オーマイニュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オーマイニュース
各種表記
ハングル 오마이뉴스
漢字 -
発音 オマイニュス
英語表記: OhmyNews
テンプレートを表示

オーマイニュース(OhmyNews)は、大韓民国で設立された市民参加型インターネット新聞サイトであり、市民ジャーナリズムの一形態。韓国語版のほかに国際版(英語版)もある。

2006年にオープンした日本語版は、2008年にオーマイライフ(Oh! MyLife)と名称を変えてジャーナリズムではなく市民参加型メディアを標榜したが、2009年4月24日をもって閉鎖した。

韓国版[編集]

2000年2月に、韓国国内で市民が気軽に参加できるニュースウェブサイトとして、月刊誌『マル』記者を経験した呉連鎬(オ・ヨンホ)が中心となって設立。市民参加型のニュースサイトとしては世界的にも前例がなく、韓国では4万人以上の会員(市民記者)が登録して、重要な社会情勢から身近な話題に至るまで、日に200本以上の記事が寄せられている。会員は主婦会社員学生など幅が広い。2002年の大統領選では、与党候補ながら不利といわれた盧武鉉大統領が逆転勝利したが、それにはオーマイニュースの影響力が強く作用したと言われている。

2006年2月21日、ソフトバンクが、第三者割当増資を引き受け、オーマイニュースの12.95%を保有する大株主になった。

日本版[編集]

日本版オーマイニュースはソフトバンクと韓国オーマイニュース社との合弁企業「オーマイニュース・インターナショナル株式会社」が初代編集長に鳥越俊太郎、副編集長には青木理を迎え2006年8月28日に創刊。ソフトバンク社長の孫正義自らも市民記者となり記事を投稿した[1]。2008年9月1日n市民参加型のネットによる一般新聞から、体験レポートと専門家情報を掲載する専門サイト「オーマイライフ」に変わる。オーマイライフも2009年4月24日に閉鎖された[2]

沿革[編集]

  • 2006年2月22日 - ソフトバンクと千百万ドル相当の投資契約を締結。両社の業務提携によってオーマイニュース・インターナショナル株式会社を立ち上げ、「オーマイニュース・ジャパン(OhmyNews Japan)」を創刊する計画を発表[3]
  • 2006年5月22日 - 編集長にジャーナリスト鳥越俊太郎を起用することを発表[4]
  • 2006年6月1日 - 日本版準備Blog「オーマイニュース開店準備中Blog」を開設。
  • 2006年7月21日 - 市民記者の募集開始[5]
  • 2006年8月28日 - 「オーマイニュース日本版」創刊[6]。創刊日に閲覧数一位を記録した記事[7]が、実はからかい目的の投稿であったことが判明[8][9]
  • 2006年11月10日 - 編集長名義で、11月17日正午をもってオピニオン会員(コメント投稿専門の会員)制度を廃止し、市民記者にその役割を兼ねさせる事を通告する記事が掲載される。
  • 2006年11月17日 - 上記の通告通り、オピニオン会員制度が廃止される。
  • 2007年2月20日 - 鳥越の体調不良を理由に、新設された編集長代理に元木昌彦が就任。
  • 2007年3月26日 - 外部へ配信を開始。比較.comのトップページにニュース見出しとリンクを配信[10]
  • 2007年4月10日 - ソーシャルネットワーキング機能を搭載するなど、サイトを全面リニューアル。
  • 2007年5月31日 - 鳥越の任期満了と体調不良を理由に、6月1日付での退任と編集長代理だった元木の正編集長就任が発表される[11]
  • 2007年8月27日 - Yahoo! JAPANにニュース配信を開始[12]
  • 2008年4月21日 - 社名をオーマイニュース・インターナショナル株式会社からオーマイニュース株式会社に変更。本社を東京都港区東新橋に移転。
  • 2008年9月1日 - 「オーマイライフ」として再スタート。
  • 2009年4月24日 閉鎖[2]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]