高橋尚代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たかはし ひさよ
高橋 尚代
プロフィール
本名 菊池 尚代
出身地 日本の旗 日本 東京都港区
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1963-05-15) 1963年5月15日(58歳)
最終学歴 國學院大學文学部文学科
青山学院大学文学部英米文学科
テンプル大学日本校大学院 英語教授法教育学修士課程
国際基督教大学大学院教育学研究科メディアと社会専攻
職歴 ニッポン放送(1987年 - 1991年)
活動期間 1981年 - 1983年3月
1987年 - 1991年
ジャンル 音楽番組
バラエティ番組
出演番組・活動
出演経歴 高嶋ひでたけのお早よう!中年探偵団
とんがりスタジオ まかせて!青春
備考
「Lady oh!」時代の芸名は高橋 めぐみ

高橋 尚代(たかはし ひさよ、1963年5月15日[1] - )は、青山学院大学地球社会共生学部空間情報クラスター教授、元タレント、元ニッポン放送アナウンサー、フリーアナウンサー、英語教諭。現姓:菊池

来歴[編集]

東京都港区出身。1981年の年末、18歳の時にアミューズからアイドルグループ「ラジオっ娘」のメンバーとして芸能界デビュー[注 1]。1983年3月にグループ解散に伴い、一旦芸能界から退き、1982年4月に入学した、國學院大學文学部文学科で学業に専念[1][2]

1987年3月、同大卒業後の同年4月、番組出演していたニッポン放送にアナウンサーとして入社。入社同期は、同じくアナウンサーであった木村篤、中途で入社した高橋と同じアミューズにマネージャーとして所属していた寺内壮(後に日本テレビに移籍)、岩上和代、当時:制作部ディレクターの那須真理子と伊藤了子。入社以後、1987年10月に那須と伊藤とのユニット「チョンマゲ娘[注 2]」が結成されて、同年の同局のステーションソングを発売して縦編成にてプッシュされ、ユニットで同年ナイターオフ期のトーク番組のパーソナリティを担当。その後は、朝の情報番組バラエティ番組のアシスタントを担当していた[6]

1991年、交際していたフジテレビのディレクターであった男性との寿退職を機にニッポン放送を退職。退職後は一旦、専業主婦となったが、出産後にリカレント教育として、1995年4月に青山学院大学文学部英米文学科に入学し直し、英語の教職課程を選択。1997年3月、同大卒業[2]。卒業後は、英語科及び国語科の教員免許を取得し、予備校、中学・高校の英語教諭を務める。

その後、通信教育企業のビジネス・ブレークスルーに入社し、BOND-BBT MBA プログラムコンテンツ責任者として勤務。同社代表取締役会長であるビジネスコンサルタント大前研一のネット番組のアシスタントも担当。1999年9月、テンプル大学日本校大学院 英語教授法教育学修士課程に進学し、2004年1月、同大学院修了[2]

2015年4月、母校である青山学院大学地球社会共生学部空間情報クラスターの准教授に就任。2019年4月から教授に昇進。同学部でゼミを受け持っており、2020年に関西テレビのアナウンサーとして入社した、舘山聖奈は菊池のゼミの出身でもある[7]

人物[編集]

  • ニッポン放送入社直前に月刊ラジオパラダイス三才ブックス)に「ニッポン放送にアナウンサーとして入社が決まった」という内容のお便りを寄せて掲載されたことがある[8]

出演番組[編集]

過去[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

その他[編集]

楽曲[編集]

  • まかせてチョンマゲ!!/続・まかせてチョンマゲ!![注 3]ポニーキャニオン)CANYON 7A 0784 1987年10月21日
    • チョンマゲ娘のデビュー曲。作詞:遠藤察男、作曲:見岳章[10]。「まかせてチョンマゲ!!」はオムニバスアルバムCD『ヒットスタジオ16』『ヤングヒットNOW!!16』(いずれもポニーキャニオン)にも収録されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ラジオっ娘及びLady oh!時代の内容は
  2. ^ 当時の新人社員で結成された三人組。メンバーは、当時、ニッポン放送の子会社であったフジテレビがフジサンケイグループとして夢工場'87と言う主催イベントとメディアミックス活動であるアイドル夢工場を展開していた事もあり、同局の同年のキャッチフレーズが「まかせて[3]チョンマゲ![4] 夢工場[5]のニッポン放送」だった事もあり、前述のユニット命名の流れとなった。
  3. ^ 同EPレコードは、後に同社所属アーティストのオムニバスアルバムにA面は:「ヤングヒットNOW!! 16」(型番 D32P-6163 発売:1987年11月21日)、B面は「ヒットスタジオ16」(型番D32P-6190 発売:1987年12月16日)の楽曲として再収録された

出典[編集]

  1. ^ a b c ラジオパラダイス 1988年2月号 特集「がんばれ!女性アナウンサー」p.36
  2. ^ a b c 菊池 尚代 Hisayo Kikuchi”. resarchmap(科学技術振興機構) (2020年4月1日). 2020年11月30日閲覧。
  3. ^ 自信とパワー
  4. ^ 明るさ、ひょうきんさ
  5. ^ 夢を創り出す製造工場
  6. ^ “特集ワイド オールナイトニッポン 放送50年 一人の夜、共に生きる”. 毎日新聞東京本社版夕刊. 毎日新聞社. (2017年10月2日). https://mainichi.jp/articles/20171002/dde/012/200/010000c 2021年8月1日閲覧。 
  7. ^ No.24 青山学院大学で学ぶ私たち part 2”. 青山学院大学 (2020年7月21日). 2021年4月1日閲覧。
  8. ^ ラジオパラダイス 1986年11月号「RADIPARA READERS CLUB」p.88 - 89 掲載。
  9. ^ ラジオ新番組速報版 1987秋号(三才ブックス)ニッポン放送番組表より
  10. ^ ラジオパラダイス 1987年11月号「秋のラジオ改編大特集」(p.8 - 9)