デニムアンドルビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
デニムアンドルビー
Denim-and-Ruby IMG 1018 20140629.JPG
2014年6月29日
第55回宝塚記念パドック
欧字表記 Denim and Ruby
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2010年1月31日(8歳)
抹消日 2018年3月15日[1]
ディープインパクト
ベネンシアドール
母の父 キングカメハメハ
生国 日本の旗 日本北海道安平町
生産 ノーザンファーム
馬主 金子真人ホールディングス
調教師 角居勝彦栗東
競走成績
生涯成績 29戦3勝
中央:28戦3勝
海外:1戦0勝
獲得賞金 3億8368万8000円
勝ち鞍 GII:フローラステークス2013年
GII:ローズステークス(2013年)
テンプレートを表示

デニムアンドルビー(Denim and Ruby)は日本競走馬馬名の由来は、活発でお洒落なお嬢さんをイメージして。おもな勝ち鞍は2013年フローラステークスローズステークス

経歴[編集]

3歳(2013年)[編集]

デビューは遅く、2月の京都。芝1600m戦に出走。1番人気に推されたが直線良く伸びるも2着に敗れる[2]。続く阪神の未勝利戦も2着に惜敗する。3月の阪神の未勝利戦で初勝利を飾ると続くフローラステークスは後方から最後は追い込みが決まり、見事1番人気の応えると共に重賞初制覇を果たした[3]。しかしオークスは出遅れて後方からの競馬となり最後は良く伸びるも3着に敗れた[4]。オークス前には凱旋門賞にも登録していたが、秋は国内専念となった[5]

夏は休養にあてて迎えたローズステークスはまたも出遅れたものの最後はきっちり差しきって重賞2勝目を飾った[6]。 しかし秋華賞は再び出遅れて最後は良く追い込むも4着に敗戦。雪辱を誓ったエリザベス女王杯ではまずまずのスタートを切りながらも、直線伸びを欠き5着に終わった。続くジャパンカップでは牝馬限定戦での敗退もあり7番人気の評価だったが、直線で追い込んでジェンティルドンナのハナ差2着に入線した[7]

4歳(2014年) 以降[編集]

古馬になってからも2015年の宝塚記念で勝ったラブリーデイからクビ差の2着に入るなど牡馬相手に好走していたが[8]、同年9月に右前脚屈腱炎を発症、長期休養に入った[9]。前走から1年半後となる2016年12月の金鯱賞で復帰し8着[10]。その後2018年3月まで走ったが勝ち星は挙げられず、2018年3月15日付で競走馬登録を抹消、ノーザンファーム繁殖牝馬となることが発表された[1]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2013.02.03 京都 3歳新馬 芝1600m(良) 15 5 9 003.50(1人) 02着 01:36.8(35.9) -0.1 福永祐一 54Kg ワールンガ
0000.02.23 阪神 3歳未勝利 芝1800m(良) 15 3 4 005.70(3人) 02着 01:47.9(35.0) -0.0 福永祐一 54Kg ジューヴルエール
0000.03.31 阪神 3歳未勝利 芝2000m(良) 16 3 6 002.00(1人) 01着 02:01.1(34.3) -0.3 C.デムーロ 54Kg (アサクサティアラ)
0000.04.21 東京 フローラS GII 芝2000m(稍) 18 6 12 003.70(1人) 01着 02:03.9(33.8) -0.1 内田博幸 54Kg (エバーブロッサム)
0000.05.19 東京 オークス GI 芝2400m(良) 18 3 5 003.30(1人) 03着 02:25.7(34.7) -0.5 内田博幸 55Kg メイショウマンボ
0000.09.15 阪神 ローズS GII 芝1800m(重) 18 1 1 003.80(1人) 01着 01:47.7(36.0) -0.1 内田博幸 54Kg シャトーブランシュ
0000.10.13 京都 秋華賞 GI 芝2000m(良) 18 7 14 003.30(1人) 04着 01:58.8(34.3) -0.2 内田博幸 55Kg メイショウマンボ
0000.11.10 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2200m(重) 18 7 14 005.00(3人) 05着 02:17.1(34.1) -0.5 内田博幸 54Kg メイショウマンボ
0000.11.24 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 17 5 9 029.80(7人) 02着 02:26.1(33.2) -0.0 浜中俊 53Kg ジェンティルドンナ
2014.03.29 メイダン ドバイシーマC G1 芝2410m(良) 15 - 3      (3人) 10着 計不 浜中俊 54.5Kg Gentildonna
0000.05.18 東京 ヴィクトリアM GI 芝1600m(良) 18 2 3 010.30(7人) 07着 01.32.7(33.2) -0.4 浜中俊 55Kg ヴィルシーナ
0000.06.29 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(良) 12 2 2 024.30(6人) 05着 02:26.1(33.2) -0.7 浜中俊 56Kg ゴールドシップ
0000.11.02 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(良) 18 2 3 018.70(6人) 07着 01:59.9(33.9) -0.2 浜中俊 56Kg スピルバーグ
0000.11.30 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 18 4 8 013.00(7人) 11着 02:24.8(35.5) -1.7 浜中俊 56Kg エピファネイア
0000.12.28 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 16 6 12 118.6(16人) 09着 02:35.7(33.9) -0.4 浜中俊 56Kg ジェンティルドンナ
2015.03.22 阪神 阪神大賞典 GII 芝3000m(良) 10 2 2 018.60(7人) 02着 03:06.1(35.6) -0.2 浜中俊 54kg ゴールドシップ
0000.05.03 京都 天皇賞(春) GI 芝3200m(良) 17 6 12 026.30(9人) 10着 03:15.6(35.0) -0.9 浜中俊 56kg ゴールドシップ
0000.06.28 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(良) 16 3 6 031.3(10人) 02着 02:14.4(34.0) -0.0 浜中俊 56kg ラブリーデイ
2016.12.03 中京 金鯱賞 GII 芝2000m(良) 13 4 4 017.6(08人) 08着 02:00.2(33.2) -0.5 M.バルザローナ 54kg ヤマカツエース
0000.12.25 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 16 7 13 071.0(11人) 09着 02:33.4(35.7) -0.8 M.バルザローナ 55kg サトノダイヤモンド
2017.02.19 東京 フェブラリーS GI ダ1600m(良) 16 4 8 054.5(12人) 16着 01:36.7(36.8) -1.6 内田博幸 55kg ゴールドドリーム
0000.03.12 中山 中山牝馬S GIII 芝1800m(良) 16 5 9 012.50(5人) 05着 01:49.6(33.7) -0.2 A.シュタルケ 55.5kg トーセンビクトリー
0000.04.08 阪神 阪神牝馬S GII 芝1600m(重) 16 8 15 015.70(6人) 12着 01:35.8(34.9) -1.5 藤岡康太 54kg ミッキークイーン
0000.06.03 阪神 鳴尾記念 GIII 芝2000m(良) 10 6 6 008.60(4人) 06着 01:59.8(33.9) -0.4 福永祐一 54kg ステイインシアトル
0000.09.24 中山 オールカマー GII 芝2200m(良) 17 6 12 020.80(8人) 08着 02:14.3(33.5) -0.5 吉田隼人 54kg ルージュバック
0000.11.05 東京 アルゼンチン共和国杯 GII 芝2500m(良) 16 2 3 012.50(4人) 08着 02:30.9(35.3) -0.9 田辺裕信 54kg スワーヴリチャード
0000.12.02 阪神 チャレンジC GIII 芝2000m(良) 12 6 8 008.50(5人) 02着 01:58.6(34.6) -0.0 C.デムーロ 54kg サトノクロニクル
2018.01.06 中山 中山金杯 GIII 芝2000m(良) 17 3 5 017.30(6人) 07着 02:00.1(34.5) -0.3 川田将雅 54kg セダブリランテス
0000.03.11 中京 金鯱賞 GII 芝2000m(稍) 9 7 7 047.00(7人) 07着 02:02.5(34.1) -0.9 D.バルジュー 54kg スワーヴリチャード

血統表[編集]

デニムアンドルビー血統サンデーサイレンス系 / Northern Dancer 5×4=9.38%、Nureyev 15.63% 5x3 ) (血統表の出典)
父系

ディープインパクト
2002 鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ウインドインハーヘア
1991 鹿毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere

ベネンシアドール
2006 鹿毛
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
*マンファス *ラストタイクーン
Pilot Bird
母の母
*フェアリードール
1991 栗毛
Nureyev
1977
Northern Dancer
Special
Dream Deal
1986
Sharpen Up
Likely Exchange F-No.9-f
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b デニムアンドルビー号が競走馬登録抹消日本中央競馬会、2018年3月14日閲覧
  2. ^ “好位追走ワールンガ、直線一気に抜けて完勝/京都新馬”. netkeiba.com. (2013年2月3日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=72324 2015年9月3日閲覧。 
  3. ^ “【フローラS(GII)】(東京)~デニムアンドルビー 連勝で重賞初制覇”. netkeiba.com. (2013年4月21日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=74717 2015年9月3日閲覧。 
  4. ^ “デニムは直線で伸びるも3着「経験を積めば秋が楽しみ」/オークス”. netkeiba.com. (2013年5月20日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=75593 2015年9月3日閲覧。 
  5. ^ “デニムアンドルビーは凱旋門賞登録へ/オークス”. netkeiba.com. (2013年5月15日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=75414 2015年9月3日閲覧。 
  6. ^ “【ローズS】(阪神)~デニムアンドルビーが人気に応えて重賞2勝目”. netkeiba.com. (2013年9月15日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=79208 2015年9月3日閲覧。 
  7. ^ ジェンティルドンナ 史上初のJC連覇!2着も牝馬デニム”. スポニチアネックス (2013年11月24日). 2013年11月24日閲覧。
  8. ^ 【宝塚記念】ラブリーデイ初G1!デニムの猛追首差しのいだ”. スポニチアネックス (2015年6月29日). 2018年3月26日閲覧。
  9. ^ デニムアンドルビー、右前脚屈腱炎のため休養へ”. netkeiba.com (2015年9月30日). 2018年3月26日閲覧。
  10. ^ 【金鯱賞】戦い終えて”. スポニチアネックス (2016年12月4日). 2018年3月26日閲覧。

外部リンク[編集]