念佛宗三寶山無量壽寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
念佛宗三寶山無量壽寺
BukkyonoOdo-sanmon.jpg
総本山「佛教之王堂
設立年 1979年12月19日
設立者 圓心定
種類 宗教法人
法人番号 5130005001810
本部 兵庫県加東市上三草1136番地
位置 北緯34度57分9.3秒
東経135度3分8.2秒
理事長 菱村和彦
関連組織 全世界仏教サミット
ウェブサイト 公式サイト
過去名 無量壽會

念佛宗三寶山無量壽寺(ねんぶつしゅう さんぽうざん むりょうじゅじ、新字体: 念仏宗三宝山無量寿寺)は、仏教浄土門単立宗教法人である。

概要[編集]

総本山佛教之王堂総門

兵庫県加東市にある佛教之王堂総本山とする[1][2][3][4]。また、発祥の地「京・別格本山[5]は、京都市西京区嵐山山ノ下町22-17にある。

1979年12月19日、京都府知事より宗教法人「無量壽會」として認証された。さらに1992年10月12日、宗教法人「念佛宗三寶山無量壽寺」と教団名の改称を京都府知事より認証(宗教法人法の改正により現在は文化庁の所轄)。同時に宗派として開宗した[6]インドカルカッタに本部を置く国際的仏教団体「インド大菩提会」(1891年設立)のメンバーであり、アジア各地の仏教指導者が一堂に会する「全世界佛教サミット」の運営およびスポンサーとして協力をしている[7][8]

世界各国の仏像が各国の仏教最高指導者や王室から奉納されているほか、各国の法王や王室の遺骨の一部が祀られている。カンボジアノロドム・シハモニ国王が、父王ノロドム・シハヌークの遺骨が祀られる総本山佛教之王堂に参詣するなど、世界各国の要人と交流がある。

2017年2月4日には、佛教之王堂で前年10月に崩御したタイ国王・ラーマ9世の百箇日追悼大法要が営まれた。さらに、2017年2月4日から10日にかけて、同じく佛教之王堂にて、日タイ修好130周年記念写真展「プミポン国王陛下を偲んで」が開催され、7日間で約16万人が来場した。

南側より境内を見る

本尊[編集]

阿弥陀三尊[9]

経典[編集]

基本[10]
依処[10]

教義[編集]

  1. 釈尊の教え(仏教)、即ち『仏教経典(一切経)』を基とし、『念仏』を依処とする。
  2. 仏教は智慧の宗教である。
    仏教の目的とは、智慧の完成(般若波羅蜜)、阿耨多羅三藐三菩提、無上正等覚、無上正遍智、即ち、『大涅槃』を目指す。
  3. 人としての道である『四恩』を大切にし、私たちは生かされていることを自覚する。
    釈尊の説かれた四恩とは、
    (一)「父母の恩」 父母に孝養を尽くす。
    (二)「衆生の恩」 生きとし生けるものに感謝の念を持つ。
    (三)「国王(社会)の恩」 社会の規則を守り、目上の人を尊敬し、社会に対する務めを果たす。
    (四)「三宝の恩」 三宝()に帰依する。
  4. 和国の教主、聖徳太子の『十七条憲法』の精神により、
    三宝を敬い、「和」を基とし、誰に対しても「信義」「礼節」を重んじ、人の範となること。[9]
念佛宗三寶山無量壽寺十か条[11]
第一条 三宝)に帰依すべし 
第二条 弥陀第十八願「至心・信楽・欲生我国」に依るべし
第三条 女人往生第三十五願)を心得るべし
第四条 五逆罪を犯すべからず
第五条 正法誹謗すべからず
第六条 精進すべし
第七条 報恩謝得(布施の心)を心得るべし
第八条 衆生済度すべし
第九条 御役拝受者は頭を垂れ御仏の使命を全うすべし
第十条 命終まで「信心」を持つべし

教団[編集]

寺務所(左)と講堂(中央奥)

機構[編集]

総本山佛教之王堂[1]と全国9教区(「北海道」、「関東」、「東海」、「北陸」、「京都」、「奈良」、「関西」、「中国・四国」、「九州」)。日本全国に33の別院及び施設がある(2009年現在)[4]

運営[編集]

  1. 法主理事長職は世襲しない[12][13]
    宗教法人の定款である「規則」及び「宗憲」に、法主は、教団の理事長職を兼務せず、又、法主及び教団の理事長の職は、世襲制ではないと定められている。
  2. 一切の営利事業は行わない[14][13]
    本来の宗教活動を基とし、一切の営利事業は行わない。
  3. 一人一人の責任[15][13]
    教団は信徒一人一人のものであり、教団の財産全てに至るまで、信徒一人一人の責任の下に運営され、委ねられていることが明記されている。

総本山「佛教之王堂」[編集]

南門。入ってすぐに五百羅漢公園がある。
西側から見る。山門と真如橋。

佛教之王堂[編集]

第四回全世界佛教サミット[16](2005年開催)において、仏教徒の心の依処たる「佛教之王堂[1]を日本に建立することが決議され、創建された[17]

経蔵には、仏教の根本である『経典』が、世界33か国・1地域の法王・仏教指導者から奉納され、収蔵されている[18]。また、釈迦堂には、世界33か国・1地域の仏教指導者及び仏教国の国王から奉納された『仏像』を安置している[19]

総本山にして「佛教之王堂[3]、2008年(平成20年)11月1日 落慶[2]。尚、「佛教之王堂」名は宗教法人 念佛宗三寶山無量壽寺を権利者として商標登録されている。登録番号第5182053号、登録日2008年11月21日。

念佛宗無量壽寺総本山・落慶祝 新聞記事 企業広告[編集]

2008年(平成20年)8月13日付の全国紙朝刊(読売新聞毎日新聞産経新聞)に念佛宗 無量壽寺 総本山 落慶祝が、工事を請け負った株式会社大林組大成建設株式会社等の企業広告として4面を費やし掲載された[20]。広告記事によると落慶は平成20年7月17日。総敷地面積45万坪。工期7年間を要し、延べ350万人の力を結集したとある。場所は兵庫県加東市源義経ゆかりの地、三草山。

  • 本堂:高さ51.5m 桁行67.9m 梁間58.2m 上段は建築史上類例のない六手先総詰組様式、下段は四手先総詰組様式の二層造
  • 本堂宮殿:高さ19m、純金箔二重貼り六手先総詰組、阿弥陀三尊佛像、彫金は伽藍全体で32万点以上、彫刻伽藍全体で1万点以上の木彫群、宮殿上に配す幅22.6mの双龍彫刻、宮殿両脇に全高11mの大彫刻、鳳凰・松竹梅等を刻んで表裏合わせて四基。総面積1468.7m2に及ぶ金箔襖に描かれた鳳凰、三阪雅彦制作
  • 山門:高さ35.6m 桁行34.5m 梁間13.8m 上段は六手先総詰組様式、下段は四手先総詰組様式、両脇には世界最大級の仁王像が配される
  • 釈迦堂観音堂:高さ31.3m 桁行39.2m 梁間33m
  • 鐘楼・南鐘楼:高さ16.6m 桁行7.9m 梁間7.9m 鋳湯量50 t 超世界最大級
  • 五重塔:高さ32.7m 初重の柱間5.45m 大韓民国重要無形文化財・李萬奉及び直弟子洪昌源による韓国古来の伝統的丹青技法の極彩色
  • 本堂前石灯籠:高さ12m 幅7.4m ギネスブック公式認定、石匠・蒋智明制作
  • 本堂鬼瓦:高さ9m 幅8.8m ギネスブック公式認定、鬼師・梶川亮治制作
  • その他建造物として地蔵堂経蔵聖徳太子殿、僧堂(久世庵)、講堂(2千名収容の説法道場)、真如橋、久世飛龍閣、寺務所等がある。
  • 日本庭園には、樹齢500年を筆頭とする1千本を越える京都北山台杉が立ち並び、樹齢800年とも推定される幹周二尋半の槙銘木「天上」他100本を越える槙の銘木の庭園、その他ツツジ20万本、桜7千本、小熊笹120万株、紅葉3千本等が青石や銘石と共に配される。敷地内に設けられた五百体羅漢公園には等身大の羅漢(仏弟子)の石像が点在する。

また、教団側からは理事長であった西川俊男が「棟梁のお言葉によれば『将来、国宝重文たり得る』伝統建築文化の精華たる総本山を建立していただきましたのも、偏に、荒廃した世に精神文明の夜明けを告げるものになればと願っての故であります。この上とも、観光寺院ではなく、現世利益を廃し、釈尊が遺された真の仏教の実践に努めてまいりたいと存じます。」と施主の挨拶を述べている[21]

行事・活動[編集]

お参り[編集]

信仰の原点はお参りにあり、信仰はお参りに始まりお参りに終わるとし、以下の行事に対し全同行の参加聴聞を促している[22]

毎月のお参り[編集]

  • 成道会 - 8日:於総本山「佛教之王堂」、各別院
  • 地蔵会 - 24日:於総本山「佛教之王堂」、各別院
  • 輪読会 - 毎月1回:各輪読会場にて

六大祭事[編集]

  1. 初詣 - 正月松の内(15日間)
  2. 大涅槃会 - 2月15日
  3. 観音祭 - 3月22日
  4. 仏教の日 - 4月8日(降誕祭・花まつり)
  5. 地蔵盆 - 8月24日
  6. 成道会 - 12月8日

四大特別御回向[編集]

  1. 春の彼岸会 - 3月下旬
  2. 盂蘭盆会 - 8月中旬
  3. 秋の彼岸会 - 9月下旬
  4. 御母堂祥月命日 - 12月下旬

仏教の日[編集]

全世界5億1千万人の仏教徒のために2014年12月9日から11日まで佛教之王堂「カンボジア王国ノロドム・シアヌーク国王陛下国際佛教記念ホール」にて開催された第6回佛教サミットで、世界41ケ国の仏教の最高指導者が集結し、全員一致で採択された仏教の祖である釈迦生誕日を記念して作られた日。

  • (念佛宗三寶山無量壽寺「佛教之王堂」における参詣実績)
    • 第一回仏教の日(2015年4月8日) 参列者数 約12万人
    • 第二回仏教の日(2016年4月8日) 参列者数 約13万人
    • 第三回仏教の日(2017年4月8日) 参列者数 約13万6千人
  • 全世界41カ国では当日、それぞれ「仏教の日」のお祝いが開催される。
  • 日本では、念佛宗総本山佛教之王堂で開催される。当日は、灌仏式(かんぶつしき)・灌頂式(かんじょうしき)・数百名の稚児行列が開催され、毎年日本全国から十数万人が訪れる。

奉仕・積徳[編集]

教団発行の月刊誌によると、奉仕とは、得がたい念佛宗無量壽寺の縁に遇ったことにより、心の底から感謝の念があふれ出し、「私のようなものでも何かさせていただきたい」という全く下心のない謙虚な心から教団のために尽くすことであり、結果として、『』を取り除くことが出来ると主張する。

また、「させて頂く」という純粋な奉仕の心は、自らを顧みずに他を救う『菩薩の心』『の心』に通じているとし、奉仕を行うことで、善根功徳を積み、浄土へと近づくことになると説明。功徳は子々孫々まで及ぶとしている[23]

社会福祉運動[編集]

聖地復興事業[編集]

1994年(平成6年)よりブッダガヤにおいて、「無量壽学園」と名付けられた小・中学校を建設[13]

サルナートの壁画修復[編集]

初転法輪の地で1994年(平成6年)より3か年計画にてムラガンダ・クティ・ビハーラ寺院の建物及び壁画の修復を行う[13]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 念佛宗 公式 ホームページ>総伽藍建立「総本山 念佛宗 無量壽寺」
  2. ^ a b 念佛宗 公式 ホームページ>総伽藍建立「佛教之王堂 落慶」
  3. ^ a b 念佛宗 公式ホームページ>総伽藍建立>総門「石碑」
  4. ^ a b 念佛宗 公式ホームページ>念佛宗の概要「念佛宗について」
  5. ^ 月刊無量壽358号(平成21年4月)17-18頁
  6. ^ 月刊無量壽162号
  7. ^ 京都新聞1998年(平成10年)4月1日(水曜日)30頁
  8. ^ 週刊朝日、1998年4月17日)
  9. ^ a b 「念佛宗のみちしるべ」(念佛宗 宗務局、平成17年5月)
  10. ^ a b 念佛宗の概要
  11. ^ 念佛宗 勤行集(平成19年発行)
  12. ^ 念佛宗宗憲前文、無量壽寺規則第6条、第9条
  13. ^ a b c d e f g 「念佛宗の概要」(平成8年版)
  14. ^ 無量壽寺規則第3条
  15. ^ 無量壽寺規則第24条、第33条
  16. ^ 念佛宗 公式ホームページ>行事報告[リンク切れ]「佛教サミット」
  17. ^ 月刊無量壽368号(平成22年2月)3頁
  18. ^ 念佛宗 公式 ホームページ>総伽藍建立>伽藍建築[リンク切れ]「経蔵」
  19. ^ 念佛宗 公式 ホームページ>総伽藍建立>伽藍建築[リンク切れ]「釈迦堂」
  20. ^ 念佛宗 公式 ホームページ>お知らせ[リンク切れ]「総本山 新聞記事掲載」
  21. ^ 念佛宗 公式ホームページ>総本山>落慶[リンク切れ]「御挨拶」
  22. ^ 月刊無量壽巻末
  23. ^ 月刊無量壽第348号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]