角川oneテーマ21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

角川oneテーマ21(かどかわワンテーマにじゅういち)は、が編集・運営する新書シリーズ。サブレーベルとして、角川oneテーマ21 マエストロがある。

概要[編集]

1999年11月に創刊。装丁は緒方修一による。「ビジネス、政治・経済、教養、スポーツなど幅広い分野の、いま一番輝いているトップランナーたちによる『英知』をオンタイムにお届けしています。現代人にとって役に立つテーマを、わかりやすくお伝えいたします。」として毎月10日頃の発売である。3~5点/月の刊行。

中央公論新社が主催する新書大賞においては、2010年に『差別と日本人』(野中広務辛淑玉)、2011年に『デフレの正体―経済は人口の波で動く』(藻谷浩介)が、それぞれ第2位にランクイン。2014年2月10日に「中央公論」誌上にて発表された新書大賞2014にて『里山資本主義―日本経済は「安心の原理」で動く』(藻谷浩介/NHK広島取材班)が大賞に選ばれた。

WEBメディアであるcakesと提携して書籍のプロモーションとなるようなコンテンツを同サイトに提供しているほか、他レーベルに比べて公式サイトに著者の動画メッセージを掲載することが多いのが営業面での特徴である。また毎月、朝日新聞にて告知宣伝をおこなっている。

電子書籍化も積極的に進めており、新刊に関してはほぼすべてが発売日と同日に配信されている。

2015年2月新刊より、角川SSC新書メディアファクトリー新書アスキー新書と合わせ、レーベル名を角川新書に統一[1]

主なベストセラー作品[編集]

関連レーベル[編集]

KADOKAWAによる他の新書レーベル

公式サイト及びアカウント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ お知らせ・新刊情報|角川新書 公式サイト|KADOKAWA

外部リンク[編集]