アメリカンオークスステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アメリカンオークスから転送)
移動先: 案内検索
アメリカンオークス
American Oaks Stakes
競馬場 サンタアニタパーク競馬場
創設 2002年7月6日
距離 芝1マイル1/4(約2012m
格付け G1
賞金 1着賞金15万7280ドル
出走条件 サラブレッド3歳牝馬
負担重量 南半球産馬125ポンド(約57.2kg
北半球産馬121ポンド(約54.9kg)
テンプレートを表示

アメリカンオークスステークスAmerican Oaks Stakes)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタアニタパーク競馬場において開催される重賞競走である。格付けはG1。施行条件は芝1マイル1/4(10ハロン、約2012メートル)。出走条件は3歳牝馬

2002年アメリカンオークス招待ステークスAmerican Oaks Invitational Stakes)として創設された。一般に「アメリカンオークス」の通称で知られる。

概要[編集]

アメリカにおける3歳牝馬芝路線の春夏シーズンの最高競走(early summer destination)として、また各国の3歳有力牝馬が集まる競走としての位置付けを目指し、国際招待競走として創設された。「オークス」の名称は、イギリスオークスを源として世界各国で伝統的に3歳牝馬の最高競走に命名されており、アメリカのダート路線では中部地区のケンタッキーオークスや東部地区のコーチングクラブアメリカンオークス(通称CCAオークス)が該当する。

第1回競走の優勝馬メガヘルツが、本競走優勝後もほかのG1競走に優勝するなど活躍。第2回に優勝したディミトロワアイリッシュオークス優勝馬)も同様に活躍し、第3回競走よりG1に格付けされた。1着賞金40万ドルというアメリカでは比較的高額な賞金設定もあり、以後各国のクラシック競走で勝利または好走した馬を集め、国際招待競走として定着した。2005年の第5回競走では、日本の優駿牝馬(オークス)優勝馬シーザリオが勝利している。

しかし2010年、カリフォルニア州における競馬産業の不振に伴い、従来75万ドルに設定されていた総賞金が25万ドルに減額され、競走名も「アメリカンオークスステークス」に改称、国際競走の性格は失われた[1]

2016年より開催時期を12月に移動する[2]

歴史[編集]

  • 2002年
    • 3歳牝馬限定競走の国際招待競走「アメリカンオークスインビテーショナルステークス」として創設。
    • 1位入線のDublino(ダブリノ)は直線での進路妨害により2着降着、2位入線のメガヘルツが繰り上がり優勝。
  • 2004年 - 国際リステッドから国際G1認定。
  • 2010年 - 賞金を大幅に減額。招待を取り消し「アメリカンオークスステークス」に改称。
  • 2014年
    • 開催時期を5月末に変更。
    • ハリウッドパーク競馬場閉鎖に伴い、サンタアニタパーク競馬場に開催地を変更。
  • 2016年 - 開催時期を12月に変更。

歴代優勝馬[編集]

※国旗は調教国を表す。

施行日 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 優勝馬主
第1回 2002年7月6日 アメリカ合衆国の旗Megahertz
メガヘルツ
牝3 2:00.46 アレックス・ソリス ボビー・フランケル マイケル・ベッロ
第2回 2003年7月5日 アイルランドの旗Dimitrova
ディミトロワ
牝3 1:59.98 デイヴィッド・フローレス ダーモット・ウェルド ジョセフ・ヒギンズ
第3回 2004年7月3日 アメリカ合衆国の旗Ticker Tape
ティッカーテープ
牝3 2:01.54 ケント・デザーモ ジェイムズ・キャシディ J・フォード/D・パーソン
/J・スウィーシー
第4回 2005年7月3日 日本の旗Cesario
シーザリオ
牝3 1:59.03 福永祐一 角居勝彦 キャロットファーム
第5回 2006年7月2日 アメリカ合衆国の旗Wait a While
ウェイトアホワイル
牝3 1:59.38 ギャレット・ゴメス トッド・プレッチャー エイリンデルファーム
第6回 2007年7月7日 アメリカ合衆国の旗Panty Raid
パンティーレイド
牝3 2:01.53 エドガー・プラード トッド・プレッチャー グレンクレストファーム LLC
第7回 2008年7月5日 アメリカ合衆国の旗Pure Clan
ピュアクラン
牝3 2:00.5 ジュリアン・ルパルー ロバート・ホルザス L・ラーキン/IEAHステーブルズ/
ペガサスホールディングス
第8回 2009年7月5日 アメリカ合衆国の旗Gozzip Girl
ゴジップガール
牝3 2:00.22 ケント・デザーモ トーマス・アルバートラニ ファーンズワースステーブルズ
第9回 2010年7月3日 アメリカ合衆国の旗Harmonious
ハーモニアス
牝3 2:01.77 マーティン・ガルシア ジョン・シレフス パム&マーティー・ウィゴット
第10回 2011年7月16日 アメリカ合衆国の旗Nereid
ネレイド
牝3 2:01.46
(同着)
ジョー・タラモ ジョン・シレフス エリック・クロンフィールド
アメリカ合衆国の旗Cambina
カンビナ
マーティン・ガルシア ジェフ・ボンド
第11回 2012年7月14日 アメリカ合衆国の旗Lady of Shamrock
レディオブシャムロック
牝3 2:03.19 M.Smith J.Sadler
第12回 2013年7月13日 アメリカ合衆国の旗Emollient 牝3 2:02.38 Mike E. Smith William I. Mott Juddmonte Farms
第13回[3] 2014年5月31日 アメリカ合衆国の旗Room Service
ルームサーヴィス
牝3 2:01.28 S.ブリッジモハン W.カタラーノ
第14回 2015年5月30日 アメリカ合衆国の旗Spanish Queen
スパニッシュクイーン
牝3 B.Blanc R.Baltas
第15回 2016年12月31日 アメリカ合衆国の旗Decked Out
ディキッドアウト
牝3 K.Desormeaux J.Desormeaux

日本調教馬の成績[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jack Shinar (2010年7月3日). “American Oaks Lacks International Flavor”. BloodHorse.com. 2010年9月11日閲覧。
  2. ^ American Oaks may be moved to December; two Grade 1 Los Al stakes face uncertaintyデイリーレーシングフォーム、2016年10月31日閲覧
  3. ^ 2014年レース結果 - racingpost、2014年6月2日閲覧

出典[編集]