新書大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新書大賞(しんしょたいしょう)は、中央公論新社が主催する新書に関する賞、または、その賞に関する中央公論新社の冊子である。2008年から始まった。

概要[編集]

各年1年間に発行された新書の中から、書店員書評家、各社新書編集部、新聞記者にオススメの新書を挙げてもらい(1番いい新書を10点、2位が9点…5位が6点)、全員の得点を合計して、1位から20位までの順位を決め、1位の作品がその年の大賞となる。

2008年および2011年以降は、『中央公論』本誌3月号で発表。2009年と2010年は、冊子『新書大賞』で発表された。

受賞作[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

  • 大賞
    • 『宇宙は何でできているのか』 (幻冬舎新書)- 村山斉
  • 第2位
    • 『デフレの正体 経済は「人口の波」で動く』 (角川oneテーマ21)- 藻谷浩介
  • 第3位
    • 『街場のメディア論』 (光文社新書)- 内田樹
  • 第4位
    • 『競争と公平感―市場経済の本当のメリット』 (中公新書)- 大竹文雄
  • 第5位
    • 『伊藤博文―知の政治家』 (中公新書)- 瀧井一博
  • 第6位
    • 『葬式は、要らない』 (幻冬舎新書)- 島田裕巳
  • 第7位
    • 『希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想』 (光文社新書)- 古市憲寿
  • 第8位
    • 『田中角栄の昭和』 (朝日新書)- 保坂正康
  • 第9位
  • 第10位
    • 『創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史』 (光文社新書)- 輪島裕介

2012年[編集]

2013年[編集]

  • 大賞
    • 『社会を変えるには』 (講談社現代新書)- 小熊英二
  • 第2位
    • 『田中角栄』 (中公新書)- 早野透
  • 第3位
  • 第4位
    • 『わかりあえないことから』 (講談社現代新書)- 平田オリザ
  • 第5位
  • 第6位
    • 『独立国家のつくりかた』 (講談社現代新書)- 坂口恭平
  • 第7位
    • 『商店街はなぜ滅びるのか―社会・政治・経済史から探る再生の道』 (光文社新書)- 新雅史
  • 第8位
    • 『僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?』 (星海社新書)- 木暮太一
  • 第9位
    • 『百年前の日本語―書きことばが揺れた時代』 (岩波新書)- 今野真二
  • 第10位
    • 『植物はすごい―生き残りをかけたしくみと工夫』 (中公新書)- 田中修

2014年[編集]

  • 大賞
  • 第2位
    • 『犬の伊勢参り』 (平凡社新書)- 仁科邦男
  • 第3位
    • 『(株)貧困大国アメリカ』 (岩波新書)- 堤未果
  • 第4位
    • 『野心のすすめ』 (講談社現代新書)- 林真理子
  • 第5位
  • 第6位
    • 『歴史をつかむ技法』 (新潮新書)- 山本博文
  • 第7位
    • 『ルポ 虐待』 (ちくま新書)- 杉山春
  • 第8位
  • 第9位
    • 『人に強くなる極意』 (青春新書インテリジェンス)- 佐藤優
  • 第9位

2015年[編集]

  • 大賞
    • 『地方消滅―東京一極集中が招く人口急減 』 (中公新書)- 増田寛也
  • 第2位
    • 『資本主義の終焉と歴史の危機』 (集英社新書)- 水野和夫
  • 第3位
    • 『ハンナ・アーレント―「戦争の世紀」を生きた政治哲学者』 (中公新書)- 矢野久美子
  • 第4位
    • 『愛と暴力の戦後とその後』 (講談社現代新書)- 赤坂真理
  • 第5位
  • 第6位
    • 『創価学会と平和主義』 (朝日新書)- 佐藤優
  • 第7位
    • 『昆虫はすごい』 (光文社新書)- 丸山宗利
  • 第8位
    • 『なぜ時代劇は滅びるのか』 (新潮新書)- 春日太一
  • 第9位
    • 『だから日本はズレている』 (新潮新書)- 古市憲寿
  • 第10位
    • 『ヒトラー演説―熱狂の真実』 (中公新書)- 高田博行
  • 第10位
    • 『西田幾太郎―無私の思想と日本人』 (新潮新書)- 佐伯啓思

2016年[編集]

  • 大賞
  • 第2位
    • 『生きて帰ってきた男』 (岩波新書)- 小熊英二
  • 第3位
    • 『イスラーム国の衝撃』 (文春新書)- 池内恵
  • 第4位
  • 第5位

2017年[編集]

  • 大賞
    • 『言ってはいけない』 (新潮新書)- 橘玲
  • 第2位
    • 『人口と日本経済』 (中公新書)- 吉川洋
  • 第3位
    • 『日本会議の研究』 (扶桑社新書)- 菅野完
  • 第4位
    • 『下り坂をそろそろと下る』 (講談社現代新書)- 平田オリザ
  • 第5位

冊子[編集]

年1回、新書大賞受賞作が決まったあとに中央公論新社から発行されていた。内容は受賞作20作品全てのレビューや、大賞受賞作の著者へのインタビュー、各年の全ての新書レーベルからの主要新書リストなどが収録されていた。

外部リンク[編集]