大乗教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大乗教
Daijokyo-sohonzan-001-Atsuta-ku-Nagoya.jpg
大乗教総本山
設立 1946年(昭和21年)
種類 宗教法人
本部 愛知県名古屋市熱田区外土居町
公用語 日本語
テンプレートを表示

大乗教(だいじょうきょう)は日本の法華新宗教団体。教祖の杉山辰子の意志を継いだ人々により1948年(昭和23年)に創設された。

教祖[編集]

後に教祖となる杉山辰子は1868年(慶応4年)7月28日、岐阜県羽島郡笠松町で生まれた。家運挽回のために法華経行者から教えを受けたことから法華経開眼へとつながった。その後、医学を学び、仏教の精神的療法と医学的療法の組み合わせによるライ病(ハンセン氏病)の人々の救済を試みた。1914年(大正3年)名古屋市東区清水町で大乗教のもととなる仏教感化救済会を設立、翌年には東区葵町に移転した。病気、災害、貧困に苦しむ人々に慈悲を施した。1932年(昭和7)年6月28日遷化。

所在地[編集]

名古屋市熱田区外土居町

本尊・経典[編集]

一尊四菩薩を本尊とし法華経を経典としている。

沿革[編集]

  • 1946年(昭和21年)
    • 8月27日 東京都荏原平塚にて大乗教会を設立
    • 10月3日 愛知県岡崎市にて大乗教会の設立発表会を行う
    • 12月6日 愛知県刈谷市に仮本部として移転
  • 1948年(昭和23年)8月18日 名古屋市熱田区外土居町にて文部省より宗教法人「大乗教」として認可される
  • 1953年(昭和28年)10月10日 総本山釈迦堂落慶
  • 1955年(昭和30年)4月8日 大乗幼稚園開園
  • 1968年(昭和43年)10月6日 本仏殿落慶
  • 1973年(昭和48年)5月13日 大白象建立
  • 1976年(昭和51年)11月27日 聖仏舎利宝塔落慶

管長[編集]

  • 初代:小坂井啓陽
  • 二代:杉崎法山
  • 三代:杉崎法涌

ギャラリー[編集]

  • 大乗教総本山[1]
  • 支部

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 注:大乗仏教の総本山ではない。

参考文献[編集]

  • 『大乗教教団史 70年の歩み』教団史編集委員、杉崎法涌、1984年5月13日。全国書誌番号:20347018

外部リンク[編集]