小田原ドラゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小田原 ドラゴン
生誕 (1970-09-23) 1970年9月23日(50歳)[1]
日本の旗 日本兵庫県明石市[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1997年 -
代表作おやすみなさい。
チェリーナイツ
『コギャル寿司』
受賞 2001年文藝春秋漫画賞受賞。
(『コギャル寿司』)
公式サイト 小田原ドラゴンのブログ
テンプレートを表示

小田原ドラゴン (おだわらドラゴン、1970年9月23日[1] - )は、日本漫画家兵庫県明石市出身[1]

経歴[編集]

作風[編集]

童貞を題材にした作品で知られている[6]

作品リスト[編集]

連載[編集]

読み切り[編集]

挿絵[編集]

他に『週刊朝日』の室井佑月コラム「しがみつく女」、『SPA!』の「マネー得捜本部」、 『週刊ポスト』の「OLたちのギリギリ座談会」(連載終了)の挿絵担当。

寄稿[編集]

  • 別冊宝島 AKB48推し!(2011年4月1日発売[21]) - 奥真奈美を紹介[21]
  • 素晴しき男性(「日映シネマガ」[22]) - 漫画家が映画本編を見ずにその作品ポスターを描く「妄想ポスター」企画連載、19回目[22]
  • アカギトリビュートイラスト FESTIVAL(『アカギ 〜闇に降り立った天才〜』公式サイト、2018年6月13日[23]) - イラスト[23]

活動[編集]

  • 最近では[いつ?]ライブハウス等でトーク紙芝居等の活動を行っている。「小田原ドラゴンのドキドキラジオ」という、自身や仲間たちでトークを録音したのをwebページで公開している。「小田原ドラゴンのドキドキラジオ」の公開トークショーである「小田原ドラゴンのドキドキ生ラジオ」を2010年1月6日[24]、2010年12月24日に開催した[25]
  • twitter上でアートの産道と多くのやり取り[26]が見られる。
  • 2009年4月11日、イベント「ワイルドチェリーナイツ 〜徹底討論! 朝まで生童貞!〜(PM10時には終わります)」に出演した[27]
  • 2009年8月29日、トークイベント「小田原ドラゴンVS古泉智浩 ワイルドチェリーナイツ名古屋編 〜徹底討論!朝まで生童貞!〜 *PM10時までに終わります。」に出演した[28]
  • 2009年10月11日、ライブイベント「漫画家バンド大戦'09」のライブの合間に行われる紙芝居に特別ゲストとして出演した[29]
  • 2010年3月22日、紙芝居をテーマに競うイベント「紙-1グランプリ 2010」に参加した[30]
  • 2010年7月22日17時から、ヤングマガジン30周年特集として、Ustreamによる『チェリーナイツ』の作画中継が行われた[31]
  • 2011年7月17日、新宿ロフトプラスワンで行われたイベント「こわれ者の祭典」にゲスト出演した[32]
  • 2012年7月15日、科学技術館で開催された、漫画家にその場で似顔絵を描いてもらえるTシャツ直売イベントに参加[33]。2014年5月3日にも同イベントに参加した[34]
  • 2013年1月14日、難波Meleにて「童貞たちの成人式」というイベントを開催した[6]
  • 2013年3月24日、阿佐ヶ谷ロフトAにて開催されたイベント「漫画家同士のガチバトル!無限2コマ地獄!」に参加した[35]
  • 2013年8月26日、天堂きりんの行ったイベント「天堂きりんとゆかいな仲間たち〜夏忘れ☆盆々ライブペイント〜」にゲスト出演した[36]
  • 2021年3月28日、高津マコトとともにYoutubeでトークイベントの生配信を行った[37]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ タイトル名ではなく、言葉通りの意味。

出典[編集]

  1. ^ a b c d おやすみなさい。』の各単行本の作者プロフィールより。
  2. ^ ぼくと三本足のちょんぴー”. やわらかスピリッツ. 小学館. 2021年5月6日閲覧。
  3. ^ 『おやすみなさい。』の単行本第4巻の表紙カバーに記載。
  4. ^ 『おやすみなさい。』の単行本第7巻の表紙カバーに記載。
  5. ^ “小田原ドラゴンの童貞ギャグ「チェリーナイツ」ドラマ化”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年9月7日). https://natalie.mu/comic/news/37332 2021年5月6日閲覧。 
  6. ^ a b “小田原ドラゴンのイベント「童貞たちの成人式」が大阪で”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年1月9日). https://natalie.mu/comic/news/82847 2021年5月6日閲覧。 
  7. ^ 妄想トラッカー8823”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2021年5月6日閲覧。
  8. ^ “東元俊也の新連載、ライフセーバー高校生のおバカギャグ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年8月8日). https://natalie.mu/comic/news/54439 2021年5月6日閲覧。 
  9. ^ “舞台は宇宙、小田原ドラゴン「チェリーナイツ」新章開始”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年8月29日). https://natalie.mu/comic/news/55631 2021年5月6日閲覧。 
  10. ^ “「足利アナーキー」の吉沢潤一、ヤンマガで青春劇を開幕”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年9月10日). https://natalie.mu/comic/news/76245 2021年5月6日閲覧。 
  11. ^ “「ヤンキー塾へ行く」が「塾生☆碇石くん」と改題し新連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年1月27日). https://natalie.mu/comic/news/108583 2021年5月6日閲覧。 
  12. ^ “「チェリーナイツ」の小田原ドラゴンがアーススターで連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年6月12日). https://natalie.mu/comic/news/92611 2021年5月6日閲覧。 
  13. ^ “アーススター電子版は12月創刊、阿部洋一「新・血潜り林檎」など開始”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年11月12日). https://natalie.mu/comic/news/131026 2021年5月6日閲覧。 
  14. ^ “「今際の国のアリス」の麻生羽呂がヤンマガに初登場、小田原ドラゴン新作も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年11月16日). https://natalie.mu/comic/news/166119 2021年5月6日閲覧。 
  15. ^ “小田原ドラゴンのショートギャグ「ロボニートみつお」が完結、ヤンマガで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年1月30日). https://natalie.mu/comic/news/218772 2021年5月6日閲覧。 
  16. ^ “小田原ドラゴンが“最高の友達”描く新連載「ぼくと三本足のちょんぴー」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年10月15日). https://natalie.mu/comic/news/303758 2021年5月6日閲覧。 
  17. ^ “山田玲司がスピリッツで新連載「美大受験戦記 アリエネ」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年10月8日). https://natalie.mu/comic/news/57779 2021年5月6日閲覧。 
  18. ^ “ヤンマガGAG増刊にミサワら新作!押切蓮介「でろでろ」も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年10月28日). https://natalie.mu/comic/news/102367 2021年5月6日閲覧。 
  19. ^ “小田原ドラゴン、ヤンマガで初めての担当との思い出振り返る”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年1月10日). https://natalie.mu/comic/news/135854 2021年5月6日閲覧。 
  20. ^ “二階堂幸の新連載「雨と君と」がヤンマガで、雨の日に出会った1人と1匹を描くショート”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年8月17日). https://natalie.mu/comic/news/392330 2021年5月6日閲覧。 
  21. ^ a b “伊藤潤二、801ちゃんらがAKB48推しメン選ぶムック発売”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年3月30日). https://natalie.mu/comic/news/47030 2021年5月6日閲覧。 
  22. ^ a b “映画本編を見ずに描く「妄想ポスター」最終回は諸星大二郎の「青い野獣」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年3月13日). https://natalie.mu/comic/news/224421 2021年5月6日閲覧。 
  23. ^ a b “「アカギ」完結BOX発売&トリビュート企画にいがらしみきお、大川ぶくぶら226名”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年6月13日). https://natalie.mu/comic/news/286448 2021年5月6日閲覧。 
  24. ^ “「小田原ドラゴンのドキドキラジオ」が大阪で公開収録”. コミックナタリー (ナターシャ). (2009年12月5日). https://natalie.mu/comic/news/24698 2021年5月6日閲覧。 
  25. ^ “童貞集まれ〜!小田原ドラゴン、聖夜にドキドキ生ラジオ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年12月3日). https://natalie.mu/comic/news/41369 2021年5月6日閲覧。 
  26. ^ 小田原ドラゴンのTwitterのお気に入りに投稿を登録している。
  27. ^ “古泉智浩と小田原ドラゴンがとことん童貞トーク宴”. コミックナタリー (ナターシャ). (2009年3月9日). https://natalie.mu/comic/news/14145 2021年5月6日閲覧。 
  28. ^ “小田原ドラゴン×古泉智浩の童貞トーク、大須を襲撃”. コミックナタリー (ナターシャ). (2009年8月23日). https://natalie.mu/comic/news/20270 2021年5月6日閲覧。 
  29. ^ “オルタナ系マンガ家が新宿のライブハウスでシャウト”. コミックナタリー (ナターシャ). (2009年8月16日). https://natalie.mu/comic/news/19959 2021年5月6日閲覧。 
  30. ^ “紙芝居王者決定戦。個性派集結の「紙-1グランプリ」開催”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年3月12日). https://natalie.mu/comic/news/28944 2021年5月6日閲覧。 
  31. ^ “ヤフーでヤンマガ特集、井上智徳作画中継にみなみけ検定”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年7月14日). https://natalie.mu/comic/news/34747 2021年5月6日閲覧。 
  32. ^ “小田原ドラゴンがイベント出演、非モテの生きにくさを語る”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年7月11日). https://natalie.mu/comic/news/52884 2021年5月6日閲覧。 
  33. ^ “Tシャツ直売会ラブサミでタイム涼介ら11名が似顔絵描き”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年7月11日). https://natalie.mu/comic/news/72780 2021年5月6日閲覧。 
  34. ^ “のむらしんぼ、浜田ブリトニー、御茶漬海苔らが似顔絵描き”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年4月20日). https://natalie.mu/comic/news/114832 2021年5月6日閲覧。 
  35. ^ “小田原、見ル野らギャグ系作家の即興2コママンガバトル”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年3月11日). https://natalie.mu/comic/news/86462 2021年5月6日閲覧。 
  36. ^ “天堂きりんのライブペイント、小路啓之や水瀬マユも参加”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年8月13日). https://natalie.mu/comic/news/97139 2021年5月6日閲覧。 
  37. ^ “小田原ドラゴンと高津マコト、車中泊マンガ家のゆるゆる対談をYouTubeで生配信”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年3月25日). https://natalie.mu/comic/news/421654 2021年5月6日閲覧。 

外部リンク[編集]