大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件
3府県連続リンチ殺人事件
木曽川・長良川連続リンチ殺人事件
場所 日本の旗 日本
大阪府大阪市中央区島之内2丁目のマンション一室
愛知県尾西市(現・一宮市)内の木曽川河川敷
岐阜県安八郡輪之内町内の長良川河川敷
標的 男性5人(うち1人はグループの仲間、残り4人は面識なし)
日付 1994年平成6年)
9月28日午前1時頃 – 10月8日未明
概要 3人の暴力団組員の少年を中心とした不良少年グループ計10人が、11日間に強盗目的などで、グループの仲間を含めた計5人の男性を集団リンチし、4人を殺害、残る1人にも怪我を負わせた。
攻撃側人数 10人(主犯格は3人)
武器 アルミニウムパイプなど
死亡者 4人
負傷者 1人
犯人 不良少年グループ(主犯格3人は事件当時18歳及び19歳の暴力団組員)
動機 強盗仲間割れなど
対処 主犯格3人は死刑少年死刑囚未執行
その他起訴された5人は懲役刑(最高で懲役4-8年の不定期刑、一部は執行猶予付き)
2人は少年院送致
謝罪 あり
テンプレートを表示
最高裁判所判例
事件名 木曽川長良川等連続リンチ殺人事件
事件番号 平成17年(あ)第2358号
2011年(平成23年)3月10日
判例集 最高裁判所裁判集刑事編(集刑)』第303号133頁
裁判要旨
  • 本件上告を棄却する。
  • 僅か11日間という短期間のうちに3回にわたってその都度新たな殺意を形成しながら殺人、強盗殺人の犯行を重ねており、その間いささかのためらいすらもうかがえない。
  • 19歳から26歳までの4名もの青年の生命を次々と奪い去った結果は誠に重大であって、被害者らの恐怖、無念は言うに及ばず、遺族らの被害感情も極めて厳しい。連続リンチ殺人事件として、地域社会に与えた衝撃も計り知れない。
第一小法廷
裁判長 桜井龍子
陪席裁判官 宮川光治金築誠志横田尤孝白木勇
意見
多数意見 全員一致
意見 なし
参照法条
強盗殺人殺人死体遺棄強盗致傷傷害逮捕・監禁(以上いずれも全3名)、恐喝(KM)、暴力行為等処罰に関する法律違反(KM・KA)
テンプレートを表示

大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件(おおさか・あいち・ぎふ れんぞくリンチさつじんじけん)とは、1994年平成6年)9月28日から10月8日までの11日間に大阪府愛知県岐阜県の3府県で発生し、同10月8日以降に相次いで発覚した[新聞報道 1][新聞報道 2][新聞報道 3][新聞報道 4]不良少年グループによる連続殺人事件である[新聞報道 5][新聞報道 6]

暴力団に所属した当時未成年の不良少年らによる、凄絶なリンチの末の凶行として社会を震撼させ、戦後史に残る少年犯罪となったこの事件では計10人が逮捕された[新聞報道 5]。このうち主犯格3人は、全員が犯行当時少年でありながら、それぞれ控訴審までに死刑判決を言い渡され[判決文 1][判決文 2][新聞報道 7][新聞報道 8][雑誌報道 1]最高裁判所で死刑が確定した(少年死刑囚[判決文 3][新聞報道 6]

警察庁から中部管区警察局第3号事件に指定されたこの事件は[新聞報道 3][雑誌報道 2]、3府県にまたがって発生したことから3府県連続リンチ殺人事件(3ふけん れんぞくリンチさつじんじけん)、名古屋市近郊(東海3県中京圏)を流れる木曽三川のうち、木曽川長良川両河川の河川敷が事件現場となったことから地元紙『中日新聞』を中心に木曽川・長良川連続リンチ殺人事件(きそがわ・ながらがわ れんぞくリンチさつじんじけん)や木曽川・長良川事件とも呼ばれ、また単に連続リンチ殺人事件(れんぞくリンチさつじんじけん)とも呼ばれる。

加害者[編集]

死刑囚[編集]

一連の事件では未成年者7人を含めた男女計10人(うち成人は暴力団組員1人を含めた3人)が犯行に関与したと認定されて8人の有罪判決が確定、2人が少年院送致された[新聞報道 9]。このうち、確定判決となった控訴審・上告審判決で主犯格と認定され、求刑通り死刑判決を受け確定した少年死刑囚は一連の3事件すべてに関与した、以下の犯行当時18歳及び19歳の少年3人(KM・KA・HM)である[判決文 2][判決文 3]。主犯格3人は犯行当時、いずれも自ら暴力団に加わるなど反社会的な生活を送っていた[判決文 1][判決文 2][判決文 3]。主犯格3人を含め、犯行グループには親兄弟から見放された劣悪な家庭環境で育った者が多く[雑誌報道 3]、社会の底辺を這うような少年期の中で、冷酷で非情な人間性が形成されていった[雑誌報道 1]

なお、死刑囚らの本記事中での表記は、最高裁での死刑判決確定を受けて実名報道に切り替えた、各新聞記事に記載された実名が知られているが[新聞報道 10][新聞報道 11][新聞報道 12][新聞報道 13]、本記事中では最高裁判決時点の実名に基づくイニシャルで表記する。実名報道切り替え以前は、KMから順にそれぞれ「A」「B」「C」と表記されることが多かった[新聞報道 7][新聞報道 8]

少年KM(犯行当時19歳)[編集]

  • 3人の中で唯一第一審・控訴審・上告審と一貫して主犯格と認定され、死刑判決を受け確定した[新聞報道 7][新聞報道 8][新聞報道 6][判決文 2][判決文 3]。起訴後の1995年頃から被告人として名古屋拘置所収監され[判決文 4][新聞報道 14]、2011年3月30日付の死刑判決確定から同年9月27日までは死刑囚として同拘置所に収監されていたが[判決文 4]、同年9月27日付で東京拘置所に移送され[判決文 4]、2017年現在は死刑囚として同拘置所に収監されている[判決文 4][書籍 1][新聞報道 5]
  • 1975年昭和50年)3月19日[判決文 1][書籍 2]愛知県一宮市生まれ[新聞報道 6][新聞報道 8][注釈 1]。犯行グループを含めた十数人の遊び仲間のリーダー的存在で、素行の悪さが目立ち、愛知県警の尾張にある各警察署が動きをマークしていた[新聞報道 3]。地元では暴力団関係者と深い付き合いがあり[書籍 3]、長良川事件の犯行当時に立ち寄ったコンビニエンスストア防犯カメラに記録された画像からすぐに身元が割れたほど、地元では有名な「ワル」だったという[新聞報道 5]
  • 出生直後、高齢出産だった実母と死別し、養育に困った実父が姻戚関係にあった夫妻に養子として預けた[書籍 2]。しかし、その先は養母の弟4人中3人が暴力団組員という環境で、それに加え、KMが預けられて間もなく養父が事業に失敗して破産に追い込まれ、KMは極度に孤独な幼少期を過ごした[書籍 2]。養母から手の甲にたばこの火を押し付けられるなど、虐待まがいの行為を受けて育ったKMは[書籍 2]、幼少期から盗みを繰り返したり[雑誌報道 3]、万引きやカツアゲを日常茶飯事に行っていた[雑誌報道 1][雑誌報道 3]。小学校3年の時、担任教師の万年筆がなくなる事件が起き、これは実際にはKMではなく別の児童によるもので、KMもその児童を知っていたが、担任をはじめ学校は、盗み癖のあったKMを犯人と疑い、教師ばかりか親までもKMに厳しく詰め寄り、警察沙汰になったことがあった[書籍 2]。その後、ますます盗み癖が激しくなり、小学校高学年で喫煙などを、中学1年の時にシンナーを覚え、家出をし、中学2年生で児童相談所に一時保護され[書籍 2]、赤ん坊の顔面に向けてパチンコ玉を放ったこともあるなど、手の付けられないほどの不良少年に育っていった[雑誌報道 1][雑誌報道 3]
  • 児童相談所・教護院の記録によれば、当時は決して攻撃的な性格ではなく、むしろ気の弱い子供だったといい、児相によれば「心理判定…自分の要求を通すことだけが常に先走り、協調的に行動できない。ただ、基本的には人一倍気が弱く、いざという場面、特に成人男性を目の前にすると、気の毒なほど委縮する」「観察記録…中学2年生でありながら、まだ小学校中学年程度に感じられる。職員男女への反応差が顕著で、父母の養育のアンバランスさを感じさせる」と記録されている[書籍 2]1989年(平成元年)2月、13歳で県立の教護院「愛知学園」に入所し、中学卒業までをここで過ごしたが、当時のKMを知る関係者は「どちらかというといじめられるタイプだったと思う。かなり抑圧された幼年期を過ごしたのか、男の先生と普通に話しているときでも、身を縮めて体罰から身を守るような仕草をしていた。一方で母性愛に飢えていたのか、慕った女性職員にくっついて離れない。親の愛を知らない非常に孤独な子供、という感じだった」と振り返っている[書籍 2]。後に入所した愛知少年院などの記録には「基本的信頼感の揺らぎ、過度の被害観、不信感、猜疑心」などと記されており、逮捕後のKMを知る名古屋拘置所の関係者も「大人への敵意がむき出しで、全く信用しようとしない。まるで狼に育てられた少年のようだった」と振り返った[書籍 2]
  • 教護院「愛知学園」での生活は比較的居心地が良かったのか、一連の事件直前にあたる1994年6月には園を訪れ、ジュースや菓子などを教師・後輩たちに差し入れていた[書籍 2]。この頃は少し落ち着きを取り戻したように見えたが[書籍 2]1990年(平成2年)3月に稲沢市立稲沢西中学校を卒業し[雑誌報道 3]、同時に県立の教護院「愛知学園」を卒園すると再び非行がエスカレートしていった[雑誌報道 3]。その後就職した稲沢市内の会社はわずか1か月で退職し、その後は定職に就こうとせずシンナー遊びにふけっていた[雑誌報道 3]。その後、1991年(平成3年)8月には窃盗道路交通法違反容疑により補導され、名古屋家庭裁判所一宮支部で中等少年院送致の決定がなされ、瀬戸少年院に入所した[雑誌報道 3]。少年院を退院後はますます荒れ、窃盗、毒物及び劇物取締法違反、住居侵入銃刀法違反、暴行強姦など10の罪状で補導され、1993年(平成5年)4月には特別少年院送致が決定され、愛知少年院に入所した[雑誌報道 3]。1994年2月に愛知少年院を仮退院したが、直後に強姦罪で愛知県警津島警察署に補導されるなど、凶暴性・反社会性の強さをうかがわせる前科・前歴の数々があった[雑誌報道 3]。教護院に入ってから事件を起こすまでのほとんどの期間を、児童矯正施設で過ごしたKMだったが、そのどれもが矯正に導くことができなかった[書籍 2]。この合間のわずかな期間に、難病である筋萎縮症を患う年下の女性と深く交際し、一緒に放浪生活を送ったこともあった[書籍 2]
  • 青木理が2008年に取材した名古屋拘置所関係者によれば、事件を起こして間もない頃は社会への敵意を剥き出しにし、面会に来る弁護士にまで警戒感を露わにし、反抗的に「生まれてこなければよかった。生きてたって何もいいことはない」とつぶやいていたが、拘置所内で宗教教誨を受け、弁護士・篤志家・教誨師らとの交流を続けるうちに、事件直後から3人を見続けている拘置所関係者曰く「徐々に成長し、内省を深めてきている」という[書籍 4]。1998年11月から面会を続けている、篤志家であるクリスチャンの女性を、2006年頃から「おかん」と呼び慕うようになり、KA・HM同様、被害者の命日などになると自ら祈りを捧げているという[書籍 4]

少年KA(犯行当時19歳)[編集]

少年HM(犯行当時18歳)[編集]

その他共犯者[編集]

男T(大阪事件)
犯行当時45歳[雑誌報道 2]大阪市生野区在住、徳島県出身で[新聞報道 23][新聞報道 24]、当時は山口組系暴力団山健組内にある山本組の現役構成員だった[雑誌報道 2]。第一審判決では暴力団幹部と認定された[判決文 1]
KA・U・KM・HMの4人を順に暴力団の配下として加え、大阪事件の現場となったアジトを提供し、KMらと共謀して殺害された男性Aの遺体を遺棄した[書籍 3][雑誌報道 2]
大阪事件の死体遺棄罪に問われ、1995年4月21日に大阪地裁から懲役1年8月(求刑懲役2年6月)の実刑判決を受けた[新聞報道 25]
少年U(大阪事件)
犯行当時18歳[雑誌報道 2]大阪市出身[新聞報道 26]東大阪市在住の暴力団組員だが[新聞報道 27]、大阪市生野区在住との報道がある[新聞報道 28]
大阪事件でKM・KA・HMの3人とともに男性Aを暴行し殺害した[書籍 3][雑誌報道 2]。10月2日[新聞報道 28]、別の強盗致傷事件で大阪府警察南警察署に逮捕され、大阪家庭裁判所送致を経て保護観察処分になり[新聞報道 29][新聞報道 28]、その後行方を晦ましていたが、11月26日午前に両親に付き添われて南署に出頭し、大阪事件の殺人、死体遺棄容疑で逮捕された[雑誌報道 5][新聞報道 26][新聞報道 28]
1995年9月12日、大阪地裁から懲役4年以上8年以下の不定期刑判決(懲役5年以上10年以下求刑)を受けた[新聞報道 27]
少年刑務所を出所後の地元・大阪に戻り、不動産会社に就職し、2008年10月中旬に青木理の取材に応じた[書籍 5]。その際、青木に対してUは「人を殺めてしまったという過去を一生背負っていくつもりだ。おそらくは結婚することも家庭を持つこともない」と語り、また自分が逮捕された後、KMらが起こした木曽川・長良川事件については「僕はたまたま大阪で捕まってしまったけれど、もし捕まらずに彼らと一緒に名古屋まで行っていれば、同じことをしてしまったかもしれません。あいつらは、もしかしたら僕がそうなっていたかもしれない―つまり、もう一人の僕なんだと思います」と語った[書籍 5]。KMらの人物像については「KAは突っ張っていたが、根は気が弱く、ケンカもできないようなやつ。HMは変わり者でいじめられっ子。KMは純粋に優しいところもあるが、帰る場所のない孤独な根無し草。そもそもKMには、どこかに根を張ろうという発想自体がなかったと思う。まるでコインロッカーベイビーみたいなやつでした」と語った[書籍 5]
男V(木曽川・長良川事件)
犯行当時20歳、福岡県生まれ[新聞報道 2][新聞報道 30][雑誌報道 2]
定職を持たずにぶらぶらしていた中、大阪府松原市内でKMら3人と出会い、運転手として配下に加わり[雑誌報道 2]、木曽川事件[雑誌報道 2]・長良川事件で、それぞれ被害者3人に暴行を加え死亡させた[雑誌報道 5]
木曽川事件・長良川事件の殺人容疑などで逮捕された。
長良川事件では逮捕・監禁、強盗致傷罪で起訴され、木曽川事件では「現場には居合わせたが殺害には加担しなかった」ため、傷害致死ほう助罪で起訴された[新聞報道 31]1996年3月19日に名古屋地裁で懲役3年執行猶予4年(保護観察付、求刑懲役7年)の有罪判決を受けた。
少女W子(木曽川・長良川事件)
犯行当時18歳、愛知県一宮市在住の家事手伝い[新聞報道 2]。KMとはかつてシンナー仲間だった[新聞報道 2]
木曽川事件・長良川事件の殺人容疑などで逮捕された。
1994年11月25日、名古屋家裁一宮支部での少年審判で、傷害致死罪で少年院に送致する決定がなされた[新聞報道 32]
少年X(木曽川・長良川事件)
犯行当時19歳、一宮市在住[新聞報道 2]。W子とはシンナー仲間であり[雑誌報道 2]、KMとも面識があった[雑誌報道 2]
木曽川事件・長良川事件の殺人容疑などで逮捕され、同年12月1日に殺人・傷害の罪で名古屋地裁に起訴された[新聞報道 33]
1995年7月6日、名古屋地裁から懲役4年以上8年以下の不定期刑判決(求刑・懲役5年以上10年以下の不定期刑)を受けた[新聞報道 34]
少女Y子(木曽川・長良川事件)
犯行当時16歳、一宮市在住[新聞報道 2]
木曽川事件・長良川事件の殺人容疑などで逮捕され、1994年12月16日、名古屋家裁一宮支部での少年審判少年院に送致する決定がなされた[新聞報道 35]
男Z(木曽川・長良川事件)
犯行当時21歳、愛知県稲沢市在住[新聞報道 2]。シンナー仲間の古株であった[雑誌報道 2]
長良川事件では逮捕・監禁、強盗致傷罪、木曽川事件では殺人罪で起訴されたが[新聞報道 31]、木曽川事件では殺人ほう助と認定され、1997年3月5日に名古屋地裁で懲役3年執行猶予4年の有罪判決(求刑懲役7年)を受けた[新聞報道 36]

事件の概要[編集]

前述のように、この一連の事件は事件から23年後の地元紙『中日新聞』2017年3月30日朝刊に掲載された特集記事にて「戦後史に残る少年犯罪として社会を震撼させた」と表現されたが[新聞報道 5]、事件の少し前には後にオウム真理教による犯行と判明した松本サリン事件が発生した時期で[書籍 6]、また事件発覚当時は品川医師射殺事件つくば母子殺人事件などが発生して社会を震撼させた時期と重なった一方[雑誌報道 2]、一連の事件のうち最初に長良川事件が発覚した日の『中日新聞』1994年10月8日夕刊社会面や翌10月9日朝刊社会面でも、ナゴヤ球場で同日開催された10.8決戦が大きく取り上げられる一方で、このニュースの扱いは小さかった。その後、少年による残虐な犯行が明らかになると『中日新聞』など中京圏の新聞各紙では大きく扱われるようになり、中京圏では1988年に発生した名古屋アベック殺人事件に続く、不良少年グループによる凶悪犯罪として大きく取り上げられたが[書籍 7]、年を越して1995年を迎えてからは新聞報道は少なくなっていった。その一方で、主犯格の最後の1人が逮捕されたのは阪神・淡路大震災兵庫県南部地震)が発生した翌日の1995年1月18日[雑誌報道 2]、それからほどなくして地下鉄サリン事件などオウム真理教による一連の重大事件と、同時期に大事件が続出した[雑誌報道 2]。それ故、この事件は大震災やオウム事件などの陰に隠れたためすっかり見過ごされた形となり、当時はマスメディアで取り上げられることは少なかった[雑誌報道 2]。『週刊文春』(文藝春秋)1995年7月6日号では「オウム真理教の出現が世紀末現象であるとするならば、この少年らによる犯罪は、21世紀型ともいえそうなのである」と綴られた[雑誌報道 2]

3府県にまたがって発生したこの一連の連続殺人事件は、最初の事件から順にそれぞれ、9月28日に発生し男性1人が殺害された殺人・死体遺棄事件の「大阪事件[判決文 1]、10月6日深夜に発生し、犯行グループの仲間だった男性1人が死亡した「木曽川事件[判決文 1]、翌10月7日深夜に発生し男性2人が殺害され、1人が負傷させられた強盗殺人・強盗致傷事件の「長良川事件」と[判決文 1]、3つの事件に分かれる。このうち、木曽川事件は第一審では傷害致死事件と認定され、主犯格3人のうち2人への死刑が回避されたが[判決文 1]、控訴審・上告審では殺人事件として認定され、主犯格3人全員に死刑判決が言い渡され、確定することとなった[判決文 2][判決文 3]

第一審判決では「いずれの犯行も、経緯などを見ると、自らの欲望、感情の赴くまま行動して傷害や強盗などを犯した少年たちが、被害者らを解放すれば警察に捕まるなどと考え、自らの行動によって生じた結果の処置に困惑し、その際、虚勢を張る心理も混じって声高に激化した言動をする者に影響され、相手に弱みを見せられないという少年期特有の心理状態も手伝い、これに同調し、お互いが適切に事態を収束させることができないまま、最悪の結果を招いた」と認定された[判決文 1]。また、成田青央は著書『壊れた少年』にて犯行の残虐性・犯行の連続性・集団事件特有の心理状況・犯行グループ内の関係の希薄さ・安易さや無責任さといった観点から、この事件の6年前(1988年)に発生した少年集団らによる凶悪犯罪である女子高生コンクリート詰め殺人事件名古屋アベック殺人事件との共通性を指摘している[書籍 8]コンビニエンスストアなどで知り合った不良少年グループがギャング化したこの事件について、赤塚行雄(当時・中部大学女子短期大学副学長)は「公園の噴水周辺にたむろした『噴水族』が狂気に走った名古屋アベック殺人事件を彷彿とさせる事件だ」と述べた[新聞報道 37]

一連の事件前の動向[編集]

KMは1994年8月10日午後9時過ぎ[雑誌報道 2]、愛知県津島市杁前町パチンコ店駐車場[新聞報道 32]岐阜県海津郡の当時18歳の少年(一連の事件とは無関係、保護観察処分)と共謀し[新聞報道 32]、当時22歳の会社員から現金3万円を奪い[雑誌報道 2]、会社員の顔を殴って顔に2週間の怪我を負わせた事件を起こし[雑誌報道 2]、強盗致傷容疑で愛知県警察から指名手配された[新聞報道 38]

KMは奪った金をもとに大阪府に逃亡したが、漠然と「暴力団に入りたい」とは思っていたものの、当てがあったわけではなかった[雑誌報道 2]。大阪市内のパチンコ店で遊び、店内をうろついていたKMは、そこでKAと出会った[雑誌報道 2]。初対面で、茶髪を派手に逆立て、目つきの悪いKMを、KAは「ヤバそうなやつだ」と一瞬思ったが[書籍 3]、その後KMに対し「山口組に所属している」と打ち明け、これを聞いたKMは「俺もヤクザになりたい」と要望した[雑誌報道 2]。KAはKMの要望を聞き入れ、案内した千日前スナックバー[雑誌報道 2]、当時45歳の元暴力団組員の男Tを[雑誌報道 2]、KMに対し「Tさんは殺人罪で13年間も懲役に入っていた。2年前(1992年)に刑務所を出所し、今はこのスナックのママが奥さんだ」と紹介した[雑誌報道 2]。KAは出所直後のTと知り合って子分にしてもらったという[雑誌報道 2]。Uは刑務所を出所してからまだ日が浅く、手下も少ない状態であったため、KMに「自分も舎弟にしてください」と頭を下げられるとすぐに了承した[雑誌報道 2]。Tの配下には他に当時18歳の少年Uがおり[雑誌報道 2]、またKMの他に[雑誌報道 2]、9月になってからHMもTの配下に加わった[書籍 3]。Tにしてみれば、正式には4人が成人するまでの「仮杯」ではあったが、T自身、いずれは自身の組を立ち上げるための配下として若衆を求めていた[書籍 3]

KM・KA・HMの3人とTは同学年であったが、杯を交わした順番で以前からTの舎弟だったKAが成り行きでリーダー格となり、それに続いてU、唯一関西生まれではなく名古屋出身の外様であるKM、そして下っ端としてHM、という序列ができた[書籍 3][雑誌報道 2]。しかし4人はまだ出会ってから1か月ほどしか経っておらず、共通点と言えば社会に背を向け、アウトローの世界に憧れているという境遇くらいで、互いへの虚勢と見栄、幼稚さと猜疑心を併せ持つ、薄く危うい関係だった[書籍 3]

KAはKMを、自分たちのたまり場だった大阪市中央区島之内2丁目の[新聞報道 28]、1階にブティックなどの店舗があったマンションの4階408号室にある2LDKの「事務所」へと案内し[雑誌報道 2]、この部屋が暴力団配下の4人組の「アジト」と化した[新聞報道 38]。『週刊文春』では408号室の借主はTの知人だと報道されたが[雑誌報道 2]、判決ではT自身と認定された[判決文 1]。新米ヤクザとなったKM・KA・HM・Tの4人組は[雑誌報道 2]道頓堀付近のその「事務所」をアジトとし、シンナー遊びやパチンコ、ナンパに興じる一方[書籍 3]、大阪市内で「シノギ」としてカツアゲ恐喝)を繰り返していた[雑誌報道 2][新聞報道 38]。警察関係者によれば、標的にするのは真面目そうな社会人などは「すぐに警察に通報される」として避け、自分たちに似た相手である暴走族風やヤンキー不良学生などに絞っていたという[雑誌報道 2]。手口は橋のたもとや路上で標的に声をかけ、最初は和気あいあいと話を合わせているが、ちょっとしたことで「なんやと?」「もういっぺん言うてみい」などと態度を豹変させて詰め寄り、小突く、殴る蹴るなどの暴行を加えて金品を巻き上げるというものであった[雑誌報道 2]

最初の事件(大阪事件)[編集]

最初の事件となった大阪事件は1994年9月28日午前1時頃に幕を開けた[新聞報道 29][雑誌報道 2]。これはKM・KA・HMとUの計4人が、ヤクザの世界でいう「義兄弟関係」を結んでからわずか2週間後だった[書籍 3]

KM・HMの2人は[判決文 3][書籍 3]、自分たちの「シマ」であった大阪市中央区の道頓堀繁華街[雑誌報道 2]、大阪府柏原市在住[新聞報道 29]、元寿司店店員で[新聞報道 27]、当時無職の男性A(当時26歳)と、Aの友人男性(同26歳)の2人に因縁をつけた[新聞報道 29][書籍 3]。Aら2人が「広域暴力団の名を口にした」としてKM・HMは逆上し、何度も殴りつけて「タコにしてやろう」と思い付き[書籍 3]、2人を小突きながら事務所前まで来たが、そこで友人男性が逃げたため[雑誌報道 2]、Aだけをたまり場のマンションの一室に連れ込んで監禁し、KAを加えた主犯格3人とTの計4人で、裸にしたAの両手首、両足首を縛り、Aの顔面にガムテープを巻き付けるなどして身動きできない状態にした[判決文 3][書籍 3]。その上で、Aに対し19時間にわたって殴る蹴るなどの暴行を繰り返した[新聞報道 29][判決文 1]

身長160cm前後で童顔、染髪はしておらず、前を少し立たせたような長髪であったKMは、Aに住所氏名を明かせと強要したが、Aにしてみれば明らかに自分よりも年下の少年らに生意気な口を利かれていたため、Aは素直に従う気にはなれず、反抗的な態度を取った[雑誌報道 2]。これに対し逆上したKMはAを拳で殴りつけたが、見ていたKAが「(お前の生まれた)名古屋ではそういうやり方か[注釈 4]、甘いのう。ほな、大阪のどつき方を教えたるわ」と。地元意識から競争心を燃え上がらせたかのようにAを殴りつけ、名古屋と大阪が張り合う格好で暴行がエスカレートした[雑誌報道 2]。これを見たUもAの背中を殴る蹴るなどの暴行を加え、HMも加えて計4人でAを袋叩きにした[雑誌報道 2]。そのすさまじさをマンションの住民は「真夜中にドスン、バタンと物音が響いてきた。『ぐえーっ』とカエルでも踏んだかのような声が聞こえ、薄気味悪かったが、まさか人がリンチされているとは思わなかった。事件から1か月後ぐらいに刑事が来て、事情を知りぞっとした」と語った[雑誌報道 2]

KMら4人は凄惨な暴行の末にぐったりとしたAの衣服をはぎ取ってトランクス1枚にし、所持していた携帯電話指輪を強奪してAを押し入れに閉じ込めた[雑誌報道 2][新聞報道 29]。HMは以前から三重県に本拠を置く「人夫出し」業者に知人がいたため、Aをその業者に引き渡して「タコ部屋」送りにすればカネになるだろうと考えた[書籍 3]。そのため、KMらはAを土木作業場(飯場)に売り飛ばそうと相談したが[新聞報道 39]、取引相手はHMの連絡に対しても「上の者がいないから待ってくれ」「今は車が出せない」という返事しかしなかった[書籍 3]。仕方なく4人はしばらく連絡を待とうと、賭けトランプなどに興じて時間潰しをし、いつものようにシンナーも吸引したが、やがてHMが博打に負けた腹いせでAに暴行を加えた[書籍 3]。それも当初は散発的だったが、いつまでたっても業者から思わしい返事は来ず、Aの扱いを巡って4人は徐々に苛立ちを募らせ、シンナーによる酩酊・互いへの虚勢や猜疑心も加わり、29日夜になると暴行は殴る・蹴る・タバコの火を押し付ける・傷口をペンでつつく・背中にライターのオイルを垂らして火をつけるなど[書籍 3]、徐々に過激さを増した[書籍 3]

KMらはAの処置に困った挙句、「生かしておくと警察に通報される」として犯跡を隠蔽するために殺害を決意した[判決文 3][判決文 1]。当初カツアゲをするつもりが、いつの間にか殺人にエスカレートするというあまりにも異様な状況だったが、4人の中に「待った」をかける者は誰もいなかった[雑誌報道 2]。同日午後8時頃、KMらは虫の息のAを押し入れから引きずり出すと[雑誌報道 2]、KM・KA・Tの3人が脱がせたAのズボンからベルトを抜き、命乞いをし、体を痙攣させて苦悶するAの首に[判決文 1]、Aが着けていたベルトを巻き付けた[雑誌報道 2]。最初はHMが両端を両手で持って引っ張り上げて絞め付け、抵抗できずに苦しむAに構わず、4人で執拗にベルトの両端を力いっぱい引き合うなどして、Aを絞殺した[判決文 3][判決文 1][判決文 2][判決文 3][雑誌報道 2][書籍 3]。Aがの混じった鼻水を出したり失禁した後も、確実に死亡させるためにさらに首を絞め、その後、たばこの火をAの身体に押し付けてその死亡を確認するという非情、残忍な犯行であった[判決文 1]

自体の処理に困り果てた挙句、人命を奪った4人だったが[書籍 3]、その後同じビルにある中華料理店で平然と食事をした[雑誌報道 1]。その後、翌9月29日未明になってTが事務所に顔を出したため、KAが事情を説明した[雑誌報道 2]。KMらは前述の取引に関与した、マンションの部屋の借主であるTにAの遺体の処分を相談し[雑誌報道 2][判決文 1]、遺体の口から血や体液が流れ出すのを封じるためにガムテープを貼り、遺体を布団で包んで二重巻きにしてロープで縛り[雑誌報道 2][判決文 5]、4人がかりで外へと運び出してTの乗用車のトランクに押し込んだ[雑誌報道 2]

徳島県出身のTは四国山中の人目に付かない場所、それも足が付かないように大阪からなるべく離れた場所に遺体を遺棄しようと考えた[雑誌報道 2]。KA・Uが事務所に残った上で、KM・HMの2人がTとともに遺体を積んだ車に乗り[書籍 3][雑誌報道 2][新聞報道 29]神戸市六甲アイランドフェリーターミナルから徳島港行きのカーフェリーに乗船して四国に渡った[雑誌報道 2][新聞報道 29][注釈 5]。『読売新聞』報道によれば、KMらは当初、遺体を室戸岬夫婦岩近くから[新聞報道 29]土佐湾に遺棄しようと考えていたが、この日は台風26号が接近していたため、室戸岬付近には未明から地元テレビ局の取材陣が大勢、海の荒れ具合を実況するために集まっていたことから、山中に遺体を遺棄することにした[新聞報道 40]。土佐湾沿いの国道55号を約30km西進し、翌30日午前4時頃[判決文 5]、国道55号を南下して辿り着いた[雑誌報道 2]高知県安芸郡奈半利町須川甲の国道55号から山中に入った[新聞報道 29]、急なつづら折りの林道に入った[新聞報道 40]。林道では一度頂上まで上り詰めた後Uターンするなど、捜査幹部曰く「初めての殺人の直後に、台風に向かってのドライブ故の不安・迷いや動揺」もみられたが[新聞報道 40]、KM・HMの2人は、Aの遺体を林道のガードレール越しに、林道の約50m下の斜面めがけて放り投げ、ゴミ同然に遺棄した[雑誌報道 2][判決文 1]。遺体を遺棄してからは吹っ切れたのか、KMらは高知自動車道高松自動車道瀬戸大橋瀬戸中央自動車道)を経由する、当時の最短経路で大阪に戻った[注釈 5][新聞報道 40]

11月22日に発見されたAの遺体はわずか9.1kgしかなく[雑誌報道 1]腐敗が進行して多数のが発生し、全身がほぼ白骨化した無惨な状態だった[判決文 1]司法解剖の結果、Aの遺体は内臓破裂、左鎖骨・左第3肋骨・第4肋骨の骨折が確認された[雑誌報道 2]

KMは取り調べの中で、行きずりの何の恨みもない人を惨殺した挙句遺体をゴミのように捨てた当時の状況について「明け方の海(土佐湾)がきれいで印象深かった」と答えており、『週刊文春』1995年7月6日号では「凶行への呵責はそこにはない。むしろ一仕事終えた爽快感さえ漂っている」と綴られた[雑誌報道 2]

第2の事件(木曽川事件)[編集]

大阪事件から2日後の10月1日、KMら4人はまたも道頓堀で高校生3人組を恐喝して現金、ネックレスなどを強奪し、うち1人を事務所に拉致、監禁した[雑誌報道 2]。殺害には至らなかったが、逃げた被害者らが親に被害を打ち明け、警察に通報した[雑誌報道 2]。翌2日、パトロール中の大阪府警察南警察署署員によりUが逮捕され、アジトの一室を大阪府警が恐喝容疑で家宅捜索した[書籍 3]。これを受け、たまたま外出中で警察の手を逃れたKMら3人は直ちに逃走にかかった[書籍 3][雑誌報道 2][新聞報道 38][新聞報道 41]。Tを欠き3人となったメンバーは数日の曲折の末、KMの地元である愛知県に辿り着き、これが木曽川・長良川両河川の河川敷を舞台とした、さらなる連続リンチ殺人事件に発展していった[書籍 3]

10月4日[新聞報道 30]、3人は兄貴分のKAの提案で、近鉄南大阪線でKAの育った松原市に向かい、同市内のパチンコ店に遊びとカツアゲを目的に入店した[雑誌報道 2]。暴走族風の男に狙いを定めて当たり障りのない会話を振った相手は、福岡県生まれの当時20歳の男Vだった[新聞報道 2][新聞報道 30][雑誌報道 2]。Vは自家用車の白いホンダ・シビックを持っていた一方、定職を持たずにぶらぶらしており、3人の仲間に入れてほしいと頭を下げた[雑誌報道 2]。KAはVに「運転手をやれ。俺たちに従うなら飯はただで食わせてやる。女も紹介してやろう。給料も払ってやる」と条件を提示し[書籍 9]、Vはこれを快諾し仲間に加わった[雑誌報道 2]。Vとともにシビックに乗った3人は、一時は奈良方面に行こうという話も挙げつつ[書籍 9][雑誌報道 2]八尾市高槻市と府内をドライブした[雑誌報道 2]。その途中HMは少年時代に所属していた大阪市内の少年野球チームが活動していたグラウンドを訪れ、兄同然に慕っていた恩師であるコーチに会った[新聞報道 5]。フェンスの向こうから数年ぶりに現れたHMはコーチから「子供らにジュースでも」と千円札を数枚手渡され、「僕、こんな道しか行かれへんねん」というつぶやきを残し、事件について語ることはなく5分ほどでKMらの待つ車に消えたという[新聞報道 5]。このチームには小学2年生の時、当時中学入学直後のHMに誘われてチームに入り、HMの使っていたユニフォームをお下がりとして使った後輩の少年がいたが、その少年は後に同じコーチの手ほどきを受け、中学入学後に硬式野球に転向、野球の強豪校を経てプロ野球パ・リーグで強打者として活躍した元プロ野球選手だという[新聞報道 5]

その後、深夜になって「女を紹介するという約束はどうなったんだ」と半信半疑でVがKAに尋ねてきた[雑誌報道 2]。Vを信用させるため[雑誌報道 2]、KMはかつてシンナー仲間だった一宮市在住の当時18歳少女W子に[雑誌報道 2]、電話を掛けて「シンナーパーティーをやろう」と持ち掛け[雑誌報道 2]、W子も快諾した[雑誌報道 2]。Vは夜通しで愛知まで車を走らせ、10月5日午前7時半頃に一宮市内にあるW子宅に到着した[雑誌報道 2]。W子はシンナー仲間であり、KMとも面識があった同市在住の当時19歳の少年Xを誘い[雑誌報道 2]、この時点でグループは計6人となった[雑誌報道 2]。6人は後述の長良川事件の現場となった稲沢市内のボウリング場「稲沢グランドボウル」、愛知県葉栗郡木曽川町(現・一宮市)内のパチンコ店を回って時間を潰した[雑誌報道 2]

翌10月6日午前1時頃、W子が仲間の少女Y子(一宮市内在住の当時16歳)を呼び出し[雑誌報道 2]名古屋市内にシンナーの買い出しに向かった[雑誌報道 2]。シビックにはY子を加えて7人が乗り込み、名古屋市中区でシンナーを入手して一宮市にUターンした[雑誌報道 2]。一宮市内の名神高速道路一宮インターチェンジ(IC)付近にあるラブホテルに入ると[新聞報道 42][雑誌報道 2]、7人は午前3時40分頃からシンナーを吸い、カラオケを歌い、酒を飲むなどの乱痴気騒ぎをし、午後1時10分頃にチェックアウトした後もその日の午後をパチンコなどで過ごした[雑誌報道 2]。午後6時頃になってシンナーを吸いたくなったKMがXに「落ち着いて(シンナーを)吸える場所はないか」と尋ね、Xはシンナー仲間の古株である愛知県稲沢市在住の当時21歳の男Z宅を提案した[雑誌報道 2]。Zの両親は飲食店を経営しており[書籍 9]、深夜まで帰宅してこないため[書籍 9]、3人は「ここならゆっくりとシンナーを楽しめそうだ」と[書籍 9]、KMの仲間である数人の男女とともにZ宅に向かった[書籍 9]。Vの運転で寿司詰め状態の車は午後6時半頃にZ宅に到着し[雑誌報道 2]、たまり場となっていた平屋建ての離れにある4畳半の和室[雑誌報道 2]、V以外の6人と[雑誌報道 2]、家の住人であるZ[雑誌報道 2]、Zの妹とその女友達の計9人でシンナーを吸い始め[雑誌報道 2]、シンナーパーティーが始まった[新聞報道 30]。しばらくして突然KMが「Zが睨んだ」と言いがかりをつけ、場所を提供している家人のZに襲い掛かった[雑誌報道 2]。KMがZの顔面を3発続けて殴りつけ、よろけたZをKAが掴んで右目に集中打を浴びせ、KMが腹部めがけて蹴りつけようとしたところでZの妹が割って入り、Zへの暴行は中断した[雑誌報道 2]。家人のZにしてみれば「場所を提供しているのに感謝されないどころか、因縁を付けられて暴行まで受ける」という踏んだり蹴ったりの有様であった[雑誌報道 2]。Zの両親は不在がちで、近所の話ではZ宅は5年ほど前からKMらのたまり場になっていたという[新聞報道 30]

シンナーパーティーが始まってから1時間後、シンナーが足りなくなったため[新聞報道 42]、Zが近くに住む不良グループの仲間の1人であり[雑誌報道 2][新聞報道 42]、KMとも以前から知り合いだった土木作業員の男性B(当時22歳)に「シンナーを持ってきてくれ」と電話した[書籍 9][雑誌報道 2][新聞報道 42]。Bはジュースの空き瓶に小分けされたシンナーを2500円で購入して持参し、Z宅を訪れた[書籍 9][雑誌報道 2][新聞報道 42]。BはKMとともによくシンナーを吸った仲であったが、KMに交際していた女性を強姦同然に奪われた過去があった[雑誌報道 2]。家に来たBは、KMに女友達を強姦された恨みから、KMを睨み付け[雑誌報道 2]、逆上したKMがBに掴みかかった[雑誌報道 2]。BはKMを牽制しようと「お前のしたことを刑事に言うぞ」と言い放ったが[書籍 9]、シンナー吸引による意識混濁も影響を与えたのか[書籍 9]、殺人を犯して警察に追われていると思い込んでいたKMはその言葉に逆上してBに殴り掛かった[雑誌報道 2][新聞報道 42]。KAも弟分のKM同様、「刑事」という言葉に対して過剰反応し「誰の下の者に文句をつけている」とBに殴り掛かった[雑誌報道 2]。Zの時と違い、シンナー仲間たちは「せっかくいい気分で楽しもうとしているのにBが水を差した」と受け取ったために誰もBへの暴行を止めようとせず、大阪事件とは無関係のXまでもBへのリンチに加わった[書籍 9][雑誌報道 2]

逆上したKMはBの血を見てますます興奮したらしく[雑誌報道 2]、これに加えて「(Bが邪魔で)テレビが見えにくい」「(Bが)にらむような目つきをする」という理由で[書籍 9]、KA・HMら仲間5人を加えた計6人で[判決文 1]、Bの頭や身体をビール瓶鉄パイプほうきなどで数百回殴る[書籍 9][新聞報道 38]、タバコの火を押し付ける[書籍 9]フォークで傷口をつつく[新聞報道 38]、頭から醤油ウィスキー、シンナーをかける[書籍 9][新聞報道 38][新聞報道 43]、目の前に包丁を突き付けるなど[新聞報道 38]、約7時間にわたって激しく暴行した[判決文 1][新聞報道 42][新聞報道 43][雑誌報道 5]。BがKMらの従った行動をとらなかったため、KMらは更に逆上しさらなる暴行に発展した[判決文 1]。Bは「ごめんなさい。許してください」と懇願したが、KMらは手加減しなかった[雑誌報道 2]。Bに対して残虐な集団リンチが繰り広げられている中、少女らは我関せずといった態度であり、W子はZ宅の電話を使って宅配ピザを注文した[雑誌報道 5]。畳に伏せ、血を流し呻いているBを目の前にして、KMら10人は午後9時20分頃に配達された宅配ピザを食べ、ウィスキーを飲んだ[雑誌報道 5]。ピザを食べ終わった後再びBへの暴行が始まり[書籍 9]、KMはピザを食べるのに使ったフォークをBの頭部の傷口に突き刺し、その上からウィスキーを注ぐという暴行を加え、仲間たちもニヤニヤと笑いながら見物していた[雑誌報道 5][新聞報道 38]。調子に乗ったKMは台所から包丁と醤油さしを持ち出し、恐怖におののくBの目の前に包丁を突き付け、Xが醬油をBの頭にかけた[雑誌報道 5]。W子も座敷ほうきでBの背中をたたいて面白がっており、弱い者に対して情け容赦なく攻撃するこの陰惨な「いじめ」に対して誰もストップをかける者はいなかった[雑誌報道 5]。午後10時半頃、Zが「そろそろ父親が帰宅する時間だ」と告げると[書籍 9]、KMは無抵抗のBを立ち上がらせて歩くように促した[雑誌報道 5]。Bは玄関を出たところで、足を引きずりながら懸命に脱走を試みたが、20mも行かないうちにすぐにXらに追いつかれて捕まり、連れ戻された[雑誌報道 5]。もはや誰もBへの暴行を止めようとせず、Xの「木曽川べりの緑地公園なら人気がない」との一言でリンチの場所が決まった[雑誌報道 5]

午後11時過ぎ[新聞報道 38]、Vが2手に分かれてBと[書籍 9]、KMら仲間を木曽川堤防まで運び[書籍 9][新聞報道 38]、Z宅から7kmほど離れた同県中島郡祖父江町(現・稲沢市)の愛知県木曽川の祖父江緑地公園駐車場でリンチを再開した[書籍 9][雑誌報道 5]。翌10月7日未明(午前1時頃)、KMらは木曽川河川敷公園の駐車場で、Bの頭を殴打し、腹部を蹴るなどの暴行を加えた[判決文 5][雑誌報道 5]。ここでHMはカーボン製のパイプを拾い、これを凶器にBを殴りつけた[雑誌報道 5]。KMもZ宅から持参したほうきを使ってBを殴りつけた[雑誌報道 5]。そのリンチの最中、突然付近を走行中の自動車のヘッドライトが点灯して走り去ったのに気付いたKMらは「警察に垂れ込まれるかもしれない」と恐れ、BをVのシビックに押し込んで、愛知県尾西市(現・一宮市)の尾西文化広場駐車場へと移動した[雑誌報道 5]。この時点ではBは重傷を折ってはいたものの、死に至るほどではなく、最悪の事態を避ける機会はあったが、KMらは誰一人として病院で治療を受けさせるなどの適切な措置を取ろうとしなかった[雑誌報道 5]

さらに午前2時頃にKMらは尾西市祐久の[新聞報道 44]、先述の現場から直線距離で約3km[書籍 9]、翌日の長良川事件の現場から約7km離れた[新聞報道 45]、木曽川左岸河川敷にある尾西文化広場テニスコート付近で、Bの頭や背中をカーボン製パイプで殴りつけて瀕死の重傷を負わせた[書籍 9][判決文 5]。KMは「死ね」と叫びつつBを乱打しており、それを見たW子が「本当に殺してしまう」と制止したが、KMらは聞き入れなかった[雑誌報道 5]。Bは瀕死の重傷を負い、自力で立ち上がることさえも困難となり、地面に横たわった状態で首筋や腹に置かれたシンナー入りビニール袋をライターで点火して燃やされても、緩慢で微弱な反応しかできないほどに重篤な状態に陥っていた[判決文 3]。KMらはBを堤防から蹴って突き落とし、更に雑木林へ両手足を持って引きずり[判決文 5]シンナーをかけた上でライターで火をつけ[書籍 9]、河川敷雑木林に放置して殺害した[新聞報道 38][新聞報道 42][新聞報道 43][雑誌報道 5]。KMらはBを木曽川に流すつもりで[雑誌報道 5]、実際にぐったりと倒れたBを前に「端から落とせ」「川に流せばいい」という声まで上がったというが[書籍 9]、河川敷を引きずってBを移動させている途中で、KMが「もうそこらへんでいいわ。そこなら見えん」と指示し、まだかすかに息のあったBを堤防から10mほど離れた雑木林の茂みに放置した[書籍 9][新聞報道 38][雑誌報道 5]

10月13日午後に発見されたBの遺体はわずか12.5kgしかなく[判決文 1][書籍 9][雑誌報道 1]、A同様腐敗が進行して大量のが発生し[判決文 1][書籍 9]、皮膚は蛆に食い破られ、筋肉、内臓などもほとんど食い尽くされてほぼ白骨化し[判決文 1][書籍 9]頭蓋骨脊椎から分断されて死因すら断定できないほどの惨状だった[雑誌報道 5][判決文 1]。確定判決ではBの死因は硬膜下血腫、内臓損傷又は全身打撲による外傷性ショック死のいずれかと推定された[判決文 3]

木曽川事件の凄惨な犯行の直前、KMらは友人のネコ獣医師のところに連れて行き診察を受けさせていた[新聞報道 38]。本事件の犯行グループ6人は主犯格3人を含めた全員が翌日の長良川事件にも関与した[新聞報道 3]。部屋には他にも男1人と女2人の計3人がいたが、いずれもリンチが始まった際には姿を消していた[新聞報道 42]

第3の事件(長良川事件)[編集]

Bを殺害した後8人のうち男女2人(後述するX・W子)がグループから分かれて帰宅し[雑誌報道 5]、KMら残る6人は前述の一宮IC付近にあるラブホテルの一室で雑魚寝をした[書籍 9][雑誌報道 5][新聞報道 42]

翌日10月7日午後4時頃にKMらはホテルを立ち去り[書籍 10][雑誌報道 5]、「大阪に戻ろうか」という声も上がったが[書籍 10]、いったん解散してパチンコ・カラオケなどで時間潰しをした後[雑誌報道 5][書籍 10]、再び合流して食事を摂り[書籍 10]、午後8時頃に週末で込み合う稲沢市内のボウリング場・稲沢グランドボウルに現れた[判決文 5][雑誌報道 5][新聞報道 42]

同日午後10時頃[雑誌報道 5][判決文 5]、KM・KA・HMと仲間5人(うち2人は前日の木曽川事件にも関与)の計8人は[新聞報道 3]、遊ぶ金を得るために恐喝する「カモ」を、「誰でもよかった」(検察側主張及び判決の認定)と通り魔同然に物色していた[雑誌報道 4]。その中で、偶然ボウリングの球を選んでいた当時20歳の男性2人(会社員の男性Cと大学生の男性D)、アルバイトの男性E(当時19歳)の3人組を見つけた[雑誌報道 5][新聞報道 42][判決文 1]。3人は中学時代の同級生で親しい間柄にあり[書籍 10][新聞報道 46]、偶然ボウリング場に遊びに来ていた[書籍 10][雑誌報道 5][新聞報道 42][判決文 1]。KMは3人を「お前ら、どこの者や」と脅し、KA・HMらも加勢してボウリング場外の駐車場に3人を連れ出し、植え込みの陰で暴行を加えたが[書籍 10]、ショッピングセンターの中にある駐車場は、夜間も多数の車が来訪していた[書籍 10]。このため、KMらは犯行を目撃されることを恐れ[書籍 10]、金品を強奪する目的で[判決文 1][判決文 2][判決文 3]、Cら3人を約3時間にわたり[判決文 1][判決文 2][判決文 3]、Dから強奪した軽自動車を含めた自動車2台の車内に監禁し[新聞報道 2][判決文 1][判決文 2][判決文 3]、金品を奪って拉致した[新聞報道 42][判決文 1][判決文 2][判決文 3]。動機はKM・KAがすれ違ったCらを見て、自分たちが笑われたと感じて腹を立てたことであり[書籍 10][新聞報道 42][雑誌報道 5]、またKMらは「髪の毛が赤っぽかったから」「服装が派手だったから」と因縁をつけたと供述したが[新聞報道 42][雑誌報道 5][書籍 8]、Eの母親は「Eが髪を染めたのは夏頃で、この時点ではもう2か月が経過しており、染めた部分は先っぽの2cmぐらいだった。髪が赤いというのは言いがかりだ」と反論している[雑誌報道 3]

Dの軽自動車後部座席にC・Eを監禁してKA・HMが乗り込み、Vのシビックの後部座席にDを監禁してKMらが乗った[雑誌報道 5]。DはKMらに襲われた際、とっさに財布から現金1万1000円とキャッシュカードを抜き取り、トレーナーの袖口の中に隠したが、KMはDの顔を車内で殴りつけて金銭を要求した[雑誌報道 5]。ここで出し渋っては更に暴行されると判断したDは言われるがままに現金3000円が入った財布を渡したが、KMはうち2000円を奪い「キャッシュカードは」と聞いた[雑誌報道 5]。Dが首を横に振るとKMは「他の2人(C・E)はいくらぐらい持っているんだ」と聞いたが、Dは「知らない」と答えた[雑誌報道 5]。KMらは午後11時半頃に津島市内のコンビニエンスストアに立ち寄り、そこで弁当などを購入したが、この店のフェンスにあった長さ約70cmの、凶器に用いられた四角い鋼管を発見し、KMが4本、HMが2本盗んで車内に持ち込んだ[雑誌報道 5]

KMらはC・E両名から現金8000円を奪った上に両名に監禁した車内で顔を殴るなどの暴行を加え、ボウリング場駐車場から江南緑地公園木曽川左岸グランド駐車場、養老公園(岐阜県こどもの国)駐車場などを経て、岐阜県安八郡輪之内町楡俣の長良川右岸堤防まで車内に監禁して連れ回し[雑誌報道 5][判決文 5]、またDに対しても顔を殴る蹴るなどして全治1週間の怪我を負わせ、監禁した車内で現金3000円と財布を奪うなどした[判決文 5][判決文 1]。KMらは行き先を定めないまま場所を離れたが、殺害現場にたどり着くまでのルートは、同じルートをレンタカーで走ると、走行メーターが示す移動距離が100kmに達するような、場当たりな彷徨いそのものであった[書籍 10]。そのような迷走同然の車内でもKMらはCらに暴行を加えたが、前夜からKM・KA・HMの3人に同行していた少女Y子が暴行をやめるように訴えたり、KAがCらに飲み物を与えるようなこともあった[書籍 10]。KAは金を奪った直後3人を解放しようと提案したが、KMが「こんな(怪我を負った)顔で帰したら絶対に通報される」と反対し、殺害を暗に促すとKAもHMに対し「KMはやる気やで」と暗示した[新聞報道 5]。HMは「昨日も(木曽川事件を)やって今日もか」という躊躇いもあったが、結局警察への通報を恐れて口封じのためにもC・E両名の殺害を決意した[新聞報道 47][新聞報道 5]

KMらはCらの口封じをして犯行を隠蔽するため、日付が変わった翌10月8日午前1時頃、輪之内町楡俣の長良川右岸河川敷で[書籍 10][判決文 1][判決文 2][判決文 3]、命乞いをするC・Eの計2人の全身を、農機具小屋から盗んだ太いアルミニウムパイプや角材などで、頭部や胸部をめった打ちにするなど、午前2時頃に至るまで約1時間にわたって執拗に暴行し[書籍 10][判決文 1][判決文 2][判決文 3]、多発損傷による組織間出血により失血死させた[判決文 5][新聞報道 42][判決文 1][判決文 2][判決文 3]。2人は頭蓋骨陥没、左肩や両腕などの全身骨折と、体中の血管が裂けたことによる大量出血により失血死するという、あまりにも無惨な死を遂げた[雑誌報道 1]。暴行が終わった午後2時頃、堤防道路を通過する車のヘッドライトが見えたのを機に、KMらは2人を遺棄し、凶器の金属製パイプなどを拾い集めて立ち去ったが[書籍 10]、その後もKMらは「つるはしでとどめを刺しておけばよかった」とUターンして現場に2人が死亡したことを確認しに戻っており[雑誌報道 1]、またKM・HMは2人に対し特に激しい暴行を加えており、2人がぐったりした後も、たばこの火を押し付けてみたり、ダメ押しするかのようにさらに殴打した[書籍 10][判決文 1][雑誌報道 1]。河川敷上の堤防上には細い堤防道路が走っていたが、深夜になれば交通量はほとんどなく、河川敷からははるか遠くにマンションや国道の灯火が見えるだけだった[書籍 10]

Dは殺害された2人とは異なり身を守ろうとするなどの抵抗をせず、殴られるまま無抵抗だったため[新聞報道 18]、殺害せずに同県江南市の江南緑地公園木曽川左岸グランド駐車場、輪之内町の長良川右岸堤防(前述のCらの殺害現場)などを経て、大阪市中央区内まで車内に監禁して連れ回した[判決文 5][雑誌報道 5][書籍 10]。その間HMはDを「琵琶湖に沈めてやろうか、それとも瀬戸大橋から突き落としてやろうか」などと執拗に脅したが[雑誌報道 5]、この時点で後述のように既にC・E両名の遺体が発見されていた翌8日午前8時30分頃[雑誌報道 5]、KAが奪った現金のうち、近鉄名古屋駅までの電車賃として現金3000円を返した上で、Dを近鉄難波駅(現・大阪難波駅)近くで解放した[雑誌報道 5][新聞報道 42][判決文 2][判決文 3][書籍 10][注釈 6]

翌10月8日、一宮IC付近にある一宮市役所丹陽町出張所の駐車場で、Dの車がエンジンをかけたまま乗り捨てられているのが発見され[新聞報道 49][新聞報道 50]、車は消火器を噴射して指紋を消そうとしたためか、車内まで消火剤にまみれていたが、消火剤は逆に窓ガラスに付着していたKMの指紋を鮮明に浮かび上がらせていた[新聞報道 49][新聞報道 42]。KM・KA・HMの3人は犯行直後に殺害現場を離れた直後、一宮IC付近のコンビニエンスストアに立ち寄り[書籍 10][新聞報道 42]、店の前でKMは「地元に残ってやることがある」と残り、KA・HMはともにDを連れて地元・大阪方面へと逃亡したが[書籍 10]防犯カメラがKMらの姿を捉えていた[新聞報道 42]

事件の発覚・検挙[編集]

長良川事件の翌日の10月8日午前6時15分頃、現場付近の長良川堤防道路を通りかかったトラック運転手が、車を整備しようと路肩に停車したところ、堤防道路の駐車帯から約30m下ったところの雑草地で、頭から血を流してうつぶせに倒れ死亡している男性2人の遺体を発見し、近くの民家を通じて岐阜県警察大垣警察署110番通報した[雑誌報道 5][新聞報道 1]。現場は安八郡安八町との境界の名神高速道路から南に約2kmの地点で、堤防の外側は水田や民家が点在している[新聞報道 1]。普段は夜間、この駐車帯にトラックが何台も停まっているが、事件発覚当時は週末のせいか、ほとんど車は停まっていなかったという[新聞報道 1]。また、警察に通報した近隣住民によれば、現場一帯は自動車の転落事故が多発していたが、現場に車がないことから不審に思ったものの、これが殺人事件によるものだとは思わなかったという[雑誌報道 5]。同日午後、遺体の司法解剖が岐阜大学医学部で行われ[新聞報道 1]、遺体の身元はともに愛知県尾西市在住のC・Eと確認された[新聞報道 51]

C・Eの遺体は激しい暴行により頭部がべっとりと血に染まり、衣服はズタズタに裂け[雑誌報道 5]、全身にわたって棒状のものなどで何度も殴られたような外傷が見つかった[新聞報道 51]。遺体の両腕は、振り下ろされる凶器を必死で防ごうとしたためか、傷でボロボロになっており[新聞報道 42]、指の付け根が裂けるほどの傷を負っていたという[書籍 10]。その後の調べで、現場には暴行の形跡はうかがえなかったが[新聞報道 51]、現場一帯に多くの足跡や車のわだちが見つかり、近くの堤防法面の雑草の上や、遺体の足元から約3m離れた直径10cmほどの石の上に少量の血痕があり、堤防道路上に中央線をまたぐ形で、乗用車より幅の広いスリップ痕が長さ5、6mにわたり確認された[新聞報道 1]。このため岐阜県警捜査一課、大垣署などはC・Eは殺人、もしくはひき逃げなどにより死亡し、何者かが遺体を運んで遺棄したとみて[新聞報道 1]、その後は遺体の状況などから、複数人による暴行を受けて発見現場に遺棄された可能性が高いとみて捜査した[新聞報道 51]

10月9日までに、C・Eと同様、もう1人の被害者男性Dも事件に巻き込まれ、顔に軽傷を負っていたことが判明した[新聞報道 52]。Dの話によれば、犯行グループは見知らぬ相手で、10代後半から20代前半の若い4人以上であり、車で外出して3人で一緒に行動中、犯人グループとのトラブルに巻き込まれて空き地のような場所で襲われたという[新聞報道 52]。『中日新聞』1994年10月10日朝刊では「Dだけは途中で命からがら逃げ出した」と報道されたが[新聞報道 52]、後に前述のように大阪まで連れ回されてから解放されたことが判明している[雑誌報道 5]。司法解剖の結果、死亡推定時刻はCが7日午後10時前後、Eは翌8日午前2時40分前後であると判明し、死因は鉄パイプ・角材など複数種類の棒状の凶器により、多数の打撲を受けたことによる失血死と判明した[新聞報道 52]。大垣署は、犯人を複数人のグループと断定した上で、同日付で署内に捜査本部を設置し、傷害致死事件として捜査を開始した[新聞報道 52]。また、2人とも財布などの所持品がなかったことから、犯人グループが奪った可能性が高いとみて、Dから詳しく事情を聴き、犯行グループの割り出しに全力を挙げた[新聞報道 52]。翌10日のDからの事情聴取では、C・D・Eはボウリング場で女性と知り合ったが、この女性を巡って見知らぬ若い男たちのグループとのトラブルに巻き込まれ、DとC・Eはそれぞれ別々に拉致され、犯行グループの車に連れ込まれた[新聞報道 50]。その後、3人は犯行グループが便乗した車に別々に押し込まれて数か所に連れ回され、遺体発見現場の河川敷堤防上に到着した[新聞報道 50]。Dは車内後部座席で「うつむいておれ」などと脅され、複数人から殴られた後、別の場所で自分だけ解放されたというが、女性が一緒にいたかどうかは分からなかった[新聞報道 50]。1日までに、被害者と犯行グループのトラブルの発端となった女性とみられる、犯行グループに加わっていた20歳前後の若い女性の存在が突き止められ、岐阜県警・大垣署はこの女性を含め6人の犯行グループの行方を追った[新聞報道 53]

12日までの調べで、犯人グループに奪われ、事件後に一宮市内で消火剤を撒かれて放置されていたDの軽乗用車に残っていた指紋から、容疑者の1人として、津島市の強盗致傷事件で愛知県警から指名手配されていた少年KMを割り出した[新聞報道 54]。捜査本部は、KMを含む尾張地区の不良少年グループ6人による犯行と断定し、事件後に行方をくらました男性2人、トラブルの原因になった女性1人を特定して行方を追い[新聞報道 55]、残る男2人もKMの周辺にいるとみて特定を急いだ[新聞報道 54]。KMは既に愛知県警に指名手配されていたことから、関係者への事情聴取で、犯行グループの中でも真っ先に長良川事件への関与が浮上した[新聞報道 3]。Dの証言ではさらに「C・Eの殺害現場から大阪市内へ車で運ばれる途中、犯行グループがコンビニに立ち寄っていた」ということが判明し、捜査本部はその店を割り出し、事件当日の7日夜から8日未明にかけての防犯カメラのビデオ映像を分析した結果、犯行グループの中心にいた若い女の姿が映っており、特定に成功した[新聞報道 56]

事件発覚翌日の10月9日には大阪から運転手役のVが一宮市に戻り、X・W子・Y子らと合流して車内でシンナーを吸っていたが、その現場を一宮警察署の署員に押さえられた[雑誌報道 5]。13日までに捜査本部は犯行グループ6人のうち5人を特定し、そのうち男2人、女1人の計3人について、捜査本部は3人の潜伏先を突き止めた上で、Cらの財布が奪われていたことから、同日朝から容疑を傷害致死から強盗致死に切り替え事情聴取を進める一方、KMら残る男2人についても強盗致死容疑で全国に指名手配し、メンバーの一部が近畿地方で暮らしていた経歴があることなどから、関西方面に潜伏している可能性もあるとみて、捜査員を派遣して行方を追った[新聞報道 56]。同日、稲沢市在住の当時21歳の男Zと、一宮市内在住の当時16歳の少女Y子の2人が岐阜県警捜査一課大垣警察署捜査本部に長良川事件での殺人逮捕・監禁強盗などの容疑で逮捕され、KMや福岡県生まれの当時20歳の男Vら4人も含めて指名手配された[新聞報道 2]。また、事件の参考人として聴取していた一宮市在住の当時19歳の少年Xと家事手伝いの当時18歳の少女W子が「仲間数人で友人を暴行して木曽川に捨てた」と自供し、供述通りに尾西市の木曽川河川敷でBの遺体が発見されたため、愛知県警は同日夜にX・W子を殺人容疑で逮捕した[新聞報道 2]。X・W子は木曽川事件直後にグループから分かれており[新聞報道 42]、長良川事件には関与していなかった[新聞報道 57]

KMは事件発覚後も一宮市周辺に潜伏してシンナー仲間や少年院に入所していた際の知人を頼りに転々としつつ、逃亡を続けていた[雑誌報道 5]。その際の知人男性XXによれば「KMは10月10日夜に自分の知り合いの女の子の紹介で自分の家に『人を殺してしまったので逃げる場所を教えてほしい』と相談に来た。別に動転しているようでもなかった。自分も人を殺した者と会うのは初めてじゃなかった」といい、KMはこの知人宅に泊まった後いったん外出したが、仲間(後輩の男)とともに戻ってきたが、KMはその後輩を「自分の前を横切った」などの些細な理由で殴っていたという[雑誌報道 5]

KMは逃走中に「第3の事件」(厳密には逮捕時点では発覚していなかった大阪事件を含めて「第4の事件」)を起こしていた可能性もあった[新聞報道 3]。10月13日深夜、KMは一宮市内のコンビニエンスストア前に駐車して車内で弁当を食べていた18歳の若者の車にいきなり乗り込み、車の鍵を奪って仲間とみられる男女2人(XXと友人の少女)とともに若者を拉致して江南市方面へと走行した[雑誌報道 5][新聞報道 3]。被害者の若者によれば、KMは関西弁を用いて脅したため「大阪のヤクザだ、逆らうとまずい」と直感してKMの言いなりになったといい、またKMとともに乗り込んできた男女はどちらもシンナー臭かったという[雑誌報道 5]。この様子を若者の知人が目撃しており、若者の家族が連絡を受けて110番通報したためにパトカーが出動、KMが奪った乗用車を追跡する騒ぎとなった[雑誌報道 5][新聞報道 3]。約3時間後の10月14日午前零時過ぎ、KMが運転していた乗用車は江南市東野郷前で街路樹に衝突し、乗っていた4人(KM・XX・仲間の少女の計3人と、連れ去られた若者1人)全員が負傷し[新聞報道 3]、このうち助手席に乗っていたXXがフロントガラスを割って前方に投げ出され、右大腿骨骨折の重傷を負い入院したが[雑誌報道 5]、KMは再び逃げ去った[新聞報道 3]。KMはその後、相談に行った先で説得され[雑誌報道 5]、この日の深夜に愛知県警一宮警察署に出頭し[書籍 10]、指名手配容疑である木曽川事件での殺人容疑で逮捕された[雑誌報道 5][新聞報道 3]。中部管区警察局はこの日、本事件を管区第3号事件に指定した[新聞報道 3]。逮捕当時KMは前述の衝突事故による怪我のため、右足を引きずっていた[新聞報道 44]。その後、KMは11月4日には長良川事件での殺人容疑で[新聞報道 58]、11月26日にも一連の事件前の指名手配容疑である津島市の強盗致傷事件でも愛知県警捜査一課と津島警察署にそれぞれ再逮捕された[新聞報道 32]

KMが逮捕された翌日の10月15日、前述の福岡県生まれ(大阪市平野区在住)の当時20歳の男Vが岐阜県警捜査一課と大垣署に殺人、逮捕・監禁致傷などの容疑で逮捕された[新聞報道 59]

岐阜県警の長良川事件捜査本部は10月15日、同事件の犯行グループ6人のうち行方不明になっていたKAを殺人容疑で指名手配したが[新聞報道 18]、KAは既に別の事件で10月12日に大阪府警に出頭し[書籍 10]、逮捕されていたことが判明した[新聞報道 18]。10月23日に大垣署にKAの身柄が移され、KAは殺人と逮捕・監禁致傷の疑いで逮捕された[雑誌報道 5][新聞報道 19]。その後KAは11月14日に木曽川事件の殺人容疑で再逮捕された[新聞報道 20]

また、KMがグループの仲間である2人の少女(W子・Y子)の殺害も他の仲間に対して漏らしていたことが11月1日までの愛知・岐阜両県警の共同捜査本部による捜査で判明した[新聞報道 60]。犯行グループは木曽川事件が男6人、少女2人の合計8人が犯行に関与したが、少女1人を含め6人が長良川事件にも関与した[新聞報道 60]。少女は主犯格のKMらがBらにリンチを加えている時も手を出さず、苦しんでいるBらを見かね「もう死んでしまうからやめて」などと犯行を阻止しようとする態度も見せていた[新聞報道 60][新聞報道 30]。グループ内の仲間によると、KMは少女らが被害者に同情的だったことから「警察に通報されるかもしれない」と恐れ、リーダーとしての虚勢及び仲間割れを防ぐための脅しなのか、本気なのかは不明だが「あとで殺すつもりだ」「1人殺すのも100人殺すのも同じだ」などと発言していたという[新聞報道 60]。両事件で計3人を殺害した上に犯行を隠蔽するために仲間までも抹殺しようとエスカレートしていくKMに、比較的絆が強かったという仲間たちでさえ「もうついていけない。今度は自分たちがやられるかも」と恐れ、身の危険を感じ自ら警察に通報して逮捕されるに至った[新聞報道 60]

さらに11月18日までにKMが「9月下旬、大阪市内でも男性を殺害し高知県内に捨てた」と自供し、翌11月19日に報じられた[雑誌報道 5][新聞報道 21][新聞報道 4]。木曽川・長良川事件の愛知・岐阜両県警共同捜査本部は11月21日までに被害者男性の身元を男性Aと断定した[新聞報道 4][新聞報道 29]。Aは当初23歳の大阪市在住と報じられたが[新聞報道 4]、正しくは大阪府柏原市在住の当時26歳だった[新聞報道 29]。岐阜・愛知両県警の合同捜査本部と大阪府警察高知県警察はKMの供述に基づきAの遺体捜索のため捜査員を派遣し、岐阜県警もKMを捜査に立ち会わせるため高知県に移送した[新聞報道 24]。遺体捜索は11月23日朝からの予定であったが、岐阜県警がKMを高知県警安芸警察署に移送する途中、KM本人が希望したため捜査員が遺棄場所を案内させて大阪府警、高知県警とともに捜索に入ったところ、11月22日午後7時過ぎに室戸岬北西の高知県安芸郡奈半利町の山中で布団に巻かれた裸の男性の遺体を発見した[新聞報道 29]。これを受けて4府県警は広域連続強盗殺人・死体遺棄事件として共同捜査本部を設置した[新聞報道 29]。翌11月23日、岐阜・愛知・高知各県警及び大阪府警の共同捜査本部は大阪大学医学部で遺体を司法解剖[新聞報道 29]、歯形から遺体の身元をAと断定した[新聞報道 39]。このように大阪事件を自供したことについてはKMの自首が成立していると確定判決でも認定されている[判決文 2][判決文 3]。なお、大阪事件に関与したUは10月2日[新聞報道 28]、別の強盗致傷事件で大阪府警南警察署に逮捕され、大阪家庭裁判所送致を経て保護観察処分になり[新聞報道 29][新聞報道 28]、その後行方を晦ましていたが、11月26日午前に両親に付き添われて南署に出頭し逮捕された[雑誌報道 5][新聞報道 26][新聞報道 28]。大阪事件においてKM・KA両名は殺人と死体遺棄の容疑で12月5日に大阪府警南署捜査本部により殺人、死体遺棄容疑で再逮捕された[新聞報道 61]。KM・KA・Uの3人は大阪地方検察庁により、12月27日までに「刑事処分相当」の意見付きで大阪家庭裁判所に送致された[新聞報道 62]

HMは一連の事件の容疑者の中で最後まで逃亡していたが[書籍 10]、翌1995年(平成7年)1月17日に発生し、出身地の神戸市に甚大な被害をもたらした兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)の混乱の中で和歌山市内に逃走した[雑誌報道 5]。翌1月18日和歌山市内のラブホテルに女性とともにいたところ、HMは大阪事件の殺人容疑で大阪府警南署に逮捕された[書籍 10][新聞報道 63][雑誌報道 5]。大阪事件の死体遺棄容疑で指名手配されていたTも同日までに、大阪府警南署に逮捕された[新聞報道 63]。HMは長良川事件についても強盗殺人、強盗致傷、逮捕・監禁容疑で2月9日に大垣署に[新聞報道 64]、木曽川事件についても殺人容疑で3月3日に愛知県警捜査一課と一宮署にそれぞれ再逮捕された[新聞報道 65]

KMら犯行グループと被害者らの接点は前述のようにボウリング場で偶然出会ったCらにKMらが因縁をつけたことであり、また最初に逮捕された当時16歳の少女W子は「6人の犯行グループのうち、3,4人は当日まで顔を見たこともない」と供述した[新聞報道 2]。些細なことで面識のない6人の非行グループが出会い頭的に見も知らぬ相手を襲い、鉄パイプ(厳密には前述のようにアルミニウム製)で滅多打ちにして殺害するという凶行に、捜査員は「昔の殺しには必ず目的や動機があった。こんな理由なき殺しはしなかった。何がいったい彼らを駆り立てたのか」とその異常さにショックを受けた[新聞報道 2]。別の捜査関係者は「最近、20歳前後の若者でこうしたタイプの犯罪が増えている」と指摘し、『中日新聞』1994年10月14日朝刊では同年7月に岐阜市内で起きた別の少年らによる殺人事件についても「『むしゃくしゃして誰かに当たりたかった』という理由にもならない理由で殺人が起きた」と言及された[新聞報道 2]。また、合同捜査本部の幹部は「本当の動機なんてないじゃないか。結果を考えず衝動任せ。人を殴ったり、金を奪ったりということを悪いと思う意識が欠落している。まるでゲーム感覚だ」と憤った[新聞報道 30]。『週刊文春』1995年7月13日号では「(KMら)少年ヤクザは殺害した4人を、いずれもゴミのように乱雑にうち捨てた。死者の尊厳も何もあったものではない」「一般的な価値観さえ備えていれば、なにも生命まで奪わなくてもすむような単純な『動機』である」と綴られた[雑誌報道 5]。その凶悪さについて、『週刊新潮』(新潮社)2005年10月27日号にて小田晋(当時・帝塚山学院大学教授)は「他人に対して一切の同情や憐みの感情を抱くことなく、ひたすら冷酷に、非道な行為を続けることができる残忍極まりない人種、つまり冷情性精神病質の持ち主たちの犯罪に他ならない」とコメントした[雑誌報道 1]

主犯格らの刑事裁判[編集]

主犯格らは、KM・KAは1995年1月18日に名古屋家庭裁判所猪瀬俊雄裁判官)の審判により「刑事処分が相当」として名古屋地方検察庁逆送致され[新聞報道 63]3月24日に名古屋地検により強盗殺人や逮捕・監禁などの容疑で名古屋地方裁判所起訴された[新聞報道 66][新聞報道 67]

HMは1995年3月24日に名古屋地検から名古屋家裁に送致され[新聞報道 66][新聞報道 67]、その後名古屋地検への逆送致を経て、4月28日に名古屋地検により木曽川・長良川事件の強盗殺人容疑などで起訴された[新聞報道 68][新聞報道 69]

第一審(大阪地裁→名古屋地裁)[編集]

刑事裁判の初公判はKMは1995年5月29日に、KAは同年6月8日に大阪地方裁判所で、いずれも大阪事件について開かれた[新聞報道 8]

その後、同年6月26日に名古屋地裁で3被告人が揃った木曽川・長良川事件の初公判が開かれた[新聞報道 22][新聞報道 70][新聞報道 9][新聞報道 8]。この時点では弁護側が「被告人らとの打ち合わせが不十分」などと主張したために罪状認否は8月21日の次回公判に持ち越され[新聞報道 22][新聞報道 70]、検察側も予定していた冒頭陳述を次回公判に持ち越した[新聞報道 70]

1995年8月21日に開かれた第2回公判で、冒頭陳述や、初公判では留保された罪状認否が行われた[新聞報道 47][新聞報道 71]。木曽川・長良川事件の起訴事実について[新聞報道 71]、3人とも各事件の被害者3人への暴行などの事実関係は大筋で認めたが[新聞報道 71]、一方で「殺す気はなかった」として殺意はすべて否認し、強盗についてもそれぞれ犯行や犯意を否定した[新聞報道 47][新聞報道 71]。KMは公判中に陳述書を朗読し、暴行については「仲間の前で弱いところを見せたくなかった」と供述し、KAも裁判長の質問に対し「1人がやったらみんながやる、いつものカツアゲのつもりだった」と供述した[新聞報道 71]。3人の弁護人も殺意の有無について争うとともに、事件の特殊性や少年法の趣旨から、精神鑑定などを含めた多角的な情状を訴える方針を明らかにした[新聞報道 47]。検察側は冒頭陳述で「3人は大阪で知り合って暴力団に入り恐喝行為を繰り返し、その結果引き起こした大阪事件の発覚を恐れて愛知県に逃走してきた」「3人の間にはKA>KM>HMの序列があり、木曽川・長良川事件も初めはいつもの”カツアゲ”のつもりだったが、『兄貴』分の俺が、あるいは『兄貴』より格下の自分がやらねば、などとの思いが犯行をエスカレートさせた。特に長良川事件では、ある1人は『昨日やって(木曽川事件)今日もか」と躊躇いもあったが、結局警察への通報を恐れて口封じのためにもC・E両名を殺害した」などと述べた[新聞報道 47]

犯行当時少年であるが故に、事件の被害者遺族らは報道では犯人らの実名さえも知ることは叶わず、自分の家族が殺された理由どころか、どこの誰を恨んだらいいかさえも、刑事裁判公判の日程も分からないという苦悩を抱えており、Eの両親は岐阜県警に話を聞きに行った翌日に新聞記事で名古屋地裁での初公判が終わったことを知ったという[新聞報道 5]。そんな中で9月6日に第3回公判が行われることを知り、Eの父は法廷前の廊下に貼り出されていたKMら3人の実名が記された紙を見てすぐに書き写した[新聞報道 5]。この日からEの両親は月2回ほどの法廷通いを始め、Eの父は営業回りの仕事を終えた後背広姿のまま傍聴席に座ったこともあった[新聞報道 5]。傍聴する度に「剣道の要領で殴った」「パイプに付いた血が手にベタッと」などのKMらの一言一句を傍聴席で手帳に記し続けるようになり、一・二審での公判の回数は150回近くに上った[新聞報道 5]

1998年(平成10年)5月13日に名古屋地裁(佐藤学裁判長)にて開かれた第54回公判で[新聞報道 9]、裁判官の交代に伴う更新手続きが行われ、木曽川事件・長良川事件について、それまで共謀や殺意を否定してきたHMが[新聞報道 72][新聞報道 9]、一転して「法的な理解ができていなかったため、意に反する認否をした。確定的な殺意や殺害の企てはなかったが、このまま(被害者らを)放置すれば死んでしまうかもしれないと思った」「自分の暴行により重傷を負わせて放置したことで死亡したのだから責任があると思う。兄貴分だった2人の指示に従えず従ったもので、共謀したと言われてもやむを得ない」などと、共謀や未必の故意による殺意などを認める供述をした[新聞報道 73][新聞報道 74][新聞報道 72]。次回公判の5月27日[新聞報道 9]、第55回公判ではKAも[新聞報道 9]、それまで否定していた他の被告人との共謀を認め、殺意についても積極的なものではなかったとしつつも「放置すれば亡くなってしまうかもしれないとは思ったが、仕方ないと思った」「殺してしまうことについて後戻りできないと思うようになった」として未必の故意を認める意見陳述をした[新聞報道 75][新聞報道 76][新聞報道 77]。KMは2人と異なり、これまで通り共謀や殺意を否認した[新聞報道 76][新聞報道 77]

1998年8月13日までに、名古屋地裁(佐藤学裁判長)はそれまで大阪地検によって起訴され、大阪地裁で開かれてきた大阪事件の審理について、木曽川・長良川事件の審理に併合して3事件を一括して審理することを決めた[新聞報道 41]。大阪事件についての審理は3人のうち、木曽川・長良川事件の初公判時点までに名古屋地裁に併合されたKAを含め[新聞報道 71]、2人については1995年に名古屋地裁に移されたが審理は中断、残り1人は大阪地裁で審理が続いていた[新聞報道 41]。手続きは次回公判の9月21日に行われ[新聞報道 41][新聞報道 78]、次回公判の10月5日で開かれた更新手続きの意見陳述では同事件についてKAが事実関係を認めたが、KM・HM両名は殺意や共謀について否認した[新聞報道 79]

取り調べや刑事裁判の当初、主犯格3人は反省のない態度を見せ[雑誌報道 1]、入廷したKMが傍聴席にいる知り合いに笑みを浮かべる[雑誌報道 1][書籍 11]、入廷するたびにわざとらしくため息をつく[雑誌報道 1]、無意味にきょろきょろするなど傍若無人な態度を繰り返した[雑誌報道 6]。この時点で既に永山則夫連続射殺事件以降にも、名古屋アベック殺人事件市川一家4人殺人事件の両事件で、犯行当時少年の被告人に第一審で死刑判決が出ているにも関わらず[注釈 7]KMらは「自分は未成年だから死刑にはならない」「俺の刑はどれくらいなの」と発言したり、被害者遺族に対して笑みを見せるなどの行動までしていた。[要出典]また、証人陳述の際に、自分たちが有利になるように、凶器の鉄パイプが左右どちらに置いてあったか、どちらが凶器を持っていたかなど[雑誌報道 4]、どうでもよいことにこだわる者までいたという[雑誌報道 6]。刑事裁判の傍聴を続けてきた司法記者曰く「裁判の途中で3人が仲違いし、誰が主導的に犯罪を行ったかで被告人らの主張が異なってきた。1人は合同の審理から分離され、別々に裁判が進行した」という[雑誌報道 1][注釈 8]。第一審の実質審理は初公判から、2000年12月11日までの5年半にわたって計105回行われたが[新聞報道 80]、3人は事件の事実関係については認めつつも[新聞報道 9]、KMは各事件の外形的事実は認めるも殺意は否認し、HMは大阪事件で殺人罪の成立を否認し[新聞報道 81]、そして互いに「木曽川・長良川事件はHMが主犯」(KM)「KMが最初に殴った」(HM)などのように、首謀者は自分ではないと仲間に責任を押し付け合っていた[新聞報道 9]。HMは獄中で死刑廃止を求める市民団体のメンバーとなり、後述のように自分の実名が類推される仮名を使用した『週刊文春』の記事をめぐり「少年法の趣旨に反する」と発行元の文藝春秋に対して民事訴訟を起こしたが、この訴訟は被害者遺族の感情を逆撫でする結果となり、遺族は「自分に対する挑戦と感じた」と公判で証言したが、HMは「実名を推測できる報道により、触法少年がどう更生していくか、心のやり場がなくなる。少年法が守られないのはおかしい」と反論した[新聞報道 9]

名古屋地裁(石山容示裁判長)で2000年(平成12年)12年27日、第106回目公判(論告求刑公判)が開かれ、検察側は3人全員にいずれも死刑を求刑した[新聞報道 9]。論告は5時間半にわたる異例の長時間となり、あまりに残虐な犯行から、検察側は「人間の顔を被ったけだもの」「人間性のかけらもない」「むしろ楽しんで殺した」と3人を激しく断罪した上で「(各事件での3人の関与の度合いについて)それぞれの事件で果たした役割に軽重を見出すことはできず、刑事責任は同等」との判断を示した上で「犯行は、場当たり的に何の落ち度もない4人を殺害したもので、命乞いをしながら嬲り殺された被害者もおり、遺族の悲嘆も強烈」と断罪し、「わずか10日間で4人を殺害した少年犯罪史上、まれに見る凶悪かつ残虐な事件。犯行当時少年とはいえ、3人の反社会性は極めて顕著で、矯正可能性はまったくなく、極刑をもって臨むしかない」「(永山則夫連続射殺事件の第一次上告審で最高裁から示された死刑適用基準「永山基準」を示し)少年による未熟で無軌道な犯行の側面はあるが、それは刑事責任を軽減させられる理由にはできず、3人はすべての条件において死刑選択が許される基準に合致している」と指弾した[新聞報道 9]。閉廷後、Eの父親は「求刑は私の希望した通り。凶悪な少年犯罪が多発する中、適切な判断だ」とコメントし、法廷での3人の姿について「論告を真面目に聞いていない。許せない思いが募る」と怒りを隠さず「死刑になってほしい気持ちは被害者にならないと絶対にわからない。判決も求刑通りになってほしい」と語った[新聞報道 9]

一番の兄貴分とされたKAは公判の途中から3事件すべてについて全面的に容疑を認め、「恥ずかしいほど無知だった。本当に申し訳なく思う。自分は死刑になっても仕方がない」と涙を流しつつ反省の言葉を繰り返していた[新聞報道 9]。また、論告求刑の頃から3人の態度は変化し[書籍 11][雑誌報道 1]、後の最終弁論の際には「生きて償いたい」「宗教に帰依」「キリスト教の洗礼を受ける」などの発言がなされるようになったが、被害者遺族にはかつて命乞いをする被害者らを惨殺しておきながら、いけしゃあしゃあと命乞いしているようにしか聞こえず、反省と謝罪の態度を示すことで刑の減軽を勝ち取ろうとする露骨な態度に、ますます嫌悪感が増幅していったという[雑誌報道 1]。長良川事件の被害者Cの遺族の下には、Cの命日の10月8日が近づくたびにKM・KAから手紙が届くようになったが、Cの兄曰く「一体こういうものを誰が書かせるのか。とても自発的に書いているとは思えない」という[雑誌報道 1]

2001年(平成13年)2月28日に開かれた公判で、弁護側による最終弁論が行われた[新聞報道 82]。この日の最終弁論は午前に開廷してから約10時間という異例の長時間となり、3回の休憩を挟みながら午後9時まで続いた[新聞報道 82]。KMの弁護人は冒頭で「10日間に4人を死亡させた刑事責任の重さは本人が誰よりも痛感している。矯正教育を図るという少年法の精神は最大限に尊重されるべきだ」として、犯行当時少年だった点を踏まえ、死刑判決の回避を求め、一連の事件を理解するには被告人らの人格理解が不可欠だと強調し「3人は未成熟で深い思慮がなく、意志とは裏腹に暴力に対する歯止めが効かなかった」と背景事情を説明するなどして情状酌量を訴え、木曽川事件では「KMには動機がなく殺意もなかった。被害者の放置と死亡の因果関係はなく、傷害罪しか成立しない」、長良川事件については「傷害致死罪に当たる」、大阪事件については「殺害には消極的で未必の故意しかなかった。自発的な自供は自首に当たる」と主張した[新聞報道 82]。KAの弁護人は「形式的な兄貴分で、統率力はなく、事件関与の度合いは低い。遺族に謝罪の手紙を書くなど反省している」と、HMの弁護人も「捜査段階の自白調書や殺意認定には疑問がある。人間的に成長しており、更生の余地はある」として、それぞれ死刑判決の回避を訴えた[新聞報道 82]。3人は弁論後の最終陳述で「大切な命を奪いながら生かしてほしいというのは虫がよすぎる。それでも生きたい気持ちを隠せない。(懲役刑で)刑務所で働き、慰謝料を被害者遺族に送りたい」(KM)「重大事件を起こし、本当に申し訳ない。二度と事件を起こさないよう精一杯努力します」(KA)「拘置所でキリスト教を信仰するようになり、被害者の冥福を祈ってきた。教えに従いやり直せると思う。許されるなら生きて罪を償いたい」(HM)と述べ、初公判から5年8か月ぶりに結審した[新聞報道 82]。傍聴後、Eの父親は「反省していると言っているが、少年院でも更生できなかったのに無理だと思う」とコメントし、Cの親族も「反省の言葉を聞いても心にひっかかり信用できない。終身刑がない以上、死刑を望む」と、死刑判決を望む気持ちに変わりはなかった[新聞報道 82]

同年7月9日、名古屋地裁(石山容示裁判長)で判決公判が開かれ、名古屋地裁は被告人KMに求刑通り死刑判決、被告人KA・HM両名に無期懲役判決(求刑はいずれも死刑)を、それぞれ言い渡した[判決文 1][新聞報道 7]。名古屋地裁は、3事件いずれについても3人の殺意は認めたものの、木曽川事件だけは「暴行後、殺すつもりでBを河川敷雑木林に放置したが、放置と死亡の因果関係が立証されていない」として殺人罪を認めず、傷害致死罪の成立にとどまると判断した上で、特に長良川事件で「強固な殺意」があったとされたKMは「4人殺害すべての実行行為者で、反社会性は顕著。中心的な立場で、重要で不可欠な地位にあり、集団の推進力として事件を主導した。KMが居なければ一連の事件は起きなかった。当時少年で反省の兆しが現れるようになったことなど情状を最大限考慮しても極刑はやむを得ない」として死刑を適用した一方[判決文 1][新聞報道 7]、KA・HM両名はKMとの共謀共同正犯が認定されたものの「追従的な立場で、暴行や矯正可能性などの程度がKMと異なる」として死刑選択を回避し、無期懲役が妥当だと結論付けた[判決文 1][新聞報道 7]。少年事件での死刑判決は1983年永山則夫連続射殺事件の最高裁判決以降では、第一審では1989年の名古屋地裁・名古屋アベック殺人事件判決と、1994年の千葉地裁市川一家4人殺人事件判決に続き3件目で[注釈 7]平成の事件では市川一家4人殺人事件に続き2件目であった[新聞報道 7]

犯行当時少年であるとはいえ、KMに死刑判決が言い渡されたが、被害者遺族らの希望や検察側の求刑と異なり、名古屋地裁は3人全員を死刑としなかった[新聞報道 7]。そのため、この判決に対しては被害者遺族から「何だ、これは」と不満の声が上がり、また「墓前にどう報告していいのか」という怒りとやりきれない思いが口にされた[新聞報道 7]。また、当時は同一の少年犯罪では、複数人の被告人に死刑判決が言い渡された前例はなかったことから「裁判官は3人全員を死刑にするのを躊躇したのではないか」とも噂された[書籍 11]

3人の弁護側は死刑及び無期懲役判決を、事実誤認及び量刑不当を理由に不服として、唯一死刑判決を受けたKMは弁護人とともに翌7月10日付で[新聞報道 83]、HMも後述の検察側の控訴に対抗して7月23日付で[新聞報道 84]、KAも控訴期限までにそれぞれ名古屋高等裁判所控訴した。

また、検察側もKA・HMの無期懲役判決は量刑不当である上に、殺人罪ではなく傷害致死罪とされた木曽川事件についての事実誤認を理由に不服として、それぞれ3人全員について名古屋高裁に控訴した[新聞報道 84]。求刑通り死刑判決を受けた被告人について検察側が控訴したのは史上初だが、名古屋地検は「(KMを含めた)全員について控訴しなければ、犯罪事実が被告人によって異なることになる。放置することはできない」として、求刑通り死刑判決を受けたKMも含めて控訴期限の7月23日に控訴に踏み切った[新聞報道 84]

控訴審(名古屋高裁)[編集]

名古屋高等裁判所は2002年7月2日までに、3被告人の控訴審初公判を翌2003年5月26日に行うことを決めた[新聞報道 85][新聞報道 86]

名古屋高裁(川原誠裁判長)での控訴審初公判は2003年(平成15年)5月26日に開かれた[新聞報道 87]。検察側は、第一審で傷害致死と認定された木曽川事件について「Bを激しい暴行の末に雑木林内に遺棄した結果、頭内の出血が促されて死期が早められたのは明らか」として殺人罪の適用を求め、その上で2人を無期懲役とした第一審判決の量刑について「KAは主体的・積極的に集団暴行に関与しており、HMもあらかじめ凶器を準備し、実行行為にも積極的に加わった。量刑は著しく軽く不当で、矯正はもはや不可能」と主張し、第一審の求刑通り、改めて3人全員への死刑を求めた[新聞報道 87]。KMの弁護側は「長良川事件で被害者から金品を奪った行為は、暴行とは別の機会に行われており、強盗殺人罪は成立しない。一連の暴行は居合わせた女性を巡る対抗意識や、互いに虚勢を張る『強気の論理』が原因であり、KMには殺意もなかったため傷害致死罪とされるべきである。『KMが主犯』という話は、KMに反感を持った事件関係者らが事故弁解のために作り上げたもので、主犯ではなく、3人の罪責に差はない」と首肯した上で死刑制度違憲論も展開し、KA側は「形式上兄貴とされていたが、KMに追随しており、殺意もなかった」と、HM側は「長良川事件は連続した金品喝取の後の集団リンチであり、強盗あるいは恐喝と、傷害致死あるいは殺人と、2つの犯行に分かれる」「大阪事件では最初に首を絞めるふりをしただけで、すぐにその場から離れており、殺害の実行行為や共謀は成立しない」「他の被告人の手下に過ぎない」とそれぞれ強調し、3被告人側はいずれも長良川事件の強盗殺人罪を否定した上で「社会的適応能力がなく、即成的な未成年の集団による犯行や、少年特有の心理を事実認定・量刑に反映させるべき」と主張し、矯正可能と訴えた[新聞報道 87]

2003年6月30日、木曽川事件の被害者Bの司法解剖を行った医師が、検察側証人として出廷し「第一審判決ではBの死因は特定できず、遺棄と死亡の因果関係も立証できないとされたが、暴行の態様から、死因は検察側の主張通り硬膜下血腫で、遺棄により死期が早まった可能性が高い」と証言した[新聞報道 88]

控訴審の公判は計36回開かれ、長良川事件の被害者Eの遺族夫妻は高齢の身を押してほぼ全てを傍聴した[新聞報道 89]2005年(平成17年)3月15日の公判で、Eの父親は被害者遺族の代表として意見陳述した[新聞報道 90]。父親はそれまでに1ヶ月かけて練った原稿を意見陳述の場で読み上げ「貴様らは生きて償いたいと言っている。ぜひ聞かせてほしい。具体的にどのような償いをしようとしているのか。私はまだ聞いていない」「私は貴様らが社会に出てくるのを望んでいない」などと3人に対して憤りを隠さずに訴え、初公判から約10年にわたった事実審証拠調べがこの日で終わった[新聞報道 89][新聞報道 90]

2005年8月19日の公判で、検察側・弁護側の双方が意見を述べ合う最終弁論が開かれた[新聞報道 91][新聞報道 92]。検察側は「何ら落ち度のない4人の若者に激しい集団暴行を加え、犯行を隠すために次々と殺害した自己中心的な犯行で、結果はあまりにも悲惨で重大。木曽川事件は殺人罪が成立する。3被告人の役割に差はなく、死刑以外に選択肢はない」として改めて3人全員への死刑適用を求めた[新聞報道 91][新聞報道 92]。弁護側はKMの弁護人が量刑不当を訴え、KAの弁護人は「従属的な役割だった」と述べて3事件のうち2事件の殺意を否認し、HMの弁護人は大阪事件への関与を否定し、木曽川事件・長良川事件の殺意を否認した[新聞報道 92]。その上で弁護側は「(各被告人の事件での主体的役割を否定し)『死刑や無期懲役は重すぎる』、(一連の犯行について殺意や計画性を否定し)『未成年者の未熟な集団が引き起こした最悪の結果』」とそれぞれ主張し、その上で「十分に反省している」として有期懲役刑を求め、初公判から10年2か月の長期間に及んだ事実審が結審した[新聞報道 91][新聞報道 92]

同年10月14日、名古屋高裁(川原誠裁判長)で控訴審判決公判が開かれ、名古屋高裁は被告人KMを死刑、被告人KA・HM両名を無期懲役とした第一審判決を破棄し、KM・KA・HMの被告人3人全員に対し、いずれも検察側の求刑通り、死刑判決を言い渡した[判決文 2][新聞報道 8]

判決理由で名古屋高裁は、KMは「重大な結果を導く発端を作るなど終始主導的立場で、他の共犯者らを被害者4人の殺害に向かわせ、自ら積極的に激しい攻撃を執拗に加えるなどして犯行を強力に推進し、最も中心的で際立って重要な役割を果たしている」と[判決文 2][注釈 9]、KAは「所属暴力団の中では3人の中で最上位であることの影響力を行使し、KMとともに主導的立場で犯行を推進するとともに、被害者らに激しい暴行を加えるなど、実行行為にも積極的に加わり、木曽川・長良川事件においても、事件全体を通じて極めて重要な役割を果たしており、その点ではKMやHMとの間にはさほどの差異はない」と[判決文 2]、HMは「所属暴力団における序列が3人の中では一番下ではあったが、殺害の動機を形成するに至った暴行に自ら積極的に関与し、KM・KAから被害者の殺害を暗に促されるや、ためらうことなく賛成し、進んで殺害に着手したり、凶器を準備し、殺害の早期実行を決め、率先して被害者への攻撃に出るなど、犯行を強力に推進し、重要な役割を果たした」と、それぞれ認定した[判決文 2]。その上で、名古屋高裁は「犯行は極めて悪質で残虐。非道さは言うべき言葉を見いだせない」「4人の生命が無残にも奪われた結果は誠に重大。3被告人の役割には大差はなく、犯行時少年だったことを考慮しても極刑はやむを得ない」と断罪し、第一審判決で傷害致死罪とされた木曽川事件を含めすべての事件について強盗殺人・殺人罪の成立を認定、一転して死刑積極適用に動いた[判決文 2][新聞報道 8]。高裁で犯行当時少年の被告人に死刑判決が言い渡されたのは1996年の東京高裁における市川一家4人殺人事件(1992年発生、2001年最高裁で判決確定)控訴審判決以来で、この判決は日本における同一の少年犯罪で複数の被告人に死刑判決が言い渡された初めての判例でもあった[新聞報道 8]

死刑判決宣告の瞬間、3人は青ざめた顔で体をこわばらせた一方、全員の極刑を求めていた被害者遺族らは涙を拭い頷き、被害者遺族のうち2人(長良川事件被害者Eの両親)は閉廷後の記者会見で「裁判所は実態をきっちり見分けてくれた」「これでやっと息子に報告できる。今日の判決のありのままを(墓参りで)伝えてやりたい」と判決を評価しながらも「判決が1つの区切りになったとしても、彼らを許すかどうかは別問題」と語り、別の被害者遺族(長良川事件の別の被害者Cの兄)は「極刑が下っても弟は帰ってこない。私達の苦しみ、悲しみは一生癒やされない」「被告人らは『生きて償いたい』と言う。だが、殺された弟たちはもっと『生きたい』という思いが強かったはず」と、晴れることのない胸の内を語った[新聞報道 8]

3被告人側は判決を不服としてKAは10月18日付[新聞報道 93]、HMは10月24日付[新聞報道 94]、KMは10月26日付で、全員が最高裁判所上告した[新聞報道 95]

上告審(最高裁)[編集]

最高裁判所第一小法廷(桜井龍子裁判長)は2010年(平成22年)7月8日までに、上告審口頭弁論公判の開廷期日を、翌2011年(平成23年)2月10日に指定し、関係者に通知した[新聞報道 96][新聞報道 97]

2011年2月10日、最高裁第一小法廷(桜井龍子裁判長)で上告審口頭弁論公判が開かれた[新聞報道 98][新聞報道 99]。弁護側は「控訴審判決は少年の精神的未熟さを考慮していない」などと主張し、死刑判決の破棄を訴えた[新聞報道 98][新聞報道 99]。一方、検察側は「動機や結果の重大性、遺族の処罰感情に照らし、死刑を回避すべき事情は認められない」と主張し、上告棄却を求めた[新聞報道 98][新聞報道 99]。被害者遺族の一人(Eの父親)は傍聴後、『中日新聞』の取材に対し「責任転嫁が多い。自分さえよければ、という主張は今回も変わらなかった」と被告人らを批判した上で、「被告人からの(謝罪の)手紙を受け取るのも、法廷での主張との違いを見つけるため」と断言し、未熟な少年には死刑を適用すべきではないとの主張には「法律(少年法)で18歳以上の死刑はあり、回避の理由に当たらない。犯した行為で裁かれるべきだ」と一蹴した[新聞報道 98]

最高裁第一小法廷(桜井龍子裁判長)は同月21日までに、上告審判決公判開廷期日を3月10日に指定し、関係者に通知した[新聞報道 100]

同年3月10日、最高裁第一小法廷(桜井龍子裁判長)で判決公判が開かれ、最高裁第一小法廷は「11日間という短期間に犯行を重ねており、執拗で残虐。地域社会に与えた影響は大きい」として、KM・KA・HMの被告人3人全員に対する控訴審の死刑判決を支持し、被告人3人の上告をいずれも棄却する判決を言い渡した[判決文 3][新聞報道 6][新聞報道 10][新聞報道 11][新聞報道 12][新聞報道 13][新聞報道 101][テレビ報道 1]。これにより、初公判から16年にわたった刑事裁判は、犯行当時少年だったKM・KA・HMの被告人3人に対し、いずれも控訴審で言い渡された死刑判決が確定することで終結することとなった[判決文 3][新聞報道 6][新聞報道 10][新聞報道 11][新聞報道 12][新聞報道 13][新聞報道 101][テレビ報道 1][テレビ報道 2]。事件当時、18歳・19歳の少年だったKM・KA・HMはいずれも35歳になっていた[新聞報道 6][テレビ報道 1]。少年事件で死刑判決が確定するのは、1992年に発生した市川一家4人殺人事件の犯行当時19歳の少年死刑囚(2001年判決確定、2017年現在東京拘置所収監中)以来、平成の少年事件では2件目(4人目)で、最高裁判所が把握している1966年以降では10件目だった[新聞報道 6]。また、戦後の少年事件で複数の被告人の死刑が同時に確定するのは史上初のケースとなった[新聞報道 6][新聞報道 10][新聞報道 11][新聞報道 12][新聞報道 13][新聞報道 101][テレビ報道 1]

主文言い渡し後すぐに閉廷すると、傍聴席の最前列で判決を聞いた長良川事件被害者Eの父親は起立して法廷に深々と一礼し、母親も溢れ出る涙をハンカチで何度も抑えた[新聞報道 6]。その後記者会見で父親は「死刑の二文字をずっと頭に描いてきた」「判決を息子も一緒に聞いてくれたと思う。これで私たちも新たな一歩を踏み出せる」と、母親も「無念を晴らすために16年間を費やしたようなもの。頑張ってよかった。息子は安らかに眠れる」と語った[新聞報道 6]

KMは所内のラジオ放送で判決内容を知り、判決翌日の2011年3月11日午前、名古屋拘置所で弁護人の山下幸夫[新聞報道 102]と面会した[新聞報道 14]。弁護人が判決要旨を読み上げると、KMは「少年事件への厳罰化と受け止めた。判決は政治的な判断」という趣旨の感想を伝え、再審請求の希望を口にした[新聞報道 14]。判決に動揺した様子はなく、今回の判決で事件当時未成年だった自分たち3人を実名報道するか匿名報道を続けるかで各報道機関の対応が分かれた(後述)点にも関心を示していたという[新聞報道 14]。また、同日午前にKAと面会した別の弁護人によれば、KAはこの判決について「重く受け止めている」と話したという[新聞報道 14]

弁護側は3月22日付で判決を不服として、最高裁第一小法廷に判決訂正を申し入れた[新聞報道 103][新聞報道 104][新聞報道 105]。しかし、申し立ては同30日付で棄却され、犯行当時少年だった被告人3人に対する死刑判決が確定した[新聞報道 106][新聞報道 107][新聞報道 108]

死刑囚らのその後[編集]

2017年(平成29年)現在、死刑囚3人の収監先は全員が同一ではない。

3人の弁護人は2011年5月28日、東京都新宿区内で開かれた市民団体の集会で「互いに虚勢を張りながら暴行をエスカレートさせた少年事件の特質に触れず、第一審で傷害致死罪認定された木曽川事件を殺人罪と認定した最高裁判決は不当」として、いずれの死刑囚も再審を望んでいるとして、近く再審請求する方針を明らかにした[新聞報道 109]

2016年(平成28年)12月、KM・KA両名は第1次再審請求が最高裁の特別抗告審で棄却されたことを受けて直ちに名古屋高裁に第2次再審請求を行い、またこれまで再審請求をしてこなかったHMも同じく名古屋高裁に初の再審請求を起こした(いずれも後述)ことが、2017年3月に報じられた[新聞報道 110][新聞報道 15]

KM
KMは2011年12月16日付で、精神科医による精神鑑定の内容を新証拠として提出し「各犯行時は離人症の症状を伴う慢性化した解離性障害であり、心神喪失もしくは心神耗弱状態だった疑いがある」として[新聞報道 111]、名古屋高裁に再審請求した[新聞報道 112][新聞報道 113]。これについては2013年(平成25年)2月4日付で名古屋高裁刑事2部(柴田秀樹裁判長)で「再審請求にはこれまでの公判で明らかにならなかった新証拠が必要だが、今回の精神鑑定は新規性を欠く上、証拠価値としても信用性に乏しい」などとして請求棄却の決定がなされた[新聞報道 111][新聞報道 114]。KMは棄却を不服として異議申し立てしたが、2015年(平成27年)12月24日付で名古屋高裁(石山容示裁判長、本事件でかつて第一審判決を担当した)は「証拠は新規性を欠き、価値も乏しい。再審請求の棄却決定に事実誤認や判断の誤りはない」と指摘してKAとともに異議申し立てを棄却した[新聞報道 115]。KMは最高裁に特別抗告するも2016年12月にKA同様棄却され、木曽川事件の被害者Bの死因について事実誤認を主張して直ちに名古屋高裁に第2次再審請求を行った[新聞報道 110]
この再審請求の際、2005年(当時控訴審公判中)に当時KMが収監されていた名古屋拘置所が、KMから預かった公判記録を廃棄していたことが判明した[新聞報道 116][新聞報道 117]。KMは「必要不可欠な資料を廃棄され精神的苦痛を受けた」として2011年5月、国に約600万円の損害賠償を求めて名古屋地裁に提訴した[新聞報道 116][新聞報道 117]。訴状によると、拘置所は2005年4月に公判記録などを入れた段ボール10箱を預かり、うち3箱を廃棄した[新聞報道 117]。廃棄された段ボール箱の中には少なくともA4用紙8400枚分の資料が入っていたという[新聞報道 116]。その直後名古屋拘置所はKMから閲覧を求められたため、廃棄に気付いて謝罪した[新聞報道 116]。KMはその際にコピー代の負担などを申し出たが話はまとまらなかった[新聞報道 116]。KM側は「記録には自分の意見なども書き込んでいたため、復元はできない」と主張した[新聞報道 116][新聞報道 116][新聞報道 117]。名古屋拘置所は「廃棄は事実だが、裁判中なので詳細は答えられない。当時、その件で処分が出たかどうかも、記録が残っていないため分からない」とした[新聞報道 116][新聞報道 117]
KMとその弁護人は死刑確定後の2011年9月から2014年(平成26年)6月にかけて名古屋、東京両拘置所で、再審請求や民事訴訟の打ち合わせの際に職員が立ち会わないよう求めたが認められなかった[新聞報道 118]。このためKMと弁護士2人は、職員の立ち会わない面会を拘置所が拒んだのは違法として国に630万円の損害賠償を求め[新聞報道 119]東京地方裁判所谷口豊裁判長)は2016年(平成28年)2月23日、「弁護士との『秘密面会』を拒否できるのは、死刑囚が拘置所の秩序を乱したり動揺したりする恐れがある場合に限られる」と指摘した上で「今回はその恐れはなく、裁量の範囲を逸脱している。秘密で面会する利益を侵害した」として国に対し損害賠償計約53万円の支払いを命じた[新聞報道 118][新聞報道 120]。国側は控訴しなかった一方、KM側は賠償額などを不服として東京高等裁判所に控訴した[新聞報道 121]。控訴審・東京高裁では同年11月24日、約60万円の支払いが命じられた[新聞報道 119]。KM側は最高裁に上告したが、2017年9月7日付で最高裁第一小法廷(木澤克之裁判長)は上告を退ける決定をし、判決が確定した[新聞報道 121]。また、2012年から2015年にあった計32回の面会についても拘置所職員の立ち合いは違法だとして国に計672万円の損害賠償を求めた訴訟を東京地裁に起こし、東京地裁(林俊之裁判長)は2017年4月13日に「死刑囚が再審請求や国家賠償請求訴訟の打ち合わせで、職員の立ち会いなしに弁護士と面会ができるよう、尊重すべき義務が国にある」と指摘した上で「死刑囚側が立ち会いなしの面会を文書などで求めたにもかかわらず、32回のうち職員が立ち会った6回には国に賠償責任がある」と判断し、国に約23万円の支払いを命じた[新聞報道 122]
KMは上告中の2010年12月、名古屋拘置所の職員に対し、他の収容者の面会情報の漏洩を唆した容疑により国家公務員法違反で書類送検されたが、死刑確定後の2011年8月に不起訴処分となった[新聞報道 123][新聞報道 124]。この際、被疑者として捜査を受けたKMが[新聞報道 124]、2011年4月から8月に容疑者として弁護士2人と計8回接見を申し込んだ際、拘置所側が接見を認めなかったり、職員が立ち会うなどしたため、刑事訴訟法で認められた接見交通権などを侵害されたとして、国に計776万円の損害賠償を求めた民事訴訟を弁護士2人とともに起こした[新聞報道 123][新聞報道 124]。事件の被疑者は職員の立会いなしで弁護人と接見できるが、国側は「死刑囚であるKMを被疑者として扱う意思は拘置所側にはなかった」と主張した[新聞報道 123][新聞報道 124]。2014年8月28日、名古屋地裁(福井章代裁判長)は「事情聴取なども行われ、KMは事件の被疑者として扱われていた」として「接見交通権を侵害されて精神的苦痛を受けたのは明らか」として国に63万円の支払いを命じた[新聞報道 123][新聞報道 124]
KA
KAは2013年1月8日付で、捜査段階での自白を「捜査官に迎合することで全く虚偽の事件が作られた」と否定するKA本人の上申書と、木曽川事件の被害者Bの死因について「BはKAが暴行を加える以前に他の共犯者らによる暴行によって既に致命傷を負っていた」とする法医学者の鑑定書を新証拠として提出し、名古屋高裁に再審請求した[新聞報道 125]。弁護人は会見の中で「本人の思いは『とにかく事実をもって裁いてほしい』の一点に尽きる。暴行自体に関与したことは争わないが、共謀はなく、殺意もなかった。無罪を言い渡すべき明らかな証拠だ」と述べた[新聞報道 125]。2013年8月19日、名古屋高裁(柴田秀樹裁判長)は「上申書や鑑定書は新規性を欠き、証拠価値についても信用性が乏しい。確定判決は自白調書のみによって認定したものではない。自白調書の信用性を否定する理由は具体的根拠に乏しく、一般論にすぎない」などとして再審請求を棄却した[新聞報道 126]。KAは棄却を不服として異議申し立てしたが、2015年12月24日付でKM同様名古屋高裁(石山容示裁判長)に棄却された[新聞報道 115]。KAは最高裁に特別抗告するも2016年12月にKM同様棄却され、「大阪事件・木曽川事件の当時はシンナーを吸引しており心神喪失状態だった」とする自身の上申書を新証拠として直ちに名古屋高裁に第2次再審請求を行った[新聞報道 110]
HM
HMは控訴中の2003年、閲読後のディズニー雑誌3冊を親族に送ることを認められず、その雑誌を廃棄されたことで精神的苦痛を受けたとして[新聞報道 127]、この行為を不服として弁護士会に人権救済の申し立てを行った[新聞報道 128]。その際、HMはその雑誌を証拠物として提出しようとしたが「閲読後の雑誌は廃棄するのが原則で、既に廃棄済みである」と当時収監されていた名古屋拘置所から告知され、「人権救済の申し立てを侵害された」と主張、国などを相手に約30万円の損害賠償支払いを求めた民事訴訟を起こした[新聞報道 128][新聞報道 127]。上告中の2006年(平成18年)10月27日、名古屋地裁(松並重雄裁判官)は「裁量権を逸脱し、原告(HM)に精神的苦痛を与えた」として名古屋拘置所所長らの過失を一部認め、国に賠償金5000円の支払いを命じた[新聞報道 128][新聞報道 127]
死刑確定後の2011年4月から2013年1月にかけて計17回、HMは弁護士や支援者との手紙のやり取りを試みたが、名古屋拘置所により不許可にされた[新聞報道 129]。HMはこれを違法と訴え、国に対し90万円の損害賠償請求訴訟を起こした[新聞報道 129]2016年(平成28年)2月16日、名古屋地裁(倉田慎也裁判長)は「不許可の判断は権限のある拘置所長ができるが、これを所長ではなく一般職員がした。また、第三者機関からのHMに対する寄付に関する内容で必要性があった」などとして全17回のうち一部の4回を違法だと認め、国に対し3万円の損害賠償を命じた[新聞報道 129]。2017年3月9日付で控訴審・名古屋高裁(藤山雅行裁判長)は弁護士への年賀状など9件の不許可を新たに違法と認定し、一審判決から10万円増額して13万円の賠償を命じた[新聞報道 130]
HMは上告中の2008年(平成20年)8月から2010年2月、計26回にわたって面会者の氏名や面会の日付、手紙や差し入れの内容などの情報を名古屋拘置所の職員(副看守長と看守の2人)によって収容中の共犯者(KM)に漏らされたなどとして、名古屋地裁に対し国に慰謝料160万円の支払いを求める訴訟を起こした[新聞報道 131]。名古屋地裁(堀内照美裁判長、判決は朝日貴浩裁判長が代読)は2014年4月18日「原告(HM)は事件で共犯者と主従関係を争っており、HMが特に情報提供を望まないことは容易に推測できる」「職員の行為は精神的苦痛を与えるものであると言わざるを得ない」として訴えの一部を認め、国に慰謝料10万円の支払いを命じた[新聞報道 131][新聞報道 132]。また、HMは名古屋拘置所の職員2人が2007年(平成19年)から2009年(平成21年)の計21回、当時上告中のHMの手紙や面会の相手・日付、差し入れの内容のほか、事件の鑑定や提訴に関する会話の内容を共犯者に漏らしたとして国に180万円の損害賠償を求め、2016年9月2日に名古屋地裁(加島滋人裁判長)は「情報漏洩はプライバシーの権利や通信の秘密、死刑囚の防御権を侵害しており違法だ」と指摘して国に慰謝料39万円の支払いを命じた[新聞報道 133]
また、これとは別に名古屋拘置所の職員が2008年8月から9月にかけて、当時上告中のHMの旧姓(K)・名前や起こした事件の内容などの個人情報を別の収容者に漏らしたとして、HMが国に60万円の損害賠償を求めた民事訴訟を起こした[新聞報道 134]。国側は第一審(名古屋地裁)から職員による情報漏洩を否定し、第一審では「収容者が報道から情報を入手した可能性は否定できない」として請求が棄却されたが、HMが控訴した[新聞報道 134]。2015年2月5日の控訴審判決で、名古屋高裁(木下秀樹裁判長)は「HMの旧姓は当時、既に週刊誌で報じられていたが、収容者は当時別の刑事施設に入っており、報道で情報を得ることは困難だった。職員から情報を聞いたと認めるのが相当だ」と認定し、その上で「HMが事件当時18歳の少年だったことに照らすと、情報漏洩の違法性は重大だ」と指摘し、第一審判決を破棄して国に30万円の支払いを命じた[新聞報道 134]。HM側は拘置所長が適切な内部調査を怠ったことなども請求内容に含めていたが、これらはいずれも退けられた[新聞報道 134]
HMは控訴中の2003年3月頃から、同年秋頃まで[判決文 6]、別の刑事被告人として身柄を拘束されていた[判決文 6]、大阪府内在住の女性(2005年時点で32歳)との間で[雑誌報道 7][判決文 6]、手紙のやり取りをしていた[判決文 6]。控訴審判決直後(2005年10月24日)に発売された写真週刊誌『フライデー』(講談社)2005年11月4日号は、「独占入手!『94年連続リンチ(大阪・愛知・岐阜)殺人事件』当時は18歳だった―死刑判決(高裁)“少年”被告の『あまりに無反省な』獄中書簡」と題した特集記事にて、HMの承諾なく、その手紙の内容を掲載した[雑誌報道 7][判決文 6]。HMはこれに対し、著作権・宗教的人格権などを侵害しているとして、出版元である講談社に対し損害賠償請求を起こしたが、名古屋地裁から2009年7月1日付の判決(事件番号:平成20年(ワ)第3019号)で請求が棄却されたため、名古屋高裁に控訴した[判決文 6]。名古屋高裁(岡光民雄裁判長)は2010年(平成22年)3月19日、「本件記事の本件各引用部分は、本件刑事事件の重大性等に鑑み、公表されない法的利益を上回り、これを公表する理由が認められ、講談社が『フライデー』に本件記事を掲載して公表・頒布した行為は、現行のプライバシーを違法に侵害する不法行為には当たらない」として、HMの控訴を棄却した[判決文 6]
HMは2013年及び2014年の計2回、死刑の執行方法(絞首刑)が記された書籍計6冊のコピーを名古屋地裁に郵送するよう名古屋拘置所に願い出た[新聞報道 135]。これは自身が起こしている国家賠償訴訟の証拠として提出するためだったが、所長は死刑執行方法を記した内容を閲覧させないため不許可処分にした[新聞報道 135]。HM側は裁量権の逸脱を訴えて国に20万円の損害賠償を求めた一方、国側は「証拠となれば死刑の執行方法を閲覧でき、精神的に不安定な死刑囚が拘置所の規律や秩序を害する恐れがあった」と反論していた[新聞報道 135]。2016年1月19日に名古屋地裁(倉田慎也裁判長)は「書籍の閲覧制限が許されるのは、刑事施設内の規律や秩序の維持のため放置できない程度の障害が生ずる蓋然性が必要だが、今回は認められない。所長は裁量の判断を誤った過失がある」と指摘して国に1万円の支払いを命じた[新聞報道 135]。またこれとは別に、HMは2010年から2013年の計13回、死刑執行状況を描写した記事や刑場の写真が掲載された新聞記事や雑誌記事、書籍を読もうとしたが、拘置所がこれらを隠して閲覧させたのに対して国に100万円の損害賠償を求めた訴訟を起こし、2016年8月30日に名古屋地裁(倉田慎也裁判長)「閲覧制限は必要な限度内と法律で定められており、死刑囚が閲覧しても逃走や自殺に及び、拘置所の規律や秩序が維持できなくなる恐れがあったとは認められない」と指摘して国に慰謝料65000円の支払いを命じた[新聞報道 136]
HMはさらに2011年から2014年、弁護士に訴訟の助言や証拠収集などの協力を依頼する文書を送付しようとしたり、死刑執行の状況を記した書籍のコピーを閲覧しようとしたが、名古屋拘置所がいずれも認めなかったのを不服として国に慰謝料70万円の損害賠償請求訴訟を起こし、名古屋地裁(朝日貴浩裁判長)は2017年(平成29年)1月14日に「これらの処分は刑事収容施設法に違反する。HMは権利侵害により精神的損害を被った」として国に慰謝料5万円の支払いを命じた[新聞報道 137]
HMは2016年12月、判決確定前に作成された医師や専門家らの鑑定書を新たな証拠に「一連の事件当時はてんかんの影響で心神喪失状態だった疑いがある。木曽川事件の被害者Bの死因についても確定判決の前提事実に誤りがあり、殺人罪は認定できない」として、名古屋高裁に初の再審請求を行った[新聞報道 110]。HMは関係者への手紙の中で「確定判決の事実認定には誤りがある」などと主張している[新聞報道 110]

実名報道[編集]

主犯格の被告人であるKM・KA・HMの3人全員に控訴審判決で死刑判決が言い渡された直後の10月20日に発売された『週刊新潮』(新潮社)2005年10月27日号は「史上最凶『リンチ殺人』で死刑判決なのに新聞が載せない元少年3人の『実名と顔写真』」と題した記事でKM・KA・HMの3人を実名報道し、うちKM・KAの2人については顔写真も掲載した[雑誌報道 1][新聞報道 138][新聞報道 139]。同誌編集部はこの事件について『3人が死刑判決を受けるほどの凶悪無比な犯罪であり、被害者遺族の被害感情も峻烈であることを考慮し、実名報道すべきと判断した」とコメントし[新聞報道 138][新聞報道 139]、誌上でも同様の説明を入れた[雑誌報道 1]。これに対し、日本弁護士連合会(日弁連)・愛知県弁護士会は「少年法の精神を守って同様の報道がないよう強く要望する」との声明を出した[声明 1][声明 2][新聞報道 139]。この時点では事実審が結審したとはいえ、最高裁判所での上告審が残されていることもあり、在京の新聞・テレビ各社は「少年の更生を目的とする少年法の精神を尊重した」として匿名報道を継続したが、一方で『朝日新聞』、テレビ朝日は死刑が確定した場合は実名報道する方針を既に決めていた[新聞報道 139][注釈 10]。またTBS堺市通り魔事件に関連して触法少年の実名報道を合法とした大阪高裁判決以降、社内で少年犯罪と実名報道について議論を重ねており、テレビ東京日本テレビNHK、『読売新聞』、『毎日新聞』もそれぞれ「今後も検討を続けていく」とした[新聞報道 139]

そして最高裁判決により、「死刑が確定して更生や社会復帰の可能性が事実上なくなった」(読売産経日経)「国家によって人命が奪われる死刑の対象は明らかにされるべき」(読売・朝日)「事件の重大性を考慮」(産経・日経)などの理由から、『毎日新聞』を除く各全国報道機関はKM・KA・HMの被告人3人を実名報道した[注釈 11]。地元紙の『中日新聞』(『東京新聞』)は最高裁での死刑判決が覆る可能性がほぼないことから実名報道への切り替えも検討したが、「少年法が求める更生への配慮の必要性はなお消えていない」として結局匿名で報じた[新聞報道 6]。なお、『朝日新聞』は市川一家4人殺人事件の判決確定後の2004年に少年死刑囚については「国家によって生命を奪われる刑の対象者は明らかにされているべきだとの判断」から原則実名報道する方針を決めており[新聞報道 140][書籍 12][新聞報道 11]、『読売新聞』・『産経新聞』・『日本経済新聞』もそれぞれ「死刑が確定すれば、更生(社会復帰)の機会はなくなる一方、国家が人の命を奪う死刑の対象が誰なのかは重大な社会的関心事」[新聞報道 10]、「死刑が事実上確定し、社会復帰などを前提とした更生の機会は失われます。事件の重大性も考慮」[新聞報道 12]、「犯行当時少年だった被告に死刑判決が下された重大性に加え、被告の更生の機会がなくなることも考慮」と[新聞報道 13]、実名報道切り替えの理由をそれぞれ紙面で説明した[新聞報道 142]。一方、全国メディアで唯一匿名報道を続けた『毎日新聞』は「4人の命が奪われた残虐極まりない事件ですが、事件当時は少年だった被告の名前は少年法の理念を尊重し匿名で報道するという原則を、最高裁判決が出たからといって変更すべきではないと判断しました」「死刑確定後も再審恩赦が認められて社会復帰する可能性が全くないとは言い切れません」[注釈 13]とした上で、「死刑が執行されるような事態になれば、更生可能性はその時点で消えたと解釈することができ、実名報道に切り替えることも改めて検討します」とも補足した[新聞報道 101]

日弁連の宇都宮健児会長は同日、「少年の更生・社会復帰を阻害する実名報道を禁止した少年法の理念は死刑判決でも変わらず、それに反する事態で極めて遺憾。再審や恩赦で少年が社会復帰する可能性は残っており、実名が報道に不可欠な要素とも言えない。今後、実名報道することがないよう強く要望する」との声明を出した[声明 3][声明 4][新聞報道 6][新聞報道 10]。また、愛知県弁護士会の斎藤勉会長も翌3月11日、「実名報道した社が示した『更生の可能性がなくなった』という理由は、死刑囚となっても更生の可能性を失うものではなく、罪の意味を内省することもあり不適切である。実名報道は少年法に違反する」として厳重に抗議する声明を出した[新聞報道 143]

なお、名古屋拘置所は「撮影はできない」との拘置所長名の注意書きを面会室に掲示しており[新聞報道 16]、また法務省矯正局は、刑事収容施設法に基づく拘置所長の施設管理権で、拘置所面会室への撮影機器の持ち込みを認めていない[新聞報道 144]。しかし、写真週刊誌フライデー』(講談社)2011年5月27日号(5月12日発売)は、上告審判決翌日の3月11日に、ジャーナリストの青木理が、KAと名古屋拘置所で面会した際に撮影したとする、KAが面会室で涙をぬぐう様子などを写した3枚の写真を掲載した[雑誌報道 8][新聞報道 144][新聞報道 16]。フライデー編集部は「本人の同意があったかや撮影方法はコメントしない。編集部独自の判断で、報道に意義があると考えている」としている[新聞報道 16][新聞報道 144]。これを受けて矯正局成人矯正課は「調査結果を踏まえて対処する』とコメント、KAの弁護人の村上満宏は「写真掲載に少年法上の問題はあるが、写真を掲載することで、この死刑囚(KA)を死刑にしてよいのかとの是非を問う意味では理解できる」とコメントした[新聞報道 144]

HMによる文藝春秋への訴訟[編集]

HM(当時K姓)は第一審公判中の1997年(平成9年)、『週刊文春』1997年7月24日号[雑誌報道 6]・8月7日号にて[雑誌報道 4]、前述の通り高知県はAの遺体が遺棄された場所であり同県内では殺人は犯しておらず、また強盗殺人罪で起訴されたのは長良川事件のみであるのに反して、本事件を報じる「愛知、岐阜、大阪、高知にまたがる連続強盗殺人」などと題した記事の中で、実名にある字と同じ読みの字などを使った仮名[注釈 14]で報じられた[新聞報道 146]。面会に訪れた知人からの指摘でこの報道を知ったHMは[新聞報道 147]、「罪への批判は当然だと思うが、記事が凶器となって人の心を閉ざしてしまうこともある。少年の心を傷つけ、更生について考えない記事が書かれることはあってはならない」と考え[新聞報道 147]、「仮名は関係者が見て容易に本人を推測でき、(本人とわかるような記事や写真の報道、出版を禁じた)少年法第61条に違反している。連続した複数の強盗殺人犯と断定され、全く反省がないかのような記述もされた」として[新聞報道 146]プライバシー権の侵害と名誉毀損で大変な精神的苦痛を受けたと主張し[新聞報道 148]、当初は代理人の弁護士を付けず[新聞報道 146]、HMが自ら訴状を書き[新聞報道 147]、同年12月25日付で[新聞報道 9]、『週刊文春』の発行元である文藝春秋を相手取り100万円の損害賠償を訴える民事訴訟を名古屋地裁に起こした[新聞報道 148]

文藝春秋側は「仮名は実名を隠すために使われており、容易に本名は分からない。起訴事実から連続の強盗殺人は明らかで、反省がないのは事実」と反論していたが、1999年(平成11年)6月30日、名古屋地裁(水谷正俊裁判長)は「(少年法第61条の趣旨について)たとえ仮名を用いたとしても、本人が容易にわかるような記事の掲載は、将来の更生の観点から実名報道と同様に大きな障害になり、少年法に違反する」「(今回の仮名記事について)仮名は氏及び名ともに全体として音が実名と類似している上、本人の経歴に合う内容が詳細に記述されており、面識のある不特定多数の読者は容易に本人と推知できる」としてHMの訴えの一部を認め、文藝春秋側に30万円の損害賠償を支払うよう命じた[新聞報道 146]。これに対し、文藝春秋の雨宮秀樹社長室長(当時)は「少年法の精神を遵守し、加害少年の氏名を仮名として一般読者からプライバシーの推知ができないようにした。判決は極めて心外」「少年事件をめぐる裁判はこのところ、当たり前の市民感覚とかけ離れてきているのではないか」と批判し[新聞報道 146]、文春側が名古屋高裁に控訴した。文藝春秋側の代理人の古賀正義弁護士は「仮名が実名に似ていたとしても、それが加害少年を指すとわかるのは少年の知り合いだけ。その人たちは既に(HMが)犯人と知っている」と指摘し、「仮名報道で賠償を認めた例など聞いたことがない。驚くべき判決だ」「19歳と成人に限りなく近い少年の実名を出すことにあまりに神経質になるのはどうなのか。公益性がある場合なら、少年でも実名報道があってもいいのでは」と指摘した[新聞報道 146]。この判決の約1か月前の6月9日には堺市通り魔事件の少年被告人の実名・顔写真を新潮社月刊誌新潮45』が報じたことに対し「実名や写真を掲載する特段の公益上の必要性はなかった」として、大阪地裁から新潮社に対し損害賠償を命じる初判断(その後破棄、2000年2月の大阪高裁控訴審では実名報道を容認する判決)が示されていた[新聞報道 146]

控訴審からHMを支援する弁護団が発足し[新聞報道 147]、2000年(平成12年)6月29日、名古屋高裁(宮本増裁判長)は「仮名は氏・名ともに音が実名と類似しており、面識のある不特定多数の読者は容易に本人と分かるとしてプライバシー侵害を認定、記事掲載は「少年法に基づいたHMの法的利益より、社会的利益が強く優先される特段の事情があったとは言えない」と結論付け、第一審判決を支持して控訴を棄却した[新聞報道 149]。少年による凶悪犯罪が多発していた当時[注釈 15]の現状に触れ、刑事裁判を受けている少年まで匿名で保護する必要があるか否かについては「この問題は高度の立法裁量に属する事柄」とし「保護の必要性については、少年の権利などを総合的に検討し、慎重に決定されるべきだ」とした[新聞報道 149]。判決の中では日本国憲法第13条個人の尊厳)のほか国連子どもの権利条約」も引用し、実名報道などを禁じた少年法第61条について「少年の人権を守るための制約であり、国民の知る権利も一定の限度で譲歩すべきだ」と総合的に判断した一方「少年の利益よりも社会的利益を擁護する要請が強く優先されるなど、特段の余地がある場合には実名報道などの違法性が免責される」と認定し、少年事件でも実名報道が許される余地を認めた[新聞報道 149]。文藝春秋側は判決についてのコメントで「仮名にしてさえ、少年殺人犯の名誉が傷つくというのか。同じことなら、いっそ実名報道すればよかったとすら思わせかねない。判断は根本的に間違っている」と反発し[新聞報道 149]、最高裁に上告した。

2003年(平成15年)2月7日、最高裁第二小法廷(北川弘治裁判長)は上告審口頭弁論公判を開き、文藝春秋側は「(控訴審の)名古屋高裁判決は、少年法の規定は公益目的でも一律に報道を禁止するものだと解釈しているが、表現の自由を謳った日本国憲法第21条を優先すべきだ」と主張した[新聞報道 150]。同年3月14日、最高裁第二小法廷は「本人と分かる報道を禁じた少年法に違反するのは、面識のない不特定多数が推測できる場合」とする最高裁としての初判断を示し、その上で、記事がHMのプライバシー権を侵害していることは認めたが「使用された仮名では不特定多数の人が本人だと推し量ることはできない」と述べ、少年法に違反しないと判断した[新聞報道 145]。そして、仮に名誉を毀損する内容の記事であったとしても、違法となるかどうかは「公益性などとの比較で個別・具体的に判断すべきだ」と述べ、文藝春秋側への損害賠償を命じた控訴審判決を破棄して審理を名古屋高裁に差し戻しした[新聞報道 145]。少年法第61条の規定が、少年の「報道されない権利」まで認めたものかどうかは判断しなかった[新聞報道 145]

2003年5月30日、名古屋高裁(熊田士郎裁判長)で差し戻し控訴審第一回口頭弁論公判が開かれ、HM側は「記事掲載によって名誉毀損やプライバシー侵害、成長発達権の侵害という不法行為が成立する」との準備書面を陳述した[新聞報道 151]。文藝春秋側は9月12日の口頭弁論で反論した[新聞報道 151]

名古屋高裁(熊田士郎裁判長)は2004年(平成16年)5月12日、本事件の刑事裁判を傍聴した被害者遺族の両親の手記で構成した記事の内容に触れ、記事中で刑事裁判を傍聴したことになっている筆者が、実は一度も傍聴に行っていなかったという虚偽を認定した一方で、「記事に私利私欲を追及する意図はない。少年犯罪に対する国民の関心が高まっていたことを考慮すると、記事を公表する理由は公表されない法的利益より優越する」「極めて凶悪かつ重大な犯罪であり、少年犯罪に関心が高まっていたことや社会への影響を考慮すると、HMは犯罪事実などの公表を受認しなければならない。将来の更生に妨げになる可能性を否定できないとしても、HMの経歴を含めて公表の必要性は認められ、社会的な意義がある」として、第一審判決を破棄してHMの訴えを退け、文藝春秋側が逆転勝訴した[新聞報道 152][新聞報道 147]。文藝春秋側は「我々は少年法の精神を遵守し、かつ加害者のプライバシーにも十分配慮して仮名報道とした。今回(HM側の)訴えがすべて退けられたのは当然のことだ。これを機に、迷走する司法という昨今の悪い風潮への歯止めとなることを願っている」とコメントした[新聞報道 152]

判決を不服としたHM側は、判例違反・憲法違反を訴えて5月25日付で上告したが[新聞報道 153]、2004年11月2日付で最高裁第三小法廷(上田豊三裁判長)は「記事に書かれたプライバシーの範囲は限定的でHMの被害は小さく、更生の妨げとなる可能性はあるが、記事を公表する社会的意義が勝る」としてHMの上告を棄却し、文藝春秋側逆転勝訴とした差し戻し控訴審判決が確定した[新聞報道 154]

被害者遺族の動向[編集]

長良川事件の被害者遺族[編集]

長良川事件の被害者遺族夫妻(同事件で殺害された当時19歳のEの両親)は事件当初、息子を殺害したKMらの実名さえも報道では知ることができないという苦悩を[雑誌報道 3]、第3回公判で初めて公判を傍聴するまでの約1年にわたって抱え続けた[新聞報道 5]。また、事件当時は犯罪被害者に対する支援制度がなく、人々から「殺される側にも理由がある」と冷たい言葉を浴びせられることもあった[新聞報道 6]。Eの父親は1995年、『週刊文春』の取材に対し「犯人らは少年とはいえ、息子たちと同年代で、半年以内には20歳になっているような年齢だったが、あれでも少年だというのか。百歩譲って子供だとしても、せめて犯人らの親たちが謝罪し、線香の1本でもよこすのが筋だろう。しかし、無責任なことに親たちは何も言ってこない。一体誰が息子たちの死に責任を取るのか」と、被害者遺族の「殺され損」へのやり場のない怒りを口にしていた[雑誌報道 3]

3人全員の死刑を望んだEの両親は月2回ほどの公判に通い続け[新聞報道 5]、第一審・名古屋地裁での公判は仕事の都合で傍聴できないこともあったが、3人全員を死刑としなかった一審判決に納得できなかったため、控訴審・名古屋高裁での公判は全法廷を傍聴したという[書籍 13]。夫妻は控訴審初公判を控えた2003年、長良川河川敷で発見された息子の遺体の写真を初めて名古屋高等検察庁で閲覧した[新聞報道 89]。高検検事からは「見ないほうがいい」と注意されたが、控訴審での証人尋問を前に「息子がどう息を引き取ったのか確認しておきたかった」(母親)ために閲覧を決意したという[新聞報道 89]。控訴審では3人は傍聴席の被害者遺族に会釈するようになったが、夫妻からは裁判官の心証をよくするための演技にしか見えなかったという[新聞報道 89]。父親は控訴審では前述のように意見陳述で「私は貴様らが社会に出てくるのを望んでいない」などと3人を厳しく問い詰め、母親も「私たちは息子を殺されるために育てたのではない。私の大事な宝物を元気な姿で返してもらいたい」と訴えた[新聞報道 89]。控訴・上告中のKMら3人や弁護人からの謝罪の手紙の申し出に対しても「誠実な理由が伝わってこない」として受け取りを拒否した[新聞報道 89][新聞報道 96][新聞報道 155]。3人が控訴審での死刑判決を不服として上告した4日後、父親は中日新聞社に「判決翌日の『中日新聞』朝刊紙面に掲載された、被告人の『遺族への謝罪文』(3人のうち1人が判決前に中日新聞社に寄せた手紙)を見せていただけないでしょうか」とメールを送り、その1か月後に同社司法担当記者の後藤厚三が被告人から許可を得て、原稿用紙3枚分になる謝罪文全文のコピーをEの両親に閲覧させた[新聞報道 156]。その後、後藤から謝罪文の感想を尋ねられたEの父親は「(判決を不服に)上告したという事実が全てを打ち消している。結局、すべてが綺麗事でしょう」と語り、被告人らの謝罪に対しても「あの(死刑)判決が真実なのです。死刑という思い判決の中に、すべての謝罪・贖罪が含まれているのだと受け止めています。これ以上のものは何も必要ありません」と厳しく述べ、応じる気持ちはないと語った[新聞報道 156]

控訴審判決後の12月21日、事件の証拠品として検察側が保管していた、Eが事件当時身に着けていた遺品の衣服や靴、腕時計などが「事実審が終わり、証拠調べを行う必要がなくなった」ことから、C・Eそれぞれの遺族の要望を受け、事件から11年ぶりに名古屋高検から遺族のもとへ返却された[新聞報道 157]。KMらとの面会を続けている青木理の取材に対しても、父親は「彼らの、まるで通り魔のような凶行で私たち家族の未来と夢はズタズタに切り裂かれ、不幸のどん底に突き落とされたんです。生い立ちなんて言い訳になりますか?もっと大変な生い立ちの子でも、真っすぐに生きている子はたくさんいるでしょう。彼らから謝罪の手紙も来ていますが、書かれているのは綺麗事ばかりに見えてしまう。死刑を免れるための『情状狙い』としか思えないんです。(責任を擦り付け合うような)法廷での態度と、あまりにもギャップがありすぎるんです」「はたして彼らが言っていることは、本当の意味での反省なのか。内政を深めていると言えるのか。私だって、死刑が必ずしもいいと思っているわけじゃない[注釈 16]。ただ、死刑でしか償えない罪というものもあるんじゃないでしょうか」、母親も「どうしてあんなひどいことができたのか。あんな風に殺されて、(息子が)どれだけ苦しんだのか、どれだけ辛い思いをしたのか…私たちも言葉にできないくらい辛いです。毎日ずっとそんな思いで過ごしてきて、明けても暮れてもあの子のことが頭から消えません。今になって反省や更生したところで、それは当たり前のことです。もう、絶対死刑しかないという気持ちです」と語った[書籍 13]。夫妻は「KAからの手紙に『自分の行いが、自分の父親の死期を早めた』などと綴られていたのを読んだ際には、境遇に同情しかけたこともあった。自分たちも人間だから葛藤もあるし、状に流されることもある。KM・HMの悲惨な家庭環境も重々に承知している。しかし、それとこれは別だ。情とか育ちとか関係なく、犯したことの責任はきっちり償うべきだ」と語っており、謝罪・反省の手紙を受け取った際、悲惨な生い立ち・家庭環境に思いを馳せた際には、気持ちが乱れることはあるが、そのような時は事件の判決文などを読み直し、3人が引き起こした犯罪の凶悪さを改めて思い起こしているという[書籍 14]。また、死刑存廃問題についても父親は『1つの方向ばかり唐物を見てはいけないだろうと思い、両方の意見を平等に考えようと、死刑反対論・賛成論双方の意見を取り入れ続けた。それでも『木曽川・長良川』という事件に戻ってきてしまい、被害者の感情が強くなる。私たちがこんな被害を受けずにいれば、それぞれに一長一短あるんだな、と思うことができたのかもしれないが、やっぱり事件に戻ってきてしまう」という[書籍 14]。夫妻は事件後、犯罪・交通事故の被害者遺族が集う活動「生命のメッセージ展」に参加し続け、全国各地で開催される集会などで生命の大切さを訴え続けてきたが、2008年頃の青木の取材に対し、父親は「その活動は本来、命の大切さを訴えるものだ。そんな中で、私たちが死刑を求めても良いのだろうか…たとえ加害者でも命の重さはある。その命を私は『奪ってくれ』と言っている。彼らの死刑が確定すればいずれは執行される。それは私の頭から消えないが、だからと言って赦せるわけでもない。謝ればいいなんて問題とは違う。死刑しかないという気持ちの方がまだ強い」と、活動への参加を止めた方が良いのではないかと思う心境を語った[書籍 14]

上告審口頭弁論公判期日決定後の2010年10月初旬、夫妻は息子が殺害された輪之内町の長良川河川敷を含め、事件の経過と同じ時刻に息子がKMらに連れ回された5つの現場を「追悼というより、上告審の前に気持ちを再確認したい」として初めて巡った[新聞報道 159]。上告審口頭弁論公判直前や判決直後には『中日新聞』『朝日新聞』の取材に対し「私たちの気持ちは事件当時と少しも変わらない。この16年間は長く、負担でした。(死刑)判決が確定しなければ、新しい一歩を踏み出せないのです」(母親)[新聞報道 159]、「(控訴審で死刑の)判決が出た以上、(謝罪の)手紙はいらない。謝罪も贖罪も死刑の二文字にすべて含まれる」(父親)と語っていた[新聞報道 6][新聞報道 155]

Eの父親は2008年に定年退職していたが、KMら3人の死刑が確定したことを機にこの事件に区切りを付け、「新しい一歩を踏み出そう」と中野の渡し(事件現場の一つである木曽川で今も続く渡し船)の船頭として、3年ぶりに仕事を始めた[新聞報道 106]。後述のように3人が再審請求を起こしたことについても、Eの父親は『中日新聞』の取材に対し「死刑判決の確定から6年近く経ち、新しい視点や証拠があるとは考えられない。再審請求は、遺族を苦しめるだけで、これまでの反省の言葉は信用できない」と話した[新聞報道 110]。Eの父親は健全育成をうたう少年法の理念には理解を示した上で、『中日新聞』の取材に対し「被害者や遺族にとって犯人が何歳だろうと苦しみに変わりはない」と語っている[新聞報道 5]

木曽川事件の被害者遺族[編集]

一方で木曽川事件で、3人兄弟の次男だったBを失った被害者遺族は、2006年4月12日、Bの母親と弟(三男)が当時上告中のKAと面会して以降[書籍 15]、死刑判決が確定するまで[新聞報道 155]、KAとの面会を続けた[書籍 15]。KAがBの母親に送り続けた謝罪の手紙に心を動かされ、KAの弁護人・村上満宏の熱心な勧めもあって、面会するようになったという[書籍 15]

面会前夜からひどく緊張しつつも、とにかく誠心誠意、謝罪する以外にないと考えたKAは、開口一番に「本当に申し訳ありませんでした」と、アクリル板越しに頭を下げた[書籍 15]。これに対し、Bの弟は「兄貴は堤防で何か言ってなかったか」「どんな暴行を加えたんだ」「誰か止めるやつはいなかったのか!」と問い詰め、KAは事件当時の様子を「Bさんは何も言いませんでした。唸っている場面を見ました」「シンナーを吸いながら10発程度殴りました」と答えた[書籍 15]。Bの弟はなお「兄貴はどんな様子だったんだ?血だらけだったのか?」「殴っているときは気持ちよかったのか」と声を荒げつつKAを問い詰め、KAは「真っ暗でよく見えませんでした」「殴っていて気持ちよいということはありませんでした」と答えた[書籍 15]。Bの弟は声を荒げつつも、同時に「希望を持て」「生き続けろ」とも励まし、KAがうつむきがちになると「俺の目を見て話せ。男が泣くな」と叱責し、その上で「兄貴の分を俺がここで殴ってやりたい。俺もお前を10発殴る。歯が欠けるほど殴ってやる。だから、それまで頑張って出て来い」と語りかけた。そのやり取りを傍らで聞いていたBの母親も、最後にKAに「出てきたら、Bにお線香の一本でも上げて」と語りかけ、最後に母子はKAと、アクリル板越しに手を合わせ、“握手”をして別れた[書籍 15]。この時KAは泣くのをこらえていたが、目を赤くしており、立ち合いの刑務官も並みF打を浮かべ、刑務官からこの面会の様子を知らされたHMも「涙が止まらなかった」という[書籍 15]

Bの7歳年上の兄(長男)は、母・下の弟がKAに面会したことを聞き「なんで(上の)弟を殺したやつに会いに行くのかな、と自分でも思ったけど、KAが苦しみつつ、必死で反省しているのがわかった」と、2009年4月7日、村上らの同席のもとでKAと面会した[書籍 15]。Bの兄はKAを気遣ってか、母・弟と面会した際と同じように詫びるKAに対し、事件について問い詰めることはせず「元気でやってるか。こういうところにいるのはつらいだろう。早く出たいだろう」と語りかけたが、KAは「自分なんかが生きていていいのかと思うことがあります」と語った[書籍 15]。Bの兄は「生きてていいとか、悪いとかの問題じゃない。道はもう1つしかないんだから、その道を考えろ。自分のために、社会に出ることを考えろ」と諭し、KAが「Bさんの尊い命を奪ってしまって、大変申し訳なくて」と言葉に詰まると「どうこう言っても、Bが帰ってくる訳でもない。みんながいると、気が強くなって(悪いことを)やってしまう。だから、そういうことをしたらいけない。これからも自分の気持ちをはっきり持って、自分の行動を考えられるようになれ」と諭した[書籍 15]。その上で、Bの兄は、上の弟Bの仏前にKAが送った作業報奨金を挙げていることを伝え、別れ際には、母・下の弟がしたようにKAと“握手”し、「この手を思い出せ。人間は生きている、血が流れている。暖かいんだ。その温かいことを十分に考えろ。反省しているんだろ?反省は反省でずっとやって、人を裏切るな。絶対(約束を)守れ。人を信じろ」と声を掛け、「今からが大変だ。最高裁で、もし話すことがあったら、俺が出て行って『無期懲役でいい』と言う[注釈 17]。死刑より無期懲役の方がいいだろう?ずっと働いて、自分の命あるまで働ける方がいいだろう」と諭した[書籍 15]。拘置所での面会時間は本来15分ほどだが、この日は被害者遺族に対する名古屋拘置所側の配慮か、少し時間延長が認められたという[書籍 15]。それから2週間後の4月23日、Bの兄はKAと2度目の面会に赴き、拘置所内の売店で購入した菓子パンをKAに差し入れた[書籍 15]。その中で、Bの兄は前回同様“握手”を交わし、KAkらの手紙を受け取ったこと、今後返事を書くつもりでいることを伝え、KAが拘置所内での青眼作業を行って受け取った報奨金を同封したことへの礼を言った後、事件のことについて触れ「なぜグループに入ったのか」「グループにさえ入らなければ、今頃ここにはいないだろう」と問いかけた[書籍 15]。KAはこれに対し「パチンコ店でKMと会って、そのままグループに入った」と答え、続いて話そうとしたところで、Bの兄は「大事なのはそこからだ。死んでしまったBはもう戻ってこない。だから、これからもしっかりやるしかない。道は2つのうちの1つだ。死んでしまうという音、生きていくということ」と語り、続いて「お前は死刑になりたいのか、無期懲役がいいのか、どっちなんだ」と問いかけた[書籍 15]。KAは少し間をおいて「生きている限り、償っていきたいです」と答えた[書籍 15]。Bの兄はKAに対し、最高裁第一小法廷宛に死刑回避を求める嘆願書を書いたことを伝え「自分の考えをしっかり持て」と諭した[書籍 15]

『中日新聞』の取材によれば、Bの兄はKAの言動に直接触れ「その場の雰囲気に流されて犯行に及んだのではないか」と考え始め「自分が助けなくては、(KAは)独りぼっちだ」と思うようになったという[新聞報道 159]。その後も、Bの兄は面会の度に、分厚いアクリル板越しにKAと手を合わせる「握手」をし、「体温を感じるか」「人を信じろ」と言葉をかけたこともあった[新聞報道 159]。Bの兄は最高裁に3人の減軽を求める嘆願書も提出しており[新聞報道 159][新聞報道 155]、最高裁判決直前の3月4日に面会した際、『朝日新聞』記者が同席する中で「お前は一人じゃないよ。俺の友人だと思っているから」と語りかけた[新聞報道 155]。KAが「最高裁判決の後は会えなくなります」と説明すると、Bの兄は「手紙、待っとるわ。元気でな」と伝えた[新聞報道 155]。KAは「(Bの兄からの)言葉が重い。しっかり反省して償わないといけない。それを少しでも形にしたい」と『朝日新聞』記者に語った[新聞報道 155]。最高裁判決でKAらの死刑が確定することとなった際、Bの兄は『朝日新聞』記者に対し「やるだけのことはやったので仕方ない」と語り[新聞報道 155]、判決訂正申し立て棄却によりKAら3人の死刑判決が正式に確定した翌日には『中日新聞』記者同席の下でKAと最後の面会をし、「なんでやったんだ」とKAを厳しく問いただした[新聞報道 106]。Bの兄はKAの態度に反省を感じ「生きて償ってほしい」と願い交流を続けてきた一方「犯した罪は意識し続けてほしい」とも語っており、死刑確定を知り涙をこぼした[新聞報道 106]

それでも、Bの遺族の悲嘆が完全に整理されたわけではないといい、2008年夏に青木理の取材に答えた母親は「3人ともずいぶん反省しているようだし、死刑になっても私たちの気持ちが癒えるわけでもない。でも、息子のことを一日も忘れたことはないし、息子を思い出すと今もたまらない気持ちになる。彼らを死刑にすべきかを考える余裕もないし、もちろん赦す気持ちにはなれない」、兄も「許すとか許さないとかの問題じゃない。他の2人(KM・HM)のことは分からないが、KAが本当に反省しているのはよくわかった。あいつなら、もし(拘置所から)出てきても大丈夫だろうと思った。死刑にするより、反省して生き続けてほしい」と、生前のBと一定の間柄を持っていた、KMらに対する複雑な心境を語っていた[書籍 15]

共犯者らの刑事裁判[編集]

共犯者の少女2人(W子・Y子)は少年院送致された[新聞報道 9][新聞報道 35][新聞報道 32]。その他5人の共犯者らは主犯格3人同様に起訴され、主犯格3人の第一審結審までに刑事裁判でいずれも有罪判決が確定した[注釈 18][新聞報道 9]

T(大阪事件)
Tは大阪事件の死体遺棄罪で1995年4月21日に大阪地裁(竹田隆裁判官)から「遺体を廃棄物のように捨てるなど刑事責任は重いが、反省もしている」として、懲役1年8月(求刑懲役2年6月)の実刑判決を受けた[新聞報道 25]
U(大阪事件)
Uは1995年9月12日、大阪地裁(谷口敬一裁判長)で「遊び仲間にバカにされたくないため、直視しがたいほど残忍な犯行に加わった。身勝手な犯行だが、反省しており更生の可能性もある」として、懲役4年以上8年以下の不定期刑(懲役5年以上10年以下求刑)を受けた[新聞報道 27]
Z・Y子・V(木曽川事件・長良川事件)
1994年11月3日、木曽川事件での殺人容疑で愛知県警捜査一課と一宮署はZ、X両名(同日、長良川事件の逮捕・監禁、強盗致傷罪で起訴)とY子(同日、長良川事件については処分保留)の3人を再逮捕した[新聞報道 161]
Y子は12月16日に名古屋家裁一宮支部(寺本嘉弘裁判官)での審判で少年院に送致する決定が下された[新聞報道 35]
1994年12月5日、名古屋地検はZを木曽川事件での殺人罪で、Vを同事件での傷害致死ほう助罪(現場には居合わせたが殺害には加担しなかったため)でそれぞれ名古屋地検に起訴した[新聞報道 31]
1995年1月31日に木曽川・長良川事件で殺人、強盗致傷の罪に問われたZと逮捕・監禁、傷害致死ほう助の罪に問われたVの初公判が名古屋地裁で開かれ、検察側は木曽川事件について「Bへの集団リンチや殺害の際、Zはシンナーを吸っていて暴行を止めず、KMらと共にぐったりしたBを河川敷の雑木林に引きずり、放置して殺害した。Vは車を運転し、BやKMらを犯行現場に運んだ」と、長良川事件については「両名はKMらと行動を共にした上、Dを車内に監禁して連れ回した際に逃げ出さないように監視していた。CとEが暴行を受けて殺害される際、パイプで殴る音が聞こえると、Vが『あの音、なんの音かわかるか』『あの人たちはヤクザだ』と言ってDを脅していた」とそれぞれ冒頭陳述で述べ、Vは「両事件とも犯行現場には同行したが、共謀も含め犯行には加わっていない」として無罪を主張した一方、Xは「実行犯ではないが、事件への関与は間違いない」と大筋で容疑を認めた[新聞報道 48]。12月8日、Vに対し名古屋地検は「犯行の態様は執拗で冷酷、非情で、結果は重大。被害感情も厳しい。Vの犯行は事件で必要不可欠だった」として懲役7年を求刑した[新聞報道 162]
1996年(平成8年)3月19日、名古屋地裁(三宅俊一郎裁判長)は「Vは加害者側の立場にあった反面、KMらに脅されるなど同情すべき点があり(最も罪の重い)強盗致傷罪での共謀は認められない」「(捜査当局の取り調べについて)誘導的な理詰めの取り調べで、犯行を認める供述を引き出した面がある」としてVに懲役3年執行猶予4年(保護観察付)の有罪判決を言い渡した[新聞報道 160]。控訴せず確定[新聞報道 163]
Zについては1996年11月15日、「共犯者の暴行で重傷を負ったBを木曽川河川敷の雑木林に引きずり込み放置して死亡させるなど、犯行は冷酷、非情で、被害者感情も厳しい。刑事責任は厳しく追及されるべきだ」として検察側から懲役7年が求刑されたのに対し、弁護側は「共謀も含め犯行には関わっていない」と無罪を主張した[新聞報道 163]1997年(平成9年)3月5日、名古屋地裁(三宅俊一郎裁判長)は「Zは加害者側の立場にあった反面、KMらに脅されるなど同情すべき点があり、殺人や強盗の共謀は認められない」「殺害の動機はなく、Bを遺棄しKMらの殺人行為を容易にしたに過ぎない」として、殺人ほう助などでZに対し懲役3年執行猶予4年の有罪判決を言い渡した[新聞報道 36]
X・W子(木曽川事件)
1994年11月2日、名古屋地検一宮支部は木曽川事件についてXを殺人、W子を傷害致死の容疑で名古屋家裁一宮支部に送致した[新聞報道 164]
その後、名古屋家裁一宮支部(寺本嘉弘裁判官)は11月25日に審判を開き、Xを殺人罪で刑事処分相当として名古屋地検に逆送致し、W子を傷害致死罪で少年院に送致する決定を下した[新聞報道 32]。Xは12月1日、名古屋地検により殺人、傷害の罪で名古屋地裁に起訴された[新聞報道 33]
Xの初公判は1995年1月31日に名古屋地裁で開かれ、罪状認否でXは起訴事実を大筋で認めたものの「殺人に当たるかどうかわからない」と述べ、弁護人は「未必の故意の限度で殺人罪の成立を認める」と述べた[新聞報道 43]。5月18日の論告求刑公判で、検察側は「事件はシンナー吸引癖との関連を否定できず、厳重な更生教育が必要」「些細な動機から無抵抗の被害者に執拗な集団暴行を加え、重大な結果をもたらした。追従的立場であっても刑事責任は重い」としてXに懲役5年以上10年以下の不定期刑を求刑(当時、少年に対する有期懲役としては上限の求刑)、弁護側は最終弁論で「Xの犯罪行為への関与は従属的で、深く反省している」として寛大な判決を求めた[新聞報道 165]
7月6日の判決公判で名古屋地裁(油田弘佑裁判長)は「Yの加えた暴行はKMらと暗黙の共謀関係があった。殺意も確定的だった」「執拗かつ残忍な暴行の上、落ち度のない被害者を理由もなく殺害した刑事責任は重い」などとし、情状面では「Xの暴行は致命傷を与えたとはいえず更生の可能性もある」としてXに懲役4年以上8年以下の不定期刑を言い渡した[新聞報道 34]。控訴せず確定[新聞報道 163]

参考文献[編集]

刑事裁判の参考判決文[編集]

  • 名古屋地方裁判所刑事第2部判決 2001年(平成13年)7月9日 D1-Law.com(第一法規法情報総合データベース)判例体系 ID:28019082、平成7年(わ)第459号/平成7年(わ)第460号/平成7年(わ)第629号/平成7年(わ)第1035号/平成7年(わ)第2078号/平成7年(わ)第535号。
    • 判決内容:KMは死刑、KA・HM両名は無期懲役(求刑・いずれも死刑)
    • 裁判官:石山容示(裁判長)・島田一・右田晃一
  • 名古屋高等裁判所刑事第2部判決 2005年(平成17年)10月14日 『高等裁判所刑事裁判速報集』〈平17〉号270頁、D1-Law.com(第一法規法情報総合データベース)判例体系 ID:28115419、平成14年(う)第27号。
    • 判決内容:破棄自判。KM・KA・HMをいずれも死刑
    • 裁判官:川原誠(裁判長)・村田健二・堀内満
  • 最高裁判所第一小法廷判決 2011年(平成23年)3月10日 『最高裁判所裁判集刑事編』(集刑)第303号133頁、平成17年(あ)第2358号、『被告人A(KM)に対する強盗致傷、傷害、殺人、監禁、強盗殺人、死体遺棄,恐喝、暴力行為等処罰に関する法律違反・被告人B(KA)に対する傷害、殺人、監禁、強盗致傷、強盗殺人、死体遺棄、暴力行為等処罰に関する法律違反・被告人C(HM)に対する傷害、殺人、監禁、強盗致傷、強盗殺人、死体遺棄各被告事件』「死刑の量刑が維持された事例(木曽川長良川等連続リンチ殺人事件)」。

死刑囚の再審請求審[編集]

  • 名古屋高等裁判所刑事第2部判決 2013年(平成25年)8月19日 TKCローライブラリーLEX/DBインターネット ID:25501625、平成25年(お)第1号、『再審請求審』「平成6年に大阪、愛知、岐阜の3府県で男性4人が相次ぎ殺害された木曽川・長良川連続リンチ殺人事件で、強盗殺人罪などで死刑が確定した元少年3人のうち、死刑囚KAの再審請求について、上申書(請求人作成の上申書)及びJ鑑定は、刑事訴訟法435条6号にいう無罪あるいは原判決において認めた罪より軽い罪を認めるべき明らかな証拠をあらたに発見したときに当たらないとして、請求を棄却する決定をした事例。」。
    • 決定内容:KAの再審請求棄却
    • 裁判官:柴田秀樹(裁判長)・新井紅亜礼・石井寛

HMによる文藝春秋への民事裁判の参考判決文[編集]

  • 京都産業大学法学部憲法学習用基本判決集主題別判決一覧の「#表現の自由」節「長良川リンチ殺人事件報道訴訟」を参照。
    • 名古屋地方裁判所民事第4部判決 1999年(平成11年)6月30日 『最高裁判所民事判例集』第57巻3号254頁、平成9年(ワ)第5034号、『損害賠償請求控訴・同附帯控訴事件』。
      • 判決内容:一部請求認容、一部請求棄却
      • 裁判官:水谷正俊(裁判長)・佐藤真弘・今泉愛
    • 名古屋高等裁判所民事第4部判決 2000年(平成12年)6月29日 『最高裁判所民事判例集』第57巻3号265頁、平成11年(ネ)第648号/平成12年(ネ)第24号、『損害賠償請求事件』。
      • 判決内容:被告側控訴棄却、附帯控訴棄却
      • 裁判官:宮本増(裁判長)・玉田勝也・永野圧彦
    • 最高裁判所第二小法廷判決 2003年(平成15年)3月14日 『最高裁判所民事判例集』第57巻3号229頁、平成12年(受)第1335号、『損害賠償請求事件』。
    • 名古屋高等裁判所民事第2部判決 2004年(平成16年)5月12日 『判例時報』第1870号29頁、平成15年(ネ)第275号、『損害賠償請求控訴事件』。
      • 判決内容:一部原判決取消・請求棄却
      • 裁判官:熊田士朗(裁判長)・川添利賢(玉越義雄裁判官は転官のため署名押印不能)
    • 最高裁判所第三小法廷判決 2004年(平成16年)6月30日 、事件番号不明、『損害賠償請求事件』。
      • 判決内容:原告側上告棄却
      • 裁判官:上田豊三(裁判長)

HMによる『フライデー』への損害賠償訴訟[編集]

  • 名古屋高等裁判所民事第1部判決 2010年(平成22年)3月19日 『判例時報』第2081号20頁、TKCローライブラリーLEX/DBインターネット ID:25463795、平成21年(ネ)第688号、『損害賠償請求控訴事件』「刑事被告人である原告(控訴人:HM)が、写真週刊誌の記事について、原告の文通相手に対する手紙を公開するなどしており、原告の著作権、宗教的人格権等を侵害しているとして、出版元である被告(被控訴人:講談社)に対し、損害賠償を求めたところ、請求が棄却されたため、原告が控訴した事案において、本件記事の本件各引用部分は、本件刑事事件の重大性等に鑑み、公表されない法的利益を上回り、これを公表する理由が認められ、被告が本件週刊誌に本件記事を掲載して公表・頒布した行為は、現行のプライバシーを違法に侵害する不法行為には当たらないとし、控訴を棄却した事例。」。
    • 決定内容:HMの控訴棄却
    • 裁判官:岡光民雄(裁判長)・片田信宏・光吉恵子
    • 第一審判決:名古屋地方裁判所、2009年(平成21年)7月1日判決、事件番号:平成20年(ワ)第3019号

KMへの接見妨害に対する国家賠償請求訴訟の参考判決文[編集]

  • 名古屋地方裁判所民事第9部判決 2014年(平成26年)8月28日 『判例時報』第2274号15頁、D1-Law.com(第一法規法情報総合データベース)判例体系 ID:28223827、平成24年(行ウ)第11号/平成24年(ワ)第1785号、『国家賠償請求事件』。

参考雑誌記事[編集]

  • 週刊文春』(文藝春秋)各報道
    • 『週刊文春』(文藝春秋)1995年7月6日号p.175-178「短期集中連載1 大阪・木曽川・長良川連続リンチ殺人事件『道頓堀で始まった「少年ヤクザ」4人の凶行』」(山本徹美:ジャーナリスト)
    • 『週刊文春』(文藝春秋)1995年7月13日号p.173-176「短期集中連載2 大阪・木曽川・長良川連続リンチ殺人事件『十日間で四人惨殺 少年ヤクザの「冷血」』」(山本徹美:ジャーナリスト)
    • 『週刊文春』(文藝春秋)1995年7月20日号p.150-153「短期集中連載3 大阪・木曽川・長良川連続リンチ殺人事件『四人を虐殺した少年Kの「生い立ち」』」(山本徹美:ジャーナリスト)
    • 『週刊文春』(文藝春秋)1997年7月24日号p.34-37「徹底追及 J(神戸連続児童殺傷事件の被害者実名)君惨殺『「少年」にわが子を殺されたこの親たちの悲鳴を聞け』 長良川リンチ殺人・名古屋アベック殺人山形マット殺人
    • 『週刊文春』(文藝春秋)1997年8月7日号p.44-48「『少年犯』残虐●命乞いをしたのに角パイプで殴打●煙草をうなじに押し付けて生死の確認●法廷で着替えて主役を気取る 法廷メモ独占公開『わが子を殺された両親が綴った700日の涙の記録』」(山本徹美:ジャーナリスト)
      • 以上記事の本文中においてKMは「少年K」「主犯格K」、KAは「大森順」、HMは1995年の記事では「真渕忠良」、1997年8月7日号の記事では「真淵忠良」と、それぞれ仮名で表記されている。1997年の記事に対しHMが訴訟を起こしたが、2004年に最高裁で敗訴が確定した。
  • 週刊新潮』(新潮社)各報道
    • 『週刊新潮』(新潮社)2001年7月26日号p.48-49「ワイド特集『この卑怯者め!』1『「連続リンチ殺人」で少年の死刑と無期をわけた境目」』」
    • 『週刊新潮』(新潮社)2005年10月27日号巻頭グラビア、p.33-37「[特集]「史上最凶『リンチ殺人』で死刑判決なのに新聞が載せない 元少年3人の『実名と顔写真』」
      • KM・KA・HMの3人の実名に加え、KM・KA両名の顔写真が掲載された。
  • 写真週刊誌フライデー』(講談社)各報道
    • フライデー』(講談社)2005年11月4日号p.82-83「独占入手!『94年連続リンチ(大阪・愛知・岐阜)殺人事件』当時は18歳だった―死刑判決(高裁)“少年”被告の『あまりに無反省な』獄中書簡」
      • HMの獄中からの手紙が掲載され、後に訴訟の要因となった。
    • フライデー』(講談社)2011年5月27日号(5月12日発売)p.22-26「彼は死ななければならないのか 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件 死刑囚・KA『面会室で流した涙』」(取材・文:青木理
      • 上告審判決翌日の3月11日に面会した青木理が撮影した、KAの顔写真3枚が掲載された。

参考書籍[編集]

  • 青木理 「“少年”(Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ)」『絞首刑』 講談社2009年7月24日、33-46,73-79,119-126,157-171,205-221。ISBN 978-4062155519
    • 月刊現代』(講談社)2008年11月号・12月号・2009年1月号連載特集記事「死刑執行 絞首台の現実(上・中・下)」、『現代プレミア ノンフィクションと教養』(講談社MOOK、2009年5月刊行)の掲載記事「メイキング・オブ『死刑執行』」(「死刑執行 絞首台の現実」特別編、「控訴を取り下げた死刑囚からの手紙」)を、大幅な加筆・修正して書籍化した。本書内ではKMを「坂口勇一」、KAを「杉下潤」、HMを「堀田雅勝」、大阪事件の共犯の少年Tを「城内次郎」と、それぞれ仮名で表記している[書籍 16]
  • 成田青央 『壊れた少年』 総和社2004年1月21日、146-160頁。ISBN 978-4901337779
  • 福田洋 「長良川・少年グループ、連続リンチ殺人事件」『20世紀にっぽん殺人事典』 社会思想社2001年8月15日、720-722頁。ISBN 978-4390502122
  • 村野薫(編集)、事件・犯罪研究会 (編集)、前坂俊之 「少年グループ連続リンチ殺人事件」『明治・大正・昭和・平成 事件・犯罪大事典』 東京法経学院2002年7月5日、357-358頁。ISBN 978-4808940034
  • 犯罪事件研究倶楽部 「3府県連続リンチ殺人事件」『日本凶悪犯罪大全SPECIAL』 イーストプレス2011年12月16日ISBN 978-4781606637
  • 年報・死刊廃止編集委員会 「特集・光市裁判 なぜテレビは死刑を求めるのか『凶悪犯罪』とは何か 光市裁判、木曽川・長良川裁判とメルトダウンする司法(対談:加藤幸雄平川宗信村上満宏安田好弘)」『光市裁判 年報・死刑廃止2006』 インパクト出版会2006年10月7日、26-55頁。ISBN 978-4755401695
  • 年報・死刊廃止編集委員会 『死刑と憲法 年報・死刑廃止2016』 インパクト出版会2016年10月10日、231-232頁。ISBN 978-4755402692

参考新聞記事[編集]

  • 中日新聞』(中日新聞社)など各新聞報道(詳細は出典脚注を参照)
    • 『中日新聞』朝刊社会面連載特集記事「『少年と罪 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件』」(2017年3月30日より4月5日まで連載、4月2日は休載)
      • 『中日新聞』2017年3月30日朝刊社会面39面「『少年と罪 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件』 1『法の壁 遺族置き去り』」
        • 長良川事件の被害者Eの遺族である両親の「被害者や遺族にとって犯人が何歳だろうと苦しみに変わりはない」などの苦悩が綴られた。
      • 『中日新聞』2017年3月31日朝刊社会面38面「『少年と罪 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件』 2『「ええ子」寂しさ抱え』」
        • HMが幼少期所属していた大阪市内の少年野球チームで、当時コーチを務めていた男性がその過去を語った。
      • 『中日新聞』2017年4月1日朝刊社会面38面「『少年と罪 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件』 3『「居場所」を失い転落』」
        • HMに誘われて小学2年生で野球を始め、後にプロ野球パ・リーグで強打者として活躍した、HMの少年野球チームの後輩であった元プロ野球選手の男性(2017年時点で30代)が取材に答えた。
      • 『中日新聞』2017年4月3日朝刊社会面26面「『少年と罪 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件』 4『集団心理 引けず凶行』」
        • 長良川事件の捜査でKMの取り調べを担当した大垣署元捜査員が取り調べ当時について語った。
      • 『中日新聞』2017年4月4日朝刊社会面22面「『少年と罪 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件』 5『反省願いつつ 探す墓』」
        • 死刑判決確定直前にKAと養子縁組した長野県在住の支援者女性が取材に答えた。
      • 『中日新聞』2017年4月5日朝刊社会面26面「『少年と罪 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件』 6『議論尽くし 全員極刑』」
        • 裁判長として控訴審判決を担当し、判決公判直後に定年退官した川原が公判当時の心境を語った。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 逮捕当時の報道では本籍愛知県稲沢市[新聞報道 3]
  2. ^ 和歌山県[新聞報道 18][新聞報道 19][新聞報道 20][新聞報道 21]西牟婁郡串本町(当時、現在は東牟婁郡串本町)生まれで[新聞報道 22][雑誌報道 2]、出生直後に松原市に移住し、同市立の松原市立松原第六中学校を1990年に卒業した[雑誌報道 2]
  3. ^ 逮捕・公判当時の報道では兵庫県[新聞報道 21]神戸市生まれ[新聞報道 22]
  4. ^ KMは厳密には一宮市もしくは稲沢市生まれだが、名古屋駅までは尾張一宮駅名鉄一宮駅から電車で20分以内、もしくは稲沢駅国府宮駅から7,8分の距離と極めて近かったため、KAらに対しては「名古屋生まれ」と名乗っていた[雑誌報道 2]
  5. ^ a b 事件当時、明石海峡大橋神戸淡路鳴門自動車道)は未開通だったため、関西 - 四国間の陸路での移動は、神戸港大阪南港などからカーフェリーに乗船するか、瀬戸大橋を経由する必要があった。
  6. ^ なお、殺害されたC・Eの2人がリンチされている間、Dは堤防道路上の車に監禁されており、犯行グループから「あの音が聞こえるか。あれはCたちを殴っている音だ」「あの人たちはヤクザだ」などと脅されていた[新聞報道 48][雑誌報道 5]
  7. ^ a b 前者は控訴審(名古屋高裁)で破棄・無期懲役判決が確定、後者は被告人側控訴及び上告棄却(それぞれ東京高裁・最高裁)で死刑確定し、平成の少年犯罪では初の少年死刑囚になった。
  8. ^ 後の闇サイト殺人事件でも刑事裁判で実行犯3人の仲違い、またそれによる責任の押し付け合いが見られた。
  9. ^ なお、本文で述べた通り木曽川事件については「傷害致死→殺人」と事実認定そのものを見直したため、第一審と同様に死刑判決を受けたKMについても、控訴棄却ではなく、検察側の控訴を認めて一旦原審を破棄した上でKA・HMとともに改めて死刑判決が言い渡された。
  10. ^ 『朝日新聞』は2004年6月5日付の報道より適用している指針「事件の取材と報道2004」において「犯行当時少年でも死刑判決が確定した場合、匿名報道する最大の理由である更生(社会復帰)への配慮の必要性が基本的に消える。死刑が誰に対して執行されるのかは、権力行使の監視の意味でも社会に明確にされるべきだ」として、少年死刑囚については原則実名報道することを決めた[新聞報道 140][書籍 12]
  11. ^ 毎日新聞』を除く『読売新聞[新聞報道 10]・『朝日新聞[新聞報道 11]・『産経新聞[新聞報道 12]・『日本経済新聞』の各全国紙[新聞報道 13]時事通信共同通信NHK[テレビ報道 1]在京キー局日本テレビ[テレビ報道 2]フジテレビTBSテレビ朝日テレビ東京)が実名報道に切り替えた[新聞報道 6]。このうち、フジテレビは実名に加えて『週刊新潮』に顔写真が唯一掲載されなかったHMも含め、3人の顔写真も放送した[新聞報道 6]。テレビ朝日は最高裁判決時点では「判決が確定していない段階では少年法の精神を尊重する」として匿名で報じたが[新聞報道 6]、訂正申し立て棄却により正式に判決が確定したのをもって、4月1日のインターネットでのニュースから実名報道に切り替えた[新聞報道 141]。なお、後の光市母子殺害事件石巻3人殺傷事件では本事件と異なり最高裁判決時点から実名報道に切り替えたテレビ朝日を除き、各マスメディアは本事件での対応を踏襲している。
  12. ^ 免田事件財田川事件松山事件島田事件の4件。
  13. ^ このような反論に対して『読売新聞』は「もし、そのような(再審請求が認められて結論が覆るなどの)結果となれば、なおさら重大な出来事であり、やはり実名とともに歴史に記載されるべきだと考える」としている[新聞報道 10]。『朝日新聞』も、少年死刑囚の実名報道を是認した指針「事件の取材と報道2004」の中で「冤罪が認められ再審で無罪になった例はこれまでに極めて少なく[注釈 12]、死刑囚の再審無罪というような事態は、それ自体が歴史的重大ニュースであって、別の面で実名とともに歴史に記録する必要がある。死刑執行時ではなく確定時点からの実名報道は、万一無実であった場合に、新証拠の発見や社会の再審に向けた運動の可能性を開くことになろう」としている[書籍 12]
  14. ^ 7月24日号ではHMを「主犯格K」(Kは当時の姓)と報じ、8月7日号では本名の漢字4文字のうち2文字の読みが同じで、全体的な音も似ている仮名「真淵忠良」を使用したと主張した[新聞報道 145]。「主犯格K」表記については第一審で違法性が認定されたが、控訴審では「一般読者にはHMと認識できない」と訴えを退けていた[新聞報道 145]
  15. ^ 本事件以降にも2000年までに神戸連続児童殺傷事件光市母子殺害事件西鉄バスジャック事件などが発生していた。
  16. ^ 控訴審判決後の会見でEの父親は「懲役100年とか、終身刑のように、絶対に出獄できない刑があったなら、必ずしも死刑を望んだわけではなかった」としつつも「その選択肢がない以上、死刑を望むしかない。無期懲役刑は、模範囚として10年以上服役すれば仮釈放が許可される可能性があるため、事実上の有期懲役刑であり、死刑との差が大きすぎる」と語っている[新聞報道 158]
  17. ^ 実際には最高裁での審理は法律審であるため、原則として新たに証拠調べを行うことはないため、証人尋問も最高裁で行われることはない。
  18. ^ 当時19歳の少年だったU・Xの2人は懲役4年以上8年以下の不定期刑[新聞報道 27][新聞報道 34]、当時既に成人だったTは懲役1年8月の実刑判決[新聞報道 27]、V・Zの2人は共に懲役3年執行猶予4年の有罪判決[新聞報道 160][新聞報道 36]

出典[編集]

以下の出典において、記事名に本事件当事者らの実名が使われている場合、その箇所を本項目で用いているその人物の仮名とする。

判決文出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq 名古屋地方裁判所刑事第2部 2001年(平成13年)7月9日判決、事件番号:平成7年(わ)第459号/平成7年(わ)第460号/平成7年(わ)第629号/平成7年(わ)第1035号/平成7年(わ)第2078号/平成7年(わ)第535号
    『中日新聞』2001年7月10日朝刊31面「連続リンチ殺人判決要旨(上)中心的立場 極刑やむを得ず」「連続リンチ殺人判決要旨(下)」
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 名古屋高等裁判所刑事第2部 2005年(平成17年)10月14日判決、事件番号:平成14年(う)第27号
    『中日新聞』2005年10月15日朝刊33面「連続リンチ殺人 控訴審判決要旨」
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 最高裁判所第一小法廷 2011年(平成23年)3月10日判決、事件番号:平成17年(あ)第2358号
    『中日新聞』2011年3月11日朝刊26面「連続リンチ殺人最高裁判決要旨」
  4. ^ a b c d e 名古屋地方裁判所民事第9部 2014年(平成26年)8月28日判決、事件番号:平成24年(行ウ)第11号/平成24年(ワ)第1785号
  5. ^ a b c d e f g h i j k 長良川リンチ殺人事件報道訴訟 第一審(名古屋地方裁判所民事第4部 1999年(平成11年)6月30日判決:平成9年(ワ)5034号)
  6. ^ a b c d e f g 名古屋高等裁判所、2010年(平成22年)3月19日判決、事件番号:平成21年(ネ)第688号

新聞報道出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『中日新聞』1994年10月8日夕刊社会面13面「河川敷に男性2遺体 殺人?頭部に殴打痕 周りに血痕 岐阜・輪之内町 長良川堤防下」
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『中日新聞』1994年10月14日朝刊1面「岐阜の河川敷事件 仲間が別のリンチ殺人 参考人聴取で犯行を自供 男女計4人を逮捕」
    『中日新聞』1994年10月14日朝刊社会面31面「長良川・木曽川リンチ殺人 若者、歯止めなき暴走 動機不明、命もてあそぶ」
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『中日新聞』1994年10月15日朝刊社会面31面「主犯格の少年逮捕 長良・木曽川のリンチ殺人 同じ仲間の犯行 逃走中、別の事件も 一宮署に出頭 全面的に容疑認める」「第三号事件に指定 中部管区警察局」
  4. ^ a b c d 『中日新聞』1994年11月22日朝刊31面「4人目の被害者は大阪の23歳男性 長良・木曽川リンチ殺人」
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 中日新聞』2017年3月30日朝刊社会面39面「『少年と罪 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件』 1『法の壁 遺族置き去り』」
    『中日新聞』2017年3月31日朝刊社会面38面「『少年と罪 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件』 2『「ええ子」寂しさ抱え』」
    『中日新聞』2017年4月1日朝刊社会面38面「『少年と罪 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件』 3『「居場所」を失い転落』」
    『中日新聞』2017年4月3日朝刊社会面26面「『少年と罪 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件』 4『集団心理 引けず凶行』」
    『中日新聞』2017年4月4日朝刊社会面22面「『少年と罪 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件』 5『反省願いつつ 探す墓』」
    『中日新聞』2017年4月5日朝刊社会面26面「『少年と罪 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件』 6『議論尽くし 全員極刑』」
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 中日新聞』2011年3月10日夕刊1面「元少年3人死刑確定へ 連続リンチ殺人 事件から17年『社会への影響大』最高裁が上告棄却」
    『中日新聞』2011年3月11日朝刊1面「元少年3人死刑確定へ 連続リンチ殺人 最高裁が上告棄却 『結果重大 やむなし』」「―なぜ匿名報道か― 更生になお配慮必要」
    『中日新聞』2011年3月11日朝刊7面社説「3少年に死刑 市民も直面する『問い』」
    『中日新聞』2011年3月11日朝刊30面「少年の確定 複数は初」「実名『更生する可能性なく』 報道各社対応割れる 匿名『少年法の精神基づく』」
    『中日新聞』2011年3月11日朝刊31面「リンチ殺人死刑確定へ 遺族『一歩踏み出せる』 無念耐えた16年 法廷に深々と一礼」「罪と向き合い償いの日々 3被告、文通や面会で胸中」「『更生に努力…胸痛い』面会13年 被告の支援者」
    『東京新聞』2011年3月11日朝刊31面「リンチ殺人死刑確定へ 遺族『一歩踏み出せる』 無念耐えた16年 法廷に深々と一礼」「悔悟の元少年 『自分がしたこと。死刑覚悟』 写経5000枚、聖書に救い」「『少年事件特質触れていない』 弁護側が判決批判」
  7. ^ a b c d e f g h i j k 『中日新聞』2001年7月10日朝刊1面「主導の19歳(当時)に死刑 リンチ殺人で名地裁判決 『強固な殺意 集団の推進力』追従2人は無期」
    『中日新聞』2001年7月10日朝刊31面「連続リンチ殺人判決 犯行時少年の死刑 83年以降確定なし」
    『中日新聞』2001年7月10日朝刊32面「連続リンチ殺人判決 死刑に硬直 無期に涙 対照的な3被告 支援者『死刑償いにならぬ』」
    『中日新聞』2001年7月10日朝刊33面「連続リンチ殺人判決 遺族『何だ、これは』 7年間の涙乾かず『墓前にどう報告…』」「連続リンチ殺人判決 識者の見方 『論拠が弱い』(3人の精神鑑定を行った加藤幸雄日本福祉大学副学長〈非行臨床心理学〉の話)『妥当な結論』(板倉宏日本大学教授〈刑法〉の話)」
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『中日新聞』2005年10月14日夕刊1面「連続リンチ殺人 元少年3人に死刑 名高裁 一審破棄 4人殺害を認定」
    『中日新聞』2005年10月14日夕刊12面「連続リンチ控訴審 事件11年 罪と向き合う 3被告の日々 体験を文章に■A被告/続く自問自答■B被告/信仰が支え■C被告」
    『中日新聞』2005年10月14日夕刊13面「連続リンチ控訴審 殺人罪認定に動揺も 3被告青白い顔で入廷 主文後回し 2人うなずく」「遺族 硬い表情 最前列で判決朗読聞き入る」「『殺人認定に不満』 B被告の弁護人」「連続リンチ事件の経過」「傍聴券求め261人列」
    『中日新聞』2005年10月15日朝刊1面「元少年3人に死刑判決 連続リンチ殺人 『役割に大差ない』名高裁 2人無期の一審破棄」「死刑積極適用に動く」「判決理由の骨子」「控訴審の認定事実」
    『中日新聞』2005年10月15日朝刊3面「核心 連続リンチ殺人 元少年3人に死刑 少年事件厳罰化拍車か 死刑の選択基準明確化」「識者の見方(談)『3人同等の刑事責任―土本武司・白鴎大法科大学院教授(刑事法)』『北京規則 精神尊重を―沢登俊雄・国学院大名誉教授(刑事法)』」
    『中日新聞』2005年10月15日朝刊5面オピニオン欄「社説『リンチ殺人判決 3少年死刑の問うもの』」
    『中日新聞』2005年10月15日朝刊33面「連続リンチ殺人控訴審判決要旨『連続リンチ事件の経過』」
    『中日新聞』2005年10月15日朝刊36面「遺族癒えぬ悲しみ あの子は帰らない」
    『中日新聞』2005年10月15日朝刊37面「3被告身じろぎせず 連続リンチ殺人全員『死刑』 遺族に深々一礼も 弁護人は『頭真っ白』」「来週に面会 弁護人上告も」
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『中日新聞』2000年12月28日朝刊1面「木曽・長良川リンチ殺人 3被告に死刑求刑 名地検 『少年(当時)でも矯正無理』」
    『中日新聞』2000年12月28日朝刊25面「息子奪われた悔しさ今も 木曽・長良川リンチ求刑 涙の遺族『死刑に』 『少年でも許されぬ』」
  10. ^ a b c d e f g h i j 読売新聞』2011年3月11日東京朝刊1面「元少年3人死刑確定へ 連続リンチ殺人 最高裁、上告棄却」
    『読売新聞』2011年3月11日大阪朝刊1面「元少年3人死刑確定へ 連続リンチ殺人 最高裁、上告棄却『執拗で残虐』」
    『読売新聞』2011年3月11日東京朝刊37面「元少年3人の死刑確定へ 実名、報道すべき関心事」
    読売新聞』2011年3月11日東京朝刊39面「元少年3人死刑確定へ 『やっと無念晴らせた』 遺族ら涙ぬぐう」
  11. ^ a b c d e f g h 朝日新聞』2011年3月11日朝刊1面「元少年3人死刑確定へ 最高裁 4人殺害『責任重大』」
    “犯行時少年の3被告、死刑確定へ リンチ殺人、上告棄却”. 『朝日新聞』 (朝日新聞社). (2011年3月10日). オリジナル2011年3月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110313080945/http://www.asahi.com/national/update/0310/TKY201103100259.html 2017年10月11日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f 産経新聞』2011年3月11日東京朝刊1面「元少年3人、死刑確定へ 最高裁 連続リンチ殺人、上告棄却」
    『産経新聞』2011年3月11日大阪朝刊1面「元少年3人死刑確定へ 連続リンチ殺人 上告棄却 最高裁『執拗かつ残虐』」
  13. ^ a b c d e f g h 日本経済新聞』2011年3月11日朝刊43面「元少年3人死刑確定へ 連続リンチ殺人 最高裁上告棄却『4人次々 結果重大』」
    “元少年3人の死刑確定へ 連続リンチ殺人の上告棄却”. 『日本経済新聞』 (日本経済新聞社). (2011年3月10日). オリジナル2017年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170619121824/http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0902S_Q1A310C1000000/ 2017年6月19日閲覧。 
    “連続リンチ殺人事件 最高裁の判決要旨”. 『日本経済新聞』 (日本経済新聞社). (2011年3月10日). オリジナル2017年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170619121828/http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1002U_Q1A310C1000000/ 2017年6月19日閲覧。 
    “連続リンチ殺人事件 最高裁の判決要旨(2011年3月10日午後17時43分時点)”. 『日本経済新聞』 (日本経済新聞社). (2011年3月10日). オリジナル2017年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170619121838/http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1002U_Q1A310C1000001/ 2017年6月19日閲覧。 
  14. ^ a b c d e f 『中日新聞』2011年3月11日夕刊13面「連続リンチ殺人 『判決は政治的な判断』 元少年の1人 再審請求を希望」
  15. ^ a b c d 『朝日新聞』2017年3月4日第三社会面33面「連続リンチ殺人、3人が再審請求 名古屋高裁【名古屋】」
  16. ^ a b c d “死刑囚との面会写真を掲載 週刊誌「フライデー」”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2011年5月12日). オリジナル2017年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170619115927/http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1203V_S1A510C1CC1000/ 2017年6月19日閲覧。 
  17. ^ 『朝日新聞』2015年12月26日朝刊29面「連続リンチ殺人の異議棄却【名古屋】」
  18. ^ a b c d 『中日新聞』1994年10月16日朝刊社会面31面「叫ぶ被害者めった打ち 連続リンチ殺人 シンナーかけ火・木曽川事件 無抵抗者助かる・長良川事件」「さらに1人逮捕 長良川事件」
  19. ^ a b 『中日新聞』1994年10月24日朝刊23面「大垣へ身柄移送 手配の少年逮捕 長良川リンチ殺人」
  20. ^ a b 『中日新聞』1994年11月15日朝刊29面「少年を再逮捕 木曽川事件殺人容疑」
  21. ^ a b c 『中日新聞』1994年11月19日朝刊31面「長良川・木曽川リンチ殺人 大阪でも人殺した 第4の殺人 少年自供『高知に捨てた』」
  22. ^ a b c d 『中日新聞』1995年6月27日朝刊23面「罪状認否持ち越す リンチ殺人の主犯格初公判」
  23. ^ 『中日新聞』1994年11月30日夕刊13面「Aさん殺害容疑で2人指名手配 連続リンチ殺人」
  24. ^ a b 『中日新聞』1994年11月22日夕刊13面「4人目被害者の遺体本格捜査へ リンチ殺人」
  25. ^ a b 『中日新聞』1995年4月21日夕刊14面「元組員に懲役1年8月判決 リンチ殺人事件」
  26. ^ a b c 『中日新聞』1994年11月27日朝刊31面「大阪出身少年も逮捕 連続リンチ Aさん殺害 さらに1人手配へ」
  27. ^ a b c d e f 『中日新聞』1995年9月12日夕刊10面「連続リンチ殺人 少年に不定期刑 大阪の事件で判決」
  28. ^ a b c d e f g h 『朝日新聞』1994年11月22日夕刊11面「高知の山中であす遺体捜索 連続リンチ殺人事件【大阪】」
    『朝日新聞』1994年11月22日朝刊27面「大阪の少年を逮捕 Aさん殺害し、死体遺棄容疑【大阪】」
  29. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『中日新聞』1994年11月23日朝刊27面「4人目の遺体発見 長良・木曽川事件の少年自供通り 高知の山中で」
  30. ^ a b c d e f g 『中日新聞』1994年11月13日朝刊オピニオン7面「記者の眼/凶暴な若者 その心模様は… 上田寿行」
  31. ^ a b c 『中日新聞』1994年12月6日朝刊23面「『木曽川事件』で2容疑者を起訴」
  32. ^ a b c d e f 『中日新聞』1994年11月26日夕刊12面「19歳少年を地検送致 木曽川リンチ殺人」
    『中日新聞』1994年11月26日夕刊13面「別の強盗で再逮捕 連続リンチ主犯格少年 津島で3万円奪う」
  33. ^ a b 『中日新聞』1994年12月2日朝刊38面「一宮の少年も起訴 木曽川リンチ事件」
  34. ^ a b c 『中日新聞』1995年7月6日夕刊14面「リンチ殺人木曽川事件 少年に不定期刑 名地裁判決」
  35. ^ a b c 『中日新聞』1994年12月17日朝刊26面「少女を少年院送致 木曽川リンチ殺人」
  36. ^ a b c 『中日新聞』1997年3月6日朝刊39面「連続リンチ殺人 ほう助男性に猶予判決 名古屋地裁 殺人の共謀関係否定」
  37. ^ 『中日新聞』1994年10月17日朝刊社会面27面「長良・木曽川リンチ殺人 接点は『シンナー』だけ 犯行グループ 名前知らぬ人物も」
  38. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『朝日新聞』1995年2月1日朝刊23面「陰惨な犯行、克明に 連続リンチ殺人冒頭陳述【名古屋】」
  39. ^ a b 『中日新聞』1994年11月24日朝刊27面「歯形でAさんと断定 リンチ・高知の遺体」
  40. ^ a b c d 『読売新聞』1994年11月24日中部朝刊社会面27面「集団リンチ事件 荒れる室戸“死体遺棄ドライブ” 遺体元すし店員と確認」「集団リンチ事件 室戸岬に台風取材TV局 計画変更し竹林へ死体遺棄」
  41. ^ a b c d 『朝日新聞』1998年8月14日朝刊23面「大阪事件を併合 木曽川・長良川リンチ殺人公判で名地裁【名古屋】」
    『朝日新聞』1998年8月14日夕刊11面「『大阪事件』を併合、一括審理に 3府県連続リンチ殺人【大阪】」
  42. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 『朝日新聞』1994年10月30日朝刊27面「口論になった、髪が赤い だからリンチして死なせた(第2報)」
  43. ^ a b c d 『中日新聞』1995年1月31日夕刊11面「連続リンチ殺人木曽川事件初公判『殺人に当たるかわからない』少年 起訴事実は大筋認める」
  44. ^ a b 『朝日新聞』1994年10月15日朝刊31面「主犯格の少年出頭 岐阜・愛知リンチ殺人」【名古屋】
  45. ^ 『朝日新聞』1994年10月14日朝刊27面「木曽川河川敷にも遺体 長良川リンチ事件の2参考人が供述」【名古屋】
  46. ^ 『中日新聞』1994年10月9日朝刊31面「岐阜・輪之内の河川敷遺体 2人とも尾西の男性 暴行後に現場に運ぶ?」
  47. ^ a b c d e 『中日新聞』1995年8月21日夕刊11面「少年3人、殺意を否認 リンチ殺人第2回公判 事実関係は認める 名古屋地裁」
  48. ^ a b 『中日新聞』1995年2月1日朝刊27面「連続リンチ殺人 3被告初公判 V被告は無罪主張 検察側冒頭陳述 Bさん放置し殺害」
  49. ^ a b 『朝日新聞』1994年10月13日夕刊11面「グループ1人逮捕、ほか2人指名手配 長良川リンチ事件【名古屋】」
  50. ^ a b c d 『中日新聞』1994年10月11日朝刊社会面25面「女性めぐりトラブル? 岐阜・輪之内 河川敷2遺体 負傷の友人から聴く」
  51. ^ a b c d 『中日新聞』1994年10月9日朝刊社会面31面「岐阜・輪之内の河川敷遺体 2人とも尾西の男性 暴行後に現場に運ぶ?」
  52. ^ a b c d e f 『中日新聞』1994年10月10日朝刊社会面27面「岐阜・輪之内 河川敷2遺体 3人目の被害者いた 数人から暴行 命からがら逃げ帰る」
  53. ^ 『中日新聞』1994年10月12日朝刊社会面23面「犯行グループの中心に若い女性 岐阜・輪之内河川敷2遺体」
  54. ^ a b 『中日新聞』1994年10月13日朝刊社会面31面「岐阜・輪之内河川敷2遺体 犯行、愛知の6人グループ 岐阜県警 無職19歳ら4人特定」
  55. ^ 『朝日新聞』1994年10月12日夕刊「容疑の4人特定 長良川のリンチ 岐阜・輪之内町【名古屋】」
  56. ^ a b 『中日新聞』1994年10月13日夕刊社会面11面「岐阜・輪之内河川敷2遺体 男女3人逮捕へ 強盗致死容疑 2人を手配」
  57. ^ 『朝日新聞』1994年10月14日夕刊7面「『木曽川』も関与 長良川リンチ容疑者の6人【名古屋】」
  58. ^ 『中日新聞』1994年11月4日夕刊社会面13面「主犯格の少年再逮捕 長良川リンチ殺人」
  59. ^ 『中日新聞』1994年10月15日夕刊13面「手配の容疑者 さらに1人逮捕 長良・木曽川リンチ」
  60. ^ a b c d e 『中日新聞』1994年11月2日朝刊31面「長良・木曽川リンチ殺人 主犯格の容疑者 仲間2少女殺害も計画 グループ内で漏らす 通報を恐れ?別の仲間 怖くなり警察へ」
  61. ^ 『中日新聞』1994年12月6日朝刊23面「さらに2人を再逮捕 連続リンチ殺人事件」
  62. ^ 『中日新聞』1994年12月28日朝刊21面「大阪の事件で3人家裁送致 連続リンチ殺人」
  63. ^ a b c 『中日新聞』1995年1月19日朝刊第二社会面30面「主犯格少年ら2人『刑事処分が相当』長良川・木曽川リンチ殺人」
  64. ^ 『中日新聞』1995年2月10日朝刊39面「連続リンチ殺人 残る少年を逮捕 大垣署、長良川事件」
  65. ^ 『中日新聞』1995年3月4日朝刊35面「19歳少年を再逮捕 長良・木曽リンチ殺人」
  66. ^ a b 『中日新聞』1995年3月25日朝刊34面「リンチで主犯格ら起訴」
  67. ^ a b 『日本経済新聞』1995年3月25日名古屋朝刊21面「連続リンチ殺人で無職少年2人を起訴 名古屋地検」
  68. ^ 『中日新聞』1995年4月29日朝刊31面「主犯格の少年起訴 連続リンチ殺人 木曽・長良川事件」
  69. ^ 『日本経済新聞』1995年4月29日名古屋朝刊21面「兵庫出身の少年起訴 木曽川・長良川事件」
  70. ^ a b c 『日本経済新聞』1995年6月27日名古屋朝刊21面「被告が罪状認否留保 名古屋地裁 連続リンチ殺人事件」
  71. ^ a b c d e f 『日本経済新聞』1995年8月21日名古屋夕刊36面「3被告、殺意を否認 名古屋地裁公判 木曽川・長良川リンチ殺人事件」
  72. ^ a b 『日本経済新聞』1998年5月14日名古屋朝刊21面「被告の1人、共謀認める 木曽川・長良川リンチ殺人 名地裁公判で陳述書」
  73. ^ 『中日新聞』1998年5月14日朝刊27面「連続リンチ殺人 愛知、岐阜2事件 一転、共謀認める 3被告のうち1人 名地裁公判」
  74. ^ 『読売新聞』1998年5月14日中部朝刊30面「連続リンチ殺人木曽・長良川事件 1人共謀認める/名古屋地裁」
  75. ^ 『中日新聞』1998年5月28日朝刊30面「新たに1被告が起訴事実認める 連続リンチ殺人公判」
  76. ^ a b 『読売新聞』1998年5月28日中部朝刊30面「連続リンチ殺人 被告少年の1人が未必の故意を認める/名古屋地裁」
  77. ^ a b 『日本経済新聞』1998年5月28日名古屋朝刊21面「新たに1人が認める 木曽川・長良川連続リンチ殺人 名地裁、主犯格の3被告公判」
  78. ^ 『読売新聞』1998年9月22日中部朝刊社会面34面「連続リンチ殺人事件 大阪の殺人も併合審理/名古屋地裁」
  79. ^ 『読売新聞』1998年10月6日中部朝刊社会面30面「連続リンチ殺人 大阪事件の殺意、2被告が否認/名古屋地裁」
  80. ^ 『中日新聞』2000年12月11日夕刊14面「リンチ殺人事件 次回27日求刑へ 名古屋地裁公判」
  81. ^ 『中日新聞』2000年12月27日夕刊1面「極めて厳しい求刑か 長良川リンチ殺人 検察側が論告へ 名古屋地裁」
  82. ^ a b c d e f 『中日新聞』2001年2月28日夕刊15面「死刑求刑3被告 最終弁論始まる 木曽川・長良川連続リンチ殺人」
    『中日新聞』2001年3月1日朝刊34面「木曽川・長良川連続リンチ殺人 涙流し『生きて償う』名古屋地裁 3被告訴え結審」
  83. ^ 『中日新聞』2001年7月10日夕刊12面「死刑判決の被告控訴 連続リンチ殺傷事件」
  84. ^ a b c 『中日新聞』2001年7月24日朝刊25面「連続リンチ殺人 殺人罪求め控訴 名地検『3被告共通の事実』」
  85. ^ 『中日新聞』2002年7月2日夕刊14面「来年5月に控訴審 連続リンチ殺人」
  86. ^ 『日本経済新聞』2002年7月2日名古屋夕刊36面「来年5月に第1回控訴審 連続リンチ殺人3被告」
  87. ^ a b c 『中日新聞』2003年5月26日夕刊1面「3被告の死刑求める 木曽川・長良川リンチ殺人控訴審 検察『悪質さ同じ』 名高裁初公判」
    『中日新聞』2003年5月26日夕刊13面「遺族『今も許せぬ』 木曽川・長良川リンチ殺人 憤り、あきらめ交錯 控訴審『気持ち どう反映』」「3被告は悔悟の日々 控訴審へ決意も 『今度こそ、分かって』」「廷内の3被告 表情、微妙な差」
    『中日新聞』2003年5月27日朝刊1面「長良川・木曽川連続リンチ殺人 3被告『矯正可能』名高裁控訴審で主張」
  88. ^ 『朝日新聞』2003年7月1日朝刊30面「『硬膜下血腫』死因の可能性大 木曽川リンチで医師【名古屋】」
  89. ^ a b c d e f g 『中日新聞』2005年10月12日朝刊33面「木曽川・長良川連続リンチ死 名古屋高裁14日判決 償いの言葉響かない」「無念胸に11年 3被告見つめる遺族」
    『東京新聞』2005年10月14日夕刊11面「連続リンチ高裁判決 『殺人認定』つば飲む被告 遺族は大きくうなずく」「3被告に極刑 思い変わらず」
  90. ^ a b 『読売新聞』2005年3月16日中部朝刊社会面33面「連続リンチ死事件 控訴審公判で遺族が意見陳述/名古屋高裁」
  91. ^ a b c 『中日新聞』2005年8月20日朝刊37面「木曽川・長良川連続リンチ殺人 死刑妥当の是非争点 控訴審結審 判決は10月14日」
  92. ^ a b c d 『朝日新聞』2005年8月20日朝刊26面「連続リンチ殺人、判決は10月14日 控訴審結審【名古屋】」
  93. ^ 『中日新聞』2005年10月19日朝刊30面「被告1人が上告 連続リンチ殺人」
  94. ^ 『中日新聞』2005年10月24日夕刊11面「元少年上告2人目 連続リンチ殺人」
  95. ^ 『中日新聞』2005年10月27日朝刊30面「元少年全員が上告 連続リンチ殺人」
  96. ^ a b 『中日新聞』2010年7月9日朝刊28面「来年2月に最高裁弁論 連続リンチ殺人 二審死刑3被告」「遺族『待っていた』」
  97. ^ “連続リンチ殺人事件、3被告の弁論期日指定 最高裁”. 『日本経済新聞』 (日本経済新聞社). (2010年7月8日). オリジナル2017年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170619122400/http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG08026_Y0A700C1CC1000/ 2017年6月19日閲覧。 
  98. ^ a b c d 『中日新聞』2011年2月11日朝刊1面「元3少年の死刑回避を 連続リンチ殺人 上告審弁論で弁護側」
    『中日新聞』2011年2月11日朝刊33面「連続リンチ殺人 上告審弁論『真の謝罪に思えぬ』遺族ため息、不信強く」
  99. ^ a b c “連続リンチ殺人事件、元少年3人の死刑回避訴え 最高裁弁論”. 『日本経済新聞』 (日本経済新聞社). (2011年2月10日). オリジナル2017年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170619122349/http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1003K_Q1A210C1CC1000/ 2017年6月19日閲覧。 
  100. ^ “連続リンチ殺人3被告、最高裁判決は3月10日”. 『日本経済新聞』 (日本経済新聞社). (2011年2月21日). オリジナル2017年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170619122353/http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2103T_R20C11A2CC1000/ 2017年6月19日閲覧。 
  101. ^ a b c d 毎日新聞』2011年3月11日朝刊1面「元少年3人死刑確定へ 連続リンチ殺人 最高裁が上告棄却」
    『毎日新聞』2011年3月11日朝刊28面「匿名報道を継続します 本紙見解」
  102. ^ 『中日新聞』2009年6月5日朝刊30面「裁判員を担う 第六部 少年事件(上) 更生の可能性 短期審理でどう判断」
  103. ^ “死刑判決の元3少年、最高裁に訂正申し立て”. 『日本経済新聞』 (日本経済新聞社). (2011年3月22日). オリジナル2017年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170619120534/http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG22039_S1A320C1CC1000/ 2017年6月19日閲覧。 
  104. ^ 『読売新聞』2011年3月23日東京朝刊30面「死刑判決訂正申し立て」
  105. ^ 『朝日新聞』2011年3月23日朝刊第三社会面29面「死刑判決の元少年3人が訂正申し立て 連続リンチ殺人事件」
  106. ^ a b c d 『中日新聞』2011年4月2日朝刊31面「連続リンチ殺人 元少年3人の死刑確定 最高裁、訂正申し立て棄却」「元少年と遺族思いは 『自分が弱かった』『罪意識し続けて』」
  107. ^ 『朝日新聞』2011年4月2日朝刊第三社会面29面「元少年3人の死刑確定 連続リンチ殺人事件 最高裁【大阪】」
    『朝日新聞』2011年4月2日朝刊第三社会面29面「連続リンチ殺人事件、元少年3人の死刑確定」
  108. ^ “元少年3被告の死刑が確定、3府県連続リンチ殺人”. 『日本経済新聞』 (日本経済新聞社). (2011年4月1日). オリジナル2017年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170619120632/http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0102M_R00C11A4CR8000/ 2017年6月19日閲覧。 
  109. ^ 『中日新聞』2011年5月29日朝刊1面「連続リンチ殺人 3死刑囚再審請求へ 弁護人方針 木曽川事件、焦点に」
  110. ^ a b c d e f “元少年3人、再審請求 木曽川・長良川リンチ殺人”. 『中日新聞』夕刊1面 (中日新聞社). (2017年3月3日). オリジナル2017年3月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170303121922/http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017030302000270.html 2017年3月3日閲覧。 
    『中日新聞』2017年3月4日朝刊36面「連続リンチ殺人 再審請求 元少年3人 1人は初『心神喪失』」
  111. ^ a b 『中日新聞』2013年2月6日朝刊26面「連続リンチ殺人 死刑囚の再審請求棄却 名高裁 精神鑑定『新規性欠く』」
  112. ^ 『中日新聞』2011年12月20日朝刊27面「死刑囚が再審請求 連続リンチ殺人 心神喪失を主張」
  113. ^ “連続リンチ殺人、死刑囚が再審請求”. 『日本経済新聞』 (日本経済新聞社). (2011年11月20日). オリジナル2017年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170619120654/http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG19048_Q1A221C1CC0000/ 2017年6月19日閲覧。 
  114. ^ “死刑囚再審請求、高裁が棄却決定 94年の連続リンチ殺人”. 『日本経済新聞』 (日本経済新聞社). (2013年2月6日). オリジナル2017年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170619120728/http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0505Y_W3A200C1CC0000/ 2017年6月19日閲覧。 
  115. ^ a b 『中日新聞』2015年12月26日朝刊31面「連続リンチ殺人で異議申し立て棄却 2死刑囚に、名古屋高裁」
  116. ^ a b c d e f g h 『中日新聞』2012年2月1日夕刊13面「名古屋拘置所 預かった公判記録誤廃棄 死刑囚、賠償求め国提訴」
  117. ^ a b c d e “死刑囚公判記録、名古屋拘置所が誤廃棄 連続リンチ殺人事件”. 『日本経済新聞』 (日本経済新聞社). (2012年2月1日). オリジナル2017年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170619120933/http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0101C_R00C12A2CC0000/ 2017年6月19日閲覧。 
  118. ^ a b 『中日新聞』2016年2月24日朝刊30面「『秘密面会』拒否違法 死刑囚の請求認める 東京地裁」
  119. ^ a b 『朝日新聞』2016年11月25日朝刊33面「面会立ち会い、控訴審『違法』 東京高裁」
  120. ^ “死刑囚面会で職員同席は違法 東京地裁判決”. 『日本経済新聞』 (日本経済新聞社). (2016年2月23日). オリジナル2017年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170619121018/http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG23H7Z_T20C16A2000000/ 2017年6月19日閲覧。 
  121. ^ a b 『中日新聞』2017年9月9日朝刊社会面39面「『秘密面会』国が拒否 59万円賠償判決確定 連続リンチ殺人死刑囚に」
  122. ^ “死刑囚の面会、職員立ち会いは「違法」 国に賠償命令”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年4月13日). オリジナル2017年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170619121335/http://www.asahi.com/articles/ASK4F5DSCK4FUTIL026.html 2017年6月19日閲覧。 
  123. ^ a b c d 『中日新聞』2014年8月29日朝刊37面「死刑囚接見妨害 国の主張退ける 名地裁が賠償命令」
  124. ^ a b c d e 『読売新聞』2014年8月29日中部朝刊30面「死刑囚と接見を妨害 国に63万円賠償命令=中部」
  125. ^ a b 『中日新聞』2013年2月6日夕刊11面「連続リンチ殺人 別の死刑囚も再審請求 名高裁 弁護側『共謀、殺意ない』」
  126. ^ 『中日新聞』2013年8月20日夕刊13面「連続リンチ殺人の死刑囚 2人目再審請求棄却 名高裁」
  127. ^ a b c 『朝日新聞』2006年10月27日夕刊8面「雑誌廃棄は違法 被告訴え認める 名古屋地裁【名古屋】」
  128. ^ a b c 『中日新聞』2006年10月27日夕刊13面「拘置所で雑誌廃棄 5000円支払い命令 名古屋地裁、国に」
  129. ^ a b c 『中日新聞』2016年2月17日朝刊30面「死刑囚の手紙制限は違法」
  130. ^ 『中日新聞』2017年3月10日朝刊32面「死刑囚の手紙不許可、国に賠償増額命じる 名古屋高裁判決」
  131. ^ a b 『中日新聞』2014年4月19日朝刊35面「死刑囚の情報漏えい 国に損害賠償命じる 連続リンチ殺人」
  132. ^ “死刑囚の面会者情報漏洩、国に慰謝料命令 名古屋地裁”. 『日本経済新聞』 (日本経済新聞社). (2014年4月19日). オリジナル2017年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170619121516/http://www.nikkei.com/article/DGXNASFD1801I_Y4A410C1CN8000/ 2017年6月19日閲覧。 
  133. ^ 『中日新聞』2016年9月3日朝刊35面「死刑囚の情報漏えい 国に39万円賠償命令 名地裁、連続リンチ殺人」
  134. ^ a b c d 『中日新聞』2015年2月6日朝刊30面「死刑囚が逆転勝訴 名高裁 漏えい国に賠償命令」
  135. ^ a b c d 『中日新聞』2016年1月20日朝刊28面「拘置所の閲覧制限『違法』 名古屋地裁 死刑囚が勝訴」
  136. ^ 『中日新聞』2016年8月31日朝刊26面「死刑囚へ閲覧制限 国に賠償を命じる 名古屋地裁」
  137. ^ 『中日新聞』2017年1月14日朝刊32面「死刑囚の文書送付 不許可に賠償判決 名古屋地裁 国に命令」
  138. ^ a b 『中日新聞』2005年10月20日朝刊32面「連続リンチ殺人 元少年の実名掲載 週刊新潮、2人は写真も」
  139. ^ a b c d e 『朝日新聞』2005年11月5日朝刊33面「(メディア)死刑判決の少年事件報道 『確定後は実名』の動き」
  140. ^ a b 『朝日新聞』2004年6月21日朝刊30面「朝日新聞指針『事件の取材と報道2004』 4年ぶり全面改訂」
  141. ^ 『毎日新聞』2011年5月7日朝刊17面「匿名か実名か判断分かれる 死刑が確定した元少年3人◆報道各社の実名・匿名対応とその理由◆」
  142. ^ “▽ 実名報道と匿名報道 光市母子殺害事件で分かれる(在京メディア各社の対応とその理由)”. 『共同通信』. (2012年2月21日). オリジナル2017年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170617165514/http://www.47news.jp/47topics/premium/e/225841.php 2017年6月17日閲覧。 
  143. ^ 『中日新聞』2011年3月12日「連続リンチ事件 実名報道に抗議 県弁護士会長」
  144. ^ a b c d 『中日新聞』2011年5月12日夕刊13面」「リンチ殺人事件 死刑囚写真掲載 発売の週刊誌」
  145. ^ a b c d e 『中日新聞』2003年3月14日夕刊1面「少年仮名報道 不特定多数 推測できぬ 木曽・長良川リンチ殺人 最高裁、二審を破棄」
  146. ^ a b c d e f g 『中日新聞』1999年6月30日夕刊15面「『仮名でも少年本人と推測』 リンチ殺人 記事掲載 文春に賠償命令 名地裁判決」
    『中日新聞』1999年7月1日朝刊35面「少年仮名報道に名地裁賠償命令 文春側『市民感覚とズレ』 『分かるのは知人だけ』」
  147. ^ a b c d e 『朝日新聞』2004年5月12日夕刊1面「実名推測できる仮名報道『公益性』 『仮名』訴訟判決【名古屋】」
    『朝日新聞』2004年5月12日夕刊社会面9面「少年犯罪、報道の公益性優先 文春側逆転勝訴判決【名古屋】」
    『朝日新聞』2004年5月12日夕刊第二社会面14面「元少年の賠償を棄却 実名似の仮名報道、名古屋高裁で差し戻し審」
  148. ^ a b 『中日新聞』1998年3月10日夕刊15面「木曽川など連続リンチ 被告が文春提訴 『本名わかる記事掲載』」
  149. ^ a b c d 『中日新聞』2000年6月29日夕刊1面「実名類似の仮名報道 違法 リンチ殺人記事の文春 名高裁も賠償命令」
    『中日新聞』2000年6月30日朝刊34面「実名にも余地『基準不明瞭』 仮名報道判決 文春側上告へ」
  150. ^ 『中日新聞』2003年2月8日朝刊33面「少年事件報道で新判断か 仮名記事めぐる訴訟 最高裁が弁論開く」
  151. ^ a b 『中日新聞』2003年5月31日朝刊30面「原告側が書面陳述 『不法行為が成立』 リンチ殺人文春 報道差し戻し審」
  152. ^ a b 『中日新聞』2004年5月12日夕刊13面「長良川・木曽川リンチ殺人 『少年報道』で文春勝訴 差し戻し審 名高裁判決 『記事に公益性』」
    『中日新聞』2004年5月13日朝刊30面「知る権利と報道被害 逆転判決 揺れた司法 『少年報道』文春が勝訴 名高裁差し戻し審」
  153. ^ 『朝日新聞』2004年5月26日夕刊第二社会面8面「元少年側上告、弁護士『違憲主張』 週刊文春の仮名報道【名古屋】」
  154. ^ 『中日新聞』2004年11月3日朝刊30面「長良川のリンチ殺人 文春の勝訴確定 実名似た少年報道 最高裁『公表に意義』」
  155. ^ a b c d e f g h 『朝日新聞』2011年3月11日朝刊35面「『極刑やむなし』粛然 被告ら『受け入れる』 リンチ殺人、死刑確定へ【名古屋】」
  156. ^ a b 『中日新聞』2005年12月31日朝刊愛知県内版17面「事件ファイル2005(5) 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件 重なり合わぬ“償い”の意味 謝罪と上告 遺族の苦しみ深く」
  157. ^ 『中日新聞』2005年12月24日中部朝刊26面「連続リンチ殺人事件 ズボンや腕時計、11年ぶり両親に」
  158. ^ 『読売新聞』2005年10月16日中部朝刊社会面29面「[極刑](下)『命の償い』揺れる是非(連載)」
  159. ^ a b c d e 『中日新聞』2011年2月9日朝刊27面「連続リンチ殺人 あす最高裁弁論 16年余…向き合う日々 死刑を願い現場めぐり 被告と交流する遺族も」
  160. ^ a b 『中日新聞』1996年3月20日朝刊39面「X被告、猶予付き判決 連続リンチ殺人で名地裁 『脅され加担』と減軽」
  161. ^ 『中日新聞』1994年11月4日朝刊社会面30面「強盗致傷などで2容疑者を起訴 長良川リンチ殺人」
  162. ^ 『中日新聞』1995年12月8日夕刊19面「『執ようで冷酷非情』X被告に7年求刑 連続リンチ事件」
  163. ^ a b c 『中日新聞』1996年11月15日夕刊15面「Z被告に懲役7年求刑 木曽川・長良川リンチ殺人 『冷酷、非情』と検察」
  164. ^ 『中日新聞』1994年11月3日朝刊30面「少年と少女を家裁送致」
  165. ^ 『中日新聞』1995年5月18日夕刊11面「連続リンチ殺人木曽川事件 少年に懲役5 - 10年求刑 名地検『追従でも責任重い』」

雑誌報道出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 週刊新潮』(新潮社)2005年10月27日号巻頭グラビア、p.33-37「[特集]「史上最凶『リンチ殺人』で死刑判決なのに新聞が載せない 元少年3人の『実名と顔写真』」
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de 週刊文春』(文藝春秋)1995年7月6日号p.175-178「短期集中連載1 大阪・木曽川・長良川連続リンチ殺人事件『道頓堀で始まった「少年ヤクザ」4人の凶行』」(山本徹美:ジャーナリスト)
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『週刊文春』(文藝春秋)1995年7月20日号p.150-153「短期集中連載3 大阪・木曽川・長良川連続リンチ殺人事件『四人を虐殺した少年Kの「生い立ち」』」(山本徹美:ジャーナリスト)
  4. ^ a b c d e f g h 『週刊文春』(文藝春秋)1997年8月7日号p.44-48「『少年犯』残虐●命乞いをしたのに角パイプで殴打●煙草をうなじに押し付けて生死の確認●法廷で着替えて主役を気取る 法廷メモ独占公開『わが子を殺された両親が綴った700日の涙の記録』」(山本徹美:ジャーナリスト)
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj 『週刊文春』(文藝春秋)1995年7月13日号p.173-176「短期集中連載2 大阪・木曽川・長良川連続リンチ殺人事件『十日間で四人惨殺 少年ヤクザの「冷血」』」(山本徹美:ジャーナリスト)
  6. ^ a b c 『週刊文春』(文藝春秋)1997年7月24日号p.34-37「徹底追及 J(神戸連続児童殺傷事件の被害者実名)君惨殺『「少年」にわが子を殺されたこの親たちの悲鳴を聞け』 長良川リンチ殺人・名古屋アベック殺人山形マット殺人
  7. ^ a b 写真週刊誌『フライデー』(講談社)2005年11月4日号p.82-83「独占入手!『94年連続リンチ(大阪・愛知・岐阜)殺人事件』当時は18歳だった―死刑判決(高裁)“少年”被告の『あまりに無反省な』獄中書簡」
  8. ^ 写真週刊誌フライデー』(講談社)2011年5月27日号(5月12日発売)p.22-26「彼は死ななければならないのか 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件 死刑囚・KA『面会室で流した涙』」(取材・文:青木理

テレビニュース報道出典[編集]

日本弁護士連合会(日弁連、会長:宇都宮健児)2011年3月10日付など、各種声明[編集]

  1. ^ 「週刊新潮」の実名報道に対する会長声明”. 日本弁護士連合会(日弁連)会長 梶谷剛 (2005年10月28日). 2017年7月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年7月1日閲覧。
  2. ^ 「週刊新潮」の実名報道に対する会長声明”. 愛知県弁護士会会長 青山學 (2005年11月10日). 2017年7月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年7月1日閲覧。
  3. ^ 少年の実名報道を受けての会長声明”. 日本弁護士連合会(日弁連)会長 宇都宮健児 (2011年3月10日). 2017年6月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年6月19日閲覧。
    少年に対する死刑判決の確定に関する会長声明”. 日本弁護士連合会(日弁連)会長 宇都宮健児 (2011年3月10日). 2017年6月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年6月19日閲覧。
  4. ^ 少年事件の実名報道に対する会長声明”. 愛知県弁護士会会長 齋藤勉 (2011年3月11日). 2017年7月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年7月1日閲覧。

書籍出典[編集]

  1. ^ a b c d e インパクト出版会 2016, pp. 231-232
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag 青木 2009, pp. 157-162
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 青木 2009, pp. 39-43
  4. ^ a b c d e f g 青木 2009, pp. 165-169
  5. ^ a b c 青木 2009, pp. 163-165
  6. ^ 青木 2009, p. 35
  7. ^ インパクト出版会 2006, p. 26
  8. ^ a b 成田 2004, pp. 146-160
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 青木 2009, pp. 73-77
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 青木 2009, pp. 119-123
  11. ^ a b c 犯罪事件研究倶楽部 2011
  12. ^ a b c 朝日新聞出版 『事件の取材と報道』 朝日新聞社2005年3月25日、58頁。ISBN 978-4022199010
  13. ^ a b 青木 2009, pp. 169-171
  14. ^ a b c 青木 2009, pp. 214-219
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 青木 2009, pp. 205-214
  16. ^ 青木 2009, pp. 36-37

関連項目[編集]