池内恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

池内 恵(いけうち さとし、1973年9月24日 - )は、日本のアラブ研究者東京大学先端科学技術研究センター准教授。専門は、イスラム政治思想。

東京都出身。父は独文学者池内紀、叔父は天文学者池内了

処女作である『現代アラブの社会思想』において、現代のアラブの思想家たち(及びその影響を受ける若者たち)が、当初期待をかけていたマルクス主義が破産したことからイスラム原理主義に傾斜していくさまを描写。大佛次郎論壇賞を受賞する。続く著書『アラブ政治の今を読む』において、下記に記すように、日本のイスラーム研究学界の抱える性質に批判を行う。

近年は、井筒俊彦のイスラーム解釈の日本的偏向について研究している。

新潮社「フォーサイト」において、中東政治経済の分析記事を連載中。

主張[編集]

ズィンミー制度に関して[編集]

イスラームの暴力的な側面に関して極めて批判的である。従来親イスラーム的学者たちによって擁護・賞賛されることの多かった[1]ズィンミー制度の本質を「異教徒に対する苛烈な差別、蔑視」とであるとし、現代においてはその有効性はすでに失われていると主張している[2][3]。また、日本の研究者の多くは鈴木董のオスマン帝国におけるズィンミー制度の研究成果と見解を引用し、ズィンミー制度に高すぎる評価を下しているとしている[4]

イスラーム教徒の一部に今なお残存するズィンミー制度適用への願望と、その優越性を主張する論理に対しては、「前近代の極端に宗教的に不寛容な時代、その中でも中世キリスト教世界との比較を中心としてイスラーム的寛容の優越性を主張しており、近現代の政教分離思想との比較に関しては政教分離すなわち反宗教主義と決め付け、文化多元主義宗教間対話宗教多元主義などは考慮に入れていない」と批判している[5]

日本のイスラーム研究に関して[編集]

日本のイスラーム研究は「イスラーム思想やイスラーム世界を過度に理想化」[6]しており、「イスラーム的共存や寛容の存在とその優越性は、具体的事例が示されないまま、ほとんど自明のものとされている」[7]として批判を行っている。

ジハードに関して[編集]

更にイスラーム共同体による過去の征服の過程の殺戮を「正しい宗教の拡大のためにおこなった正しい行い」として全面的に正当化し、他の宗教・思想のそれは批判するという一部のムスリムの思想に対しても批判を加えている[8]

サイクス=ピコ協定に関して[編集]

サイクス=ピコ協定は、第一次世界大戦後の中東に秩序を与え、それをもとに政治が行われたり、国民社会が形成され、国際関係が取り結ばれたと主張し、サイクス=ピコ協定という外交文書やイギリス、フランスの帝国主義・植民地支配だけに、現在の中東諸問題の責任を帰する立場を批判している[9]

評価[編集]

池内がイスラムに内在する秩序概念を適切に日本に紹介した実績は評価に値する。池内以前にイスラムをその実相に即した形で伝えるイスラム研究者が無かった事実に、日本におけるイスラム研究のある種の不十分さが見て取れるだろう。特にイスラム主義とその主義に忠誠を誓った者が実行する聖戦(ジハード)について、実態に即した解説を行い得たイスラム研究者が池内を置いて他に無かった。[要検証 ]

池内がイスラムに内在する秩序概念を適切に日本に紹介した実績は評価に値する。「現代アラブの社会思想」”はじめに”において「日本人がテロや戦争から身を守るためには、短期的にはその発生源と由来を熟知して危険を察知しておき、長期的にその発生源をなくしてゆくプロセスに出来る限りの参加を果たすしか無い。そのためにはその発生源となっている地域の状況を実態に即して理解しておく必要がある」と明記し、1,アラブ・イスラム地域でテロリズムが発生していること。2,その理由を知り対策を立てる必要性。3,現地状況を実態に即して理解する必要性。の3点について述べており、その著作全体はこの理解を進めるのに資するよう組み立てられている。また、同書6ページで、現地の若者が陥っている「知的閉塞状況」と、そこに至る社会思想史の主要な潮流を把握し、その背景にある政治、社会・文化的経緯を解き明かしたい、と著作の意図と目的を明らかにしている。同書7ページに、『「1967年」を基点としてアラブ世界が経験した思想的分極化とその帰趨について』とあるように、池内は取り上げるイスラム思想の時代区分を1967年以降の現代アラブ・イスラム社会と明記している。つまり池内は現代アラブ社会において特異的に現れる思想特性を理解するために必要な歴史的・宗教的・政治的概念について説明を試みており、イスラムについて詳細な知識のない読者も一定の理解に至るのが可能になっている。

一連の著作が日本の読者に支持され、相応のイスラム理解をもたらしたのは、複数の出版物がベストセラーとなったことで間接的に伺う事ができる。これだけの支持を集めた概説書によるイスラムへの基本理解が、テロ事件が報じられる際に犯人自身が主張する「イスラム」への誤解や偏見に対する防波堤ともなった。池内以前にこうした理解を促進する書籍を出版する研究者が見られなかった事実も含めて、日本のイスラム研究者は池内の功績を認め、彼に感謝するのが適当だろう。

特に、イスラム主義者とその主義に忠誠を誓ったものが実行する聖戦(ジハード)について、その源流が近代においても150年は過去に遡るものであり、時代背景に規定されながら理論と実践を発展させて来たものである以上、実態に即した解説は、それに関与しない大多数の信者も含めたイスラム全体を理解するために不可欠なものであった。しかしながら、これを適切に分節化した説明は池内が試みるまで待たねばならなかった。

池内の主張に対してはイスラム教徒全てが前時代的考えを持っていないにもかかわらず、イスラムをステレオタイプ化して批判しているという評価や、日本のイスラーム研究は決して池内が言うように親イスラームに偏ってはいないという批判がある。

塩尻和子は、池内のイスラーム批判は、クルアーンの中の一部の暴力的な文言だけを取り出し、イスラーム世界の現実において展開された諸宗教の共存や、聖書の中の暴力的文言を無視した不当なものであると批判している[10]。しかしながら、その後イスラムを掲げたテロ事件は世界で多発しており、塩尻はその現実に対して適切な説明を行いえていない。教義上の平和主義と信仰の現実態に差異があるなら、イスラム研究者はその双方を視野に入れて検討するのが適切であろう。

臼杵陽は、池内はイスラーム原理主義はその隘路を「終末論」や「陰謀史観」で覆い隠そうとしていると主張しているが、実際にはアラブ世界の陰謀論を声高に宣伝する中東研究者はアメリカでもイスラエルでさえも少数派であり、それは日本研究者が日本における「トンデモ本」を日本の世論一般を代表するものとして取り上げて、それが日本の世論だと主張するような歪曲と大して変わらないと批判している。さらに、中東地域研究に携わる研究者であれば、池内の議論は池内がかなり恣意的にアラビア語の文献や資料を集めてきて陰謀論を軸に展開していると考えるだろうと主張している。また、池内の主張はネオコンであるダニエル・パイプスのような研究者の陰謀説と一致しており、池内は自らの「客観性」を標榜しながらもイスラーム世界全体が「陰謀史観とオカルト思想」で覆われているかのごとく描くことで、アメリカ政府の「対テロ戦争」遂行とそれを支持する日本政府に益する政策志向的な議論を展開する偏向した政治的立場を取っていると指摘している[11]

臼杵氏は、イスラム主義テロリズムを理論的に支える思想が終末論に駆られたものであるのを検討の対象から外している。現実に発生するテロリズムに関して、研究者はその実態に即した説明なり分析なりを示すべきである。[要検証 ]

前掲臼杵論文は、池内が説明を試みている「イスラムを掲げてテロを行うムスリム」に関する記述がなく、過去の文献の記述を追いながら「いかに語るか」の文言検討に終始している。読者の関心事が「現実に生起する事象の説明」であり、またテロに至るイスラム主義を理論的に支える思想が終末論に駆られたものである以上、その論理と現実社会における広範な受容度を説明するために関連資料を挙げるのは、読者の理解を促進するために必須であり、批判は不適切である。

学歴[編集]

職歴[編集]

受賞歴[編集]

著書[編集]

翻訳[編集]

参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『アラブ政治の今を読む』p.214、池内によればこのような風潮は日本のイスラーム研究の多数派であるとしている
  2. ^ 『アラブ政治の今を読む』pp.213-215、pp.225-227
  3. ^ 塩尻和子「イスラームの教義は暴力を容認するのか(1)」『中東協力センターニュース』30巻1号(2005年・PDFファイル)、池内の著書からの引用を参照
  4. ^ 『アラブ政治の今を読む』p.210、p.214
  5. ^ 『アラブ政治の今を読む』p.226
  6. ^ 『アラブ政治の今を読む』p.198
  7. ^ 『アラブ政治の今を読む』p.198
  8. ^ 『アラブ政治の今を読む』pp.226-227
  9. ^ 『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』pp.13-16
  10. ^ 塩尻和子「イスラームの教義は暴力を容認するのか(2)」『中東協力センターニュース』30巻2号(2005年・PDFファイル)。 ここで塩尻は池内の意見はイスラームの暴力的側面を過度に強調していると主張している。
  11. ^ 臼杵陽「日米における中東イスラーム研究の「危機」」『地域研究』7巻1号、2005年 (PDF)

外部リンク[編集]