アクリフーズ農薬混入事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アクリフーズ冷凍食品農薬混入事件
場所 日本の旗 日本 群馬県邑楽郡大泉町吉田1201
アクリフーズ群馬工場
日付 2013年平成25年)11月
12:00 - 14:00までの間(混入時刻)
概要 アクリフーズ群馬工場の製造ラインでマラチオンを故意に混入した
武器 マラチオン
損害 アクリフーズ群馬工場で製造された全商品を自主回収(リコール
アクリフーズ群馬工場の長期操業停止
犯人 契約社員の男性
容疑 器物損壊罪及び偽計業務妨害罪
動機 給与体系に不満を持ったため
対処 一部商品の販売終了
謝罪 マルハニチロホールディングス・アクリフーズ両社長が引責辞任
賠償 回収対象品を返品した顧客にはクオカードか現金で返金
テンプレートを表示

アクリフーズ農薬混入事件(アクリフーズのうやくこんにゅうじけん)は、アクリフーズ(現・マルハニチロ群馬工場製造の冷凍食品農薬マラチオンが混入された事件2013年12月の発覚後に自主回収(リコール)が実施され、2014年1月に同社で勤務していた契約社員の男が逮捕された。

事件の経過[編集]

アクリフーズ群馬工場で製造されたピザなどの冷凍食品を購入した客から「異臭がする」などの苦情が、2013年11月13日から12月29日までに全国各地から20件寄せられた。調査した結果、高濃度の有機リン系農薬マラチオン(殺虫剤の一種)が返品された商品から検出された。12月29日、アクリフーズは群馬工場の操業・出荷を停止し、市場に出回った全ての生産商品計88品目を自主回収(リコール)すると発表した。また回収対象商品の中には、イオンイオントップバリュ」、西友「みなさまのお墨付き」、セブン&アイ・ホールディングス「セブンプレミアム」、生協ブランドなどのプライベートブランド商品も含まれていた[1][リンク切れ]

12月30日食品衛生法により群馬県館林保健福祉事務所は群馬工場への立ち入り検査を実施。「通常の製造工程上で汚染された可能性は低い」と発表し、群馬県警察は意図的に混入された可能性があるとして捜査を開始した[2][リンク切れ]

アクリフーズは事件発覚当初、「マラチオンに急性症状は無く、体重20キロで一度に60個を食べないと健康には影響ない」と説明していた。だが12月31日未明には、アクリフーズの親会社マルハニチロ食品の親会社であるマルハニチロホールディングス(以下マルハニチロHD)は、記者会見で「体重20キロの場合(商品を)8分の1個食べただけで吐き気などの症状が起きる可能性がある」と説明、前述した健康影響の説明は前日に厚生労働省から指摘を受け、誤っていたとして撤回した。

2014年1月、アクリフーズは群馬工場に勤務する全従業員への聞き取り調査を実施。同月25日、アクリフーズ群馬工場で働いていた契約社員の男が農薬の混入に関わっていたとして、2013年10月に4回にわたって工場で製造された冷凍食品に農薬を混入して工場の操業停止をさせた偽計業務妨害罪容疑で逮捕された[3]

被疑者が逮捕された2014年1月25日夜にマルハニチロHD側が記者会見を開き、マルハニチロHD社長及び同社品質保証担当常務とアクリフーズ社長が今般の事件を受け、2014年3月31日付にて引責辞任することを発表した[4][5]

2014年2月16日には、2013年10月に計9回にわたり、工場で製造していた冷凍食品12製品に農薬を吹きつけて食べられない状態にした器物損壊罪容疑で再逮捕され、同年3月7日に起訴された。流通食品毒物混入防止法違反や傷害罪の適用も検討されたが、流通食品毒物混入防止法違反については毒性が低いマラチオンが法律の規制毒物に該当することが困難なこと、傷害罪については健康被害を訴えた人の食べ残しからマラチオンが検出されたケースはなく混入と健康被害の因果関係の立証が困難であると報道されている[6]

被疑者は警察の取り調べに対し「給与体系が変更され年収が大幅ダウンとなり、同僚とも給与の格差がつき、それが不満で会社に迷惑をかけてやろうと思ってやった」と犯行の動機を述べている。[要出典]

アクリフーズでは前年より給与体系が大幅に変更されており、「実力主義」の名の下で多くの契約社員の給与が引き下げられていた。[要出典]

なお、アクリフーズ群馬工場は、元々は不祥事(雪印集団食中毒事件)で経営が悪化した雪印乳業から分社化された雪印冷凍食品群馬工場を、雪印食品雪印牛肉偽装事件による雪印グループの経営悪化により、ニチロ(現:マルハニチロ)へ売却され、社名変更し再発足した工場である。

2014年7月25日に前橋地検は元契約社員に懲役4年6ヶ月を求刑し、8月14日に元契約社員に前橋地裁は懲役3年6ヶ月の有罪判決を言い渡した[7][リンク切れ]

2014年9月25日に東京地裁は、マルハニチロが商品回収を知らせる社告を出して約5億9700万円かかったうち一部の1億円の損害賠償を求めた民事訴訟で、元契約社員に全額の支払いを命じる判決を言い渡した[8][リンク切れ]

プライベートブランド製品への影響[編集]

事件発覚当初は「製造者にアクリフーズと表示のある商品」を食べないよう注意喚起していた。しかしプライベートブランド製品では、企画元の意向で製造者名を記載しない企業があり、これが回収対象にも含まれていた。このため「アクリフーズ」の記載がないことで食べてしまうことが懸念されたほか、商品回収にも支障を来たした。

これを受けて、製造所固有記号を付せば製造者名の記載を省略できるとした現在の規定を見直し、原則として製造者名を表示させる方針に転換することとなった[9]

アクリフーズに関する同時期の事件[編集]

同時期のアクリフーズの製品からは、結束バンドなどの製造ラインでは使用されていない異物の混入も起こっており、それらの事実をアクリフーズは隠蔽していた [10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 冷凍食品から農薬検出 マルハ子会社 88品を自主回収 朝日新聞 2013年12月29日
  2. ^ 異臭苦情、13都府県から 公表に1カ月半 冷凍食品から農薬 朝日新聞 2013年12月31日
  3. ^ 農薬混入、契約社員の男逮捕へ…服にマラチオン[リンク切れ](読売新聞 2014年1月25日付)
  4. ^ “マルハニチロ社長ら辞任 農薬混入事件で引責”. 共同通信. (2014年1月25日). http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014012501002054.html 2014年1月26日閲覧。 
  5. ^ 当社および株式会社アクリフーズ役員に対する処分 (PDF)”. 株式会社マルハニチロホールディングス (2014年1月26日). 2014年1月26日閲覧。
  6. ^ グリ森30年、冷凍食品事件も防げた…毒物防止の法整備できているのか 産経新聞 2014年3月6日
  7. ^ “元契約社員に懲役3年6カ月の判決 冷凍食品農薬混入”. 朝日新聞. (2014年8月8日). http://www.asahi.com/articles/ASG847753G84UHNB012.html 2015年4月25日閲覧。 
  8. ^ “マルハニチロ農薬混入、元契約社員に1億円賠償命じる”. 朝日新聞. (2014年9月25日). http://www.asahi.com/articles/ASG9T4S9TG9TUTIL021.html 2015年4月25日閲覧。 
  9. ^ 農薬混入事件受け製造者情報表示 Archived 2014年4月27日, at the Wayback Machine. - 2014年4月17日 デイリースポーツ online
  10. ^ 第三者検証委員会が絶句… アクリフーズ事件 日本の食の暗部 週刊実話 - エキサイトニュース、2014年5月22日、2018年10月5日閲覧。

関連項目[編集]