新報道プレミアA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新報道プレミアA
ジャンル 報道情報ワイドショー番組
演出 佐竹正任、中村陽子(CX)
出演者 安藤優子
滝川クリステル
櫻井よしこ
ほか
エンディング 元ちとせあなたがここにいてほしい
製作
プロデューサー 成田一樹(CX)
高島公美(KTV)
制作 フジテレビ(CX)・関西テレビ(KTV)
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2007年4月1日 - 2008年6月22日
放送時間 日曜日22:00 - 23:15
放送枠 フジテレビ・関西テレビ制作日曜夜の情報番組枠
放送分 75分
フジテレビ

特記事項:
CX…フジテレビ、KTV…関西テレビ
テンプレートを表示

新報道プレミアA』(しんほうどう プレミア・エー)は、FNNFNS)系列で、2007年4月1日から2008年6月22日まで、毎週日曜日22:00 - 23:15(JST)に生放送されていた報道番組ワイドショー情報番組。フジテレビと関西テレビ(KTV)の共同制作。なお、他系列とのクロスネット局であるテレビ大分テレビ宮崎では放送されていない。

概要[編集]

コンセプトは「大人のニュース・ラウンジ」。女性キャスター2人による報道番組は、フジテレビでは過去に例が無かった[1] 。なお、この番組は平日最終版の報道番組『ニュースJAPAN』の日曜版・姉妹番組とも言える。

毎週、安藤優子滝川クリステル櫻井よしこの3人に加え、プレミアゲスト(ゲストコメンテーター)が出演する。これにより、安藤と滝川は土曜日以外のテレビ番組に出演することとなった。初期の頃は、ゲストが1人のときが多かったが、2008年に入ってからはゲストが3人以上の回も出てきた。

本番組も名義上は、前番組までと同じくフジテレビ関西テレビの共同制作となっているが、これまでと同様に、番組の企画・制作・配信などはフジテレビが単独で担当しており、2局共同で行われるのはスポンサーセールスだけとなっている。この共同制作体制は、かつて、22:00 - 22:30が関西テレビ、22:30 - 23:00がフジテレビと制作枠が二分されていた名残である。

放送当初低調だった視聴率は2007年9月以降上昇し、10%台を記録するようになっていた[2]が、フジテレビ全体の予算削減の流れを受けて打ち切りが決定[2]。2008年6月22日を以て終了した。

後番組は『サキヨミ[3]

滝川は2010年4月に放送開始した『Mr.サンデー』の初代アシスタント司会に起用され、一時的に同枠に復帰を果たした。

出演者[編集]

司会進行・キャスター[編集]

コメンテーター[編集]

  • 櫻井よしこ(番組内では「プレミアコメンテイター」の位置付け)
    • 初回放送の2007年4月1日は、中国に取材中だったため、中国からの中継出演という形になった。その他、不定期出演のため、休む回があった。

頻出のプレミアゲスト(ゲストコメンテーター)[編集]

番組テーマ曲[編集]

※初期はオープニング曲にも使われたが、末期はエンディングのときしか使われなかった。この楽曲は、2007年8月25日に同じFNN系列で放送された『土曜プレミアム夏休み特別企画・ミヨリの森』の挿入歌としても使われた。

備考[編集]

視聴率[編集]

開始前から告知などが大々的に行われ注目されていたが、初回視聴率は8.6%(関東地区ビデオリサーチ調べ)で、前番組の『スタ☆メン』に比べ低調なスタートとなった。

この為、5月の放送から徐々にリニューアルが図られたが、5月27日には番組史上最低の7.3%を記録した。

9月以降からは徐々に2桁を記録する回が増えた。2007年12月16日の放送では関東地区では15.6%を記録して初の首位となった(近畿地区では18.1%を記録している)。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2010年4月現在、フジテレビ以外の報道番組では、TBSの『報道特集』でこの形態が見られる。
  2. ^ a b “滝クリの真意は? 『新報道プレミアA』打切りの真相”. 日刊サイゾー (Livedoor ニュース). (2008年4月4日). http://news.livedoor.com/article/detail/3583410/ 2014年8月9日閲覧。 
  3. ^ 1年9カ月ぶり“本職”…山本モナ、復帰の舞台ウラ ZAKZAK 2008年6月10日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 日曜ワイドショー
前番組 番組名 次番組
新報道プレミアA