瀧本哲史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

瀧本 哲史(たきもと てつふみ、生年月日非公表)は、日本のエンジェル投資家経営コンサルタント京都大学産官学連携本部イノベーションマネジメントサイエンス研究部門客員准教授、株式会社オトバンク取締役。

略歴[編集]

麻布高等学校[1]東京大学法学部卒業。高校時代はオリエンテーリング部に所属。大学在学中は第一高等学校・東京大学弁論部に所属。学部卒業と同時に東京大学大学院法学政治学研究科助手に採用。専攻は民法、指導教官は内田貴[2]。助手の任期終了後は学界に残らず、1997年、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社、エレクトロニクス業界のコンサルタントを担当。2000年より、多額の債務を抱えていた日本交通の経営再建に取り組む[3]

現在はエンジェル投資家として活動する傍ら、京都大学では「意思決定論」「起業論」などの授業を担当[4]。全日本ディベート連盟代表理事、全国教室ディベート連盟事務局長を務めるなど、ディベートにも造詣が深く[5]、2011年出版の著書『武器としての決断思考』では教養とディベートの重要性を説いた[4]

著書[編集]

  • 『武器としての決断思考』 星海社(出版) 講談社(発売)〈星海社新書 1〉、2011年9月。ISBN 978-4-06-138501-6
  • 『僕は君たちに武器を配りたい』 講談社、2011年9月。ISBN 978-4-06-217066-6
  • 『武器としての交渉思考』 星海社(出版) 講談社(発売)〈星海社新書 19〉、2012年6月。ISBN 978-4-06-138515-3
  • 『君に友だちはいらない』(講談社、2013年11月) ISBN 978-4062176200
  • 『ミライの授業』(講談社、2016年)ISBN 978-4062200172

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 瀧本哲史 基本データ(Facebook)(2014年11月30日閲覧)
  2. ^ 僕は若手弁護士に武器を配りたい (PDF)”. 広報誌2014年8月号. 大阪弁護士会 (2014年8月). 2014年11月30日閲覧。
  3. ^ Facebookの自己紹介より(2012年4月16日閲覧)
  4. ^ a b NHK NEWS WEB 24(2012年4月16日閲覧)
  5. ^ 瀧本哲史 アカデミーヒルズ(2012年4月16日閲覧)

外部リンク[編集]