ダリア (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダリア
欧字表記 Dahlia
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1970年3月25日
死没 2001年4月6日
ヴェイグリーノーブル
チャーミングアリバイ
母の父 ハニーズアリバイ
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
(ケンタッキー州)
生産 ネルソン・バンカー・ハント
馬主 ネルソン・バンカー・ハント
アラン・ポールソン
調教師 モーリス・ジルベール(フランス
チャーリー・ウィッティンガムアメリカ
競走成績
生涯成績 48戦15勝
テンプレートを表示

ダリアまたはダーリアDahlia1970年 - 2001年)はアメリカ合衆国で生まれ、フランスアメリカ合衆国調教を受けた競走馬である。1973年1974年イギリス年度代表馬、1974年エクリプス賞最優秀芝馬。馬名の由来はキク科の植物ダリアより。

概要[編集]

3歳時のキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスで競走史上最大着差の6馬身差で圧勝するなど今でも世界最強牝馬として挙げられる事が多い名牝。ブラッド・ホース誌が選ぶ20世紀のアメリカ名馬100選第50位。G1競走は計9勝。

母としても6頭の重賞優勝馬、うち4頭のG1優勝馬を輩出するなど非常に優秀な繁殖成績を残している。なかでもダハール、リヴリア、ディカードレムは種牡馬として、ベゴニアは繁殖牝馬として日本に輸入され、ワジドはジャパンカップに出走するなど産駒日本と縁のある馬が多い。また、リヴリアはナリタタイシン皐月賞)というJRAG1優勝馬を出した。

ライバルはアレフランスで、この馬には8回対戦して一度も先着したことが無かった。

競走成績[編集]

代表産駒[編集]

血統表[編集]

ダリア血統オリオール系 / Hyperion 4×5×4=15.63%、Bahram 5×5=6.25% (血統表の出典)
父系

Vaguely Noble
1965 鹿毛
父の父
*ヴィエナ
1957 栗毛
Aureole Hyperion
Angelola
Turkish Blood Turkhan
Rusk
父の母
Noble Lassie
1956 鹿毛
Nearco Pharos
Nogara
Belle Sauvage Big Game
Tropical Sun

Charming Alibi
1963 栗毛
Honeys Alibi
1952
Alibhai Hyperion
Teresina
Honeymoon Beau Pere
Panoramic
母の母
Adorada
1947
Hierocles Abjer
Loika
Gilded Wave Gallant Fox
Ondulation F-No.13-c
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

関連項目[編集]

外部リンク[編集]