毛利八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
もうり はちろう
毛利 八郎
プロフィール
愛称 ハッチ、毛利ちゃん
出身地 日本の旗東京都目黒区中目黒 
生年月日 (1954-12-18) 1954年12月18日(63歳)
血液型 AB型
最終学歴 早稲田大学教育学部
勤務局 関西テレビ放送
部署 編成局アナウンス部→スポーツ局長→アナウンス部
活動期間 1978年 -
ジャンル スポーツ報道情報番組
配偶者 あり
家族 妻と娘
公式サイト 関西テレビ
出演番組・活動
過去 本文参照

毛利 八郎(もうり はちろう、1954年12月18日 - )は、関西テレビ放送所属のアナウンサー、アナウンス部長やスポーツ局長を歴任した。愛称ハッチ[1][2]

来歴・人物[編集]

早稲田大学教育学部を卒業後、1978年入社。同じフジテレビ系列の同期のアナウンサーには、東海テレビ磯野正典がいる。1980年代から1990年代スポーツ中継を主に担当し、プロ野球では1984年の日本シリーズ阪急広島戦〔阪急西宮球場〕第4戦)の実況を担当した。『大阪国際女子マラソン』では移動中継車からの実況を1999年まで、長居陸上競技場からの実況を2000年から2008年まで務め、2010年には優勝インタビューも務めた。更に2006年の『サントリーレディスオープンゴルフトーナメント』ではゴルフ中継のラウンドリポーターを務めた。

スポーツ担当の傍ら、関西ローカルの朝ワイドショー『ほっとタイム10時です!』の司会も務め、『FNNスーパーニュースほっとKANSAI』のメインキャスターも務めた。2006年3月31日の番組最終回と同時に、夕方ニュースワイド番組から降板、後番組となる『FNNスーパーニュースアンカー』のアンカーマンを、後輩の山本浩之に引き継いだ。

2006年8月から、定年退職した杉山一雄の後任として、関西テレビのアナウンス部長も務めた。

2007年1月21日に『発掘!あるある大事典II』の不祥事によるお詫び放送に出演。制作した関西テレビを代表する形で謝罪した。そのときの映像は、他局のニュース番組や一部スポーツ紙等でも全国的に報道された。また、同年3月28日(22:00 - 22:15)の『発掘!あるある大事典II』の訂正放送にも出演し、翌週4月3日(22:00 - 23:09)に放送された検証番組『私たちは何を間違えたのか 検証・発掘!あるある大事典』では関純子アナウンサーとともに司会を担当した。

2011年6月1日付でアナウンス職を離れ、スポーツ局長に。

2017年に再びアナウンス部に戻り、シニア職でアナウンサーとして活動している。

過去の出演番組[編集]

映画
  • 首都消失(1987年)関西放送(劇中の架空の放送局)ニュースキャスター役

脚注[編集]

  1. ^ 「プロ野球ニュースイヤーブック選手名鑑'99」(1999年、ザ・マサダ刊)の担当アナウンサー名鑑参照。
  2. ^ やしきたかじん「毛利ちゃん」と呼んでいた。

外部リンク[編集]