メイショウクオリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メイショウクオリア
Meisyo-Qualia20110116.jpg
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2005年4月12日
死没 2012年12月1日(7歳没)
登録日 2007年9月27日
抹消日 2012年12月1日
マンハッタンカフェ
アンノウンウォーターズ
母の父 Rahy
生国 日本の旗 日本北海道浦河町
生産 富田牧場
馬主 松本好雄
調教師 西橋豊治栗東
競走成績
生涯成績 43戦4勝
獲得賞金 1億9137万3000円
テンプレートを表示

メイショウクオリア日本競走馬。馬名の意味は冠名の「メイショウ」(名将)と英語で「感覚に伴う質感、脳の栄養」を意味する「クオリア」である。

経歴[編集]

競走馬としてのデビューは2007年12月8日阪神競馬場の新馬戦(ダート1800m)。このレースでコロナグラフを抑えて1着となり初勝利を挙げる。重賞初挑戦となるラジオNIKKEI杯2歳ステークスは3着と善戦したものの、続くきさらぎ賞は10着、ダートに戻った3歳500万下も4着に沈んだ。

4月になり武豊に乗り替わったムーニーバレーレーシングクラブ賞。距離が大きく伸びたこともあり差し切り勝ち。さらに中1週を挟んだ京都新聞杯岩田康誠を背にゴール前の接戦を粘り切り重賞初勝利を飾った。しかし迎えたダービーでは後方ままブービーに終わっている。その後も神戸新聞杯17着、菊花賞12着、ステイヤーズステークス10着、日経新春杯6着、京都記念9着、中京記念5着、大阪-ハンブルクカップ10着と主に中長距離路線を走り続けたが勝つことができなかった。その後、久々のダート戦となった7月のマリーンステークスでは中団で待機するも3コーナーで後退してしまいブービーの10着と大敗した。続く関越ステークスではスタートからハナに立ち逃げる展開となったが、最後の直線で2番手で追走していたシルククルセイダーにクビ差でかわされたものの2着と好走した。続く阿蘇ステークスでも2着だった。その後、芝に戻り京都大賞典に出走したが、人気通りの10着と大敗した。ダートに戻り、トパーズステークスでは見せ場なく11着と大敗した。続くベテルギウスステークスでは2着と好走したものの、師走ステークスでは12着に終わった。

5歳となった2010年は大沼ステークスで復帰、先団追走も直線で失速し12着と大敗した。連闘で挑んだ巴賞では10番人気と低評価だったが、道中先団追走から直線で最内を突くと逃げ粘るメイショウレガーロをゴール前で捕らえて快勝、2008年京都新聞杯以来の勝利を飾った。函館記念では道中好位を追走したが直線で伸び切れず7着に敗れたが、みなみ北海道ステークスと札幌日経オープンでは共に3着と好走した。ダートに戻り、ブラジルカップでは2番手で追走も直線で伸び切れず人気通りの6着に敗れた。続く福島記念では4着、中日新聞杯では道中中団追走も直線で失速し16着と大敗した。

6歳となった2011年初戦の日経新春杯では先団追走も直線で失速し最下位の13着と大敗。その後、休養を挟んで五稜郭ステークスに出走、スタートからハナに立ち逃げたが4着。巴賞では先団追走も直線で伸び切れず5着。函館記念では4着と逃げ粘った。みなみ北海道ステークスでは先行して3着と好走した。札幌日経オープンでは果敢に逃げて2着と粘り込んだ。休養を挟んでステイヤーズステークスに出走、道中中団追走も直線で伸び切れず6着。

7歳となった2012年初戦の万葉ステークスでは中団追走も伸び切れず9着。日経新春杯はスタートで出負けして中団追走も最下位の12着と大敗。休養を挟み巴賞は10着、函館記念は15着に終わった。札幌日経オープンでは先行して2着に粘った。続く丹頂ステークスで10着。3ヶ月の休養を挟んでステイヤーズステークスに出走したが、競走中に右第1指関節脱臼を発症、予後不良となった。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2007.12.08 阪神 新馬 14 007.8 0(3人) 01着 藤岡佑介 55 ダ1800m(良) 1:53.9 (37.2) -0.3 (コロナグラフ)
0000.12.22 阪神 ラジオNIKKEI杯2歳S JpnIII 13 014.3 0(6人) 03着 藤岡佑介 55 芝2000m(重) 2:07.0 (35.2) -0.0 サブジェクト
2008.02.17 京都 きさらぎ賞 JpnIII 15 016.4 0(6人) 10着 藤岡佑介 55 芝1800m(良) 1:49.4 (35.8) -0.6 レインボーペガサス
0000.03.08 阪神 500万下 16 002.2 0(1人) 04着 藤岡佑介 56 ダ1800m(良) 1:53.4 (37.5) -0.6 コロナグラフ
0000.04.26 京都 ムーニーバレーRC賞 10 004.1 0(2人) 01着 武豊 56 芝2400m(良) 2:28.5 (34.5) -0.2 (スリーオリオン)
0000.05.10 京都 京都新聞杯 JpnII 16 003.6 0(2人) 01着 岩田康誠 56 芝2200m(稍) 2:18.4 (35.8) -0.0 (ロードアリエス)
0000.06.01 東京 東京優駿 JpnI 18 041.1 (11人) 17着 岩田康誠 57 芝2400m(良) 2:28.6 (35.9) -1.9 ディープスカイ
0000.09.28 阪神 神戸新聞杯 JpnII 18 107.4 (12人) 17着 角田晃一 56 芝2400m(良) 2:27.6 (37.8) -2.3 ディープスカイ
0000.10.26 京都 菊花賞 JpnI 18 025.6 (12人) 12着 角田晃一 57 芝3000m(良) 3:07.1 (36.0) -1.4 オウケンブルースリ
0000.12.06 中山 ステイヤーズS GII 16 017.6 0(9人) 10着 柴田善臣 56 芝3600m(良) 3:49.5 (36.5) -1.4 エアジパング
2009.01.18 京都 日経新春杯 GII 16 018.4 0(8人) 06着 岩田康誠 54 芝2400m(良) 2:27.4 (36.0) -0.8 テイエムプリキュア
0000.02.21 京都 京都記念 GII 13 042.7 0(7人) 09着 藤岡佑介 57 芝2200m(良) 2:15.8 (36.4) -1.1 アサクサキングス
0000.03.14 中京 中京記念 GIII 18 047.3 (12人) 05着 渡辺薫彦 54 芝2000m(重) 2:00.9 (36.7) -0.5 サクラオリオン
0000.04.11 阪神 大阪-ハンブルクC OP 10 004.8 0(2人) 10着 武豊 54 芝2400m(良) 2:29.8 (35.0) -1.1 ゼンノグッドウッド
0000.07.19 札幌 マリーンS OP 11 023.5 0(5人) 10着 横山典弘 55 ダ1700m(不) 1:43.5 (36.8) -1.8 マチカネニホンバレ
0000.08.08 新潟 関越S OP 13 022.7 0(7人) 02着 後藤浩輝 54 ダ1800m(重) 1:50.2 (35.1) -0.0 シルククルセイダー
0000.08.30 小倉 阿蘇S OP 16 005.6 0(2人) 02着 武豊 55 ダ1700m(良) 1:45.5 (37.0) -0.3 マルブツリード
0000.10.11 京都 京都大賞典 GII 14 049.8 (10人) 10着 武幸四郎 57 芝2400m(良) 2:25.3 (35.7) -1.0 オウケンブルースリ
0000.11.21 京都 トパーズS OP 16 010.9 0(5人) 11着 安藤勝己 57 ダ1800m(良) 1:51.8 (38.5) -2.2 シルクメビウス
0000.12.12 阪神 ベテルギウスS OP 12 048.9 0(8人) 02着 武幸四郎 55 ダ2000m(重) 2:03.4 (36.2) -0.0 フサイチピージェイ
0000.12.26 中山 師走S OP 16 019.8 0(7人) 12着 三浦皇成 55 ダ1800m(良) 1:54.0 (38.9) -1.2 クリールパッション
2010.07.03 函館 大沼S OP 13 034.3 0(9人) 12着 武幸四郎 55 ダ1700m(良) 1:45.9 (39.0) -1.5 スターシップ
0000.07.11 函館 巴賞 OP 16 028.2 (10人) 01着 長谷川浩大 55 芝1800m(良) 1:51.7 (35.1) -0.0 (メイショウレガーロ)
0000.07.25 函館 函館記念 GIII 16 014.2 0(8人) 07着 長谷川浩大 56 芝2000m(良) 1:59.3 (36.1) -0.8 マイネルスターリー
0000.08.07 函館 みなみ北海道S OP 15 016.5 0(7人) 03着 長谷川浩大 56 芝2600m(良) 2:40.7 (36.8) -0.6 トウカイメロディ
0000.09.05 札幌 札幌日経OP OP 12 013.6 0(5人) 03着 長谷川浩大 56 芝2600m(良) 2:41.1 (36.0) -0.4 トウカイメロディ
0000.10.24 東京 ブラジルC OP 16 009.6 0(6人) 06着 長谷川浩大 56 ダ2100m(良) 2:11.1 (36.4) -0.2 インバルコ
0000.11.20 福島 福島記念 GIII 15 012.4 0(6人) 04着 武幸四郎 56 芝2000m(良) 1:59.1 (35.5) -0.2 ダンスインザモア
0000.12.11 小倉 中日新聞杯 GIII 18 054.0 (14人) 16着 武幸四郎 56 芝2000m(良) 2:00.7 (35.2) -2.0 トゥザグローリー
2011.01.16 京都 日経新春杯 GII 13 133.8 0(9人) 13着 武幸四郎 56 芝2400m(良) 2:28.6 (38.5) -4.0 ルーラーシップ
0000.06.19 函館 五稜郭S OP 10 023.6 0(7人) 04着 藤岡佑介 56 芝1800m(良) 1:47.9 (34.6) -0.1 ホッカイカンティ
0000.07.10 函館 巴賞 OP 9 006.0 0(3人) 05着 藤岡佑介 56 芝1800m(良) 1:49.3 (35.2) -0.4 マイネルスターリー
0000.07.24 函館 函館記念 GIII 16 011.6 0(6人) 04着 藤岡佑介 56 芝2000m(良) 2:00.6 (36.2) -0.3 キングトップガン
0000.08.06 函館 みなみ北海道S OP 12 010.6 0(5人) 03着 藤岡佑介 56 芝2600m(良) 2:42.4 (38.1) -0.7 ネコパンチ
0000.09.04 札幌 札幌日経OP OP 13 006.5 0(4人) 02着 藤岡佑介 56 芝2600m(稍) 2:42.4 (36.5) -0.0 ゴールデンハインド
0000.12.03 中山 ステイヤーズS GII 16 048.7 (11人) 06着 丸山元気 57 芝3600m(不) 3:52.2 (38.4) -1.4 マイネルキッツ
2012.01.05 京都 万葉S OP 12 007.1 0(4人) 09着 藤岡佑介 56 芝3000m(良) 3:08.8 (36.7) -1.9 ゴールデンハインド
0000.01.15 京都 日経新春杯 GII 12 082.8 (10人) 12着 幸英明 56 芝2400m(良) 2:25.9 (36.4) -2.2 トゥザグローリー
0000.07.01 函館 巴賞 OP 12 043.1 0(9人) 10着 秋山真一郎 56 芝1800m(良) 1:49.4 (35.9) -1.3 トウカイパラダイス
0000.07.15 函館 函館記念 GIII 16 069.9 (14人) 15着 藤岡佑介 55 芝2000m(良) 2:08.2 (43.5) -7.8 トランスワープ
0000.08.04 札幌 札幌日経OP OP 11 035.8 0(9人) 02着 藤岡佑介 56 芝2600m(良) 2:39.2 (35.4) -0.4 ルルーシュ
0000.09.02 札幌 丹頂S OP 14 007.7 0(5人) 10着 藤岡佑介 55 芝2600m(良) 2:41.8 (36.9) -1.2 メーヴェ
0000.12.01 中山 ステイヤーズS GII 15 033.3 (12人) 石橋脩 56 芝3600m(良) 競走中止 トウカイトリック

血統表[編集]

メイショウクオリア血統サンデーサイレンス系 / Halo3×4=18.75%) (血統表の出典)

マンハッタンカフェ
1998 青鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*サトルチェンジ
Subtle Change
1988 黒鹿毛
Law Society Alleged
Bold Bikini
Santa Luciana Luciano
Suleika

*アンノウンウォーターズ
Unknown Waters
1998 鹿毛
Rahy
1985 栗毛
Blushing Groom Red God
Runaway Bride
Glorious Song Halo
Ballade
母の母
*ファントムクリーク
Phantom Creek
1993 鹿毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
*ダンスールファビュルー Northern Dancer
Fabuleux Jane F-No.7


3代母ダンスールファビュルーはアラジの母であり、5代母Native Partnerから広がる牝系にはダンシングキイの一族やスズカマンボなど多数の活躍馬がいる。

外部リンク[編集]