竹田圭吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
竹田 圭吾
生誕 竹田 圭吾
1964年12月30日
日本の旗 日本東京都中央区
死没 2016年1月10日(満51歳没)
日本の旗 日本東京都
教育 慶應義塾大学文学部
職業 ジャーナリスト
代表経歴 ニューズウィーク日本版』編集長(2001年 - 2010年)

竹田 圭吾(たけだ けいご、1964年12月30日 - 2016年1月10日[1])は、日本ジャーナリスト2001年から2010年まで『ニューズウィーク日本版』編集長を務めた。

経歴[編集]

東京都中央区生まれ[2]芝中学校・高等学校慶應義塾大学文学部史学科卒業。

大学卒業後、『月刊タッチダウン』の記者を経て[3]1993年TBSブリタニカに入社、『ニューズウィーク日本版』編集部に入る。1998年に副編集長、2001年から2010年10月まで編集長を務めた。

その後フリーランスとなり、主にテレビの情報番組でコメンテーターとして活動。2010年10月6日より、東京都中央区教育委員を務めた。

2013年秋、体調不良を理由に一時休養したが、2014年春にテレビ・ラジオ番組に復帰。

2015年9月27日、コメンテーターとして出演するフジテレビ系の情報番組『Mr.サンデー』において、自らががん治療中でかつらを着用していることを告白した[4]

2016年1月10日14時すぎ、膵臓癌のため東京都内の病院で死去[5]。51歳没。

主張[編集]

出演[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “【速報】ジャーナリストの竹田圭吾さんが死去”. 共同通信. (2016年1月10日). http://this.kiji.is/58875553342619657 2016年1月10日閲覧。 
  2. ^ “コメンテーターの竹田圭吾さん死去 がん告白しテレビ出演続ける”. スポーツ報知. (2016年1月10日). http://www.hochi.co.jp/topics/20160110-OHT1T50083.html 2016年1月10日閲覧。 
  3. ^ 開幕特集2011 予想 NFL Japan
  4. ^ “ジャーナリスト竹田圭吾、がんとカツラを告白 ネットで「なんてかっこいい人だろう」「負けないで欲しい!」”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2015年9月28日). http://www.j-cast.com/2015/09/28246249.html 2015年11月10日閲覧。 
  5. ^ “ジャーナリストの竹田圭吾氏死去”. 時事ドットコム. (2016年1月10日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201601/2016011000178&g=soc 2016年1月10日閲覧。 
  6. ^ “TBS記者のプーチン大統領への質問 ネットでは批判する声が大半だが…”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2013年4月30日). http://www.j-cast.com/2013/04/30174227.html?p=all 2013年7月18日閲覧。 
  7. ^ KeigoTakedaのツイート (328883194051047424)
  8. ^ “竹田圭吾氏がFacebookで広がる「フランス国旗アイコン」を危険視”. livedoor NEWS (ライブドア). (2015年11月23日). http://news.livedoor.com/article/detail/10866179/ 2015年11月24日閲覧。 
  9. ^ “J-WAVE 竹田圭吾さんの番組内容変更…4日には「僕の思いを伝えたい」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2016年1月10日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/10/kiji/K20160110011836861.html 2016年1月12日閲覧。 

外部リンク[編集]