小鴨由水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小鴨 由水こかも ゆみ1971年12月26日 - )は、日本の女子陸上競技長距離走マラソン選手。元女子マラソン日本最高記録保持者・1992年バルセロナオリンピック女子マラソン日本代表。

兵庫県明石市出身。1990年兵庫県立明石南高等学校卒業後、大阪府池田市ダイハツ工業に入社。1994年龍谷大学短期大学部に入学、1996年に短大卒業。現在は二児の母で、福岡市城南区在住。

経歴[編集]

大阪国際女子マラソン、初マラソン世界最高記録で初優勝[編集]

ダイハツに入社してから1年半後、1991年10月の全日本実業団選手権大会の女子10000mでは33分19秒94で10位となり、チームの先輩だった浅利純子(16位)よりも先着した[1]。同年11月の神戸女子20kmロードレースでは浅利とゴールまで競り合い、敗れはしたがともに日本最高記録に近いタイムであった[1][2]。小鴨の回想では、このレースの後、監督の鈴木従道からは「優勝した浅利より、今日は小鴨が凄く良かった」と称賛の言葉を受け、翌日に大阪国際女子マラソンへの出場を打診されて受諾したという[2]。力を付けて来てはいたものの、その時点での小鴨はマスコミなどから、オリンピック日本代表候補として注目されるランナーではなかった。

小鴨がまだ20歳になったばかりの1992年1月、バルセロナオリンピック女子マラソンの代表選考会であった大阪国際女子マラソンで初マラソンに挑む。出場を受諾したとき、小鴨はこれがオリンピックの代表選考であるという意識はほとんどなかったと述べている[2]。ところが、同マラソンの36km地点過ぎまで小鴨と浅利は先頭で併走し続け、その後浅利が脱落すると小鴨の完全独走状態となる。そして浅利と同じくバルセロナ五輪女子マラソン代表選出を狙っていた松野明美(彼女も初マラソン)のレース後半の追い上げも退けて、いきなりフルマラソン初優勝を果たした。大阪国際女子マラソンでは日本人として初めての優勝者、しかもゴールタイムの2時間26分26秒は当時の日本女子最高記録、さらに女子選手として初マラソン世界最高記録という快挙で、小鴨は20歳で一躍日本女子マラソン界のトップに立った。本人は「自分のペースで気持ちよく走っていたら、勝っちゃった」という印象だったという[3]

初マラソンとはいえ、文句のない成績からバルセロナオリンピック・女子マラソン日本代表に選出された。それでも想定外ともいえる小鴨の代表選出は、のちに松野明美と有森裕子の代表争いの騒動を呼ぶきっかけともなった(結果有森が3番手で選出し松野は落選)。小鴨自身も「まさか自分がオリンピック代表選手になれるとは夢にも思わなかった」と、当時は嬉しさよりも戸惑いの方が大きかったという。また大阪国際女子マラソンのゴール直後には、監督の鈴木から「君は(浅利の)ペースメーカーだったんだよ」と、暗に彼女の優勝は望んでいなかったようなことを言われたともされるが、本人は後年のインタビューでそれを否定している[2]。さらにバルセロナ五輪日本代表決定の後は、周囲からの大きな期待が彼女自身にとって物凄いプレッシャーとなってゆき、後年小鴨は「オリンピックに出るのが段々と怖くなった」等と当時を述懐していた。

バルセロナ五輪女子マラソン出場・29位で完走[編集]

1992年6月、地元・兵庫県立明石公園内の陸上競技場で開催されたオリンピック前の壮行記録会へ、小鴨は当時のダイハツ所属選手らと共に出走。ところが、高地トレーニングで体調を崩した影響からか、先頭から周回遅れにされて完走した13人中12位の結末に、ゴール後の小鴨は思わず悔し涙を流してしまう。その後再び米国に渡り猛練習を行うも調子が全く上がらず、小鴨自ら鈴木監督に「五輪を走りたくありません」と直訴する程まで、精神的に追い詰められてしまったという。急遽小鴨は鈴木監督達と一緒に、米国から日本へ緊急帰国。当時のマスコミ陣営は一時「小鴨が女子マラソン五輪代表辞退、補欠代表の谷川真理が繰り上がるのでは?」という報道がされる中で、ダイハツの鈴木監督や日本陸連は「(小鴨の)体調はかなり良くなった。オリンピックは大丈夫」と揃って完全否定、敢えて五輪出場を正式に表明した。

その1992年8月のバルセロナ五輪女子マラソン本番レースでは、号砲直後小鴨だけ一人飛び出し積極的な処も見せたが、15Km付近で集団に吸収された後は程なくして先頭集団からも遅れ出し、メダル・入賞争いからは完全に脱落。結局万全の体調では無い状態での出走となり、何とか完走はしたものの2時間58分台と29位の惨敗に終わり、ゴール後は猛暑による脱水症状の影響で医務室へ運ばれた(当初小鴨は30位だったが、ドーピング違反者が出たため29位へ繰り上げ。有森が2位入賞を果たし銀メダル獲得、山下佐知子は4位入賞)。それでも小鴨自身は「オリンピックの大舞台だからこそ絶対にゴールしたかった。アトランタオリンピックの有森さんではないが、こんな状態でも完走出来た『自分を自分で褒めたい』心境だった」と語っている[4]。翌1993年3月、「バルセロナ五輪が終わって緊張が切れました。仕事で走るのが嫌になったというのが本心です」と小鴨は記者会見でコメントを述べ、当時21歳の若さでダイハツからの退社を表明した。

市民ランナーとして[編集]

ダイハツ退社後は明石市の実家に戻り、一時陸上競技からは完全に遠ざかっていたが、1994年に龍谷大学短期大学部社会福祉科に入学。短大卒業後の1996年、福岡市の岩田屋陸上部に入部。重松森雄監督の指導を受けながら、全日本実業団対抗女子駅伝にアンカーとしても出場した。しかし、1999年に岩田屋陸上部の廃部に伴い退社。

2000年1月の大阪国際女子マラソンでは、一般参加選手として8年ぶりにフルマラソンに復帰、3時間24分台の記録ながら完走を果たす。尚かつて同ダイハツ所属のチームメート・浅利純子も大阪国際にエントリー、シドニーオリンピックを目指し国内招待で出場したが15Km過ぎで途中棄権、鈴木監督がリタイアの浅利を抱きかかえる光景を目撃した小鴨は吃驚したという。結果的に同マラソンが、浅利の現役ラストランとなった[5]

1998年、2歳上のパン職人と結婚し、一時「松永姓」となった。2002年、第一子を出産。翌年の11月、自身初めて「ママさんランナー」として東京国際女子マラソンに出走。2006年、第二子を出産。

2007年1月から岩田屋時代の監督だった重松森雄のもと、競技を再開。設立されたクラブチーム、ファーストドリームACに参加し、2009年1月の大阪国際女子マラソンへ9年ぶりに出場。バルセロナ五輪時の自身のタイムを上回ることを目指していたが、あと34秒届かずゴール後に「悔しい」と苦笑いを浮かべていた。しかし、同年8月の北海道マラソンでは、最高気温が25度を下回る好条件も有り、2時間52分台でゴールを果たす。翌2010年1月の大阪国際女子マラソンにも2年連続で出場、雨天の中昨年の同大会よりも8分以上タイムを更新、自身2番目のマラソン記録となった。

その後2010年9月にファーストドリームACを退部、主に個人で練習を続けている(現在所属は大濠ランナーズ)。翌2011年1月、コースが一部変更された大阪国際女子マラソンへ、「小鴨由水」での登録で出走。しかし低過ぎる気温と冷たい強風の悪天候が影響してか、3時間切りのゴールタイムは達成出来なかった。同年11月には地元兵庫県で開催の第1回神戸マラソンに出場、女子選手では全体8位の好成績でフィニッシュした。

しかし夫とは、2011年に生活のすれ違い等を理由に離婚[6]。小鴨姓に戻りシングルマザーとして生活していた。福岡市社会福祉事業団に勤務し、福岡市障がい者スポーツセンター、老人福祉センター、心身障がい福祉センターの指導員も務めていた。だが2014年1月に、元夫を大動脈解離で突然亡くしてしまう[7]。それを機に、同年11月よりフコク生命の営業職も兼業していた[7](3年5か月後の2018年3月限りで退職し、独立して代理店契約を締結[8])。

2018年4月から6月まで、在住する福岡県の地元紙である西日本新聞に「小鴨由水さんの聞き書き「人生走快」」が70回にわたり掲載された[9]

また、有森裕子が設立した「ライツスポーツネットワーク」のメンバーとしてスポーツイベントの講師や、ランニング指導者等として現在活動中である。

自己記録[編集]

マラソン全記録[編集]

テレビ出演[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 陸上競技マガジン』1992年3月号、ベースボール・マガジン社
  2. ^ a b c d “小鴨由水さんの聞き書き「人生走快」<12>復調 初のマラソンへと「人生走快」”. 西日本新聞. (2018年4月16日). http://www.nishinippon.co.jp/feature/life_running/article/408976/ 2019年1月14日閲覧。 
  3. ^ “小鴨由水さんの聞き書き「人生走快」<1>初挑戦 勝っちゃった”. (2018年4月2日). https://www.nishinippon.co.jp/feature/life_running/article/405511/ 2019年1月14日閲覧。 
  4. ^ “小鴨由水さんの聞き書き「人生走快」<26>五輪だからこそ完走”. 西日本新聞. (2018年5月2日). https://www.nishinippon.co.jp/feature/life_running/article/413220/ 2019年1月24日閲覧。 
  5. ^ “小鴨由水さんの聞き書き「人生走快」<46>大阪「けじめ」の完走”. 西日本新聞. (2018年5月16日). https://www.nishinippon.co.jp/feature/life_running/article/419615/ 2019年1月14日閲覧。 
  6. ^ “小鴨由水さんの聞き書き「人生走快」<66>擦れ違いから離婚へ”. 西日本新聞. (2018年6月20日). https://www.nishinippon.co.jp/feature/life_running/article/426094/ 2019年1月4日閲覧。 
  7. ^ a b 女子マラソンで日本記録 小鴨由水さんは指導&生保レディー日刊ゲンダイ・2015年8月17日記事)
  8. ^ マラソン「小鴨由水」走る時間が欲しくて生保レディやめたSmart FLASH・2018年5月30日記事)
  9. ^ “小鴨由水さんの聞き書き「人生走快」」”. 西日本新聞. https://www.nishinippon.co.jp/feature/life_running/ 2019年1月14日閲覧。 
  10. ^ 石橋貴明のスポーツ伝説…光と影(TBS)