高森顕徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高森 顕徹(たかもり けんてつ、1929年 - )は、富山県氷見市生まれの宗教家浄土真宗親鸞会会長。龍谷大学専門部卒業。

人物[編集]

  • 1929年、富山県氷見市の本願寺末寺に生まれる。
  • 1945年大日本帝国海軍海軍飛行予科練習生特別攻撃隊に志願しているが、所属基地や配属されていた部隊は公表されていない。
  • 敗戦で復員。龍谷大学専門部に進学(時期不明)。
  • 龍谷大学で増井悟朗師から「仏敵」(著者:伊藤興善師)を頂き信心決定を目指す。
  • 18歳の時に信心決定(阿弥陀仏から揺るぎない信心を得ること)したと自称している。
  • 1952年、徹信会(現・宗教法人浄土真宗親鸞会)を創立。
  • 1970年浄土真宗本願寺派僧籍を離脱。
  • 1980年代には西本願寺と幾度も宗義論争を繰り広げている。
  • 著書の『光に向かって』シリーズのうち『―100の花束―』は2007年7月現在、65万部を発行している(本シリーズは他に「心地よい果実」「123の心のタネ」「虹のわたる海」などがある)。
  • 著書の『なぜ生きる』は2008年3月現在、58万部を発行している。

著書[編集]

浄土真宗親鸞会より

  • 『会報』
  • 『白道燃ゆ』
  • 『本願寺なぜ答えぬ』
  • 『こんなことが知りたい』

1万年堂出版より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]