浄土真宗親鸞会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

浄土真宗親鸞会(じょうどしんしゅうしんらんかい)は、1958年昭和33年)に発足した仏教系の集団

親鸞会は自らを新宗教と呼ばれるのを好まず、浄土真宗の宗派の一つであると主張し、今日の浄土真宗本願寺派真宗大谷派など、他の浄土真宗各派は全て親鸞の教えから逸脱していると非難している。

一方、伝統的な浄土真宗系各宗派は教義の解釈の違いから、親鸞会を異端異安心邪義)とみている。

主として、組織的に偽装した布教方法を批判されることがあり、カルト教団であると批判的に議論されることがある。

解説[編集]

元浄土真宗本願寺派僧侶である高森顕徹が設立し、会長を務める。本部を富山県射水市(旧射水郡小杉町)に置く。関連会社・団体として1万年堂出版、チューリップ企画、日本仏教アソシエーション、一般社団法人全国仏教カウンセリング協会、オンライン仏教アカデミー、浄土真宗学院、真生会富山病院、有限会社ウェルカムなどがある。

機関紙は「顕正新聞」。なお、日蓮系団体冨士大石寺顕正会の発行する同名の新聞とは無関係。親鸞会は日蓮及び日蓮宗系諸団体を激しく非難している。

各種報道によると、同会の会員数は1980年(昭和55年)時点で約5万人[1]1997年(平成9年)時点で約10万人[2]とされる。

目的[編集]

浄土真宗各派で主流となっている清沢満之による近代教学を否定[3]、「宗祖親鸞聖人の正しい教えを広めることを唯一の目的として、親鸞覚如蓮如の文を根拠にして、それを忠実に解説する」という趣旨の法話会を各地で行っている。会では他の真宗宗派、とりわけ浄土真宗本願寺派西本願寺)や真宗大谷派東本願寺)との教義上の差異を主張しており、本願寺の教えは善の勧めがない教え、後生の一大事を否定した教えだと批判している。

仏教を求める目的は、後生の一大事(死ねば必ず無間地獄へ堕ちるという一大事)の解決一つと教えている。平生に信心決定した人は極楽に往生するが、信心決定していない人は無間地獄に堕ちると説く。これを「一切衆生、必堕無間」と親鸞会では教えられているが、経典にはこのような言葉はない。[4]

浄土真宗の歴史上では親鸞・覚如・蓮如が善知識であるとし、現代では会長の高森顕徹を「唯一無二の善知識」と位置づけている。最近はそれが明文化されることはあまりないが、高森以外の話を聞いたり本を読むことは推奨されない。

親鸞会では親鸞が書いたと言われる「南無阿弥陀仏」の名号を本尊に用いる。寺院で広く見られる木像本尊や絵像は一切用いていない。

また親鸞会では本尊は会から「貸与」されるもので、おろそかに扱われることを防ぐためという名目で会員が亡くなった時や退会の際は会に返却しなければならない。本尊を取り返すために夜中に退会した会員のもとに幹部が押しかけるという事もあった。

布教[編集]

日本全国各地で、大学新入生や、高齢者、在日外国人などを対象に、組織的に正体を隠した、いわゆる「偽装勧誘」を行っている。このため、カルト問題と関連付けて議論されることがある。「被害者家族の会」が存在する。

その手口は極めて巧妙である。その概要は、おおむね下記のとおり。

  • 大学の空き教室を勝手に使用し、大学と関係のある勉強会のように見せかけて勧誘を行う。
  • 大学新入生のアパート・マンションを、主として複数人で訪問し、「大学から、あなたの面倒をみるように頼まれて来ました」等と偽り、接近する。大学がこのような目的で、学生の居所などの個人情報を開示することはない。

1999年平成11年)に別冊宝島『「救い」の正体』や月刊現代『若者を魅きつけるラディカル宗教「終末論」』、また2001年平成13年)には新潮45『シリーズ:現代のカルト第三回』で、哲学サークルなどを装う大学での正体を隠した勧誘の実態が報じられた。他にも活動に熱中するあまり学業をおろそかにするといった相談が後を経たず[5]、各地の大学[6]日本脱カルト協会全国霊感商法対策弁護士連絡会といった団体から問題視されている。

なお、この数年来、日本全国各大学では、これらの勧誘方法によって、主として新入生が偽装勧誘の被害に遭わないよう、警告ポスターが掲示される、新入学時に予防啓発DVDが上映されるなどの、防衛手段が取られてきている。

日本全国や日本国外で積極的な布教活動を展開して、その会員はあらゆる年齢層・地域・職業に広がっており、伝統教団の苦手とする若年層の会員の獲得にも成功している。

また、関連会社であるチューリップ企画が製作した親鸞のアニメビデオ・DVDの『世界の光 親鸞聖人』『親鸞聖人と王舎城の悲劇』『なぜ生きる』『歎異抄をひらく』を訪問販売する活動がある。親鸞会内では、この活動は「光作戦」と呼ばれている。2011年からは弁当の製造販売も行なっている。

現在は公民館や市民センターなど各地で正体を隠してのアニメ上映会や、“仏教講師”による講演会を行っている。近年、日本各地に会館が建設されたり、アニメ映画「なぜ生きる」(主演:里見浩太朗)、「歎異抄をひらく」(主演:石坂浩二)などを上映している。さらには一部の“仏教講師”はYouTubeにも親鸞会と明かさずに“仏教YouTuber”と称して講演映像を作成・投稿している。

高森の著書「なぜ生きる」「光に向かって ―心地よい果実―」「光に向かって ―100の花束―」「歎異抄をひらく」の広告を繰り返し新聞に打っている。

布施[編集]

親鸞会で会費は、本人の希望によって、12通りから選ぶことができる。いつでも変更は自由である。行事の際は名札を着け、会費を多く払っている者から順番に座る。財施は、新しい会館の建設、会館にかかげる絵画などの際に必要に応じて呼びかけられる。

歴史[編集]

  • 1952年昭和27年) - 高森顕徹を会長とし、68名の会員を集めて「徹信会」を発足。
  • 1957年(昭和32年) - 富山県高岡市前田町に徹信会館(24畳)を建設。
  • 1958年(昭和33年) - 宗教法人格を取得し、浄土真宗親鸞会と改称。
  • 1974年(昭和49年) - 高岡市芳野へ本部を移転(100畳)。
  • 1979年(昭和54年) - 浄土真宗本願寺派の紅楳英顕が論文「現代における異義の研究 ─高森親鸞会の主張とその問題点」を発表。親鸞会はこれに反発し、再三にわたり質問状を送り、本願寺派に対する批判キャンペーンが展開される。
  • 1984年(昭和59年) - 上記に関し、紅楳側が誠意を持って答えていないとして、親鸞会会員約1,500人が西本願寺御影堂に座り込み抗議を行う。以後、西本願寺の駐車場は、指定旅行業者のバスのみ駐車可能となった。
  • 1988年(昭和63年) - 富山市に隣接する射水郡小杉町に本部を移転。親鸞会館(現本館・520畳)となり、支部は全国及び南米・北米・台湾韓国に及ぶ。
  • 1992年平成4年) - 既存の親鸞会館本館の収容能力不足から、隣接地に顕真会館を建設。
  • 2004年(平成16年) - 参詣者で溢れるため、親鸞会館本館の隣接地に2,000畳の講堂を持つ正本堂を建設。
  • 2011年(平成23年) - 関連会社として有限会社ウェルカム設立。資金稼ぎの手段として、弁当事業に進出する。
  • 2013年 (平成25年) - 札幌市厚別区に北海道会館が開館。

浄土真宗親鸞会を取り上げたメディア[編集]

豊田商事との関係[編集]

豊田商事の永野会長は、昭和57年6月頃、菊池商事の社長から勧められて、同社長が入会していた浄土真宗親鸞会の講話を聴きに行ったり、浄土真宗親鸞会の出版物『白道燃ゆ(高森顕徹著)』等を購読するようになった。その後、永野会長は、多くの人に迷惑をかけているのは事実だから、罪ほろぼしに社員にも浄土真宗親鸞会の講話を聴かせ、できるだけ財施もしたいと同社長に言い、浄土真宗親鸞会に献金を行っていた。

ベルギーダイヤモンド名義で昭和59年3月24日から昭和60年3月28日まで、10回にわたり毎回300万円ずつ計3,000万円を浄土真宗親鸞会に寄附、昭和59年12月上旬から大体週1回位の割合で東京と大阪で、浄土真宗親鸞会から講師を招いて社員に法話を聴かせる会を催していた。そして昭和59年12月下旬頃の銀河計画の役員会議で賛成を得た上で、昭和60年4月11日頃銀河計画の名義で4,000万円を、同月15日頃ベルギーダイヤモンドの名義で1,000万円を、豊田ゴルフクラブの名義で5,000万円を浄土真宗親鸞会に寄附していた(なお、寄附金の名義が分かる合計1億3,000万円は、豊田商事破産後の昭和60年7月20日、浄土真宗親鸞会から破産管財人に返還された)。

また、豊田商事では、昭和58年3月期に、大阪駅前第4ビル19階に多数の仏像を並べて、宗教法人を作る準備を進めていたが、工事が完成したものの、浄土真宗親鸞会のトップに据えようとしていた人物と永野が不和となって計画が中止され、結局取り壊されて、工事に要した費用約3億2,700万円余は全く無駄使いに終っている。

判例時報1321号 豊田商事詐欺被告事件第一審判決 より分かることは以上であり、週刊現代1987年4月18日号には、「惨殺事件から1年10ヶ月で発覚!被害者憤激『豊田商事永野一男会長』から大量献金受けていた謎の「教団」の正体」」と名義分より多額の献金があったという記事が載っている。なお銀河計画の上に企業グループ全体を統括する「白道(株)」は、永野一男の株保有率が100%の会社となる予定であった。

会員との契約書[編集]

2010年平成22年)に週刊ダイヤモンド『親鸞会"悪魔の3大契約書"』で、一部の信者に関連病院である真生会富山病院に対し「自分の全財産を贈与する」という契約を結ばせていると報じられた。他にも職員に「時間外の作業は自主的なお布施であって時間外手当の対象ではない」という「確認書」へのサインを求めたり、法座の講師を担当する「講師部」に対して「退会時には会に1000万円を支払う」とする誓約書へのサインを求めた事が明らかにされている。このときは反発した会員が会合の録音をYouTubeにアップしているが[7]、後日親鸞会によって「著作権侵害」で削除されている。

宗教番組[編集]

2016年10月から日本全国のラジオ局で「浄土真宗親鸞会の時間」を放送している。内容はラジオ朗読版「なぜ生きる」の焼き直しである。

ネット局[編集]

評価[編集]

井上順孝は一般的な新宗教と比べ、伝統宗教と教義面での違いが少なく、教団改革運動ないし再生運動的な性格を持っているとしている[8]

エドワード・G・サイデンステッカーは『なぜ生きる』の翻訳を終えて、“YOU WERE BORN FOR A REASON is a solemn and profound book.”(『なぜ生きる』は厳粛にして深遠な書である)と裏表紙に記述するなど、一部には親鸞会を擁護する意見もある。[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「親鸞会は(乃至)会員約五万人」読売新聞 1980年5月28日
  2. ^ 「現在の会員数は約10万人で」小沢浩「新宗教の風土」
  3. ^ 歴史の視点 学徒の論点 西方浄土はおとぎ話か 真宗破壊の「近代教学」 その元を作った清沢満之 親鸞会.NET|親鸞会
  4. ^ 「経典に釈尊は、「一切衆生、必堕無間」とこれを説かれています。これは、総ての人間は必ず無間地獄へ堕ちて苦しむということです。」高森『こんなことが知りたい1』1969年
  5. ^ NHK文化センターへの要請 (PDF)
  6. ^ 岡山大学学生相談室だより 2011年4月臨時特集号 (PDF) 岡山大学
  7. ^ 講師がデタラメ釈明を連発=NHK文化センターはカルト宗教の草刈り場?(3) http://www.pjnews.net/news/533/20090903_13
  8. ^ 井上順孝『人はなぜ新宗教に魅かれるのか』三笠書房(2009)p210
  9. ^ 川端康成氏にノーベル賞をもたらしたサイデンステッカー氏も絶賛した親鸞聖人の講演会”. 浄土真宗親鸞会. 2022年12月21日閲覧。

参考文献[編集]

  • 柏原祐義編 『真宗聖典』法蔵館、1935年。ISBN 4-8318-9001-4 
  • 高森顕徹 著 『歎異抄をひらく1万年堂出版、2008年発行。ISBN 978-4-925253-30-7 
  • 明橋大二伊藤健太郎高森顕徹 監修 『なぜ生きる』1万年堂出版、2001年発行。ISBN 4-925253-01-8 
  • 小沢浩 著 『新宗教の風土』岩波書店、1997年発行。ISBN 978-4004305064 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]