法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

法論(ほうろん)とは、仏教において、教義の異なる宗派の間で宗義の優劣や真偽をめぐって行われる論争[1]宗論問答ともいう[1]

概説[編集]

歴史上有名な法論[編集]

[編集]

「法論はいずれが負けても釈迦の恥」という諺がある。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 今泉淑夫 『日本仏教史辞典』 吉川弘文館、1999年10月、456頁。ISBN 978-4642013345