東須磨駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東須磨駅*
踏切から撮影した東須磨駅駅舎(2008年2月22日)
踏切から撮影した東須磨駅駅舎(2008年2月22日)
ひがしすま - Higashi-suma
SY 02 板宿 (0.8km)
(0.8km) 月見山 SY 04
所在地 神戸市須磨区若木町一丁目
駅番号 SY 03
所属事業者 山陽電気鉄道
所属路線 本線
キロ程 1.8km(西代起点)
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
1,625人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1910年明治43年)3月15日
* 改称経歴
- 1917年 大手駅→須磨東口駅
- 1944年 須磨東口駅→東須磨駅
テンプレートを表示
プラットホーム

東須磨駅(ひがしすまえき)は、兵庫県神戸市須磨区若木町一丁目にある、山陽電気鉄道本線。駅番号はSY 03

阪神本線から直通してくる一部の列車は当駅で折り返す。また、明石・姫路方面から山陽須磨駅発着の列車も当駅まで回送して折り返し、山陽須磨駅で再び営業運転に戻る。また車庫所在駅である関係で、当駅を始発または終着とする列車が設定されている。

歴史[編集]

  • 1910年明治43年)3月15日 - 兵庫電気軌道が兵庫(のちの電鉄兵庫) - 須磨(現・山陽須磨)間で開業した際に、大手駅として設置[1]
  • 1917年大正6年)4月12日 - 当駅と板宿駅との間に新たに大手駅[2]が開業し、当駅は須磨東口駅に改称[1]
  • 1927年昭和2年)4月1日 - 宇治川電気により合併され、同社の駅となる。
  • 1933年(昭和8年)6月6日 - 宇治川電気の鉄道部門が分離され、山陽電気鉄道の駅となる。
  • 1944年(昭和19年)4月1日 - 東須磨駅に改称[1]
  • 1960年(昭和35年) - 下りホームを100m東に移転[1]
  • 1968年(昭和43年)3月27日 - 橋上駅となり、折り返し線が設置される[1]
  • 1995年平成7年)
    • 1月17日 - 阪神・淡路大震災で山陽電鉄本線が不通となり、当駅も一時営業中止。
    • 2月21日 - 当駅 - 須磨寺間再開に伴い営業再開。
    • 3月24日 - 板宿駅地下駅化に伴い、板宿駅方面への運転再開。
  • 2006年(平成18年)10月28日 - 阪神の準急電車の山陽電鉄線乗り入れ中止。代わりに阪神の普通電車の運転区間が東須磨まで伸ばされる。
  • 2009年(平成21年)3月20日 - ダイヤ改正により、一部の直通特急(種別幕が黄色のもののみ)停車駅になる。同時に阪神の急行・普通電車の山陽電鉄線乗り入れ中止。
  • 2014年(平成26年)- 9月 駅長室を除き、照明灯をLED照明に取り換え
  • 2016年(平成28年)3月19日 - ダイヤ改正により、直通特急は再び全便通過となる。

駅構造[編集]

島式2面4線のホームを持つ橋上駅。改札口は1ヶ所のみ。月見山駅方に東須磨車庫がある。かつては[いつ?]2面3線だったが改良された。駅西方には引上線が2本存在したが、内1本(南側)は近年撤去された[要出典]

のりば[編集]

1・2 本線(下り) 明石姫路網干方面
3・4 本線(上り) 神戸三宮大阪方面

偶数番線(2番線と4番線)が主本線、奇数番線(1番線と3番線)が待避線である。3番線からは姫路方面への出発も可能で、山陽須磨発着の普通列車の折り返しにも使われる。板宿からは3番線(上り待避線)に、月見山からは2番線(下り本線)の入線にも対応している。(阪急が乗り入れていた頃の朝ラッシュ時は板宿から3番線に入線してそのまま折り返す列車や、月見山から2番線に入線してそのまま折り返す列車も存在した。[要出典]

利用状況[編集]

神戸市統計書によると、2013年度の一日平均乗車人員は1,625人であった。山陽電鉄全49駅中25位である。

他の神戸市内の山陽電鉄の駅同様微減が続いていたが、近年はほぼ横ばいである。

以下に各年の乗降客数を示す。

年度 乗車人員
人/日
出典
総数 内定期
2007年(平成19年) 1,814 1,099 [3]
2008年(平成20年) 1,912 1,090 [3]
2009年(平成21年) 1,660 915 [4]
2010年(平成22年) 1,668 921 [4]
2011年(平成23年) 1,636 879 [4]
2012年(平成24年) 1,589 849 [4]
2013年(平成25年) 1,625 866 [4]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

山陽電気鉄道
本線
直通特急・S特急
通過
特急・普通
板宿駅 (SY 02) - 東須磨駅 (SY 03) - 月見山駅 (SY 04)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「駅の変遷」、『山陽電気鉄道百年史』、山陽電気鉄道株式会社、2007年11月、 388-391頁、2014年11月1日閲覧。
  2. ^ その後、1943年(昭和18年)11月20日に営業休止し、1946年(昭和21年)8月3日廃止される。
  3. ^ a b 神戸市統計年鑑(平成24年度版)
  4. ^ a b c d e 神戸市統計年鑑(平成26年度版)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]