カチッサー効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

カチッサー効果(カチッサーこうか、: Automaticity)とは、ある働きかけによって、深く考えることなしに、ある行動を起こしてしまう心理現象[1]カチッ・サー効果とも表記する[2]

概要[編集]

心理学者のエレン・ランガー(Ellen J. Langer) が実験をおこなった。被験者がコピー機の順番待ちの列の先頭へ行き3通りの言い方で頼む。

  1. 要求のみを伝える:「すみません、5(20)枚なのですが、先にコピーをとらせてもらえませんか?」
  2. 本物の理由を付け足す:「すみません、5(20)枚なのですが、急いでいるので先にコピーをとらせてもらえませんか?」
  3. もっともらしい理由を付け足す:「すみません、5(20)枚なのですが、コピーをとらなければいけないので先にコピーをとらせてもらえませんか?」

枚数が5枚の場合、要求のみのときの承諾率は60パーセントであるのに対し、本物の理由を付け足したときの承諾率は94パーセントであった。しかし、もっともらしい理由を付け足したときでも、承諾率は93パーセントに達した。

枚数が20枚の場合、要求のみのときの承諾率は24パーセントであるのに対し、本物の理由を付け足したときの承諾率は42パーセントであった。もっともらしい理由を付け足したときの承諾率は24パーセントにとどまった。

人に何かを頼む時に単に「○○してもらえますか?」と言うよりも「○○なので、○○してもらえますか?」と理由をつけると承諾されやすい。ささいな頼みごとの場合は、頼みごとの内容とあまり関係のない理由、こじつけでも承諾されやすい。

カチッサーの語源はテープレコーダーの再生ボタンのカチッという音と砂嵐のサーという音である[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ カチッサー効果――思わず買ってしまうサイト上での働きかけとは”. 株式会社インプレス (2017年9月22日). 2018年1月13日閲覧。
  2. ^ a b 誰にも必ずある「話し始めるボタン」”. 日経BP社 (2014年11月12日). 2018年1月13日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]