橘玲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

橘 玲(たちばな あきら、男性。1959年 - )は、日本作家。本名は非公開。早稲田大学第一文学部卒業。元・宝島社の編集者。日本経済新聞で連載を持っていた。海外投資を楽しむ会創設メンバーの一人。2006年「永遠の旅行者」が第19回山本周五郎賞候補となる。デビュー作は経済小説の「マネーロンダリング」。投資や経済に関するフィクション・ノンフィクションの両方を手がける。2010年以降は社会批評や人生論の著作も執筆している。

著作リスト[編集]

単著[編集]

  • 『マネーロンダリング』(幻冬舎 2002年)のち文庫 
  • 『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎 2002年)
  • 『得する生活』(幻冬舎 2003年)
  • 『雨の降る日曜は幸福について考えよう』(幻冬舎 2004年)※2009年に『知的幸福の技術 自由な人生のための40の物語』のタイトルで文庫化。
  • 『永遠の旅行者』(幻冬舎 2005年)のち文庫 
  • 『臆病者のための株入門』(文春新書 2006年)
  • 『マネーロンダリング入門 国際金融詐欺からテロ資金まで』(幻冬舎新書 2006年)
  • 『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋 2007年)のち文庫 
  • 『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社 2008年)のち講談社+α文庫
  • 『貧乏はお金持ち 「雇われない生き方」で格差社会を逆転する』(講談社 2009年)のち講談社+α文庫
  • 『亜玖夢博士のマインドサイエンス入門』(文藝春秋 2010年)のち文庫 
  • 『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』(幻冬舎 2010年)のち文庫 
  • 『大震災の後で人生について語るということ』(講談社 2011年)※2013年に『日本人というリスク』講談社+α文庫
  • 『(日本人)』(幻冬舎 2012年)のち文庫 
  • 『臆病者のための裁判入門』(文春新書 2012年 ISBN 978-4166608836
  • 『不愉快なことには理由がある』(集英社 2012年 ISBN 978-4087806632
  • 『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』(ダイヤモンド社 2014年 ISBN 978-4478024379
  • 『タックスヘイヴン』(幻冬舎 2014年 ISBN 978-4344025639
  • 『臆病者のための億万長者入門(文春新書 2014年 ISBN 978-4166609703
  • 『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ 2015』幻冬舎 2014
  • 『バカが多いのには理由(ワケ)がある』(集英社 2014年 ISBN 978-4087807288
  • 『橘玲の中国私論-世界投資見聞録』(ダイヤモンド社 2015年 ISBN 978-4478029749
  • 『「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する』(筑摩書房 2015年 ISBN 978-4480816795
  • 『言ってはいけない 残酷すぎる真実』新潮新書 2016

共著(海外投資を楽しむ会と)[編集]

  • 『世界にひとつしかない「黄金の人生設計」』(講談社+α文庫 2003年)※海外投資を楽しむ会著『ゴミ投資家のための人生設計入門』(1999年)の文庫化。
  • 『「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計』(講談社+α文庫 2004年)※海外投資を楽しむ会著『ゴミ投資家のための人生設計入門 [借金編]』(2001年)の文庫化。
  • 『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編』(ダイヤモンド社 2008年)
  • 『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編』(ダイヤモンド社 2008年)

訳書[編集]

  • ウォルター・ブロック『不道徳教育 擁護できないものを擁護する』(講談社 2006年)※2011年に『不道徳な経済学--擁護できないものを擁護する』のタイトルで文庫化。

原作[編集]

メルマガ[編集]

  • 世の中の仕組みと人生のデザイン(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

連載リスト[編集]

  • 「日曜日の人生設計—もうひとつの幸福のルール」日本経済新聞(2003年3月 - 11月)
  • 「マネー・トラヴェラーズ」GOETHE(創刊号 - 2007年3月号)
  • 「橘玲の世界投資紀行」Diamond money!(2005年秋号 - )
  • 「橘玲の『不思議の国』探検」日経ヴェリタス(2009年10月 - 2010年12月)
  • 「世界は損得勘定」日経ヴェリタス(2011年4月 - )
  • 「真実のニッポン」週刊プレイボーイ(2011年5月 - )

思想[編集]

国民年金廃止論者であり、2010年8月23日付の公式ブログにてそのことについて触れている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]