杉村太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

杉村 太郎(すぎむら たろう、1963年11月10日 - 2011年8月20日)は、日本実業家・教育者、ミュージシャン。株式会社ジャパンビジネスラボ創業者。『我究館』『PRESENCE(プレゼンス)』創業者。『絶対内定』(ダイヤモンド社)『アツイ コトバ』(中経出版、ダイヤモンド社)『TOEICテスト900点 TOEFLテスト100点への王道』(ダイヤモンド社)著者。

1992年に日本で初めて教育とコーチングを組み合わせた教育業界への功績が評価され、2020年に日本英語コーチング協会(JELCA)より名誉理事の称号が授与された。

人物[編集]

聖光学院高等学校在学中より、慶應義塾高等学校に在学していた森賢司らと、Kani Band、Lady Bird、Taro Bandのボーカリスト・ギタリストとして、横浜などのライブハウスで活動。

慶應義塾大学在学中は重量挙部に在籍しながらヨットにも関わる[1]

大学卒業後、住友商事に入社[1]。在職中、大学の同期である伊藤洋介とサラリーマン歌手コンビ・SHINE'S(シャインズ)を結成。

シャインズの芸能活動に対し、在籍する住友商事からNGが出た為、公開転職オーディションを行った結果、1989年に大東京火災海上保険(現あいおいニッセイ同和損害保険)に転職。「サラリーマンが歌う、サラリーマンの応援歌」をコンセプトに同年、秋元康のプロデュースで、ポニーキャニオンより『私の彼はサラリーマン』『私は課長』『上司は選べない』などを発売。また、KBS京都ラジオ『はいぱぁナイト』3代目パーソナリティーを半年間務めた。

1992年に独立、株式会社ジャパンビジネスラボを創業し、日本で初めてのキャリアデザインスクール『我究館』を設立し、平成の松下村塾を目指す。

2001年にハーバード大学ケネディスクールに合格したことを機に自らの英語学習方法を体系化し、日本で初めてとなる語学コーチングスクール『PRESENCE(プレゼンス)』を設立。約30,000人ものグローバルリーダーの教育に携わる中で、2011年8月20日、7年半の闘病を経て原発不明癌により逝去。47歳没(享年48)[2]。自身の著書『アツイ コトバ』にて、「死ぬ気でやれよ、死なないから。」と残している。

我究館のバイブルでもある『絶対内定シリーズ』(ダイヤモンド社、93年初刊)はキャリアデザイン分野で13年連続売上1位(2021年時点)を記録するなど出版業界においての殿堂入りを果たしている。杉村太郎逝去後は著者の思いを杉村家が継承し、時代の変化を書籍に組み入れている。

2020年に設立された日本英語コーチング協会(JELCA)では、英語コーチングを創出した杉村太郎の功績を称し、名誉理事としてその名が刻まれている。

略歴[編集]

  • 1982年聖光学院高等学校卒業
  • 1987年慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業、住友商事に入社
  • 1989年、住友商事を退社し大東京火災海上保険へ転職
  • 1989年、シャインズとして『私の彼はサラリーマン』(ポニーキャニオン)でメジャーデビュー
    以後シングル4枚、アルバム3枚、2008年ベストアルバム リリース
  • 1990年、声優としてOVAフリテンくん』(ポニーキャニオン)主演 等
  • 1992年、大東京火災海上保険を退職し、株式会社ジャパンビジネスラボ及び『我究館』を設立
  • 1993年、『絶対内定』発刊
  • 2001年、『プレゼンス』 設立
  • 2003年ハーバード大学ケネディ行政大学院修了(MPA)
  • 2004年、アツイ コトバ(中経出版、電子書籍はダイヤモンド社)を発刊 
  • 2008年、ハーバード大学ウェザーヘッド国際問題研究所研究員
  • 2011年、逝去(満47歳)

著書[編集]


脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “塾員インタビュー #13 我究館会長 杉村太郎さん”. 慶應義塾大学. http://www.keio-j.com/old/interview/54sugimura.html 2016年3月24日閲覧。 
  2. ^ “「絶対内定」「シャインズ」杉村太郎さん死去”. 読売新聞. (2011年8月21日). http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110821-OYT1T00722.htm 2011年8月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]