ラジオガルーダばりばりマッシュルーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラジオガルーダ
ばりばりマッシュルーム
ジャンル バラエティ番組
放送期間 1988年10月10日 - 1989年4月7日
放送時間 月曜 - 木曜 20:00 - 22:00
放送局 ニッポン放送
制作 ニッポン放送
ネットワーク 北海道放送
北陸放送
西日本放送
パーソナリティ 大平サブロー
出演 深津絵里(月)
斉藤満喜子(火)
我妻佳代(水)
藤谷美紀(木)
テンプレートを表示

ラジオガルーダばりばりマッシュルームは、ニッポン放送において、1988年10月10日から1989年4月7日ナイター中継の無いナイターオフ期間中に、月曜日から木曜日の20:00から22:00まで放送されていたラジオ番組

概要[編集]

恋愛に関する話に重点を置いていた番組。女性リスナー限定で電話を受け付けていた『ばりばりテレフォン』では恋愛話の他、Hな話、強烈で過激な話も飛び出すこともあり、番組を盛り上げていた。その他『指フェラクイーンコンテスト』『愛のパンスト交換人』など、Hな雰囲気を思わせるようなタイトルのコーナーも存在した。ノベルティグッズには、もらうまでどんな物だかわからなかったという『御休憩セット』と『御泊りセット』があった。

パーソナリティ[編集]

タイムテーブル[編集]

  • 20:00 オープニング・フリートーク
  • 20:30 ばりばりテレフォン・1
  • 20:40 バリバリ体験隊
    • 美少年宅配便 (月曜)
    • 愛のパンスト宅配便 (月曜)
レポーターがパンストをはいている人に話を聞きながら、今はいているものと新品とを交換してもらっていたコーナー。
    • 指フェラクイーンコンテスト (火曜)
    • あぶない突撃レポート (水曜)
    • 噂のトリップ体験 (木曜)
  • 20:50 今夜もマッシュルーム
  • 20時台エンディング
飛び降りるネット局のため一旦エンディング。開始当初は「ニッポン放送はこの後も続きますので電波をキャッチ(ニッポン放送を遠距離受信)して聴いて下さい」と呼び掛けていたが、ネット局の抗議によりこの一言は無くなった。
  • 21:00 のスターライトキッス
  • 21:10 ばりばりテレフォン・2
  • 21:30 アイドルあ・き・す・と・ぜ・ね・こ
  • 21:40 WAOクラブ
    • 突然電話10万円 (月曜)
    • 業界クイズハイ&ロー (火曜)
    • ガルーダ3分クッキング (水曜)
    • 学生証ジャンケン (木曜)
    • クイズ・ウナッターズ (木曜)
電話による男性対女性のリスナー対決で、鼻歌で歌われる曲を当てるクイズ。

ネット局[編集]

20:00 - 21:00の1時間のみ、以下の3局にネットしていた[1]

  • 北海道放送
  • 北陸放送★ (月曜は放送無し)
  • 西日本放送
    • ★ - 当時金曜日の20:00 - 22:00枠で放送されていた『ときめきBANANA アイドルオーディション』の20時台の1時間枠とセットでネット。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ラジオ新番組速報版 1988年秋号より。
ニッポン放送 月曜 - 木曜 20:00 - 22:00枠番組
前番組 番組名 次番組
1988年度
ラジオガルーダばりばりマッシュルーム
1989年度
腹よじれAGOHAZUSHI連盟
(19:00~22:00)