朝比奈宗源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

朝比奈 宗源(あさひな そうげん、1891年(明治24年)1月9日 - 1979年(昭和54年)8月25日)は、臨済宗禅僧

人物[編集]

東京・新川(霊岸島)にある和菓子店の梅花亭には宗源によって書かれた看板が掲げられている[1][2]

静岡県清水市(現在の静岡市清水区[3])出身。鎌倉円覚寺住職。臨済宗円覚寺派管長。水戸黄門大岡越前など、時代劇の題字を手がけたことでも知られている。

32歳の時に日本大学宗教専門部(現存しない)卒[4]。京都妙心寺、鎌倉円覚寺で修行。1942年円覚寺貫主1945年円覚寺派管長。1963年賀川豊彦尾崎行雄らと世界連邦運動推進のため世界連邦日本仏教徒協議会(世連仏)を結成、会長となった。

教育では、1934年1942年まで横濱専門学校(現神奈川大学)で倫理学講師を担当、高歯の下駄で鎌倉から通い横濱専門学校の多くの学生から慕われる。1936年2月26日朝(二・二六事件)、一時間目の授業に教壇に立つや「今朝、軍の暴徒が首相始め高官達を襲って暗殺したらしい。こんなことを許していては日本は滅びてしまう」と横濱専門学校の学生に言ったと伝わる。 その後、駒澤大学教授。

大戦中、中国や南方で従軍布教。

1945年、広島に原爆が投下されるや、木戸幸一内府や平沼騏一郎らに終戦決断を迫った。

1974年生長の家開祖・谷口雅春らに呼びかけて「日本を守る会」(のちの日本会議の前身の一つ)を結成。伊勢神宮に参拝した際に「世界の平和も大事だが今の日本のことをしっかりやらないといけない」という天啓を受けたためという。

著書[編集]

  • 『欧米雲水記』四季社 1955
  • 碧巌録講話』河出書房 1957 現代聖典講話
  • 無門関提唱』山喜房佛書林 1957
  • 『仏心』春秋社 1959
  • 『しっかりやれよ』筑摩書房 1971 現代を生きる心
  • 『若い人への手紙』木耳社 1975
  • 『覚悟はよいか』PHP研究所 1978
  • 『朝比奈宗源老師の獅子吼』春秋社 1981
  • 『仏心に生きる』円覚寺仏心会編 春秋社 1989
  • 『人はみな仏である 白隠禅師坐禅和讃・一転語』春秋社 2011
  • 『皇民道徳宝典』編 巌松堂書店 1940

訳注[編集]

  • 義玄『臨済録』訳註 岩波文庫、1935、のち改版、一穂社 
  • 圜悟『碧巌録』訳註 岩波文庫(上下)、1937、のち改版 

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 宮田 1953, p. 32.
  2. ^ 「江戸楽」編集部 2021, p. 101.
  3. ^ 朝比奈 宗源”. www.shunjusha.co.jp. 春秋社. 2022年12月26日閲覧。
  4. ^ 朝比奈宗源”. ryubin.com. 2022年12月26日閲覧。

参考文献[編集]

  • 宮田重雄 著、読売新聞社会部 編 『味なもの』現代思潮社、1953年6月。 NCID BN15317243全国書誌番号:53005234 
  • 「江戸楽」編集部 『和菓子のひみつ : 楽しみ方・味わい方がわかる本 : ニッポンの菓子文化超入門』メイツユニバーサルコンテンツ、2021年12月、101頁。ISBN 978-4-7804-2568-0全国書誌番号:23631405