アンドリュー・デウィット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アンドリュー・デウィットAndrew DeWit1959年 - )はカナダ生まれ、日本在住の経済学者立教大学経済学部経済政策学科教授。財政学、政治経済学専攻。近年の研究テーマは環境・エネルギー政策の政治経済学。

経歴[編集]

著書[編集]

共著[編集]

  • 金子勝)『反ブッシュイズム いかにブッシュ政権は危険か』(岩波書店, 2003年)
  • (金子勝)『反ブッシュイズム(2)終わらない戦争』(岩波書店, 2003年)
  • (金子勝)『反ブッシュイズム(3)世界は後戻りできない』(岩波書店, 2004年)
  • (金子勝・池上岳彦)『財政赤字の力学 アメリカは日本のモデルたりうるか』(税務経理協会, 2005年)
  • (金子勝)『メディア危機』(日本放送出版協会, 2005年)
  • (金子勝)『環境エネルギー革命』 (アスペクト, 2007年)
  • (金子勝)『世界金融危機』 (岩波書店, 2008年)
  • (金子勝)『脱「世界同時不況」 オバマは金融危機を克服できるか』(岩波書店, 2009年)