オールアロング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オールアロング
欧字表記 All Along
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1979年4月17日
死没 2005年2月23日(26歳没)
ターゴワイス
アグジッタ
母の父 ヴューマノワール
生国 フランスの旗 フランス
生産 Daniel Wildenstein
馬主 Daniel Wildenstein
調教師 Maurice Zilber(フランス)
Patrick-Louis Biancone(フランス)
競走成績
生涯成績 21戦9勝
獲得賞金 3,015,764ドル(ドル換算)
テンプレートを表示

オールアロング (All Along) はフランス競走馬。フランス、アメリカイギリス日本カナダの5か国の競走に出走し、1983年にフランス、アメリカの2か国で年度代表馬に選ばれた。おもな勝ち鞍は凱旋門賞ワシントンDCインターナショナルなど。獲得賞金300万ドルは当時の牝馬における獲得賞金記録である。

戦績[編集]

3歳(1982年)のクラシック路線ではエプソムオークスディアヌ賞(フランスオークス)ともに着外に敗れ、ヴェルメイユ賞に優勝した程度だった。年末には凱旋門賞15着のあと日本に遠征し、第2回ジャパンカップで2着と好走している。

翌年(1983年)も当初はめぼしい成績を残すことはできなかったが、前哨戦のフォワ賞2着を経て挑んだ凱旋門賞ではオークスサンプリンセスを抑え優勝した。牝馬の優勝は5年連続14回目の快挙で、上位6頭のうち5頭が牝馬であった。このあとオールアロングは北アメリカへの遠征を敢行する。凱旋門賞のわずか2週間後にカナダのロスマンズインターナショナルステークス(現カナディアンインターナショナルステークス)に勝利し、さらにそれから1か月足らずの間にアメリカのターフクラシック招待を8馬身4分の3差、ワシントンDCインターナショナルを3馬身4分の1差で制し、北アメリカの芝3大レースを史上初めて完全制覇した。凱旋門賞からわずか41日後のことであった。この年はフランスとアメリカ両国で年度代表馬に選ばれている。

オールアロングは翌年(1984年)も走り、ふたたび勝つことはなかったものの凱旋門賞3着など好走。第1回ブリーダーズカップ・ターフに出走し2着となったのを最後に引退した。のちの1990年、これらの競走成績がアメリカ競馬名誉の殿堂博物館に認められ、殿堂馬として選定された。

引退後[編集]

競走馬引退後はアメリカ・ケンタッキー州繁殖牝馬として供用された。おもな産駒に種牡馬となったアロングオール(Along All、父ミルリーフ。フランスでグレフュール賞 (G2) とシェーヌ賞 (G3) に勝利、グランクリテリウム2着)がいる。2003年には繁殖牝馬も引退し、2005年に老衰により死亡したという。

血統表[編集]

オールアロング血統プリンスキロ系 / Prince Rose4×4=12.50%) (血統表の出典)
父系

*ターゴワイス
Targowice
1970 黒鹿毛
父の父
Round Table
1954 鹿毛
Princequillo Prince Rose
Cosquilla
Knight's Daughter Sir Cosmo
Feola
父の母
Matriarch
1964 黒鹿毛
Bold Ruler Nasrullah
Miss Disco
Lyceum Bull Lea
Colosseum

Agujita
1966 鹿毛
Vieux Manoir
1947 鹿毛
Brantome Blandford
Vitamine
Vieille Maison Finglas
Vieille Canaille
母の母
Argosy
1950
Coastal Traffic Hyperion
Rose of England
Prosodie Prince Rose
Protein F-No.1-d
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

外部リンク[編集]