長村洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

長村 洋一(ながむら よういち)は、鈴鹿医療科学大学保健衛生学部医療栄養学科教授。岐阜薬科大学大学院修了。専門は食品化学生化学。藤田保健衛生大学在職時は、職務上、臨床検査技師の養成教育に携わる他、生薬の化学分析等の研究に従事。健康食品管理士認定協会理事長。若年時より頭髪が薄く、自ら「多幸之介」を自称。

来歴[編集]

藤田保健衛生大学に在職後、千葉科学大学危機管理学部環境安全システム科教授を歴任。日本トリプトファン研究会員、日本臨床化学会員、日本栄養・食糧学会員、国際トリプトファン研究会員、生物試料分析科学会員である。

著書[編集]

  • 伊藤啓、長村洋一、片山善章『臨床化学』講談社 1998年
  • 相原英孝、尾庭きよ子、田村明、野沢義則『イラスト 生化学入門―栄養素の旅』東京教学社 1993年

主な出演番組[編集]

外部リンク[編集]