松永和紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松永 和紀
(まつなが わき)
誕生 1963年
長崎県長崎市
職業 新聞記者サイエンス・ライター
最終学歴 京都大学大学院農学研究科修士課程修了(農芸化学専攻)
ジャンル ノンフィクション
主題 食品健康疑似科学環境問題放射能汚染
代表作 メディア・バイアス』(2007年)
主な受賞歴 科学ジャーナリスト賞(2008年)
デビュー作 食卓の安全学』(2005年)
テンプレートを表示

松永 和紀(まつなが わき、1963年 - )は、日本女性サイエンス・ライターフリーランスで活動している。

略歴[編集]

長崎市生まれ。東京都立西高等学校京都大学農学部卒業、京都大学大学院農学研究科修士課程修了(農芸化学専攻)。

毎日新聞社記者として10年ほど勤務した後に退職し、その後は、科学分野のライターとして活動。『買ってはいけない』などの健康情報に誤りがあるとし『メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学』で科学ジャーナリスト賞2008を受賞した[1]2011年には、消費者団体Food Communication Compass (FOOCOM.NET)を設立し、サイトの編集長に就任した。

2010年島根県の消費者啓発講座で講師を務めた[2]

北九州市の災害廃棄物(東日本大震災のガレキ)の受入に関する検討会では、学識経験者(環境リスク)として参加した[3]。第10期北九州市環境審議会委員(2014年7月31日まで)[4]

見解[編集]

  • ダイエット情報をはじめとして科学的根拠に欠ける健康情報の報道などに見られるマスコミの姿勢を批判する[5]
  • DDTを例にリスクを認識した上でリスクとベネフィット(利益・恩恵)を科学的に検討して利用することの重要性を主張[6]
  • 遺伝子組換え作物について「ハワイのパパイヤをウイルスから救った遺伝子組換え技術」を紹介して、遺伝子組換え技術の有益性を主張している[7]
  • 食品添加物に対し、「最近メディアで添加物が悪い根拠として取り上げられていることのほとんどは、学術的に完全に否定されていることや古い研究結果の誤った解釈、さらに思いこみに基づく根拠のない主張だ」[8]、「食品添加物に関する最近の報道には、科学的な誤りがあまりにも多過ぎる」[9]と主張している。
  • 福島原発事故から1ヶ月あまり後の2011年4月24日に、「『100 mSv未満の放射線被曝は、実際上影響なし』とする。これが現在の疫学者の大多数の結論である」[10]と解説した。一方、「疫学的な見解の大多数が『100 mSv未満は、実際的な健康影響はない』であるとしても、そのまま100 mSvという数字を元に規制措置を講じるようなことは、どの国際機関も勧めていないし政府機関もしていない」と解説した[10]
  • EUでネオニコチノイド農薬のミツバチに対する毒性が問題になり3種の農薬(クロチアニジン、イミダクロプリド、チアメトキサム)が使用規制を受けることになり、「EUが禁止しているのに日本はなぜ、ネオニコチノイド系農薬を使うのか」と非難する市民団体などがあることに触れ、「EUで禁止なのだから日本でもネオニコ禁止を」という論法については科学的な思考でないと批判した。その上で、予防的措置も必要だという意見を認めつつ、科学的に検証して不確実性がどこにあるかを明らかにし、代替策のリスクまで検討して包括的に対策を決める姿勢の重要性を説いた[11]

著作[編集]

ウィキソースには、松永和紀の著作のリストがあります。

単著[編集]

共著[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • FOOCOM.NET - 松永が編集長をつとめる非営利の消費者団体のサイト