元号法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
元号法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和54年法律第43号
種類 皇室関連法
効力 現行法
成立 1979年昭和54年)6月6日
公布 1979年(昭和54年)6月12日
施行 1979年(昭和54年)6月12日
所管 内閣府
主な内容 元号の制定について
関連法令 内閣府設置法国旗国歌法皇室典範天皇退位特例法
条文リンク e-Gov法令検索
ウィキソース原文
テンプレートを表示

元号法(げんごうほう、昭和54年法律第43号)は、日本元号の制定について定めた日本の法律。所管官庁は、内閣府である。

1979年昭和54年)6月6日第87回国会で成立、同月12日公布・即日施行(附則第1項)。

「昭和」の元号はこの法律の本則第1項の規定に基づき定められたものとされた(附則第2項)。「平成」の元号は元号を改める政令 (昭和六十四年政令第一号)により、「令和」の元号は元号を改める政令 (平成三十一年政令第百四十三号)により定められた。

元号の使用を法的に強制するものではない[1][2]

構成[編集]

本則は次の2項をもって構成される。第2項は一世一元の制と呼ばれる。附則も2項ある。

附則

  • 第1項:この法律は、公布の日から施行する。
  • 第2項:昭和の元号は、本則第一項の規定に基づき定められたものとする。

本則は、項番号を除き、31字である。これは、 記名ノ国債ヲ目的トスル質権ノ設定ニ関スル法律(明治37年法律第17号)の26字につぐ短いものである。

背景[編集]

大日本帝国憲法下においては、元号に関する規定は旧皇室典範第12条や登極令に明記されていたが、日本国憲法下においては、1947年昭和22年)に現皇室典範が制定されるに伴って条文が消失し、法的根拠がなくなった[3][注 1]。しかし、その後も国会政府裁判所公的文書、民間の新聞等で慣例的に[注 2]元号による年号表記が用いられた。行政の様式中の年月日の欄に「昭和」が含まれるなど、行政が元号使用を勧奨するような実態があった[6]

日本政府は1946年(昭和21年)11月8日に元号法の閣議決定をしたが、11月19日に撤回した[7]。これは後の元号法とほぼ同じものだったが、当時の連合国軍総司令部(GHQ)の反対にあって頓挫したと言われる[8][9]。その後、法律ではなく内閣告示を通じて制度化するという議論などがあった[10][8]

1950年(昭和25年)2月28日の参議院文部委員会での公聴会では8割が廃止を支持した[11]

日本学術会議は1950年5月に政府に対し「元号廃止 西暦採用について」の申し入れを行った[12][13]

1968年(昭和43年)、「明治100年」を機に、政府内で「国旗、国歌」と共に「元号法」を定める機運が高まり内閣法制局が「一世一元とすること」を骨子に検討を始めたが[14]、「現代に至っても元号を使用し続けているのは日本だけである」として「西暦に統一すべし」との論も強かった[14]

内閣府政府広報室の年号(元号)制度の各年の世論調査の結果
S49 (1974) S51 (1976) S52 (1977)
あった方がよい 57.5 56.8 58.9
どちらかといえばあった方がよい 22.5 18.9 19.5
どちらかといえば廃止した方がよい  2.8  2.6  3.3
廃止した方がよい  2.1  3.2  3.4
どちらでもよい 12.0 15.7 11.4
わからない  3.0  2.8  3.5

昭和天皇の高齢化に伴い、昭和天皇が崩御した後にも元号を使い続けるかどうかが注目されるようになった[15]世論調査(1976年(昭和51年))において国民の87.5%が元号を使用していると回答した[16]

日本社会党は1977年(昭和52年)1月、「元号は昭和限り、以降は西暦」とする党見解を決定し、保革の対立事項となる[17][18]。当時、自民党が衆議院内閣委員会での優勢を覆されかねないことを懸念していて、その前に法制化を押し切る思惑があったのではないかと言われる[18]。政府が民間委託した世論調査では、1974年(昭和49年)から1977年(昭和52年)の間に、元号存続派が一貫して多数であったものの、存続派が減少し、廃止派が増加した(添付表参照)。

法制化運動[編集]

右翼諸団体は、元号問題を「昭和維新への布石」として重視した[19]生長の家政治連合神道政治連盟佛所護念会軍恩連日本遺族会が1977年(昭和52年)11月に「元号法制化推進連絡会議」を結成し、法制化を強力に支持した[11]生長の家政治連合は地方議会で「元号法制化要求決議」を実行する運動を組織した[11]

1977年(昭和52年)日本青年協議会(日青協)が元号法制化運動を本格化し、「地方から中央へ」を合言葉に地方議会議決運動を展開させた[20]。この運動について、日青協の後見役であった村上正邦は後に「何も特別なことではない。左翼から学び、地方決議が目的達成の早道だと徹底したんだ」と述べた[20]

日本会議によれば、1977年(昭和52年)9月に元号法制化を求める地方議会決議運動が始まり、46都道府県、1632市町村で議会決議を達成した[21]。日本会議事務総長の椛島有三は、日青協の機関誌において「元号法制化に踏み切る時、私どもは「解釈改憲路線」の選択をしました。これまで占領憲法解体という、直接的な明文改憲しか考えてこなかった私どもにとっては大変な選択で、改憲運動の後退になるのではないかというジレンマがありました」と述懐した[22]

1978年5月に右翼活動家学生が歴史学研究会総会に乗り込んで元号法制化反対論者を襲撃する暴力事件を起こした[23]

元号法政府原案[編集]

1977年(昭和52年)当時、1. 昭和以降も元号を存続させるか否か 2. 内閣告示か法制化か の2つの論点があり[18]、政府は当初「告示による」との基本方針を固めていたが[24]、翌1978年(昭和53年)11月17日法制化を閣議決定、総理府と内閣法制局とで法案を作成後、同年11月24日、政府案が紙面に掲載された[25]

1 皇位の継承があったときには、新たに元号を定め、一世の間、これを改めない。

2 元号は、政令で定める。

付 則

1 この法律は、公布の日から施行する。

2 この法律施行の際、既に用いられている「昭和」は、この法律に基づき定められた元号とする。 — 1978年11月24日 読売新聞 朝刊2面[25]

元号選定手続について[編集]

1979年(昭和54年)10月、大平内閣(第1次大平内閣)は、元号法に定める元号の選定について、具体的な要領を定めた(昭和54年10月23日閣議報告)[26]

これによれば、元号は、「候補名の考案」、「候補名の整理」、「原案の選定」、「新元号の決定」の各段階を践んで決定される。まず、候補名の考案は内閣総理大臣が選んだ若干名の有識者に委嘱され、各考案者は2ないし5の候補名を、その意味・典拠等の説明を付して提出する。総理府総務長官(後に内閣官房長官)は、提出された候補名について検討・整理し、結果を内閣総理大臣に報告する。このとき、次の事項に留意するものと定められている。

  1. 国民の理想としてふさわしいようなよい意味を持つものであること。
  2. 漢字2字であること(3文字以上は不可。但し、749年から770年にかけては、漢字4文字の元号[注 3]が使用されている)。
  3. 書きやすいこと。
  4. 読みやすいこと。
  5. これまでに元号又はおくり名として用いられたものでないこと(過去の元号の再使用は不可)。
  6. 俗用されているものでないこと(人名・地名・商品名・企業名等は不可)。

整理された候補名について、総理府総務長官、内閣官房長官、内閣法制局長官らによる会議において精査し、新元号の原案として数個の案を選定する。全閣僚会議において、新元号の原案について協議する。内閣総理大臣は、新元号の原案について衆議院及び参議院の議長及び副議長に連絡し、意見を聴取する。そして、新元号は、閣議において、改元の政令の決定という形で決められる。

元号使用[編集]

国の公文書における元号表記(和暦)と西暦の使い分けにはっきりとした規定はない[27]。1991年-1992年の臨時行政改革推進審議会「世界の中の日本」部会では行政文書で「当面可能な限り元号と西暦を併記する」という方針が検討されたが、最終報告書には盛り込まれなかった[28]

現在の元号[編集]

元号名(読み) 初日年月日 現年数 現在位年月日数 天皇名
令和(れいわ) 令和元年(2019年5月1日 3年 2年と7か月 徳仁今上天皇
皇室典範特例法および元号法に基づく、明仁上皇)の退位および徳仁(今上天皇)の即位(譲位による皇位継承)による改元

経過[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ なお、国立国会図書館が運営する日本法令索引〔明治前期編〕は、元号法の制定までは一世一元の詔が効力を有していたとしていて、その立場に立てば昭和天皇が即位している限りにおいて法的根拠はまだあったことになる[4]。ただし、一世一元の詔は、法務省大臣官房司法法制調査部編集『現行日本法規』では、明治22年(1889年)の旧皇室典範の制定により失効したとされている。
  2. ^ ただし、裁判所における民事事件に関する文書に関しては、1876年(明治9年)の明治9年司法省達第27号「民事裁判ニ付手続並ニ口書判決文等年月日記載方」で、「年号何年何月何日」のように年号を記載すべきである旨定められている。もっとも、この司法省達は、既出の年月日を再度記載する場合に、「同年」とか「同日」という語を使わないようにすべきとするものであり、元号の使用を定めることを目的としたものではない[5]
  3. ^ 天平感宝天平勝宝天平宝字天平神護神護景雲

出典[編集]

  1. ^ 元号はいつから使われている? 意外に知らない元号の話(前編)
  2. ^ 元号法 | 日本大百科全書
  3. ^ 林敬三 第7回国会 参議院 文部委員会 第7号 昭和25年2月28日[1]
  4. ^ 今後年号ハ御一代一号ニ定メ慶応四年ヲ改テ明治元年ト為ス及詔書(日本法令索引〔明治前期編〕)
  5. ^ 『明治九年 法令全書』内閣官報局。NDLJP:787956/750
  6. ^ 佐藤達夫 第7回国会 参議院 文部委員会 第7号 昭和25年2月28日[2]
  7. ^ 衆憲資第 13 号 象徴天皇制に関する基礎的資料 最高法規としての憲法のあり方に関する調査小委員会(平成15年2月6日及び3月6日の参考資料)
  8. ^ a b 日本財団図書館(電子図書館) 私はこう考える【天皇制について】
  9. ^ 令和の時代に思ふ | ファカルティーコラム | 研究情報 | 上智大学法学部・大学院法学研究科(法律学専攻)
  10. ^ 堀幸雄『戦後の右翼勢力』「第7章最近の右傾化と右翼の戦略」
  11. ^ a b c 堀幸雄『最新右翼辞典』「元号法制化」
  12. ^ https://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/01/01-57-m.pdf
  13. ^ 70年前に元号廃止と西暦採用求めた日本学術会議の決議 世界で日本のみの不合理性” (日本語). 長周新聞 (2019年4月9日). 2021年11月3日閲覧。
  14. ^ a b “元号制度 政府内に両論 "法制化して根拠を" "むしろ西暦一本に"”. 読売新聞: p. 朝刊14版 2面. (1968年7月4日) 
  15. ^ 基礎からわかる元号 : 政治 : 読売新聞オンライン 2019/02/26 05:00
  16. ^ 元号に関する世論調査(昭和51年8月) 内閣府政府広報室
  17. ^ 鈴木 洋仁「博士論文 「元号」の歴史社会学 戦後日本における歴史意識の変容」30ページ
  18. ^ a b c d e 解説部ABCD (1977年2月22日). “自民、法制化チラリ 「元号」あなたは賛成 ? 反対 ? 野党ブツブツ - 国民議論を”. 読売新聞: p. 朝刊14版 7面 
  19. ^ 昭和54年 警察白書 第7章 公安の維持 5 反体制の姿勢を強め、高揚、激化した右翼の活動
  20. ^ a b “(日本会議をたどって:10)地方から「中央制圧」”. 朝日新聞: p. 夕刊4版 2面. (2016年11月21日). http://digital.asahi.com/articles/DA3S12669650.html [リンク切れ]
  21. ^ 国民運動の歩み 日本会議
  22. ^ 清原淳平『岸信介元総理の志憲法改正』、2015年5月3日。ISBN 9784793904707
  23. ^ https://kokkai.ndl.go.jp/#/detail?minId=108704889X00719790417&spkNum=189&current=1
  24. ^ “来週までに素案 自民小委 法制・告示の両面検討”. 読売新聞: p. 朝刊14版 2面. (1977年11月4日) 
  25. ^ a b “「一世一元を明記」 元号法 政府案まとまる 制定懇で検討、内閣が決定”. 読売新聞: p. 朝刊14版 2面 
  26. ^ 元号選定手続について、昭和54年10月23日、内閣官房、国立公文書館(ref.本館-3A-015-00・平11総01509100)。
  27. ^ 公文書における西暦と元号の使用区分は規定があるのか
  28. ^ 朝日新聞1992年5月23日4ページ「元号擁護論へ配慮 官僚も抵抗 行革審報告の西暦併記提唱の削除」
  29. ^ 衆議院内閣委員会”. 第8号. 第58回国会. (1968-4-3). https://kokkai.ndl.go.jp/#/detail?minId=105804889X00819680403 
  30. ^ 官報 (号外) (PDF)”. 国会会議録検索システム. pp. 25-26 (1979年6月6日). 2017年3月28日閲覧。
  31. ^ 元号法”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2017年3月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]