小田原ドラゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小田原 ドラゴン
生誕 (1970-09-23) 1970年9月23日(46歳)[1]
日本の旗 日本兵庫県明石市[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1997年 -
代表作 おやすみなさい。
チェリーナイツ
コギャル寿司
受賞 2001年文藝春秋漫画賞受賞。
(『コギャル寿司』)
公式サイト 小田原ドラゴンのブログ
テンプレートを表示

小田原ドラゴン (おだわらドラゴン、1970年9月23日[1] - )は、日本漫画家兵庫県明石市出身[1]

経歴[編集]

  • 1997年、『ヤングマガジン増刊赤BUTA』(講談社)にて、「僕はスノーボードに行きたいのか?」でデビュー。
  • ペン入れ2作目が「ヤンマガ月間新人漫画賞」奨励賞、ペンを握って300日で『週刊ヤングマガジン』本誌連載獲得となった[2]
  • おやすみなさい。』を連載時に主人公が格安のメルセデス・ベンツを買う話を描き、自らも30万円以下のベンツを買いたいと目次の一言コメント欄に書いた所、ある雑誌ライターから30万円後半の赤いメルセデス・ベンツ 190Eを紹介してもらい、自身も格安ベンツオーナーになった事を機に、『おやすみなさい。』の掲載ページの下に「ベンツ日記」が2行程書かれた時期があった。「おやすみなさい。」の単行本第7巻にも8話分掲載されてある。
  • 巨乳好きを公言している。自身の巨乳好きが、『おやすみなさい。』の主人公にも活かされた。
  • 自身が童貞喪失したのは22歳の時と『おやすみなさい。』の単行本第7巻の付録である「高橋嬢二新聞」内にて、「童貞文化の検証と悔恨」のタイトルで語っている。
  • 2001年、『コギャル寿司』で文藝春秋漫画賞受賞。なお、『コギャル寿司』が同賞最後の作品となった[3]
  • 2010年10月10日(日付上は11日)より毎週日曜26時より30分枠でBSフジにて「チェリーナイツ」が連続ドラマとして放映された。各回3話×8回の計24回。

作風[編集]

  • もてない男、とりわけ童貞を扱った作品が多い。

作品リスト[編集]

他に『週刊朝日』の室井佑月コラム「しがみつく女」、『SPA!』の「マネー得捜本部」、 『週刊ポスト』の「OLたちのギリギリ座談会」(連載終了)の挿絵担当。

活動[編集]

  • 最近では、ライブハウス等でトーク紙芝居等の活動を行っている。「小田原ドラゴンのドキドキラジオ」と言う、自身や仲間たちでトークを録音したのをwebページで公開している。その「小田原ドラゴンのドキドキラジオ」を公開トークショー、「小田原ドラゴンのドキドキ生ラジオ」としての活動も行っている。
  • 2010年7月22日の17時から、ヤングマガジン30周年特集として、Ustreamによる「チェリーナイツ」の作画中継が行われた。
  • twitter上でアートの産道と多くのやり取り[4]が見られる。

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d おやすみなさい。』の各単行本の作者プロフィールより。
  2. ^ 『おやすみなさい。』の単行本第4巻の表紙カバーに記載。
  3. ^ 『おやすみなさい。』の単行本第7巻の表紙カバーに記載。
  4. ^ 小田原ドラゴンのTwitterのお気に入りに投稿を登録している。

外部リンク[編集]