ヒトラーに例える論証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヒトラーに例える論証(ヒトラーにたとえるろんしょう、Reductio ad Hitlerum)とは、アドルフ・ヒトラーナチスと同じ見解を持っていることを根拠に、相手の信憑性を貶めようとする論証である[1]。「ナチスカードを用いる(playing the Nazi card)」という言い回しでも知られている[2][3]。例えば、ヒトラーが反タバコ運動をしていたことをもって、嫌煙家はヒトラーやナチスの同類であると示唆するようなものが挙げられる[4]

この言葉は1953年にレオ・シュトラウスによって造語されたものであり、論理学(あるいは修辞学)の帰謬法(reductio ad absurdum、不条理への紐付け)から名前を借用したものである[5]。悪人と関連付けることを主張の根拠とする。このような比較は相手の気をそらして怒らせる傾向があり、議論を脱線させるための戦術として用いられることもある。[6]

誤謬の側面[編集]

関連付けの誤謬英語版(Association fallacy)の一種である[6][7]。この論証は、ある政策や事柄がアドルフ・ヒトラーや第三帝国が実施や提唱したものと、同じまたは関連していることを持ち出して、元の事柄が望ましくないものであると「証明」するものである。

もう1つの例は、「あなたは知ってるか?」というような切り出しで、ヒトラーも同様の考えや行動を行っていたことを示唆し、暗黙的に特定の考えや行動を批難するものがある[8]。例えば、タバコの規制に関する議論で、嫌煙家に「あなたはナチスも反タバコ運動を行っていたことを知っているか?」と質問することで、直接的には「禁煙運動はナチスと同じだ」などとレッテルを貼っていなくても、言外に禁煙運動はナチズムに基づくという印象を抱かせている。

ただし、議論を脱線させるようなことはなく、議論の筋道をわかりやすくするような目的でヒトラーやナチスに言及することは、ヒトラーに例える論証とは見なされない[9]

歴史[編集]

「ヒトラーに例える論証(reductio ad Hitlerum)」というフレーズの初出は、シカゴ大学レオ・シュトラウスが1951年春に「Measure: A Critical Journal」誌で用いたものであり[10]、広く知られるようになったのは同著者の1953年に出版された『Natural Right and History(自然権と歴史)』の第2章による[1]

この流れが最後まで行くと、我々は必然的にヒトラーの影によって暗転してしまう場面に出くわす。残念ながら、言うまでもないことだが、過去数十年間において私達は検討において帰謬法の代わりに頻繁に用いられてきたこの誤謬を避けなければならない。すなわちヒトラーに例える論証(Reductio ad Hitlerum)だ。ある見解を、たまたまヒトラーも同じく有していたからといって反論されるものではない。 — Natural Right and History

このフレーズは帰謬法(reductio ad absurdum)と呼ばれる古典的な論証法に由来している。変異論証(argumentum variant)は、対人論証(argumentum ad hominem)のような古典的な誤謬の名前からその形を取っている。ナチス化(ad Nazium variant)は、嫌悪論証(argumentum ad nauseam)からさらにユーモラスに派生したものかもしれない。

前例[編集]

現代においては一般にヒトラーが引き合いに出されるが、この手の論理的誤謬は、第二次世界大戦以前から存在しており、純粋な悪の代名詞として引用される歴史上の人物は他にもいる[11]

18世紀から20世紀初頭にかけては、『出エジプト記』のファラオは、歴史上最悪の人物として一般に見られていた[11]アメリカ南北戦争の前年には、奴隷廃止論者は奴隷所有者のことを現代のファラオと侮蔑していたし、戦争中は南軍の一部でリンカーンのことを「現代のファラオ」と呼ぶ者もいた[11]。ナチスドイツが破れた後でも、ファラオはキング牧師の演説の中によく登場した。イスカリオテのユダポンテオ・ピラトもまた、純粋な悪人の代名詞的存在であった[11]。しかし、普遍的な価値観としてのヒトラーのような人物は存在せず、地域や時代によって変わっていった。アメリカ独立後の数年間は、アメリカではしばしばジョージ3世が悪人の代表的存在であった。第7代アメリカ合衆国大統領のアンドリュー・ジャクソンは(その王のような独裁的手法を踏まえて)アンドリュー1世と揶揄された[11]

誤謬か否か[編集]

ホロコーストに関する著書もある歴史家のダニエル・ゴールドハーゲンは、ヒトラーやナチスとの比較がすべて論理的な誤りではないと主張している。彼は著書『普通のドイツ人とホロコースト――ヒトラーの自発的死刑執行人たち』の中において、当時にホロコーストに加担したり、積極的に参加した多くの者たちや、その後のファシスト運動やネオナチ運動に参加した多くの者たちが、非難から逃れたり、ホロコースト的な側面を否定するのに、歴史的な物語を改編しようとしてきたと述べている[12][13]。反ユダヤ主義ではないかという批判に対し、それはヒトラーに訴える論証だと反論するのは、イギリスのホロコースト否定論者であるデイヴィッド・アーヴィングにも見られる[14]。近年において、ヒトラーに例える論証という用語は、反ユダヤ主義的で、ファシズム的な発言に対する批判をシャットアウトしたり、あるいはこのような発言を擁護するためにオンライン上で広く用いられており、FacebookTwitterYouTubeなどの大手SNSでもよく見られるものである。

ヒトラーに例える論証に基づく主張は、実際にその主張が正しいかどうかに関わらず、政治的な対立者を貶めるためのテクニックとして用いられている側面がある。2000年にトーマス・フレミング英語版は、自身の反対派がヒトラーに例える論証を用いていると批判した。

レオ・シュトラウスはこれを「ヒトラーに例える論証(reductio ad Hitlerum)」と呼んだ。ヒトラーが新古典主義芸術を好んでいたら、それはあらゆる古典芸術がナチズムであることを意味する。ヒトラーがドイツ人家庭を重視していたならば、伝統的な家庭(と、その擁護者)もまたナチスということになる。ヒトラーが国民や民族について語っていたならば、愛国心や民族の誇り、あるいは国威発揚はすべてナチズムということになる。(後略) — Chronicles[15]

実例[編集]

1991年、マイケル・アンドレ・バーンスタイン(Michael André Bernstein)は、クラウンハイツ暴動英語版後にルバビッチ派英語版ユダヤ教の一派)のコミュニティが、ニューヨークタイムズ紙に「今年の『水晶の夜』は8月19日にクラウンハイツで起こった」という見出しで掲載させた全面広告について、「ヒトラーに例える論証」が用いられていると指摘した。『水晶の夜』の目撃者であるヘンリー・シュワルツ英語版は、ニューヨークタイムズ上で「(クラウンハイツ暴動において)反ユダヤ的スローガン、および街頭での人々の暴力的行動がどんなに醜いものであったとしても(中略)『水晶の夜』は間違いなく起こらなかった出来事の一つであった」と述べている[16]

The American Conservative』は、ジョナ・ゴールドバーグ英語版の著書『リベラル・ファシズム英語版』が当該誤謬を用いていると批判した。

ナチズムと現代の自由主義(リベラリズム)が共に健康的な生活を促進しているというのは、ブラッディ・マリー[注釈 1]マティーニが共にジンで作られうるというのと同じくらい無意味な発見である。再三にわたり、ゴールドバーグは帰謬法を理解していない。(中略)ゴールドバーグによる不吉な発見は、いずれも偶然の一致を超えるものではない。 — The American Conservative[17]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 実際にはブラッディ・マリーはウォッカベースである。ジンに置き換えたものは「ブラッディ・サム」。

出典[編集]

  1. ^ a b Natural Right and History”. University of Oklahoma (2008年). 2008年8月11日閲覧。
  2. ^ “Godwin’s Law, or Playing the Nazi Card”. Jewish Telegraphic Agency. https://www.jta.org/jewniverse/2015/godwins-law-or-playing-the-nazi-card 2020年4月21日閲覧。 
  3. ^ Playing the Nazi Card”. FAIR (2010年3月1日). 2020年4月21日閲覧。
  4. ^ Schneider, N. K; Glantz, S. A (1 October 2008). “"Nicotine Nazis strike again": a brief analysis of the use of Nazi rhetoric in attacking tobacco control advocacy”. Tobacco Control 17 (5): 291–296. doi:10.1136/tc.2007.024653. PMC: 2736555. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2736555/. 
  5. ^ Leo Strauss, Natural Right and History. Chicago: University of Chicago Press, 1965 [1953], p. 42.
  6. ^ a b Curtis, Gary N. (2004年). “Logical Fallacy: The Hitler Card”. Fallacy Files. 2007年10月8日閲覧。
  7. ^ Curtis, Gary N. (2004年). “Logical Fallacy: Guilt by Association”. Fallacy Files. 2007年10月8日閲覧。
  8. ^ You know who else ___? Origin? - catchphrase meme”. Ask MetaFilter. 2013年1月10日閲覧。
  9. ^ Gabriel H. Teninbaum, Reduction ad Hitlerum: Trumping the Judicial Nazi Card. Michigan State Law Review, Vol. 2009, p. 541-578, 2009
  10. ^ Hutchins, Robert Maynard (1951). Measure: A Critical Journal. H. Regnery Company. https://books.google.com/books?id=6z3WAAAAMAAJ 2014年2月5日閲覧。 
  11. ^ a b c d e Brian Palmer (2011年10月4日). “Before Hitler, Who Was the Stand-In for Pure Evil?”. Slate. 2014年11月27日閲覧。
  12. ^ Hitler's Willing Executioners: Ordinary Germans and the Holocaust, Daniel Jonah Goldhagen 1997
  13. ^ "Eichmann was Outrageously Stupid". Hannah Arendt: The Last Interview: And Other Conversations. November 9, 1964.
  14. ^ Broomfield, Matt (2017年5月7日). “Undercover at a secret 'neo-Nazi' meeting with Holocaust denier David Irving”. Independent. Independent News. 2019年11月22日閲覧。
  15. ^ Thomas Fleming, editor, Chronicles (Rockford, Illinois), May 2000, p. 11.
  16. ^ Foregone Conclusions”. Escholarship.org. 2011年7月7日閲覧。 “The Lubavitcher community itself, in the form of the 'Crown Heights Emergency Fund,' placed a full-page advertisement in The New York Times on September 20, 1991, under the heading 'This Year Kristallnacht Took Place on August 19th Right Here in Crown Heights.' Their version of Leo Strauss's reductio ad Hitlerum was rightly perceived by those who had been in Germany on Kristallnacht (November 9, 1938) as an outrageous comparison.”
  17. ^ Austin Bramwell (2008年1月28日). “Goldberg's Trivial Pursuit”. The American Conservative. 2014年1月30日閲覧。

関連項目[編集]

  • ゴドウィンの法則 - オンライン上での議論が長引くと、ヒトラーやナチが引き合いに出される確率は1に近づくという法則。

外部リンク[編集]