ミカエル・バルザローナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミカエル・バルザローナ(2013年12月7日 第64回朝日チャレンジカップ表彰式)

ミカエル・バルザローナMickaël Barzalona, 1991年8月3日 - )は、フランス出身の競馬騎手2011年に19歳にしてダービーステークスを制するなど、フランス競馬界の若手のホープとして知られる。

略歴[編集]

フランス・リヨンの出身。2011年にバルザローナは前年から騎乗していたプールモアイギリスのダービーステークスに出場し、直線最後方から一気に追い抜くで優勝をもぎ取り、わずか19歳にしてダービージョッキーの栄誉を手にした。同年はこれ以外にもフランスのグレフュール賞イタリアローマ賞などで勝ち鞍を挙げており、またアスコット競馬場ゴールドカップでは穴馬に騎乗しながらもフェイムアンドグローリーの2着と健闘している。

2012年にはドバイワールドカップに出場、ゴドルフィン陣営のモンテロッソに騎乗し、優勝した。

2013年は日本のJRA短期騎手免許を初取得(11月2日から11月17日まで)し騎乗を行う。(身元引受調教師は角居勝彦調教師)

騎乗成績[編集]

主な勝ち鞍[1][編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ Mickael Barzalona|Ststistical Summary|Racing Post Racing Postより 2017年11月5日閲覧

外部リンク[編集]