佐藤欣子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 欣子(さとう きんこ、1934年4月26日 - 2008年12月24日)は、日本弁護士法学者評論家秀明大学元教授。東京生まれ。旧姓斎藤。

来歴[編集]

父は郵政省に勤め、杉並郵便局長、鶴見郵便局長などを務めた。1948年母が死去。 欣子は、

東京地方検察庁横浜地方検察庁を経て東京高等検察庁勤務。ハーバード大学研究員、国連アジア犯罪防止研修所次長、内閣総理大臣官房参事官、1981年退官し弁護士となる。

著書[編集]

  • 『横浜地検における起訴猶予者に対する更生保護事件について』(法務総合研究所、1965年)
  • 『取引の社会 アメリカの刑事司法』(中公新書、1974年)
  • 『閻魔と女神 日本とアメリカ・二つの正義考』(PHP研究所、1979年)
  • 『女は風のなかで』(中央公論社、1986年)
  • 『お疲れさま日本国憲法』(ティビーエス・ブリタニカ、1991年)
  • 『正論を生きる』(立花書房、2001年)

翻訳[編集]

  • 『警察官の意識と行動 民主社会における法執行の実態』J・H・スコールニック(東京大学出版会、1971年)

関連項目[編集]