ヴァンキッシュラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴァンキッシュラン
欧字表記 Vanquish Run[1]
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2013年3月18日(6歳)
ディープインパクト
リリーオブザヴァレー英語版
母の父 Galileo
生国 日本の旗 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム
馬主 島川隆哉
調教師 角居勝彦栗東
競走成績
生涯成績 8戦3勝
獲得賞金 7,918万3,000円
 
勝ち鞍
GII 青葉賞 2016年
テンプレートを表示

ヴァンキッシュラン(Vanquish Run[1])は、日本競走馬種牡馬。主な勝ち鞍は2016年青葉賞(GII)。

現役時代[編集]

デビュー前[編集]

2013年3月18日、北海道千歳市社台ファームで誕生[1]。同年のセレクトセール当歳馬市場で島川隆哉によって1億9,000万円(税抜)で落成された。これは、「アゼリの2013」(後のロイカバード)の2億4,000万円、「マルペンサの2013」(後のサトノダイヤモンド)の2億3,000万円に次ぐこの日3番目の高額であった[2]。しかし、社台ファームでの育成中では父の産駒としては珍しく歩きに硬さを見せることもあり[3]、デビューの段階でもスタッフは本馬の能力に対して半信半疑の気持ちだったという[4]

2歳(2015年)[編集]

7月26日の新馬戦函館芝1800m)でデビューするが、単勝1.4倍の圧倒的人気に応えられず2着となる。年内は未勝利戦を2回走って3着、2着と勝ち切れない競馬が続いた[4]

3歳(2016年)[編集]

4戦目となった未勝利戦で待望の初勝利を挙げる。この頃から、スタッフに「走りのフォームや馬体が一変した。こんなに変わる馬も珍しい」と評されるほど急激な成長を見せる[4]

続く3歳500万下では、圧倒的1番人気の良血馬レーヴァテインをクビ差競り落とすも、直線で外側に斜行して同馬の進路を妨害したとして2着に降着となった[5]。仕切り直しの一戦となったアザレア賞(500万下)では、直線で内へもたれながらもジュンヴァルカンとの追い比べをクビ差制して2勝目を挙げた[6]

青葉賞(GII)ではミルコ・デムーロが騎乗停止となったため、内田博幸と初コンビを組んだ[3]。レースは1000m~2200m地点がすべて11秒台という底力を要求される流れとなり、直線で一気に先行馬を捉えて抜け出すと、追い込んできたレッドエルディストに1馬身1/4差をつけて重賞初制覇を果たし、東京優駿の優先出走権を獲得した[7]。勝ち時計2分24秒2は同レースの歴代2位となる好時計だった[4]。この年のクラシックは皐月賞(GI)がレコード決着となり、別路線組からもスマートオーディンや本馬が前哨戦で強い勝ち方を見せたため、東京優駿(GI)は戦前から「空前のハイレベル」と評されて注目を集めていた。人気では皐月賞4着のエアスピネルより上の6番人気に支持されたが、追ってから前走ほどの伸びがなく、13着に沈んだ[8]

その後は放牧に出されていたが、8月3日に右前脚屈腱炎が判明。症状は軽度と診断され、翌年秋以降の復帰を目指して幹細胞手術が施された[9]

4歳(2017年)[編集]

復帰に向けた調教が積まれていたが、7月に屈腱炎が再発。8月10日付で競走馬登録を抹消し、現役を引退した[10]

種牡馬時代[編集]

現役引退後は種牡馬として海外からも複数のオファーがあったが、馬主の島川隆哉が所有するエスティファームでプライベート種牡馬となった[10]

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.comの情報[11]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上がり3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2015.07.26 函館 2歳新馬 芝1800m(稍) 11 4 4 001.40(1人) 02着 R1:55.0(36.4) -0.5 0岩田康誠 54 アフターダーク 486
0000.11.07 京都 2歳未勝利 芝2000m(良) 10 7 7 002.90(1人) 03着 R2:02.3(34.8) -0.2 0浜中俊 55 ファスナハト 484
0000.12.06 中京 2歳未勝利 芝2000m(良) 14 7 11 004.10(3人) 02着 R2:04.3(34.5) -0.2 0M.デムーロ 55 アドマイヤダイオウ 490
2016.01.16 京都 3歳未勝利 芝2000m(良) 16 6 12 002.20(2人) 01着 R2:02.2(34.2) -0.0 0M.デムーロ 56 (ロードプレミアム) 498
0000.02.06 東京 3歳500万下 芝2400m(良) 12 1 1 007.90(3人) 2着[† 1] R2:28.5(33.2) -0.0 0F.ベリー 56 レーヴァテイン 496
0000.04.02 阪神 アザレア賞 芝2400m(良) 11 8 11 001.60(1人) 01着 R2:25.9(34.1) -0.0 0M.デムーロ 56 ジュンヴァルカン 488
0000.04.30 東京 青葉賞 GII 芝2400m(良) 13 5 6 005.10(4人) 01着 R2:24.2(34.5) -0.2 0内田博幸 56 (レッドエルディスト) 490
0000.05.29 東京 東京優駿 GI 芝2400m(良) 18 7 14 016.60(6人) 13着 R2:25.4(34.7) -1.4 0内田博幸 57 マカヒキ 496
  1. ^ 1位入線2着降着

血統表[編集]

ヴァンキッシュラン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系
[§ 2]

ディープインパクト
2002 鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ウインドインハーヘア
Wind in Her Hair
1991 鹿毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere

*リリーオブザヴァレー英語版
Lily of the Valley
2007 鹿毛
Galileo
1998 鹿毛
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Urban Sea Miswaki
Allegretta
母の母
Pennegale
1998 鹿毛
Pennekamp Bering
Coral Dance
Gale Warning *ラストタイクーン
Gay Apparel
母系(F-No.) 4号族(FN:4-r) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer4×5=9.38% [§ 4]
出典
  1. ^ ヴァンキッシュラン 5代血統表2018年5月17日閲覧
  2. ^ ヴァンキッシュラン 5代血統表2018年5月17日閲覧
  3. ^ ヴァンキッシュラン 5代血統表2018年5月17日閲覧
  4. ^ ヴァンキッシュラン 5代血統表2018年5月17日閲覧

出典[編集]

  1. ^ a b c ヴァンキッシュラン|JBISサーチ(JBIS-Search)
  2. ^ セール結果|SELECT SALE|JAPAN RACING HORSE ASSOCIATION 一般社団法人日本競走馬協会. 2018年5月17日閲覧
  3. ^ a b 青葉賞 G2 | 重賞ウイナーレポート. 競走馬のふるさと案内所. 2018年5月17日閲覧
  4. ^ a b c d 河合力. スタッフ驚愕の変貌。ついに覚醒した良血馬ヴァンキッシュラン. sportiva(2016年5月9日付). 2018年5月17日閲覧
  5. ^ 【東京7R】Fベリー 斜行で降着、9日間の騎乗停止. スポーツニッポン(2016年2月6日付). 2018年5月17日閲覧
  6. ^ 前走2着降着ヴァンキッシュランが勝つ/アザレア賞. ニッカンスポーツ(2016年4月2日付). 2018年5月17日閲覧
  7. ^ 今年のダービーは一体何強なのか?ヴァンキッシュラン勇躍で上位人気は混沌. 競馬専門紙「優馬」(2016年5月3日付). 2018年5月17日閲覧
  8. ^ 【日本ダービー】初制覇の川田「自分が勝てたことよりもマカヒキがダービー馬になれたことがうれしい」. 東京優駿(2016年5月29日付). 2018年5月17日閲覧
  9. ^ ヴァンキッシュ屈腱炎…状態は軽度も手術へ、復帰来秋以降. スポーツニッポン(2016年8月3日付). 2018年5月17日閲覧
  10. ^ a b 昨年の青葉賞優勝馬ヴァンキッシュランが引退、種牡馬入り. 競走馬のふるさと案内所(2017年10月5日付). 2018年5月17日閲覧.
  11. ^ ヴァンキッシュラン”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2018年5月17日閲覧。
  12. ^ リリーオブザヴァレー(FR)|JBISサーチ(JBIS-Search). 2018年5月17日閲覧

外部リンク[編集]