寶馨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

寶 馨(たから かおる、1957年2月12日 - )は、日本の工学者京都大学教授。工学博士(京都大学、1990年1月)。滋賀県彦根市生まれ。

人物[編集]

専門は水文学、水資源工学、防災技術政策。日本における水文統計学の第一人者的存在。

  • 日本学術会議連携会員(2008年10月〜現在 = 21-22期(2008-2014)、23-24期(2014-2020))。
  • 土木学会フェロー(2002(平成14)年4月〜)。
  • 土木学会水工学委員会[1]委員長(2011(平成23)年6月〜2013(平成25)年5月)。
  • 国際連合大学客員教授(2008年10月〜現在)。
  • 中国・中山大学客座教授(2004年9月〜現在)。
  • 日本自然災害学会 理事・評議員。副会長(2014(平成26)年4月〜2017(平成29)年3月)。次期会長(2017(平成29)年4月〜)
  • 水文・水資源学会 理事・副会長(2016(平成28)年9月〜現在)。
  • 自然災害研究協議会[2]議長(2011(平成23)年4月〜2013(平成25)年3月)。
  • 防災学術連携体 幹事(2016年6月〜)。
  • Associate Editor, Journal of Flood Risk Management (2008〜).
  • 国際斜面災害研究機構(ICL)理事長(2002年12月〜2008年12月)、副会長(2009年1月〜2014年12月)、会計理事(2015年1月〜2017年12月)。
  • 国際水資源学会(IWRA)理事(2013年1月〜2015年12月)。IWRA日本国内委員会委員長(2013年2月〜)。
  • アジア太平洋水文水資源協会(APHW)[3] 事務局長(2013年8月〜)。
  • 財団法人 河川情報センター 理事(2007(平成19)年4月〜)。
  • 特定非営利活動法人 日本水フォーラム 理事(2004(平成16)年4月〜)。
  • 一般社団法人 学士会 終身会員(2016年(平成28)9月〜)。
  • 国連国際防災戦略(UNISDR)学術・技術委員会委員(2009年9月〜2012年8月)。
  • 世界銀行地球防災ファシリティー(GFDRR)成果管理審議会(RMC)委員(2011年1月〜)。
  • 日本ユネスコ国内委員会委員(2009年12月〜2015年11月)。ユネスコ国際水文学計画(IHP)政府間理事会には理事国・日本政府代表団のメンバーとして第12回理事会(1996年9月)より毎回出席、第18回(2008年)から第21回(2014年)まで代表団団長を務めた。第16回理事会(2004年7月)で決議案起草委員会委員、政府間理事会の副議長(2008年6月〜2010年7月)、財務委員会委員(2012年6月〜2016年6月)を務めた。ユネスコIHP東南アジア太平洋地域運営委員会・事務局長(1999年10月〜2012年11月)及び議長(2013年10月〜2015年10月)。日本ユネスコ国内委員会自然科学小委員会IHP分科会主査(=日本IHP国内委員会委員長、2010年2月〜2015年11月)。これら長年の貢献に対して、2015年10月にユネスコIHP東南アジア太平洋地域運営委員会より功績賞、ユネスコ・ジャカルタ事務所よりDistinguished Champion in Hydrology for South East Asia and the Pacific の表彰を受けた。
  • 国土交通省近畿地方整備局 淀川水系流域委員会(第3次)委員(2007(平成19)年8月〜2009(平成21)年8月)。
  • 文部科学省グローバルCOEプログラム[4]「極端気象と適応社会の生存科学」拠点リーダー(2009(平成21)年6月〜2014(平成26)年3月)。
  • 文部科学省博士課程教育リーディングプログラム[5]「グローバル生存学大学院連携プログラム」プログラムコーディネーター(2011(平成23)年12月〜2018(平成30)年3月)。
  • 京都大学硬式野球部部長(2005〜現在)、京都大学硬式野球部監督(1981〜1982, 2013〜2014)。関西学生野球連盟副会長(2010〜2013)。

略歴[編集]

  • 1969年3月:京都市立唐橋小学校卒業
  • 1972年3月:西宮市立大社中学校卒業
  • 1975年3月:兵庫県立西宮北高等学校卒業
  • 1979年3月:京都大学工学部土木工学科卒業
  • 1981年3月:京都大学大学院工学研究科土木工学専攻修士課程修了
  • 1981年4月:京都大学工学部助手(土木工学科)
  • 1990年1月:京都大学工学博士。博士論文は「水資源システムにおける確率論的モデルと手法の評価に関する研究」
  • 1990年4月:岐阜大学工学部助教授(土木工学科)
  • 1992年11月〜1993年9月:文部省在外研究員
  •    米国コーネル大学工学部客員研究員(土木環境工学科)
  • 1994年4月:京都大学防災研究所助教授
  • 1998年3月〜1998年5月:文部省在外研究員
  •    英国水文研究所(Institute of Hydrology 現・生態水文研究センター CEH)1998.3.29-4.28
  •    オランダ国際水理社会基盤環境工学研究院(IHE Delft, 現UNESCO-IHE)1998.4.29-5.13
  •    ドイツ・ルール大学ボフム校(水資源研究所) 1998.5.14-5.27
  • 1998年11月〜現在:京都大学防災研究所教授
  • 2005年4月〜2007年3月:京都大学防災研究所副所長(兼任)
  • 2009年4月〜2010年10月:京都大学防災研究所副所長(兼任)
  • 2010年4月〜2012年3月:京都大学学際融合教育研究推進センター極端気象適応社会教育ユニット長(兼任)
  • 2010年10月〜2014年9月:京都大学理事補[6](併任)
  • 2012年2月〜2015年3月:京都大学学際融合教育研究推進センター グローバル生存学大学院連携ユニット長(兼任)
  • 2015年4月〜2017年3月:京都大学防災研究所所長(兼任)
  • 2016年10月〜2018年9月:京都大学副理事[7](併任)

表彰[編集]

  • 2001年5月:土木学会論文賞「水文頻度解析に関する研究(総合題目)」(2001/05/25 鈴木道雄・土木学会会長より)
  • 2003年3月:第3回世界水フォーラム「水の声プロジェクト」優秀メッセンジャー賞(2003/03/22 橋本龍太郎・元内閣総理大臣より)
  • 2007年5月:土木学会論文賞「広域分布型流出予測システムの開発とダム群治水効果の評価」(2007/05/25 濱田政則・土木学会会長より)
  • 2007年5月:土木学会国際活動奨励賞(2007/05/25 濱田政則・土木学会会長より)
  • 2012年8月:全京都大学野球トーナメント大会 功労者表彰(2012/08/15 門川大作・京都市長より)
  • 2015年10月:ユネスコIHP東南アジア太平洋地域運営委員会功績賞(2015/10/20、ユネスコIHP東南アジア太平洋地域運営委員会より)
  • 2015年10月:Distinguished Champion in Hydrology for South East Asia and the Pacific(2015/10/21、ユネスコ・ジャカルタ事務所より)

著書(共著・分担執筆)[編集]

  • 『事例・演習でよくわかる水理学』(コロナ社, 2015年)[7]
  • 『全世界の河川事典』(丸善出版, 2013年)[8]
  • 『自然災害と防災の事典』(丸善出版, 2011年)[9]
  • 『災害対策全書』第1巻 災害概論(ぎょうせい, 2011年)
  • 『川の百科事典』(丸善, 2009年)[10]
  • 『Biogeography and Biodiversity』(Rawat Publications, Jaipur, India, 2009年)
  • 『国連国際防災戦略防災用語集』(内閣府, 2009年版)日本語版翻訳作成協力。
  • 『建築学大百科事典』(朝倉書店, 2008年)
  • 『エース水文学』(朝倉書店, 2006年)
  • 『Natural Hazards & Disaster Management: Vulnerability and Mitigation』(Rawat Publications, Jaipur, India, 2006年)
  • 『緑のダム』(築地書館, 2004年)
  • 『新領域土木工学ハンドブック』(朝倉書店, 2003年)
  • 『風水害論』防災学講座〈1〉(山海堂, 2003年)
  • 『防災学ハンドブック』(朝倉書店, 2002年)
  • 『地球環境調査計測事典』第1巻 陸域編(フジ・テクノシステム, 2002年)
  • 『水理公式集例題プログラム集(平成13年度版)』(土木学会丸善, 2002年)
  • 『Global Warming, The Potential Impact on Japan』(Springer-Verlag, Tokyo, 1998年)
  • 『水循環と流域環境』岩波講座 地球環境学〈7〉(岩波書店, 1998年)
  • 『地球温暖化と日本-自然・人への環境予測-』(古今書院, 1997年)
  • 『水文・水資源ハンドブック』(朝倉書店, 1997年)

日本学術会議

  • 提言「地球環境の変化に伴う水災害への適応」、日本学術会議 地球惑星科学委員会・土木工学・建築学委員会合同 国土・社会と自然災害分科会, 平成20年(2008年)6月26日, 17 pp.(幹事、分担執筆)
  • 同英語版:Proposal "Adaptation to Water-Related Disasters Induced by GlobalEnvironmental Change", Subcommittee on Land, Society and Natural Disasters, Committee on Planet Earth Science and Committee on Civil Engineering and Architecture, Science Council of Japan, 18 pp., June 26, 2008 (Committee Secretary, Co-authored).
  • 提言「気候変動下における水・土砂災害適応策の深化に向けて」、日本学術会議 土木工学・建築学委員会合同 地球環境の変化に伴う水害・土砂災害への対応分科会, 平成23年(2011年)9月9日, 25 pp.(分担執筆)
  • 提言「地質地盤情報の共有化に向けて--安全・安心な社会構築のための地質地盤情報に関する法整備--」、日本学術会議 地球惑星科学委員会, 平成25年(2013年)1月31日, 21 pp.(協力)

学生野球歴[編集]

  • 兵庫県立西宮北高等学校硬式野球部 部員(昭和50年3月卒業)
  • 京都大学硬式野球部 部員(昭和54年3月卒業)
  • 京都大学硬式野球部 コーチ(昭和54年-昭和55年)
  • 京都大学硬式野球部 監督 (昭和56年-昭和57年、平成25年-平成26年)
  •  京滋大学野球連盟 昭和56年 春4位(6勝7敗)、秋3位(8勝7敗)
  •  関西学生野球連盟 昭和57年 春6位(2勝10敗)、秋5位(2勝8敗、関大から勝点)
  •  関西学生野球連盟 平成25年 春6位(2勝10敗)、秋5位(1勝8敗1分、近大出場辞退)
  •  関西学生野球連盟 平成26年 春6位(4勝9敗、同大から勝点)、秋6位(2勝9敗、同大から勝点)
  • 関西学生野球連盟 審判委員(昭和58年-平成元年)
  • 全京都大学野球トーナメント大会 実行委員・参事(平成5年-現在)
  • 京都大学硬式野球部 副部長(平成13年-平成16年)
  • 第9回松前記念モスクワ国際学生野球大会に随行(2004年(平成16年)6月27日〜7月1日、於:モスクワ大学野球場)
  • 京都大学硬式野球部 部長(平成17年-現在)
  • 関西学生野球連盟 副会長(平成22年-平成25年)
  • キューバ代表チームとの国際親善試合(平成22年7月、於:中央大学野球場)
  • ソウル国立大学チームとの国際親善試合(平成23年7月、於:京大・吉田グラウンド、東大との定期戦時に実施)
  • ソウル国立大学チームとの国際親善試合(平成26年7月、於:東大野球場、東大との定期戦時に実施)

^ 京大初のプロ野球選手、田中英祐「4年間の軌跡」http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/2015/01/16/post_495/

外部リンク[編集]