大種牡馬のニジンスキーがいる。

ノーザンダンサー産駒らしく、15ハンド3インチ(約160センチメートル)とあまり大きくない体格をしていた。ケンタッキー州のキーンランドセレクトセールでロバート・サングスターに20万ドルで競り落とされると、ヴィンセント・オブライエンのもとに預けられる。僚馬にはザミンストレル引退後に活躍するアレッジドもいたが、アレッジドが遅咲きの名馬だったのに対して、ザミンストレルは早く引退したためいちども対戦していない。

2歳時は3戦3勝。デューハーストステークス (G1) などに勝っている。翌春は初戦2000ギニートライアルステークスを勝ち、イギリスとアイルランドの2000ギニーを連戦するも3着と2着。エプソムダービーでは勝負強いところを見せ、ホットグローヴとの叩き合いを制した。続くアイリッシュダービーも1馬身半差で連勝した。古馬との初対戦となるキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスでもオレンジベイとの叩き合いを制して優勝している。

このあとはアメリカ合衆国に遠征する計画もあったが、折りしもヨーロッパ感染症が流行、すでに900万ドルのシンジケートが組まれていたため種牡馬入りを優先し、そのまま引退した。

引退後はアメリカのウインドフィールズ牧場で供用された。大種牡馬の多いノーザンダンサー産駒の中ではそれほど目立つ存在ではなかったが、G1馬を多数輩出し種牡馬としても成功した。1990年9月3日蹄葉炎により安楽死。遺体はオーバーブルック牧場埋葬されている。

競走成績[編集]

  • 1976年(3戦3勝)
    • デューハーストステークス (G1) 、ラークスパーステークス (G3)
  • 1977年(6戦4勝)イギリス年度代表馬
    • エプソムダービー (G1) 、アイリッシュダービー (G1) 、キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス (G1) 、2000ギニートライアルステークス (G3)

おもな産駒[編集]

血統表[編集]

ザミンストレル血統ノーザンダンサー系 / 5代内アウトクロス

Northern Dancer
1961年 鹿毛
Nearctic
1954年 黒鹿毛
Nearco Pharos
Nogara
Lady Angela Hyperion
Sister Sarah
Natalma
1957年 鹿毛
Native Dancer Polynesian
Geisha
Almahmoud Mahmoud
Arbitrator

Fleur
1964年 鹿毛
Victoria Park
1957年 鹿毛
Chop Chop Flares
Sceptical
Victoriana Windfields
Iribelle
Flaming Page
1959年 鹿毛
Bull Page Bull Lea
Our Page
Flaring Top Menow
Flaming Top F-No.8-f

外部リンク[編集]