児玉龍彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
児玉 龍彦
生誕 (1953-03-22) 1953年3月22日(67歳)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 内科学分子生物医学、システム医学領域、血管システム分野
研究機関 東京大学アイソトープ総合センター
東京大学先端科学技術研究センター
出身校 東京大学
主な受賞歴 1997年:東京テクノ・フォーラム21「ゴールド・メダル賞」
1998年:エルウィン・フォン・ベルツ賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

児玉 龍彦(こだま たつひこ、1953年昭和28年)3月22日 - )は、日本の医学者生物学者東京大学先端科学技術研究センター名誉教授。元東京大学アイソトープ総合センターセンター長[1][2]兼東京大学先端科学技術研究センター教授[3]。 専門は、内科学分子生物学、システム医学領域、血管システム分野。

人物[編集]

1953年(昭和28年)3月、東京都生まれ[4]東京教育大学附属駒場中学校・高等学校を卒業して、東京大学医学部に入学。1977年(昭和52年)、東京大学医学部を卒業。同年6月、東京大学医学部附属病院医師。東京都立駒込病院を経て、1979年(昭和54年)、東京大学医学部附属病院に医師として勤務。

1984年(昭和59年)4月、「家族性LCAT部分欠損症における血漿リポ蛋白異常(Abnormalities in Plasma Lipoprotein in Familial Partial Lecithin:Cholesterol Acyltransferase Deficiency)」の論文により、医学博士(東京大学)の学位を取得[5]

1985年(昭和60年)5月、マサチューセッツ工科大学生物学部に留学して研究員となる。同大では、動脈硬化の原因となる遺伝子の研究に従事する[6]。1987年(昭和62年)、「スカベンジャー受容体」と呼ばれるこの遺伝子に反応する抗体作製に成功。抗体を使い、牛の肺からめざす受容体を精製、そのアミノ酸配列をもとに遺伝子を探し出す作業を進めた[6]。1989年(平成元年)、研究が未完のうちに帰国するが、その際、成田に向かう日航機の中で9歳の長男と遺伝暗号を解読し、遺伝子の存在を突きとめる[6]。この遺伝子は飛行機にちなんで「プラスミドJALナンバー5」の名前で登録され、この研究の成果は、1990年(平成2年)に英国科学雑誌「ネイチャー」に発表された[6]

1989年(平成元年)4月、東京大学医学部第三内科助手に就任。1996年(平成8年)、臨床医から東京大学先端科学技術研究センター(先端研)の教授に抜擢され、新設の生物細胞医学部門を任される。先端研で臨床医が教授に就任したのは、初めてのケースである。同年には、自治医科大学名誉教授の間藤方雄が1979年(昭和54年)に発見し命名した「マトウ細胞」の存在を17年ぶりに証明した[6]

1997年(平成9年)4月、「血管と神経の老化のスカベンジャー理論」の研究に対して、東京テクノ・フォーラム21「ゴールド・メダル賞」を受賞。1998年(平成10年)、「マクロファージのスカベンジャー受容体と動脈硬化」の研究に対して、エルウィン・フォン・ベルツ賞(35周年記念賞、第35回)を受賞。

1996年(平成8年)から2002年(平成14年)まで、東京大学先端科学技術研究センター教授。同大総長補佐として、任期のある「特任教授制度」を作り、2002年(平成14年)には自ら第1号の特任教授となった。2004年(平成16年)4月、再び東京大学先端科学技術研究センターの基金教授となる。2018年3月退官、同年6月より、東京大学先端科学技術研究センター名誉教授(システム生物医学分野)[7]

「老化の遺伝子の研究で、世界の最先端を行く成人病研究者。マクロファージ(大食細胞)の表面にあって血管内のゴミである酸化・変性した低比重リポたんぱくを取り込んでいる「スカベンジャー(掃除屋)受容体」を発見、動脈硬化のメカニズムを分子レベルで明らかにした。遺伝子操作をして生まれつきスカベンジャー受容体のないネズミを作り、新薬開発につながる研究として、世界中から注目を集めた。」と評されている[8]

経済学者で慶應義塾大学教授の金子勝とは中学高校時代の同級生で、共著もある。

原発事故に関する活動[編集]

福島第一原子力発電所事故後約2カ月後の2011年(平成23年)5月28日から、福島の放射線災害地域に対する支援を開始。アイソトープ総合センターを中心に東京大学は、南相馬市、浪江町、楢葉町、広野町と連携協定をむすび、除染とその評価、環境回復技術の提言、農地・用水路除染とお米の安全な栽培再開の支援と販売支援をすすめている。児玉教授は、南相馬、浪江、楢葉の除染と環境回復について、地元自治体の意向の実現に努力し、原子力災害対策本部、環境省、原子力規制庁に住民に向き合った対策を求めている[9]

2011年(平成23年)7月27日、アイソトープ(放射性同位体)を医療目的で使用する専門家として衆議院厚生労働委員会参考人として出席し、「厚生労働関係の基本施策に関する件(放射線の健康への影響)」について発言、政府の対応を厳しく批判し[10][11]、除染について「国策として、土壌汚染を除染する技術を、民間の力を結集してください。これは、例えば、東レだとかクリタだとかさまざまな化学メーカー、千代田テクノルだとかアトックスというような放射線除去メーカー、それから竹中工務店や何かさまざまなところは、放射線の除染などに対してさまざまなノウハウを持っています」[11]と具体的な企業名を挙げた。同年12月、英科学誌ネイチャーが発表した「科学に影響を与えた今年の10人」の一人に選ばれた[12][13]

その後、児玉は南相馬市の除染推進委員長となり、2012年(平成24年)2月24日付「南相馬市除染作業及び除去土壌等の保管管理業務委託」の指名型プロポーザルの二次(最終)審査選定結果に竹中工務店と千代田テクノルが入り[14]、2013年(平成25年)1月25日付の除染作業及び除去土壌等の保管管理業務委託の指名業者一覧 に竹中工務店が入った[15]

2013年(平成25年)に東京椿山荘桜井勝延南相馬市長主催による「南相馬市経済復興懇談会」が開かれたが、児玉と竹中工務店との関係が取り上げられ、「竹中JVのテーブルの真ん中に、東大先端科学技術研究センターの児玉が鎮座していた」と報じられた[16]

上記の記事に対して、児玉教授は代理人を通じて記事は事実関係に反するか客観的事実に基づかないものとして、誤謬を詳細に指摘し、謝罪を求める請求書[17]及び根拠となる証拠資料[18]をファクタ側に送付したが、ファクタ側の回答書[19]は指摘された虚偽記載に対して一切反論、反証になっていないとして、2013年(平成25年)11月22日、詳細を開示した[20]

略歴[編集]

  • 1953年(昭和28年):東京都生まれ。
  • 1977年(昭和52年):東京大学医学部卒業
  • 1984年(昭和59年)4月:医学博士(東京大学)
  • 1985年(昭和60年)5月:マサチューセッツ工科大学研究員
  • 1989年(平成元年)4月:東京大学医学部第三内科助手
  • 1996年(平成8年)4月:東京大学先端科学技術研究センター教授
  • 2002年(平成14年)4月:東京大学先端科学技術研究センター特任教授
  • 2004年(平成16年)5月:東京大学先端科学技術研究センター基金教授(~2018年3月)[7]
  • 2011年(平成23年)4月:東京大学アイソトープ総合センター長(〜2017年3月)[21]
  • 2018年(平成30年)6月:東京大学 名誉教授[7]

著書・論文[編集]

著書
論文

筆頭著者、共著、最終責任著者含めて英文原著250報以上

  • Hierarchical roles of mitochondrial Papi and Zucchini in Bombyx germline piRNA biogenesis. Nishida KM, Sakakibara K, Iwasaki YW, Yamada H, Murakami R, Murota Y, Kawamura T, Kodama T, Siomi H, Siomi MC. Nature. 2018 Feb 28. doi: 10.1038/nature25788. [Epub ahead of print]
  • MAFB prevents excess inflammation after ischemic stroke by accelerating clearance of damage signals through MSR1. Shichita T, Ito M, Morita R, Komai K, Noguchi Y, Ooboshi H, Koshida R, Takahashi S, Kodama T, Yoshimura A. Nat Med. 2017 Jun;23(6):723-732. doi: 10.1038/nm.4312. Epub 2017 Apr 10.
  • Extracellular Acidic pH Activates the Sterol Regulatory Element-Binding Protein 2 to Promote Tumor Progression. Kondo A, Yamamoto S, Nakaki R, Shimamura T, Hamakubo T, Sakai J, Kodama T, Yoshida T, Aburatani H, Osawa T. Cell Rep. 2017 Feb 28;18(9):2228-2242. doi: 10.1016/j.celrep.2017.02.006.
  • Effects of K-877, a novel selective PPARα modulator (SPPARMα), in dyslipidaemic patients: A randomized, double blind, active- and placebo-controlled, phase 2 trial. Ishibashi S, Yamashita S, Arai H, Araki E, Yokote K, Suganami H, Fruchart JC, Kodama T; K-877-04 Study Group. Atherosclerosis. 2016 Jun;249:36-43.
  • H3K4/H3K9me3 Bivalent Chromatin Domains Targeted by Lineage-Specific DNA Methylation Pauses Adipocyte Differentiation. Matsumura Y, Nakaki R, Inagaki T, Yoshida A, Kano Y, Kimura H, Tanaka T, Tsutsumi S, Nakao M, Doi T, Fukami K, Osborne TF, Kodama T, Aburatani H, Sakai J. Mol Cell. 2015 Nov 19;60(4):584-96.
  • Fezf2 Orchestrates a Thymic Program of Self-Antigen Expression for Immune Tolerance. Takaba H, Morishita Y, Tomofuji Y, Danks L, Nitta T, Komatsu N, Kodama T, Takayanagi H. Cell. 2015 Nov 5;163(4):975-87.
  • JMJD1A is a signal-sensing scaffold that regulates acute chromatin dynamics via SWI/SNF association for thermogenesis. Abe Y, Rozqie R, Matsumura Y, Kawamura T, Nakaki R, Tsurutani Y, Tanimura-Inagaki K, Shiono A, Magoori K, Nakamura K, Ogi S, Kajimura S, Kimura H, Tanaka T, Fukami K, Osborne TF, Kodama T, Aburatani H, Inagaki T, Sakai J. Nat Commun. 2015 May 7;6:7052.
  • Nishiyama A, Yamaguchi L, Sharif J, Johmura Y, Kawamura T, Nakanishi K, Shimamura S, Arita K, Kodama T, Ishikawa F, Koseki H, Nakanishi M. Uhrf1-dependent H3K23 ubiquitylation couples maintenance DNA methylation and replication. Nature. 2013 Oct 10;502(7470):249-53.
  • Hayashi M, Nakashima T, Taniguchi M, Kodama T, Kumanogoh A, Takayanagi H. Osteoprotection by semaphorin 3A. Nature. 2012 May 3;485(7396):69-74.
  • Osawa T, Muramatsu M, Wang F, Tsuchida R, Kodama T, Minami T, Shibuya M. Increased expression of histone demethylase JHDM1D under nutrient starvation suppresses tumor growth via down-regulating angiogenesis. Proc Natl Acad Sci U S A. 2011 Dec 20;108(51):20725-9.
  • Fujita K, Iwasaki M, Ochi H, Fukuda T, Ma C, Miyamoto T, Takitani K, Negishi-Koga T, Sunamura S, Kodama T, Takayanagi H, Tamai H, Kato S, Arai H, Shinomiya K, Itoh H, Okawa A, Takeda S. Vitamin E decreases bone mass by stimulating osteoclast fusion. Nat Med. 2012 Mar 4;18(4):589-94.
  • Negishi-Koga T, Shinohara M, Komatsu N, Bito H, Kodama T, Friedel RH, Takayanagi H. Suppression of bone formation by osteoclastic expression of semaphorin 4D. Nat Med. 2011 Oct 23;17(11):1473-80.
  • Nakashima T, Hayashi M, Fukunaga T, Kurata K, Oh-Hora M, Feng JQ, Bonewald LF, Kodama T, Wutz A, Wagner EF, Penninger JM, Takayanagi H. Evidence for osteocyte regulation of bone homeostasis through RANKL expression. Nat Med. 2011 Sep 11;17(10):1231-4.
  • Nishikawa K, Nakashima T, Hayashi M, Fukunaga T, Kato S, Kodama T, Takahashi S, Calame K, Takayanagi H. Blimp1-mediated repression of negative regulators is required for osteoclast differentiation. Proc Natl Acad Sci U S A. 2010 Feb 16;107(7):3117-22.
  • Yanai H, Ban T, Wang Z, Choi MK, Kawamura T, Negishi H, Nakasato M, Lu Y, Hangai S, Koshiba R, Savitsky D, Ronfani L, Akira S, Bianchi ME, Honda K, Tamura T, Kodama T, Taniguchi T. HMGB proteins function as universal sentinels for nucleic-acid-mediated innate immune responses. Nature. 2009 Nov 5;462(7269):99-103.
  • Wada Y, Ohta Y, Xu M, Tsutsumi S, Minami T, Inoue K, Komura D, Kitakami J, Oshida N, Papantonis A, Izumi A, Kobayashi M, Meguro H, Kanki Y, Mimura I, Yamamoto K, Mataki C, Hamakubo T, Shirahige K, Aburatani H, Kimura H, Kodama T, Cook PR, Ihara S. A wave of nascent transcription on activated human genes. Proc Natl Acad Sci U S A. 2009 Oct 27;106(43):18357-61.
  • Okamura M, Kudo H, Wakabayashi K, Tanaka T, Nonaka A, Uchida A, Tsutsumi S, Sakakibara I, Naito M, Osborne TF, Hamakubo T, Ito S, Aburatani H, Yanagisawa M, Kodama T, Sakai J. COUP-TFII acts downstream of Wnt/beta-catenin signal to silence PPARgamma gene expression and repress adipogenesis. Proc Natl Acad Sci U S A. 2009 Apr 7;106(14):5819-24.
  • Fukuhara S, Sako K, Minami T, Noda K, Kim HZ, Kodama T, Shibuya M, Takakura N, Koh GY, Mochizuki N. Differential function of Tie2 at cell-cell contacts and cell-substratum contacts regulated by angiopoietin-1. Nat Cell Biol. 2008 May;10(5):513-26.
  • Takaoka A, Wang Z, Choi MK, Yanai H, Negishi H, Ban T, Lu Y, Miyagishi M, Kodama T, Honda K, Ohba Y, Taniguchi T. DAI (DLM-1/ZBP1) is a cytosolic DNA sensor and an activator of innate immune response. Nature. 2007 Jul 26;448(7152):501-5. Epub 2007 Jul 8.
  • Ochi S, Shinohara M, Sato K, Gober HJ, Koga T, Kodama T, Takai T, Miyasaka N, Takayanagi H. Pathological role of osteoclast costimulation in arthritis-induced bone loss. Proc Natl Acad Sci U S A. 2007 Jul 3;104(27):11394-9. Epub 2007 Jun 25.
  • Sato K, Suematsu A, Nakashima T, Takemoto-Kimura S, Aoki K, Morishita Y, Asahara H, Ohya K, Yamaguchi A, Takai T, Kodama T, Chatila TA, Bito H, Takayanagi H. Regulation of osteoclast differentiation and function by the CaMK-CREB pathway. Nat Med. 2006 Dec;12(12):1410-6. Epub 2006 Nov 26.
  • Horiuchi K, Umetani M, Minami T, Okayama H, Takada S, Yamamoto M, Aburatani H, Reid PC, Housman DE, Hamakubo T, Kodama T. Wilms' tumor 1-associating protein regulates G2/M transition through stabilization of cyclin A2 mRNA. Proc Natl Acad Sci U S A. 2006 Nov 14;103(46):17278-83. Epub 2006 Nov 6.
  • Watanabe M, Houten SM, Mataki C, Christoffolete MA, Kim BW, Sato H, Messaddeq N, Harney JW, Ezaki O, Kodama T, Schoonjans K, Bianco AC, Auwerx J. Bile acids induce energy expenditure by promoting intracellular thyroid hormone activation. Nature. 2006 Jan 26;439(7075):484-9. Epub 2006 Jan 8.
  • You LR, Takamoto N, Yu CT, Tanaka T, Kodama T, Demayo FJ, Tsai SY, Tsai MJ. Mouse lacking COUP-TFII as an animal model of Bochdalek-type congenital diaphragmatic hernia. Proc Natl Acad Sci U S A. 2005 Nov 8;102(45):16351-6. Epub 2005 Oct 26.
  • Koga T, Matsui Y, Asagiri M, Kodama T, de Crombrugghe B, Nakashima K, Takayanagi H. "NFAT and Osterix cooperatively regulate bone formation" Nat Med. 2005 Jul 24; [Epub ahead of print]
  • Koga T, Inui M, Inoue K, Kin S, Suematsu A, Kobayashi E, Iwata T, Ohnishi H, Matozaki T, Kodama T, Tniguchi T, Takayanagi H, Takai T. "ITAM-mediated costimulatory signals cooperate with RANKL for bone homeostasis" Nature 2004 428(6984):758-63.
  • Tanaka T, Yamamoto J, Iwasaki S, Asaba H, Hamura H, Ikeda Y, Watanabe M, Magoori K, Ioka RX, Tachibana K, Watanabe Y, Uchiyama Y, Sumi K, Iguchi H, Ito S, Doi T, Hamakubo T, Naito M, Auwerx J, Yanagisawa M, Kodama T, Sakai J. "Activation of peroxisome proliferator-activated receptor delta induces fatty acid beta-oxidation in skeletal muscle and attenuates metabolic syndrome" Proc Natl Acad Sci U S A. 2003 Dec 23; 100(26): 15924-9.
  • Terauchi Y, Kodamam T, et al. "Increased insulin sensitivity and hypoglycemia in mice lacking the p85a subunit of phophoinositide 3 kinase" Nature Genetics, 1999, 21. 230-235
  • Cynshi O, Kawabe Y, Suzuki T, Takashima Y, Kaise H, Nakamura M, Ohba Y, Kato Y, Tamura K, Hayasaka A, Higashida A, Sakaguchi H, Takeya M, Takahashi K, Inoue K, Noguchi N, Niki E and Kodama T. "Antiatherogenic effects of the antioxidant BO-653 in three different animal model" Proc. Natl. Acad. Sci USA 1998, 95, 10123-10128
  • Suzuki H, Kurihara Y, Takeya M, Kamada N, Kataoka M, Jishage K, Ueda O, Sakaguchi H, Higashi T, Suzuki T, Takashima Y, Kawabe Y, Cynshi O, Wada Y, Honda M, Kurihara H, Aburatani H, Doi T, Matsumoto A, Azuma S, Noda T, Toyoda Y, Itakura H, Yazaki Y, Horiuchi S, Takahashi K, Kruijt J-K, van Berkel T-J-C, Steinbrecher U-P, Ishibashi S, maeda N, Gordon S & Kodama T. "Resistance to atherosclerosis and susceptibility to infection in scavenger receptor knockout mice" Nature, 1997, 386, 292-6
  • Kurihara, Y., Kurihara, H., Suzuki, H., Kodama, T., Maemura, K., Nagai, R., Oda, H., Kuwaki, T., Cao, W-H., Kamata, N., Jishage, K., Ouchi, Y., Azuma, S., Toyoda, Y., Ishikawa, T., Kumada, M.,& Yazaki, Y. (1994). "Disruption of mouse endothelin-1 gene results in lethality and craniofacial anomaly in homozygotes and elevated blood pressure in heterozygotes" Nature, 368, 703-710
  • Matsumoto, A., Naito, M., Itakura, H., Ikemoto, S., Asaoka, H., Hayakawa, I., Kanamori, H., Aburatani, H., Takaku, F., Suzuki, H. Kobari, Y., Miyai, T., Takahashi, K., Cohen, E.H., Wydro, R., Housman, D.E., & Kodama, T.(1990). "Human macrophage scavenger receptors: Primary structure, expression, and localization in atherosclerotic lesions" Proc Natl Acad Sci U S A, 87(23), 9133-9137.
  • Kodama, T., Freeman, M., Rohrer, L., Zabrecky, J., Matsudaira, P., & Krieger, M. (1990). "Type I macrophage scavenger receptor contains α-helical and collagen-like coiled coils" Nature, 343(6258), 531-535.
  • Rohrer, L., Freeman, M., Kodama, T., Penman, M., & Krieger, M. (1990). "Coiled-coil fibrous domains mediate ligand binding by macrophage scavenger receptor type II" Nature, 343(6258), 570-572.
  • Kodama, T., Reddy, P., Kishimoto, C., & Krieger, M. (1988). "Purification and characterization of a bovine acetyl low density lipoprotein receptor" Proc Natl Acad Sci U S A, 85(23), 9238-9242.
  • Okazaki, M., Hara, I., Tanaka, A., Kodama, T., & Yokoyama, S.(1981). "Decreased serum HDL, cholesterol levels in cirrhosis of the liver" N Engl J Med, 304, 1608.

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 東京大学アイソトープ総合センターセンター長挨拶、東京大学アイソトープ総合センターは、放射性同位元素にかかわる東京大学の教員・職員・学生の教育と先端的研究を行っている。
  2. ^ 東京大学組織図 2011年9月13日閲覧
  3. ^ 研究者リスト 研究分野別 | 東京大学 先端科学技術研究センター
  4. ^ 日外アソシエーツ「現代人物情報」によれば、出生地は東京都、出身地は「宮崎県」とされている。
  5. ^ 児玉龍彦、東京大学学位論文データベース。
  6. ^ a b c d e 日外アソシエーツ「現代人物情報」、2004年5月調査。
  7. ^ a b c 児玉龍彦 東京大学先端科学技術研究センター
  8. ^ 読売新聞社「読売人物データベース」2011年2月16日調査、2011年8月1日閲覧。
  9. ^ 東京大学LSBM 放射線災害地域に対する除染活動
  10. ^ 2011年(平成23年)7月27日・衆議院厚生労働委員会、衆議院TV。
  11. ^ a b 第177回国会 衆議院厚生労働委員会 第23号 (平成23年7月27日)発言№010-116 (東京大学先端科学技術研究センター教授、東京大学アイソトープ総合センター長) 児玉龍彦”. 国会会議録検索システム. 国立国会図書館 (2011年7月27日). 2020年2月6日閲覧。
  12. ^ ネイチャー「今年の10人」に東大の児玉氏”. 読売新聞 (2011年12月22日). 2011年12月22日閲覧。
  13. ^ 365 days: Nature's 10 Tatsuhiko Kodama: Fukushima's gadfly”. ネイチャー (2011年12月22日). 2011年12月22日閲覧。
  14. ^ 「南相馬市除染作業及び除去土壌等の保管管理業務委託」の指名型プロポーザルの二次(最終)審査選定結果
  15. ^ 除染作業及び除去土壌等の保管管理業務委託の指名型プロポーザル実施要領の公表 南相馬市除染作業及び除去土壌等の保管管理業務委託 指名業者一覧
  16. ^ 南相馬市長と竹中工務店のバブルな宴 高級ホテルで市長主催の大宴会。主賓の竹中工務店の席には、あの児玉東大教授。2013年5月号 DEEP FACTA online
  17. ^ ファクタの記事に対し誤謬を詳細に指摘し、謝罪を求める請求書
  18. ^ ファクタの記事の誤謬に対し根拠となる証拠資料
  19. ^ ファクタ側の回答書
  20. ^ ファクタ側への通知書
  21. ^ 東京大学アイソトープ総合センター, ISC

関連項目[編集]

外部リンク[編集]