ステファノス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ステファノス
Staphanos Shirayuri Stakes.jpg
2014年白百合S
欧字表記 Staphanos[1]
香港表記 善得福[2]
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2011年2月13日(11歳)
登録日 2013年5月30日[3]
抹消日 2019年1月13日[4]
ディープインパクト
ココシュニック
母の父 クロフネ
生国 日本の旗 日本北海道安平町
生産者 ノーザンファーム
馬主 キャロットファーム
調教師 藤原英昭栗東
競走成績
生涯成績 31戦4勝
中央:26戦4勝
海外:5戦0勝
獲得賞金 中央:3億4459万9000円
海外:1億2819万1400円
勝ち鞍
GIII 富士ステークス 2014年
テンプレートを表示

ステファノス (Staphanos) は、日本競走馬。主な勝ち鞍は2014年の富士ステークス。馬名の由来は冠(ギリシャ語)[5]

経歴[編集]

2歳(2013年)[編集]

7月の中京競馬場芝1600m戦でデビューする。単勝2番人気に推されるも4着に敗れる。このあと11月の京都の2歳未勝利戦での2着を経て12月の阪神で初勝利を挙げる。

3歳(2014年)[編集]

年明けの京都の白梅賞は後方から追い込んだが5着。次のつばき賞では重馬場ながら日本ダービー馬の全弟らをまとめてかわして2勝目を挙げる。3月の毎日杯では直線で一旦先頭に立ったが、マイネルフロストに交わされての3着。その後、皐月賞に出走して5着と健闘する。 ダービーデーの前日に出走した白百合ステークスでは後方から鋭い脚を使って3勝目を挙げてオープン入りを果たす。

3か月の休養を挟んで、秋の始動戦に選んだのは新潟のセントライト記念。後方からの追い込みに懸けたものの、ハナ差4着で菊花賞優先出走権を逃す。このことにより、次に選んだのは東京のマイル戦である富士ステークス。後方待機から上がり3ハロン32秒9の豪脚を使い、直線での混戦から抜け出したシャイニープリンスを捉えて待望の重賞初制覇を果たした。

また、富士ステークスを勝利したことにより、マイルチャンピオンシップへの優先出走権を獲得したが、調教師の藤原英昭が「2000m前後で競馬をさせたい」という意向からマイルチャンピオンシップへは向かわず、ノーザンファームしがらきに放牧に出された[6]

4歳(2015年)[編集]

年明け初戦は中山記念から始動[7]ヌーヴォレコルトロゴタイプに次ぐ3着と好走した[8]。その後、香港のシャティン競馬場で行われるクイーンエリザベス2世カップの招待馬に選出され、受諾[9]。レースではブレイジングスピードの2着に好走した[10]。秋は毎日王冠から始動したが、エイシンヒカリの7着に終わる。続く天皇賞(秋)では10番人気と低評価であったが、ラブリーデイの2着と好走する。暮れの香港カップは10着と惨敗し、この年を終える。

5歳(2016年)[編集]

6月の鳴尾記念で復帰し、サトノノブレスの2着と好走する。宝塚記念と毎日王冠は共に5着に敗れるも、天皇賞(秋)と香港カップでは3着と健闘し、存在感を見せつけた。

6歳(2017年)[編集]

3月の金鯱賞から始動したがヤマカツエースの6着に終わる。その後、この年からG1に昇格した大阪杯では7番人気と評価を落としていたが、キタサンブラックの2着に入る。この後、久々のマイル戦となった安田記念に出走するも7着に終わる。秋に入り、オールカマーでは2着に入るも、天皇賞(秋)は不良馬場がこたえて10着、香港カップは4着という結果に終わる。

7歳(2018年)[編集]

7歳シーズンとなった2018年は5戦するが、いずれも着外に終わる。2019年1月13日付で競走馬登録を抹消、ニュージーランドワイカトゴートンロードのノヴァラパークスタッド種牡馬入りし繋養生活を開始する[4]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬/(2着馬)
2013.07.20 中京 2歳新馬 芝1600m(良) 16 4 08 02.6(02人) 04着 1:38.9(35.8) -0.6 浜中俊 54kg フェルメッツァ
0000.11.17 京都 2歳未勝利 芝1600m(良) 18 6 11 03.8(02人) 02着 1:35.3(34.3) -0.0 浜中俊 55kg ルファルシオン
0000.12.07 阪神 2歳未勝利 芝1600m(良) 14 8 13 01.8(01人) 01着 1:35.2(34.5) -0.2 浜中俊 55kg (サトノルパン)
2014.01.18 京都 白梅賞 500万下 芝1600m(良) 13 5 07 05.7(03人) 05着 1:36.0(33.8) -0.7 浜中俊 56kg エイシンブルズアイ
0000.02.15 京都 つばき賞 500万下 芝1800m(重) 13 5 07 06.0(03人) 01着 1:50.1(34.6) -0.1 岩田康誠 56kg (ゼウスバローズ)
0000.03.29 阪神 毎日杯 GIII 芝1800m(良) 14 8 14 06.3(04人) 03着 1:46.7(34.7) -0.0 A.シュタルケ 56kg マイネルフロスト
0000.04.20 中山 皐月賞 GI 芝2000m(良) 14 4 08 99.7(15人) 05着 2:00.0(34.8) -0.4 後藤浩輝 57kg イスラボニータ
0000.05.31 京都 白百合S OP 芝1800m(良) 12 2 02 02.3(01人) 01着 1:45.1(33.6) -0.0 岩田康誠 56kg (ピオネロ)
0000.09.21 新潟 セントライト記念 GII 芝2200m(良) 18 5 10 24.9(05人) 04着 2:11.9(35.0) -0.2 三浦皇成 56kg イスラボニータ
0000.10.25 東京 富士S GIII 芝1600m(良) 16 8 16 06.1(02人) 01着 1:33.2(32.9) -0.0 戸崎圭太 54kg (シャイニープリンス)
2015.03.01 中山 中山記念 GII 芝1800m(稍) 11 8 11 08.4(04人) 03着 1:50.5(35.6) -0.6 A.シュタルケ 55kg ヌーヴォレコルト
0000.04.26 沙田 クイーンエリザベス2世C G1 芝2000m(良) 12 09 (8人) 02着 - 福永祐一 57kg Blazing Speed
0000.10.11 東京 毎日王冠 GII 芝1800m(良) 13 7 11 08.8(06人) 07着 1:46.1(33.2) -0.5 戸崎圭太 57kg エイシンヒカリ
0000.11.01 東京 天皇賞 (秋) GI 芝2000m(良) 18 7 14 34.3(10人) 02着 1:58.5(33.4) -0.1 戸崎圭太 58kg ラブリーデイ
0000.12.13 沙田 香港C G1 芝2000m(良) 13 07 (8人) 10着 2:01.9((0.00 戸崎圭太 57kg A Shin Hikari
2016.06.04 阪神 鳴尾記念 GIII 芝2000m(良) 14 7 12 03.3(02人) 02着 1:57.6(34.6) -0.0 戸崎圭太 56kg サトノノブレス
0000.06.26 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(稍) 17 4 08 18.3(07人) 05着 2:13.4(36.9) -0.6 戸崎圭太 58kg マリアライト
0000.10.09 東京 毎日王冠 GII 芝1800m(稍) 12 2 02 04.2(02人) 05着 1:47.4(34.6) -0.8 川田将雅 56kg ルージュバック
0000.10.30 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(良) 15 8 14 11.2(06人) 03着 1:59.7(33.5) -0.4 川田将雅 58kg モーリス
0000.12.11 沙田 香港C G1 芝2000m(良) 12 05 (7人) 03着 2:01.4((0.00 C.スミヨン 57kg Maurice
2017.03.11 中京 金鯱賞 GII 芝2000m(良) 16 5 09 04.7(03人) 06着 1:59.5(34.6) -0.3 川田将雅 56kg ヤマカツエース
0000.04.02 阪神 大阪杯 GI 芝2000m(良) 14 3 04 17.7(07人) 02着 1:59.0(34.2) -0.1 川田将雅 57kg キタサンブラック
0000.06.04 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 18 8 18 08.1(04人) 07着 1:31.8(34.2) -0.3 戸崎圭太 58kg サトノアラジン
0000.09.24 中山 オールカマー GII 芝2200m(良) 17 4 08 03.8(01人) 02着 2:13.9(33.9) -0.1 戸崎圭太 56kg ルージュバック
0000.10.29 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(不) 18 6 12 24.0(10人) 10着 2:10.5(40.3) -2.2 戸崎圭太 58kg キタサンブラック
0000.12.10 沙田 香港C G1 芝2000m(良) 12 05 (6人) 04着 2.02.3((0.00 H.ボウマン 57kg Time Warp
2018.05.06 新潟 新潟大賞典 GIII 芝2000m(良) 16 7 13 05.9(03人) 11着 2:00.6(33.1) -0.6 和田竜二 58kg スズカデヴィアス
0000.06.24 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(稍) 16 1 01 39.5(11人) 07着 2:12.4(36.2) -0.8 岩田康誠 58kg ミッキーロケット
0000.10.07 東京 毎日王冠 GII 芝1800m(良) 13 3 03 38.4(08人) 04着 1:44.7(33.7) -0.2 福永祐一 56kg アエロリット
0000.10.28 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(良) 12 1 01 71.0(09人) 09着 1:58.1(35.2) -1.3 C.オドノヒュー 58kg レイデオロ
0000.12.09 沙田 香港C G1 芝2000m(良) 9 3 07 31.0(08人) 09着 2.02.46((0.0 -0.75 W.ビュイック 57kg Glorious Forever

種牡馬時代[編集]

2019年から、ニュージーランドワイカトゴートンロードのノヴァラパークスタッドで種牡馬として繋養生活を開始した。

2020年には初年度産駒が誕生した。

血統表[編集]

ステファノス血統(*印は海外産の日本輸入馬) (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系

ディープインパクト
2002 鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ウインドインハーヘア
Wind in Her Hair
1991 鹿毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere

ココシュニック
2005 芦毛
*クロフネ
1998 芦毛
*フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
*ブルーアヴェニュー Classic Go Go
Eliza Blue
母の母
*ゴールドティアラ
1996 栗毛
Seeking the Gold Mr.Prospector
Con Game
Bright Tiara Chief's Crown
Expressive Dance
母系(F-No.) 10号族(FN:10-a) [§ 2]
5代内の近親交配 アウトクロス [§ 3]
出典
  1. ^ [11]
  2. ^ [11]
  3. ^ [11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ STAPHANOS (T622) - Racing Information” (英語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2015年12月13日閲覧。
  2. ^ 善得福 (T622) - 馬匹資料 - 賽馬資訊” (中国語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2015年12月13日閲覧。
  3. ^ 競走馬情報:ステファノス - @Keiba”. @Keiba - 競馬サービスプロバイダ. 2022年3月12日閲覧。
  4. ^ a b ステファノス号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2019年1月13日). 2019年1月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年1月13日閲覧。
  5. ^ ステファノス Staphanos | キャロットクラブ”. carrotclub.net. キャロットクラブ. 2022年3月12日閲覧。
  6. ^ 【富士S】ステファノス差し切りV”. デイリースポーツ (2014年10月26日). 2014年11月9日閲覧。
  7. ^ ヌーヴォレコルトは中山記念で始動、フィエロはマイラーズCから安田記念”. netkeiba.com (2015年1月30日). 2015年5月12日閲覧。
  8. ^ ヌーヴォレコルトが強力牡馬を撃破! 24年ぶりの牝馬V!/中山記念”. netkeiba.com (2015年3月1日). 2015年5月12日閲覧。
  9. ^ 【クイーンエリザベスII世カップ】(香港G1)~ステファノスが招待受諾”. netkeiba.com (2015年4月3日). 2015年5月12日閲覧。
  10. ^ ステファノスは2着 勝ったのはブレイジングスピード/クイーン・エリザベス2世C”. netkeiba.com (2015年4月27日). 2015年5月12日閲覧。
  11. ^ a b c 血統情報:5代血統表|ステファノス|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2022年3月12日閲覧。

外部リンク[編集]