ディアドラ (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディアドラ
Deirdre (JPN) IMG 4907-1 20170212.jpg
2017年こぶし賞パドック
欧字表記 Deirdre[1]
香港表記 迪雅卓[2]
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2014年4月4日(4歳)
ハービンジャー
ライツェント
母の父 スペシャルウィーク
生国 日本の旗 日本北海道安平町
生産 ノーザンファーム
馬主 森田藤治
調教師 橋田満栗東
競走成績
生涯成績 19戦7勝
中央:18戦7勝
海外:1戦0勝
獲得賞金 2億9579万7000円
(2018年10月13日現在)
 
勝ち鞍
GI 秋華賞 2017年
GII 府中牝馬ステークス 2018年
GIII 紫苑ステークス 2017年
GIII クイーンステークス 2018年
テンプレートを表示

ディアドラDeirdre)は、日本競走馬2017年秋華賞の勝ち馬である。

馬名の意味はケルト神話に登場する女性名より。

戦績[編集]

2歳[編集]

2016年7月2日中京の2歳新馬戦でデビューしたが惜しくも2着。続く7月23日中京の2歳未勝利戦は4着に終わる。休養を挟み10月15日新潟の2歳未勝利戦に1番人気に応え3戦目で初勝利を挙げる。重賞初挑戦となった11月5日京都のファンタジーステークスミスエルテの3着、11月27日京都の白菊賞は2着、12月17日中京のつわぶき賞4着と勝ち切れずこの年を終える。

3歳[編集]

2017年2月12日京都のこぶし賞3着のあと、3月11日中山のアネモネステークスで2着となり、桜花賞への優先出走権を獲得する。4月9日の桜花賞はレーヌミノルの6着に終わる。5月7日京都の矢車賞は後方追走から徐々にポジションを挙げると直線で抜け出し、ドロウアカードに2馬身差をつけ勝利した[3]。5月21日東京のオークスは馬場の内側を突いて追い込んで4着となる[4]。休養を挟み8月13日札幌のHTB賞はラヴィエベールとの追い比べを制して3勝目となる[5]。秋に入り、9月9日中山の紫苑ステークスに1番人気で出走、後方でレースを進めると直線で大外から鋭く伸び、先に抜け出したカリビアンゴールドにハナ差で競り勝ち重賞初制覇を飾る[6]。そして10月15日京都の秋華賞はスタートで出遅れるも道中中団の後ろを追走し、最後の直線で脚を伸ばすと先行したリスグラシューモズカッチャンをかわしてゴールし、3連勝でG1初制覇を飾った[7]。しかし11月12日のエリザベス女王杯では、4番人気に推されるも終始手応えを欠いて12着に大敗した[8]

4歳[編集]

年が明けて2月11日の京都記念に出走、6番人気の6着と人気通りの結果に終わった[9]。その後ドバイターフの出走馬に選出され、招待を受諾[10]。そして3月31日のドバイターフでは後方待機策を採って直線で追い込み、ヴィブロスに次ぐリアルスティールとの3着同着に健闘した[11]。帰国後は7月29日のクイーンステークスに出走。オークス馬ソウルスターリングを抑えて1番人気の支持を受けると、レースでは直線で大外から豪快に差し切り、フロンテアクイーンに3馬身差をつける圧勝を飾った[12]。10月13日の府中牝馬ステークスジュールポレールなど本馬を含めGI馬4頭が揃う中、前半1000m58.2秒のハイペースを後方から追走し、直線で先に抜け出したリスグラシューをゴール前で差し切って重賞4勝目を飾った[13]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上がり3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2016.07.02 中京 2歳新馬 芝1400m(良) 16 7 14 006.60(3人) 02着 R1:22.0(35.2) -0.4 M.デムーロ 54kg メイショウソウビ
0000.07.23 中京 2歳未勝利 芝1600m(良) 16 2 4 004.90(3人) 04着 R1:35.6(35.1) -0.3 M.デムーロ 54kg ラヴィングアンサー
0000.10.15 新潟 2歳未勝利 芝1400m(良) 14 7 11 002.30(1人) 01着 R1:22.1(34.8) -0.3 加藤祥太 53kg (アプト)
0000.11.05 京都 ファンタジーS GIII 芝1400m(良) 12 7 10 006.90(3人) 03着 R1:22.0(33.6) -0.2 M.デムーロ 54kg ミスエルテ
0000.11.27 京都 白菊賞 芝1600m(重) 11 5 5 002.70(1人) 02着 R1:38.5(37.3) -0.3 岩田康誠 54kg ゴールドケープ
0000.12.17 中京 つわぶき賞 芝1400m(良) 16 5 9 003.10(2人) 04着 R1:22.6(34.0) -0.1 加藤祥太 54kg エントリーチケット
2017.02.12 京都 こぶし賞 芝1600m(稍) 8 7 7 003.50(3人) 03着 R1:36.4(35.4) -0.2 M.デムーロ 54kg マイスタイル
0000.03.11 中山 アネモネS OP 芝1600m(良) 16 3 6 005.40(3人) 02着 R1:34.8(35.7) -0.1 A.シュタルケ 54kg ライジングリーズン
0000.04.09 阪神 桜花賞 GI 芝1600m(稍) 17 8 17 207.2(14人) 06着 R1:34.9(34.9) -0.4 岩田康誠 55kg レーヌミノル
0000.05.07 京都 矢車賞 芝1800m(良) 9 5 5 001.90(1人) 01着 R1:47.8(33.8) -0.3 岩田康誠 54kg (ドロウアカード)
0000.05.21 東京 優駿牝馬 GI 芝2400m(良) 18 4 7 027.60(9人) 04着 R2:24.8(33.9) -0.7 岩田康誠 55kg ソウルスターリング
0000.08.13 札幌 HTB賞 芝2000m(稍) 10 7 7 003.50(2人) 01着 R2:02.1(35.0) -0.0 岩田康誠 52kg (ラヴィエベール)
0000.09.09 中山 紫苑S GIII 芝2000m(良) 18 8 16 002.50(1人) 01着 R1:59.8(33.8) -0.0 岩田康誠 54kg (カリビアンゴールド)
0000.10.15 京都 秋華賞 GI 芝2000m(重) 18 7 14 006.30(3人) 01着 R2:00.2(35.7) -0.2 C.ルメール 55kg リスグラシュー
0000.11.12 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2200m(良) 18 6 11 007.40(4人) 12着 R2:15.1(33.8) -0.8 岩田康誠 54kg モズカッチャン
2018.02.11 京都 京都記念 GII 芝2200m(重) 10 3 3 012.50(6人) 06着 R2:17.3(36.6) -1.0 福永祐一 54kg クリンチャー
0000.03.31 メイダン ドバイターフ GI 芝1800m(良) 15 13 13 03着 C.ルメール 55kg Benbatl
0000.07.29 札幌 クイーンS GIII 芝1800m(良) 11 7 9 003.20(1人) 01着 R1:46.2(33.7) -0.5 C.ルメール 55kg (フロンテアクイーン)
0000.10.13 東京 府中牝馬S GII 芝1800m(良) 11 4 4 002.30(1人) 01着 R1:44.7(32.3) -0.0 C.ルメール 56kg (リスグラシュー)
  • 競走成績は2018年10月13日現在

血統表[編集]

ディアドラ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ダンジグ系
[§ 2]

ハービンジャー
Harbinger(英)
2006 鹿毛
父の父
Dansili
1996 鹿毛
*デインヒル Danzig
Razyana
Hasili Kahyasi
Kerali
父の母
Penang Pearl
1996 鹿毛
Bering Arctic Tern
Beaune
Guapa Shareef Dancer
Sauceboat

ライツェント
2007 青鹿毛
スペシャルウィーク
1995 黒鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペンガール マルゼンスキー
レディーシラオキ
母の母
ソニンク
Soninke(英)
1996 黒鹿毛
Machiavellian Mr.Prospector
Coup de Folie
Sonic Lady Nureyev
Stumped
母系(F-No.) ブリティッシュ・ハーフブレッド(FN:B3) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer5×5×5=9.38%、Halo4×5=9.38% [§ 4]
出典
  1. ^ ディアドラ 5代血統表2017年10月16日閲覧
  2. ^ ディアドラ 5代血統表2017年10月16日閲覧
  3. ^ ディアドラ 5代血統表2017年10月16日閲覧
  4. ^ ディアドラ 5代血統表2017年10月16日閲覧

叔父にダート重賞(地方交流含む)4勝のランフォルセ、叔母に2009年東京優駿ロジユニヴァースの母アコースティクスがいる。

出典[編集]

  1. ^ DEIRDRE (C811) - Racing Information” (英語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2018年12月9日閲覧。
  2. ^ 迪雅卓 (C811) - 馬匹資料 - 賽馬資訊” (中国語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2018年12月9日閲覧。
  3. ^ ディアドラが人気に応え快勝/矢車賞netkeiba.com、2017年12月17日閲覧
  4. ^ 【オークス】9番人気のディアドラは内から追い込んで4着 岩田騎手「3着はありそうだった」スポーツ報知、2017年12月17日閲覧
  5. ^ 【HTB賞】(札幌) ディアドラが追い比べ制すnetkeiba.com、2017年12月17日閲覧
  6. ^ 【紫苑S】ディアドラが重賞初勝利 鼻差で競り勝つスポーツニッポン、2017年10月15日閲覧
  7. ^ 3番人気のディアドラが優勝 ルメール騎手「いい馬」 GI秋華賞サンケイスポーツ、2017年10月15日閲覧
  8. ^ “【エリザベス女王杯レース後コメント】モズカッチャン M.デムーロ騎手ら | 競馬ニュース - netkeiba.com”. netkeiba.com. http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=128961 2018年8月16日閲覧。 
  9. ^ “【京都記念レース後コメント】クリンチャー藤岡佑介騎手ら | 競馬ニュース - netkeiba.com”. netkeiba.com. http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=133088 2018年8月16日閲覧。 
  10. ^ “ドバイターフにディアドラが選出され受諾 | 競馬ニュース - netkeiba.com”. netkeiba.com. http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=133765 2018年8月16日閲覧。 
  11. ^ “【ドバイターフ】ディアドラ3着同着  秋華賞馬の底力を示した | 競馬ニュース - netkeiba.com”. netkeiba.com. http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=135379 2018年8月16日閲覧。 
  12. ^ “【クイーンS】ディアドラ 圧巻の大外一気 ルメール「楽勝」札幌記念参戦も | 競馬ニュース - netkeiba.com”. netkeiba.com. http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=140512 2018年8月16日閲覧。 
  13. ^ “【府中牝馬S】ディアドラがゴール前で差し切り重賞連勝!/JRAレース結果 | 競馬ニュース - netkeiba.com”. netkeiba.com. http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=144455 2018年10月14日閲覧。 

外部リンク[編集]