浄土真宗華光会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

浄土真宗華光会(じょうどしんしゅうけこうかい)は、京都市に本部を置く浄土真宗系の信者団体。宗教法人格を有する。

概要[編集]

略史[編集]

活動[編集]

  • 同人会組織によって運営されている。会員は毎月一定の会費を納めるほか、法座活動による収入、出版物の収入によって活動を維持している。年1回の総会において詳細な会計報告がなされている。

機関誌[編集]

  • 創立当初より信仰雑誌「華光」の発行が活動の中心である。法話や仏典解説のほか、信者の信仰告白などが紙面を占める。「華光」は1941年、国嶋病院患者らの同人誌として発刊。その後も同誌の購読や寄稿を通じて入信する者が多い。

法座[編集]

  • 浄土真宗系の特長である法座の開催が盛んである。本部会館のほか、全国の支部や信者宅で開催されることもある。
  • 主な法座・行事
    • 報恩講(華光会) - 華光会館を会場とする法要・法話・信仰座談会。
    • 寒中仏青研修会 - 青年会による1泊2日の法座。
    • 真宗法座の集い - 参加人数限定の法座。
    • 永代経法要法座 - 法要・法話・信仰座談会。
    • 初夏仏青研修会 - 青年会による1泊2日の法座。
    • 壮年の集い - 30歳から60歳代を対象とする法話・信仰座談会
    • 仏の子ども大会 - 対象は子供(小3~中3)。
    • 修正会 - 1月1日に勤行・法話・座談会が行われる。
  • 定例行事
    • 聖典講座 - 増井代表が真宗教学を解説。月1回開催。
    • 仏青例会 - 華光会の青年会が行う例会。月1回開催。
    • 日曜礼拝 - 華光会の子ども会が行う礼拝。法話・ゲーム・座談会。月1回。

関連する人物[編集]

参考文献[編集]

  • 伊藤康善『仏敵』(春秋社)
  • 伊藤康善『善き知識を求めて』(華光会)
  • 伊藤康善『われらの求道時代』(華光会)
  • 伊藤康善『安心調べ』(華光会)
  • 伊藤康善『死を凝視して』(華光会)
  • 伊藤康善『仏教詩歌集』(華光会)
  • 伊藤康善『悟痰録』(華光会)
  • 伊藤康善『化生の世界』(華光会)
  • 西光義敞『わが信心 わが仏道』(法藏館、1994年)
  • 西光義敞『育ち合う人間関係』(本願寺出版)
  • 西光義敞『暮らしの中のカウンセリング』(有斐閣)
  • 西光義敞『仏教とカウンセリング』(札幌カウンセリング研究会発行)
  • 西光義敞『浄土真宗とはどんな教えか』(百華苑)
  • 西光義敞『青春時代の求道』(百華苑)
  • 増井悟朗『親指のふし』(華光会)
  • 増井悟朗『冥加について』(華光会)
  • 増井悟朗『こどもの聖典』(華光会)
  • 増井悟朗『念仏の雄叫び』(法藏館)
  • 増井悟朗『廻心の体験』(法藏館)
  • 増井・西光著『華とひかり』(華光会)
  • 増井・西光著『無碍道』(華光会)
  • 華光会編集部編『巻頭言集・求道の急所』(華光会)

外部リンク[編集]