アフマディーヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アフマディーヤの旗
ミールザー・グラーム・アフマド

アフマディーヤアフマディー教団アハマディア(Ahmadiyya、ウルドゥー語: احمدیہ アラビア語: الأحمدية)は、インドパンジャーブ州出身のミールザー・グラーム・アフマド1835年 - 1908年)が起こしたイスラーム改革派。アフマディーヤでは自分らをスンナ派の分派としている[1]1914年カーディヤーン派ラホール派英語版に分裂した。

概要[編集]

ミールザー・グラーム・アフマドは41歳の時に啓示を受けたといい、1889年に自らをメシアでありマフディーであると主張した。これはムハンマドが最後の預言者であるというイスラームの全体の教え、またムハンマド・ムンタザルがマフディーであるとするシーア派十二イマーム派の教義に反するが、バーブ教バハーイー教とは異なり、アフマディーヤの信者は、アフマディーヤとイスラームとは別個の宗教ではないと考えている。開祖の没後はカリフ制を取り[1]、2017年現在は第5代カリフのミルザ・マスルール・アハマド英語版が最高指導者となっている。

パキスタンがインドから分離したのち信者は1947年に集団移住したが、教義の違いからパキスタン国内で迫害を受けて1974年の憲法改正で非イスラームとされ、1984年にズィヤーウル・ハック政権下でムスリムとしての権利を剥奪・非合法化されたため、同年にイギリスに本部を移した[1]

日本におけるアフマディーヤ[編集]

1935年に神戸市に支部を設けたが第二次世界大戦の勃発により布教は中断され、1970年代に日本での活動を再開した[2]。当初は東京都を拠点としたが1981年に愛知県名古屋市名東区に日本本部を置いて現在に至る[2]

2015年11月には、愛知県津島市に日本最大級のモスクとして「ザ・ジャパン・モスク」を完成させている[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日本アハマディア・ムスリム協会の歴史・背景・性格について”. 日本アハマディア・ムスリム協会 (2015年4月10日). 2017年6月6日閲覧。
  2. ^ a b 沼尻正之. “越境する世界宗教 ─グローバル化時代の神々のゆくえ─”. 追手門学院大学社会学部紀要 2010年3月29日 (追手門学院大学) 第4号: pp.57 - 72. http://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20170606220551.pdf?id=ART0009487185 2017年6月6日閲覧。. 
  3. ^ “国内最大級、津島に完成 「イスラム」知る場所に /愛知”. 毎日新聞. (2015年11月24日). http://mainichi.jp/articles/20151124/ddl/k23/040/031000c 2015年12月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]