安部司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安部 司
あべ つかさ
生誕 1951年
日本の旗 日本福岡県福岡市
居住 日本の旗 日本
研究分野 食品添加物の評論・研究
研究機関 NPO熊本県有機農業研究会JAS判定員
経済産業省国家資格水質第一種公害防止管理者
出身校 山口大学文理学部化学科
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

安部 司(あべ つかさ、1951年 - )は、日本食品添加物評論家である。

人物・来歴[編集]

福岡県福岡市生まれ。NPO熊本県有機農業研究会JAS判定員。経済産業省国家資格水質第一種公害防止管理者。食品製造関係の特許4件取得。

山口大学文理学部化学科を卒業したのち総合商社の食品課に勤め、食品添加物のセールスマンとしてすぐれた成績を上げていたが、ある日、自宅の食卓に自分が開発に関わったミートボールを発見し、自分の子供たちに食べさせたくないものを自分が作っていたということに初めて気がつき、愕然とした[1]。ほどなく会社を退職。

2005年、『食品の裏側 - みんな大好きな食品添加物』(東洋経済新報社)を出版。現在は海外(中国、アメリカ、東南アジア)を拠点にした食品開発と、その輸入の仕事に携わっている。また年間150回を数えるほどの講演活動を日本全国で行っている。2009年、『なにを食べたらいいの?』新潮社)を出版。

活動[編集]

講演では、食品添加物やパウダー状の食品・香辛料を数十種類持ち込み、白い粉だけでできるインスタントラーメンスープや、清涼飲料水の合成を実演して見せる。インターネット配信番組『博士も知らないニッポンのウラ[2]でも同様の実演をし、ホストの水道橋博士宮崎哲弥を驚かせた。

グルメ漫画の『美味しんぼ[3]でも紹介された。また、インターネット配信番組『マル激トーク・オン・ディマンド』第262回[4]などのメディアで紹介されている。

スタンス[編集]

添加物の毒性を訴えるつもりはないという。「そんなことを言ったらすぐに食品会社に「その根拠を示せ」と突っ込まれます」「しかし、添加物が間接的にもたらす害を言うことは出来る」「まず糖分・塩分・油分の取りすぎです」(『美味しんぼ』第101巻より)

食品添加物のおかげで、「安い」「簡単」「便利」「美しい」「オイシイ」という現在の加工食品が成立している。これをメリットとして認めつつも、このことに無自覚で、人工的な味に慣れきっている消費者たちの自覚をうながそうとする(『なにを食べたらいいの?』)。

ウェブサイト(日経BP社『SAFETY JAPAN』)のインタビューでは以下のように述べている。

(食品添加物を利用することで実現した)簡単で便利な生活もいいけれど、その代償として失っているものは確実にあります。それが何なのか、本当にこのままでよいのか。この辺りで立ち止まって、一度きちんと考えてみてはどうでしょうか。私の話がそのきっかけになるのであれば、それが一番うれしいことです。

批判[編集]

毎日新聞編集委員の小島正美は著書『誤解だらけの「危ない話」』[5]で、「それ(安部の主張)を聞いて、そのまま素直に記事にする記者たちの思考」や「安部氏を講演会に招いて、食品添加物の恐怖を伝えさせている地方自治体の思考」を問題にし、

  • 「安部氏が脚光を浴びたのは、添加物のリスクが高いという事実よりも、ニュース性があったからだ。ニュースを構成する『おもしろ要素』が揃っていたのが安部氏のケースなのだ」
  • 「そのニュース性を構成する要素や言葉は、『内部告発』『便利さへの代償(文明への批判)』『白い粉』『子どもや家族への愛』『複合汚染』である」
  • 「『危ない』だけを強調しているのではなく、文明の両面性を問うているという言い方で自分の身に逃げのオブラートをかぶせる。これが安部氏の特徴だ」

と書いている[6]

著書[編集]

  • 『食品の裏側—みんな大好きな食品添加物』 東洋経済新報社、2005年 ISBN 978-4492222669
  • 『なにを食べたらいいの?』 新潮社、2009年 ISBN 978-4103135715

脚注[編集]

  1. ^ 『博士も知らないニッポンのウラ』
  2. ^ 2008年2月1日配信、ミランカ
  3. ^ 単行本第101巻、2008年3月5日初版。この回は雑誌掲載時(『ビッグコミックスピリッツ』2007年48号)には「添加物だけで豚骨スープが作れる」となっていたが、実際には香辛料や食品材料が使われていたため単行本では「これだけの材料で〜」と修正されている。
  4. ^ 2006年04月07日配信、ホストは神保哲生宮台真司
  5. ^ エネルギーフォーラム、2008年、ISBN 9784885553523
  6. ^ 安井至による書評 「4次元エコウォッチング 環境の『危ない話』の報道の読み方(09/01/14)」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]