山陽魚住駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山陽魚住駅*
Sanyo-Uozumi Station.jpg
駅舎
さんよううおずみ
Sanyo-Uozumi
SY 23 西江井ヶ島 (0.7km)
(1.7km) 東二見 SY 25
所在地 兵庫県明石市魚住町中尾出口976-3[1]
駅番号 SY 24
所属事業者 山陽電気鉄道
所属路線 本線
キロ程 25.6km(西代起点)
駅構造 地上駅[1]
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
1,332人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1923年大正12年)8月19日[1][2]
備考 無人駅[1]
* 改称経歴
- 1961年 魚住駅→電鉄魚住駅
- 1991年 電鉄魚住駅→山陽魚住駅
テンプレートを表示

山陽魚住駅
配線図

西江井ヶ島駅

STRg STRf
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl BUILDING
STRg STRf

東二見駅

駅北側
駅南国道側
上下線間の地下連絡通路にある魚の壁画

山陽魚住駅(さんよううおずみえき)は、兵庫県明石市魚住町中尾出口にある、山陽電気鉄道本線[1]。駅番号はSY 24

歴史[編集]

駅構造[編集]

2面2線の相対式ホームをもつ地上駅[1]。駅舎は姫路方面行ホーム西端(姫路寄り)にあり、神戸方面行ホームとは地下道でつながる[1]。自動改札を備える無人駅

地下道には、国立明石工業高等専門学校の学生によって描かれた海をモチーフとした壁画が描かれている[1]

のりば[編集]

(駅舎側) 本線(下り) 高砂姫路網干方面
(反対側) 本線(上り) 明石三宮大阪方面

※のりば番号は設定されていない。

接続バス路線[編集]

Tacoバス

  • ⑦西江井ヶ島ルート 西部市民会館経由 JR魚住駅北口行/江井島サービスコーナー北経由 江井島中学校方面
江井島中学校方面行 江井ヶ島綜合市場停留所で⑥家ノ北・明石医療センター経由JR大久保駅南口行に乗継可能。(山陽魚住駅11:20~19:20発の9便のみ)
  • ⑫西岡東ルート ぼたん寺口・ふれあいプラザあかし西経由 二見市民センター行/西部市民会館北経由 JR魚住駅南口方面行
※平日7:16・7:53、土日祝日7:16発は、ふれあいプラザあかし西停留所には停車しない。 
運賃は100円均一

利用状況[編集]

乗降者数 2,178人(2009年11月10日調査)
以下に各年の乗車人員を示す。

年度 乗車人員総数 内 定期利用者数 出典
人/日 増減 順位 人/日 増減 利用率 順位
1956(S31) 1,080 [4]
1957(S32)
1958(S33)
1959(S34) 1,337 [5]
1960(S35) 1,485 11.04% [6]
1961(S36) 1,626 9.52% [7]
1962(S37) 1,818 11.82% [7]
1963(S38) 1,986 9.21% [7]
1964(S39) 1,835 -7.59% [7]
1965(S40) 1,359 -25.95% [7]
1966(S41) 1,318 -3.02% [8]
1967(S42) 1,332 1.04% [8]
1968(S43) 1,364 2.47% [8]
1969(S44) 1,370 0.40% [8]
1970(S45) 1,255 -8.40% [8]
1971(S46) 1,299 3.49% 1,036 79.75% [9]
1972(S47) 1,258 -3.16% 1,005 -2.91% 79.96% [10]
1973(S48) 1,200 -4.58% 942 -6.27% 78.54% [11]
1974(S49) 1,290 7.53% 1,005 6.69% 77.92% [12]
1975(S50) 1,258 -2.55% 973 -3.27% 77.34% [13]
1976(S51) 1,022 -18.74% 775 -20.28% 75.87% [14]
1977(S52) 1,036 1.34% 778 0.35% 75.13% [15]
1978(S53) 1,019 -1.59% 48/48 778 0.00% 76.34% [16] [17] [18] [19] [20] [21]
1979(S54) 967 -5.11% 48/48 732 -5.99% 75.64% [16] [22] [18] [19] [20] [23]
1980(S55) 893 -7.65% 48/48 671 -8.24% 75.15% [16] [24] [18] [19] [20] [23]
1981(S56) 893 0.00% 48/48 671 0.00% 75.15% [16] [25] [26] [27] [20] [23]
1982(S57) 896 0.31% 48/48 677 0.82% 75.54% [28] [29] [26] [27] [30] [23]
1983(S58) 847 -5.50% 48/48 644 -4.86% 76.05% [28] [29] [26] [27] [31] [23]
1984(S59) 814 -3.88% 48/48 625 -2.98% 76.77% [28] [29] [26] [27] [31] [32]
1985(S60) 1,016 24.92% 48/48 836 33.77% 82.21% [28] [29] [26] [27] [31] [32]
1986(S61) 973 -4.31% 48/48 800 -4.26% 82.25% [28] [29] [26] [33] [31] [32]
1987(S62) 912 -6.20% 48/48 737 -7.88% 80.78% [34] [35] [26] [33] [31] [32]
1988(S63) 956 4.80% 48/48 759 2.97% 79.37% [34] [35] [26] [33] [31] [36]
1989(H01) 1,063 11.17% 830 9.39% 78.09% [34] [35] [26] [33] [37] [36]
1990(H02) 1,093 2.84% 43/48 838 0.99% 76.69% [34] [35] [38] [33] [37] [36]
1991(H03) 1,104 1.00% 838 0.00% 75.93% [34] [39] [38] [40] [37] [36]
1992(H04) 1,123 1.74% 43/48 852 1.63% 75.85% [41] [39] [42] [40] [37] [36]
1993(H05) 1,134 0.98% 39/48 852 0.00% 75.12% [41] [39] [42] [40] [43] [44]
1994(H06) 1,107 -2.42% 39/48 827 -2.89% 74.75% [41] [39] [42] [40] [43] [44]
1995(H07) 1,142 3.22% 36/48 844 1.99% 73.86% [41] [39] [42] [45] [43] [44]
1996(H08) 1,101 -3.60% 37/48 814 -3.57% 73.88% [41] [46] [42] [45] [43] [44]
1997(H09) 1,060 -3.73% 38/48 789 -3.03% 74.42% [47] [46] [42] [45] [48] [44]
1998(H10) 992 -6.46% 40/48 723 -8.33% 72.93% [47] [46] [42] [45] [48] [49]
1999(H11) 1,033 4.14% 40/48 693 -4.17% 67.11% [47] [46] [42] [45] [48] [49]
2000(H12) 1,036 0.27% 41/48 674 -2.77% 65.08% [47] [46] [42] [50] [48] [49]
2001(H13) 1,025 -1.06% 40/48 658 -2.44% 64.17% [47] [51] [52] [50] [48] [49]
2002(H14) 1,022 -0.27% 39/48 641 -2.50% 62.73% [53] [51] [52] [50] [48] [49]
2003(H15) 1,027 0.54% 36/48 619 -3.42% 60.27% [53] [51] [52] [50] [48] [54]
2004(H16) 1,025 -0.27% 36/49 616 -0.44% 60.16% [53] [51] [52] [50] [55] [54]
2005(H17) 1,066 4.01% 34/49 647 4.89% 60.67% [53] [51] [52] [56] [55] [54]
2006(H18) 1,110 4.11% 34/49 666 2.97% 60.00% [53] [57] [52] [56] [55] [54]
2007(H19) 1,134 2.22% 33/49 685 2.88% 60.39% [58] [57] [59] [56] [55] [54]
2008(H20) 1,159 2.17% 32/49 718 4.80% 61.94% [58] [57] [59] [56] [55] [60]
2009(H21) 1,151 -0.71% 32/49 737 2.67% 64.05% [58] [57] [59] [56] [55] [60]
2010(H22) 1,145 -0.48% 32/49 710 -3.72% 61.96% [58] [57] [59] [61] [55] [60]
2011(H23) 1,110 -3.11% 33/49 682 -3.86% 61.48% [58] [62] [59] [61] [63] [60]
2012(H24) 1,126 1.48% 32/49 690 1.20% 61.31% [64] [62] [59] [61] [63] [60]
2013(H25) 1,164 3.41% 32/49 712 3.17% 61.18% [64] [62] [65] [61] [63] [66]
2014(H26) 1,214 4.24% 32/49 756 6.15% 62.30% [64] [62] [65] [67] [63] [66]
2015(H27) 1,241 2.26% 32/49 753 -0.36% 60.71% [64] [62] [65] [67] [63] [66]
2016(H28) 1,247 0.44% 32/49 753 0.00% 60.44% [64] [68] [65] [67] [63] [66]
2017(H29) 1,332 6.81% 31/49 819 8.73% 61.52% 31/49 [69] [68] [65] [67] [63] [66]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

山陽電気鉄道
本線
直通特急・S特急
通過
普通
西江井ヶ島駅 (SY 23) - 山陽魚住駅 (SY 24) - 東二見駅 (SY 25)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『兵庫の鉄道全駅 私鉄・公営鉄道』神戸新聞総合出版センター、2012年12月10日、115頁。ISBN 9784343006745
  2. ^ a b c d e f g 「駅の変遷」『山陽電気鉄道百年史』、山陽電気鉄道株式会社、2007年11月、 390頁。
  3. ^ 神戸新聞NEXT(2019年6月16日)電車にはねられ女性死亡 明石・山陽電鉄魚住駅 - ウェイバックマシン(2019年6月17日アーカイブ分)
  4. ^ 『明石市統計書 昭和32年版』 明石市秘書課 広報統計係、昭和32年12月1日刊行 (奥付なし)、p.117
  5. ^ 『明石市統計書 昭和35年版』 明石市役所 秘書課広報統計係、昭和35年12月1日刊行 (奥付なし)、p.143
  6. ^ 『明石市統計書 昭和36年版』 明石市役所 秘書課広報統計係、昭和36年12月1日刊行 (奥付なし)、p.150
  7. ^ a b c d e 『明石市統計書 昭和41年版』 明石市企画室、昭和42年1月刊行 (奥付なし)、p.146
  8. ^ a b c d e 『明石市統計書1971年版』 企画室、昭和46年9月刊行 (奥付なし)、p.138
  9. ^ 『明石市統計書1972年版』 昭和47年9月刊行 (奥付なし)、pp.152-153
  10. ^ 『明石市統計書(昭和48年版)』 昭和48年9月刊行 (奥付なし)、pp.129-131
  11. ^ 『明石市統計書(昭和49年版)』 昭和49年9月刊行 (奥付なし)、pp.158-159
  12. ^ 『明石市統計書(昭和50年版)』 昭和50年12月刊行 (奥付なし)、pp.186-187
  13. ^ 『明石市統計書(昭和51年版)』 昭和51年11月刊行 (奥付なし)、pp.232-233
  14. ^ 『明石市統計書(昭和52年版)』 昭和52年11月刊行 (奥付なし)、pp.239-240
  15. ^ 『昭和53年版 明石市統計書』 明石市市役所総務部企画課統計係、昭和53年12月印刷発行(明光印刷有限会社)、pp.245-246
  16. ^ a b c d 『第59回 神戸市統計書(昭和57年度版)』 神戸市市長室企画調整部調査統計課、昭和58年3月印刷発行(菱三印刷株式会社)、pp.163-165
  17. ^ 『昭和54年版 明石市統計書』 明石市市役所総務部企画課統計係、昭和54年12月印刷発行(明光印刷有限会社)、pp.235-236
  18. ^ a b c はりま 統計資料編 1985(昭和60年) p.22 -4. 国鉄土山駅年間乗車人員・山陽電鉄本荘駅1日の乗降人員
  19. ^ a b c 『加古川市統計書(昭和56年版)』 編集:加古川市総務部総務課(昭和56年10月)、発行:兵庫県加古川市役所(昭和56年12月)、p.96(「資料 山陽電気鉄道株式会社明石管理駅(1日の乗車人員を1年に換算)」と記載あり
  20. ^ a b c d 『高砂市統計書 昭和57年版』 編集:市長公室企画課、発行:高砂市役所(昭和57年7月)、p.56
  21. ^ 『姫路市統計要覧 昭和54年版』 姫路市理財局企画財政部企画課、昭和54年12月1日発行(印刷所 高橋総合印刷株式会社)、p.80
  22. ^ 『昭和55年版 明石市統計書』 明石市役所総務部企画課統計係、昭和56年3月印刷発行(明光印刷有限会社)、pp.261-262
  23. ^ a b c d e 『姫路市統計要覧 昭和59年版』 姫路市企画局調整課、昭和60年3月発行、p.148, p.150
  24. ^ 『昭和56年版 明石市統計書』 明石市総務部企画課統計係、昭和57年1月印刷発行(明光印刷有限会社)、pp.261-262
  25. ^ 『昭和57年版 明石市統計書』 明石市総務部企画課統計係、昭和58年3月印刷発行(明光印刷有限会社)、pp.265-266
  26. ^ a b c d e f g h i 播磨町統計書 1990年(平成2年) p.26 -4. JR土山駅年間乗車人員・山陽電鉄本荘駅1日の乗降人員
  27. ^ a b c d e 『加古川市統計書(昭和61年版)』 編集:加古川市総務部総務課(昭和61年12月)、発行:兵庫県加古川市役所(昭和62年1月)、p.104(「資料 山陽電気鉄道株式会社明石管理駅 注)1日の乗車人員を1年に換算」と記載あり
  28. ^ a b c d e 『第64回 神戸市統計書(昭和62年度版)』 神戸市市長総局企画調整部調査統計課、昭和63年3月印刷発行(菱三印刷株式会社)、pp.136-137
  29. ^ a b c d e 『明石市統計書(昭和62年版)』 明石市企画部企画課統計係、昭和63年3月印刷発行(明光印刷有限会社)、p.212
  30. ^ 『高砂市統計書 昭和59年版』 編集:企画部企画課、発行:高砂市役所(昭和59年7月)、p.49
  31. ^ a b c d e f 『高砂市統計書 平成元年版』 編集:企画部企画課、発行:高砂市役所(平成元年8月)、p.51
  32. ^ a b c d 『姫路市統計要覧 昭和63年版』 姫路市企画局総合企画室、平成元年3月発行、p.106(「注)定期乗車人員算定方法について、59年度までは交通量調査の資料を基礎としていたが、60年度からは、実績を採用している。」との記載あり)
  33. ^ a b c d e 『加古川市統計書(平成3年度版)』 編集:加古川市総務部総務課(平成4年2月)、発行:兵庫県加古川市役所(平成4年3月)、p.106(「資料 山陽電気鉄道株式会社 注)1日の乗車人員を1年に換算」と記載あり
  34. ^ a b c d e 『第69回 神戸市統計書(平成4年度版)』 神戸市企画調整局企画部総合計画課、平成5年3月印刷発行(菱三印刷株式会社)、pp.149-150
  35. ^ a b c d 『明石市統計書(平成4年版)』 兵庫県明石市企画財政部企画課統計係、平成5年3月印刷発行(株式会社 ソーエイ)、p.212
  36. ^ a b c d e 『姫路市統計要覧 平成5年版』 姫路市総務局総務部情報管理課、平成6年3月発行、pp.102-103
  37. ^ a b c d 『高砂市統計書 平成8年版』 編集:総務部総務課、発行:高砂市役所(平成8年11月)、p.49
  38. ^ a b 播磨町統計書 1999年(平成11年) p.27 -4. JR土山駅乗車人員・山陽電鉄播磨町駅1日の乗降人員
  39. ^ a b c d e 『明石市統計書(平成8年版)』 兵庫県明石市企画財政部企画課統計係、平成9年3月印刷発行(株式会社 ソーエイ)、p.216
  40. ^ a b c d 『加古川市統計書(平成7年度版)』 編集:加古川市総務部総務課(平成8年2月)、発行:兵庫県加古川市役所(平成8年3月)、p.105
  41. ^ a b c d e 『第74回 神戸市統計書(平成9年度版)』 神戸市震災復興本部総括局復興推進部企画課、平成10年3月印刷発行(交友印刷株式会社)、pp.143-144
  42. ^ a b c d e f g h i 『播磨町統計書(平成13年度版)』 兵庫県播磨町企画調整課、平成13年7月発行、p.27
  43. ^ a b c d 『高砂市統計書 平成12年版』 高砂市総務部文書課、平成13年2月発行、p.49
  44. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成10年(1998年)版 10.運輸・通信
  45. ^ a b c d e 『加古川市統計書(平成12年度版)』 兵庫県加古川市総務部総務課、平成13年3月発行、p.107
  46. ^ a b c d e 『明石市統計書(平成13年版)』 兵庫県明石市総務部情報管理課統計係、平成14年3月発行、p.218 (運輸及び通信) 199. 山陽電鉄 市内各駅年度別,月別乗車人員
  47. ^ a b c d e 『第79回 神戸市統計書(平成14年度版)』 神戸市企画調整局企画調整部総合計画課、平成15年3月印刷発行(有限会社 わかばやし印刷)、pp.151-152
  48. ^ a b c d e f g 『高砂市統計書 平成16年版』 高砂市総務部文書課、平成17年2月発行、p.49
  49. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成15年(2003年)版 10.運輸・通信
  50. ^ a b c d e 加古川市統計書 平成17年度版(2005年度) (10章 運輸及び通信) 10-2. 山陽電鉄駅別乗車人員
  51. ^ a b c d e 『明石市統計書 平成18年版(2006年)』 兵庫県明石市総務部情報管理課統計係、平成19年3月発行、p.220 (運輸及び通信) 193. 山陽電鉄 市内各駅年度別,月別乗車人員
  52. ^ a b c d e f 播磨町統計書 2007年(平成19年) p.28 -(9.公園・交通・通信) 3.JR土山駅・山陽電鉄播磨町駅の乗車人数
  53. ^ a b c d e 『第84回 神戸市統計書(平成19年度版)』 神戸市企画調整局企画調整部総合計画課、平成20年3月印刷発行(有限会社 わかばやし印刷)、pp.127-128
  54. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成20年(2008年)版 10.運輸・通信
  55. ^ a b c d e f g 『高砂市統計書 平成23年版』 高砂市企画総務部総務課、平成24年2月発行、p.47
  56. ^ a b c d e 加古川市統計書 平成22年度版(2010年度) (10章 運輸及び通信) 10-2. 山陽電鉄駅別乗車人員
  57. ^ a b c d e 『明石市統計書 平成23年版(2011年)』 兵庫県明石市総務部情報管理課統計係、平成24年3月発行、p.218 (8. 運輸及び通信) 8-2. 山陽電鉄 市内各駅月別乗車人員
  58. ^ a b c d e 第89回神戸市統計書 平成24年度版 (9 陸上運輸・空港) 9-3.鉄道市内各駅の乗車人員(山陽電気鉄道)
  59. ^ a b c d e f 播磨町統計書 2013年(平成25年) p.25 -(7.公園・交通・通信) 3.JR土山駅・山陽電鉄播磨町駅の乗車人数
  60. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成25年(2013年)版 10.運輸・通信
  61. ^ a b c d 加古川市統計書 平成26年度版(2014年度) (10章 運輸及び通信) 10-2. 山陽電鉄駅別乗車人員
  62. ^ a b c d e 明石市統計書 平成28年版(2016年) (8. 運輸及び通信) 8-2. 山陽電鉄 市内各駅月別乗車人員
  63. ^ a b c d e f g 『高砂市統計書 平成30年版』 高砂市企画総務部総務室総務課、平成30年2月発行、p.47
  64. ^ a b c d e 第94回神戸市統計書 平成29年度版 (9 陸上運輸・空港) 9-3.鉄道市内各駅の乗車人員(山陽電気鉄道)
  65. ^ a b c d e 播磨町統計書 2018年(平成30年) p.25 -(7.公園・交通・通信) 3.JR土山駅・山陽電鉄播磨町駅の乗車人数
  66. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成30年(2018年)版 10.運輸・通信
  67. ^ a b c d 加古川市統計書 平成30年度版(2018年度) (10章 運輸及び通信) 10-2. 山陽電鉄駅別乗車人員
  68. ^ a b 明石市統計書 平成30年版(2018年) (8. 運輸及び通信) 8-2. 山陽電鉄 市内各駅月別乗車人員
  69. ^ 第95回神戸市統計書 平成30年度版 (9 陸上運輸・空港) 9-3.鉄道市内各駅の乗車人員(山陽電気鉄道)

外部リンク[編集]