金子勝 (経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金子 勝
マルクス経済学
生誕 (1952-06-25) 1952年6月25日(65歳)
東京都
国籍 日本の旗 日本
研究機関 慶應義塾大学
法政大学
研究分野 制度経済学
財政学
地方財政
母校 東京大学
テンプレートを表示

金子 勝(かねこ まさる、1952年6月25日 - )は、日本マルクス経済学者[1][2][3]慶應義塾大学経済学部教授。専門は、制度経済学財政学地方財政論。日本経済学会近代経済学の学会)には所属しておらず、経済理論学会(マルクス経済学の学会)に所属。東京大学大学院経済学研究科中退[3]、学位は修士経済学)。東京都出身。

なお立正大学に同姓同名の別人、法学者の金子勝憲法学政治学専攻)がいる。

経歴・人物[編集]

東京教育大学附属駒場高等学校卒業。映画史家の四方田犬彦は同級生で、ともに詩の同人誌を刊行していた。

1975年東京大学経済学部卒業後、東京大学大学院経済学研究科単位取得満期修了。財政学を専攻。指導教官は林健久1980年東京大学社会科学研究所助手。茨城大学人文学部講師、法政大学経済学部助教授・教授を経て、2000年から現職。

東京大学在学中は、東京大学教養学部学生自治会委員長として学生運動を指導していた。

慶應義塾大学の課外活動では、2003年より慶應義塾大学「モーニング娘。研究会」の顧問を務めている。

活動[編集]

執筆活動のほか、『サンデーモーニング』(TBS)や、『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)などにテレビ番組にも出演している。『ニュースにだまされるな!』(朝日ニュースター)では司会を務めた。

脱原発こそ日本経済を明るくする鍵だと主張し、2014年東京都知事選挙では脱原発を公約に掲げた細川護煕を支持した。

モーニング娘。ファン[編集]

前述の通り、慶應義塾大学にて「モーニング娘。研究会」の顧問を務めるほどのファンである。一方で、自身のブログではAKB48はモーニング娘。とは似ているようで全く違うグループであるとし、同グループやAKB商法を批判したこともある[4][5]

Twitterにおける発言[編集]

Twitterにおいても発言しており、安倍晋三首相に対する批判的発言のツイートも多い。

  • 安倍の経済政策アベノミクスを「破綻している」「経済対策で商品券、旅行券、サービス券をばらまいてゴマカし」としている[6]
  • 原子力発電所に関する「世界で最も厳しい日本の原発安全基準」という安倍の発言に関し、「アベは札付きの嘘つき」としている[7]
  • 今上天皇を「平成天皇」と呼ぶツイートをしたことがある[8][9]
  • 2017年8月29日北朝鮮のミサイルが北海道上空を通過して太平洋上に落下したことを受け、テレビ局等が「頑丈な建物に避難を」と呼び掛けたことについて、「まるで戦時中の空襲警報」「北朝鮮も怖いが、『戦時放送』を流す安倍政権も怖い」等と書き込んだ[10]
  • 2017年9月15日にTwitterに「戦争屋」と題する「安倍首相が北朝鮮をあおり、森友加計の腐敗を隠そうとしている」という趣旨の投稿を行った。その中で「また北朝鮮の軍事政権がミサイルを飛ばし、また国営放送でJアラート一色。森友・加計の腐敗を隠そうと北朝鮮を煽り、疑惑だらけのトランプをけしかけ武器を買うアベ。NPT批准拒否のインドにまで核技術を輸出する。目指す改憲のために日本を北朝鮮のターゲットにし戦時体制にしたいのか」「今、核軍拡の最も危険なのはインドとパキスタンだ」「北朝鮮の意図は核配備だ。それに対峙する最も有効な道は核兵器禁止条約だ。それなのに、条約に反対するインドに原子力技術を提供する」「世界に原爆燃料をばらまき、インドで原発事故も税金で補償する。外交無能で戦争を煽るだけ煽る」等の投稿を行い、『産経新聞』に「核開発に突き進む北朝鮮をそっちのけに、安倍首相の訪印を口を極めて非難している」と報じられた[11][3]

評価[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『市場と制度の政治経済学』(1997年、東京大学出版会
  • 『シリーズ思考のフロンティア 市場』(1999年、岩波書店
  • 『反経済学 市場主義的リベラリズムの限界』(1999年、新書館
  • 『セーフティーネットの政治経済学』(1999年、筑摩書房ちくま新書])
  • 『反グローバリズム 市場改革の戦略的思考』(1999年、岩波書店)
  • 『経済の倫理 反経済学からの問い』(2000年、新書館)
  • 『日本再生論 「市場」対「政府」を超えて』(2000年、日本放送出版協会
  • 月光仮面の経済学 さらば、無責任社会よ』(2001年、日本放送出版協会/2004年、朝日新聞社朝日文庫])
  • 『長期停滞』(2002年、筑摩書房[ちくま新書])
  • 『経済大転換 反デフレ・反バブルの政策学 (2003年、筑摩書房[ちくま新書])
  • 『粉飾国家』(2004年、講談社講談社現代新書])
  • 『2050年のわたしから 本当にリアルな日本の未来』(2005年、講談社)
  • 『戦後の終わり』(2006年、筑摩書房)
  • 『金子勝の仕事道! 人生を獲得する職業人』(2006年、岩波書店)
  • 『閉塞経済 金融資本主義のゆくえ』(2008年、ちくま新書)
  • 『格差・貧困社会における市民の権利擁護 公人の友社』2009 福島大学ブックレット『21世紀の市民講座』
  • 『新・反グローバリズム 金融資本主義を超えて』2010 岩波現代文庫
  • 『「脱原発」成長論 新しい産業革命へ』筑摩書房 2011
  • 『原発は不良債権である』岩波ブックレット 2012
  • 『原発は火力より高い』岩波ブックレット 2013
  • 『資本主義の克服 「共有論」で社会を変える』集英社新書 2015

共著[編集]

  • 『財政崩壊を食い止める 債務管理型国家の構想』(2000年、岩波書店)共著:神野直彦
  • 『グローバリゼーションと戦争責任』(岩波書店[岩波ブックレット]、2001年)共著:高橋哲哉山口二郎
  • 『日本経済「出口」あり』(2001年、春秋社)共著:木村剛宮崎哲弥
  • 『誰が日本経済を腐らせたか』(2001年、毎日新聞社) 共著:佐高信
  • 『希望のビジネス戦略』(2002年、筑摩書房[ちくま新書])共著:成毛眞
  • 『見たくない思想的現実を見る』(岩波書店、2002年)共著:大澤真幸
  • 『入門バクロ経済学』(2002年、朝日新聞社)共著:テリー伊藤
  • 『大逆転 新しい日本モデルの挑戦』(2002年、東洋経済新報社)共著:田原総一朗御手洗冨士夫
  • 『悪魔の予言 日本は破滅に向かうのか、救いはあるのか』(2002年、五月書房)共著:青木雄二
    • 改題『火事場の経済学 沈没寸前!この国に逃げ場はあるのか? 』(2003年、青春出版社
  • 『反ブッシュイズム(1)いかにブッシュ政権は危険か』(2003年、岩波書店[岩波ブックレット])共著:アンドリュー・デウィット
  • 『反ブッシュイズム(2)終わらない戦争』(2003年、岩波書店[岩波ブックレット])共著:アンドリュー・デウィット
  • 『ダマされるな! 目からウロコの政治経済学』(2003年、ダイヤモンド社)共著:丸川珠代
  • 『逆システム学 市場と生命のしくみを解き明かす』(2004年、岩波書店[岩波新書])共著:児玉龍彦
  • 『反ブッシュイズム(3)世界は後戻りできない』(2004年、岩波書店[岩波ブックレット])共著:アンドリュー・デウィット
  • 『不安の正体! メディア政治とイラク戦後の世界』(2004年、筑摩書房)共著:藤原帰一宮台真司、アンドリュー・デウィット
  • 『メディア危機』(2005年、日本放送出版協会)共著:アンドリュー・デウィット
  • 「小泉劇場」の熱狂のあとに来るものは… イラク戦争と日本-サマワ自衛隊最新報告 綿井健陽共著 第9条の会・オーバー東京 2006.4 あーてぃくる9ブックレット
  • 環境エネルギー革命 アンドリュー・デウィット共著 アスペクト 2007.7
  • 世界金融危機 アンドリュー・デウィット共著 2008.10. 岩波ブックレット
  • 地域切り捨て 生きていけない現実 高端正幸共編著 岩波書店 2008.4
  • 知識・技能が身につく実践・高齢者介護 第1巻 検証!改正後の介護保険 結城康博共編 ぎょうせい 2008.6
  • 脱「世界同時不況」 オバマは金融危機を克服できるか アンドリュー・デウィット共著 2009.6 岩波ブックレット
  • 知識・技能が身につく実践・高齢者介護 第6巻 介護保険再改正と報酬改定の課題 結城康博共編 ぎょうせい 2009.4
  • 『ポスト新自由主義 民主主義の地平を広げる』(2009年、七つ森書館)共著:山口二郎、片山善博柄谷行人上野千鶴子高橋伸彰
  • 湯浅誠が語る「現代の貧困」 湯浅誠共著 大高研道, 高端正幸編 新泉社 2009.6 シリーズ時代を考える
  • グローバル資本主義と日本の選択 富と貧困の拡大のなかで 橘木俊詔,武者陵司共著 2010.3 岩波ブックレット
  • 新興衰退国ニッポン 児玉龍彦共著 講談社 2010.6 現代プレミアブック
  • 日本再生の国家戦略を急げ! 民主党政権への緊急提言 武本俊彦共著 小学館 2010.2
  • "経済"を審問する 人間社会は"経済的"なのか? 西谷修,アラン・カイエ共著 せりか書房 2011.5

編著[編集]

  • 『金子勝の食から立て直す旅 大地発の地域再生』(2007年、岩波書店)

共編著[編集]

  • 『現代資本主義とセイフティー・ネット 市場と非市場の関係性』(1996年、法政大学出版局)編:法政大学比較経済研究所
  • 『地方に税源を』(1998年、東洋経済新報社)共編:神野直彦
  • 『「福祉政府」への提言 社会保障の新体系を構想する』(1999年、岩波書店)共編:神野直彦
  • 『日本が直面する財政問題 財政社会学的アプローチの視点から』(1999年、八千代出版)共編:大島通義・神野直彦
  • 『住民による介護・医療のセーフティーネット』(2002年、東洋経済新報社)共編:神野直彦
  • 『東アジアで生きよう! 経済構想・共生社会・歴史認識』(2003年、岩波書店)共編:藤原帰一、山口二郎
  • 『財政赤字の力学 アメリカは日本のモデルたりうるか』(2005年、税務経理協会)共編:池上岳彦、アンドリュー・デウィット

教科書執筆[編集]

  • 『日本史B』(2004年初版、三省堂

脚注[編集]

  1. ^ 稲葉振一郎「金子勝-癒しの東大マル経仮面」『諸君!』2005/4月号
  2. ^ 田中秀臣野口旭若田部昌澄共著『エコノミスト・ミシュラン』太田出版2003年、p30、ISBN 978-4872337952
  3. ^ a b c “金子勝・慶応大教授が「ミサイル発射は安倍首相のせい」 ツイッターに投稿”. 産経ニュース. (2017年9月16日). オリジナル2017年9月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20170916141319/http://www.sankei.com/politics/news/170916/plt1709160017-n2.html 
  4. ^ 炎上日記再び:AKB48にはついていけない
  5. ^ リーマン・ショックとともにやってきた大スター:米国崩壊の火花を散らすレディ・ガガ
  6. ^ 2014年12月31日21時35分の発言、2015年1月4日閲覧。
  7. ^ 2015年1月3日8時13分の発言、2015年1月4日閲覧。
  8. ^ 2015年1月2日3時51分の発言、2015年1月4日閲覧。
  9. ^ 2015年1月2日3時52分の発言、2015年1月4日閲覧。
  10. ^ “慶応大学の金子勝教授 ツイッターで「北朝鮮も怖いが、『戦時放送』を流す安倍政権も怖い」”. 産経ニュース. (2017年8月29日). オリジナル2017年8月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20170830073044/http://www.sankei.com/politics/news/170829/plt1708290068-n1.html 
  11. ^ “金子勝・慶応大教授が「ミサイル発射は安倍首相のせい」 ツイッターに投稿”. 産経ニュース. (2017年9月16日). オリジナル2017年9月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20170917000125/http://www.sankei.com/politics/news/170916/plt1709160017-n1.html 
  12. ^ 論座朝日新聞社、2000年1月号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]