中野雷太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中野 雷太(なかの らいた、1974年8月14日 - )は、ラジオNIKKEIアナウンサー愛知県名古屋市出身。

人物・来歴[編集]

愛知県立旭丘高等学校東京工業大学生命理工学部生命理学科卒業後、1997年入社。

1999年7月3日の福島開催で実況デビューした[1]

その後、2007年2月に同局アナウンサーの舩山陽司と入れ替わりに大阪支社へ異動したが、2010年2月をもって同じく小塚歩と入れ替わりに東京本社へ復帰した[2]

大阪支社時代の2007年11月15日に、中央競馬実況中継で同じ現場スタッフであったフリーアナウンサーの高瀬有紀子と入籍。現在は2児の父親でもある。

本社復帰後、2011年に皐月賞日本ダービーでの実況を初めて担当し、さらには菊花賞まで担当することからその年の牡馬クラシック三冠レースをすべて担当することになった。また、2011年度からは、JRA賞の司会を担当している。

逸話[編集]

「競馬実況ホームページ」の「アナウンサーリレーコラム」で渡辺和昭から「N野R太」「N野雷T」「中野の雷坊」「中野雷犬」「N野雪太」と書かれており、さらに最近になって『うまきんIII』では渡辺や番組のリスナーから「雷神様」とも呼ばれるようになっている。

好きな女性芸能人は藤本美貴高橋愛で、同局祝日特番『渡辺和昭のしゃべってしゃべって60分』での壊れっぷりに衝撃を受けたファンは少なくない。2010年5月の放送以降は多忙のために欠席が続き、2013年12月放送の別の番組で「いつまでもこんなことしてられない」という理由でしゃべってを卒業したことを発言したが、2014年11月7日放送のうまきんIII山本彩のファンであることを公言した。

現在の担当番組[編集]

過去の出演番組[編集]

GI実況履歴[編集]

日本
海外
デルタブルースポップロックの、日本産馬が、ワンツーフィニッシュを決めた一戦
ドバイデューティーフリージャスタウェイドバイシーマクラシックジェンティルドンナが勝利を決めた。
優勝馬はトレヴ

ゲーム実況[編集]

※レース前に「実況はラジオNIKKEIの中野雷太アナウンサーです」とアナウンスが流れ画面下に「ラジオNIKKEI」のロゴと名前がクレジットされる

[編集]

  1. ^ 新・アナライズド 2014年11月14日放送分より。
  2. ^ 週刊競馬ブック』2010年1月5日号P76・「実況アナ・リレーコラム こちらラジオNIKKEI実況席」にて小塚本人が記述している。
  3. ^ 地上波では『JRA競馬中継』。
  4. ^ 【2017年12月の実況担当】大一番・有馬記念は小林アナ。朝日杯FSは大関アナ、中山大障害は山本直アナがそれぞれ初担当!ラジオ日経、2017年11月28日閲覧

外部リンク[編集]