霧島賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
霧島賞
開催国 日本の旗 日本
競馬場 佐賀競馬場
創設 1986年8月17日小倉競馬場で施行)
2018年の情報
距離 ダート1400m
格付け 重賞
賞金 1着賞金800万円
出走条件 サラブレッド系3歳以上九州産馬限定
中央競馬3歳以上収得賞金1000万円以下条件馬・地方競馬3歳以上オープン
負担重量 別定
出典 [1]
テンプレートを表示

霧島賞(きりしましょう)とは当初は中央競馬、後に地方競馬で行われている競馬競走である。

概要[編集]

当初は中央競馬小倉競馬場で行われていた特別競走で、出走条件は中央競馬3歳以上[2]900万円以下・サラブレッド九州産馬であった。1997年に九州の地方競馬3場による持ち回り開催に移行するも中津競馬の廃止による影響などもあり2001年からは荒尾競馬場での開催に固定化、当地における優勝賞金最高額の競走として存在感を誇っていた。2011年限りで荒尾競馬場が廃止となったことから、2012年からは佐賀競馬場での開催となっている。出走条件は中央競馬3歳以上1000万円以下・地方競馬3歳以上全国・サラブレッド系九州産馬である。

2007年8月28日に開催が予定されていたが中央競馬馬インフルエンザの流行が確認されたことを受け、荒尾競馬組合は同月17日に中止を決定、2008年1月29日に改めて開催された。

中央場所の時代から、九州産馬にとって最大の目標とされていたレースであり、「九州産馬の天皇賞」と形容されることがある[3]

2018年の賞金額は、1着800万円、2着240万円、3着80万円、4着48万円、5着32万円と定められている[4]

歴代優勝馬[編集]

中央競馬[編集]

施行日 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
1960年7月17日 ムソウ 牡3
1961年7月23日 ヤングチカラ 牝3
1962年10月7日 カナボー 牡3
1963年10月6日 ニシモロ 牡3 山下一男 曽場広作
1964年7月12日 ゴーケン 牡4 内藤繁春 千倉政雄
1965年8月1日 ヒウガチエリー 牝4 中野勝也 田之上勲
1966年8月7日 ヒウガチエリー 牝5 中野勝也 田之上勲
1967年9月24日 マキノクラウン 牝4
1968年9月8日 アマクニ 牝4
1969年12月21日 キングスピード 牡3 2:06.1 武田悟 夏村辰男
1970年月日 フクヤング 牡3 中西武信 柳田次男
1971年8月22日 アスポロ 牡3 夏村辰男
1972年7月16日 サンコオーアリス 牝3
1973年7月29日 アサカフジ 牝3 山下一男 曽場広作
1974年月日 ヤングオー 牡3 四位満教 柳田次男
1975年8月23日 トリコロール 牝4 出口隆義 田之上勲
1976年8月21日 ソウキジン 牡4 田之上幸男 田之上勲
1977年9月27日 ソウキジン 牡5 田之上幸男 田之上勲
1978年8月19日 センシュウイチ 牝3 加用正 瀬戸口勉
1979年9月1日 ツカサパワー 牡3 1:45.6 加用正 瀬戸口勉
1980年8月30日 ダンツキング 牡3 梶与三男
1981年8月29日 ナンシンチャリー 牝3 田原成貴 谷八郎
1982年8月22日 カシノエイト 牡5 1:36.0 加用正 須貝彦三
1983年9月3日 ミリオントラッド 牝4 1:43.8 高橋隆 戌亥信義
1984年8月19日 ナンシンエクセラー 牡3 1:44.7 田島信行 谷八郎
1985年8月18日 テンマプリンセス 牝4 1:45.0 岩元市三 境直行
1986年8月7日 ヨシノサキガケ 牡3 1:44.4 吉永良人 吉永猛
1987年8月16日 ナンシンレオ 牡3 1:44.1 田島良保 谷八郎
1988年8月14日 オーゴンチカラ 牡4 1:45.0 丸山勝秀 土門一美
1989年8月13日 ニューチャンピオン 牡4 1:45.4 田原成貴 谷八郎
1990年8月11日 ケンセイレインボー 牡4 1:46.8 松本達也 藤岡範士
1991年8月11日 ウイニングヒロオー 牡3 1:44.6 田島良保 浅見国一
1992年8月16日 ウイニングヒロオー 牡4 1:44.3 武豊 浅見国一
1993年8月15日 ブーケファロス 牝4 1:45.5 田原成貴 谷八郎
1994年8月14日 ボールドテンダー 牡4 1:44.7 小屋敷昭 野元昭
1995年8月20日 ターフジェニック 牝3 1:43.9 幸英明 谷八郎
1996年8月18日 カシノテンリュウ 牡3 1:49.8 須貝尚介 須貝彦三

地方競馬[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1997年8月15日 ウットマン 牡8 佐賀 2:03.1 北村欣也 山田勇 (有)あたごホース
第2回 1998年8月13日 ウットマン 牡9 佐賀 1:39.6 北村欣也 山田勇 (有)あたごホース
第3回 1999年8月16日 インターネット 牡6 中津 2:00.6 安東章 高田豊治 吉永清人
第4回 2000年8月14日 シンセイマーク 牡5 荒尾 1:58.0 牧野孝光 畑田修治 最勝寺俊治
第5回 2001年8月20日 アイティースワロー 騸4 JRA 1:36.4 太宰啓介 柴田光陽 井門敏雄
第6回 2002年8月13日 マークオー 牡5 JRA 1:37.5 熊沢重文 松田博資 服部フチ
第7回 2003年8月12日 カシノコールミー 牝4 JRA 1:35.7 西原玲奈 須貝彦三 柏木務
第8回 2004年8月3日 ベルガモットシール 牝4 佐賀 1:36.0 山口勲 東美義 片山建治
第9回 2005年7月27日 キングプログレス 牡3 JRA 1:34.0 吉井浩和 佐山優 林順子
第10回 2006年8月9日 ターボフラッシュ 牡5 JRA 1:34.5 鮫島克也 谷潔 釘田静義
第11回 2008年1月29日 ナセ 牡5 佐賀 1:35.2 鮫島克也 東美義 片山建治
第12回 2008年9月10日 テイエムジカッド 牡5 JRA 1:34.8 村島俊策 木原一良 竹園正繼
テイエムミゴテカ 牝5 JRA 和田竜二 岩元市三
第13回 2009年9月9日 カシノヨウスケ 牡4 JRA 1:33.9 吉田隆二 須貝彦三 柏木務
第14回 2010年8月26日 テイエムヨカドー 牝6 船橋 1:35.3 森泰斗 渋谷信博 竹園正繼
第15回 2011年8月24日 メモリアルイヤー 牝3 JRA 1:34.4 川田将雅 村山明 西村新一郎
第16回 2012年8月15日 テイエムハエンカゼ 牡3 JRA 1:26.8 芹沢純一 鹿戸明 竹園正繼
第17回 2013年8月13日 カシノデューク 牡4 JRA 1:27.6 鮫島克也 二本柳俊一 柏木務
第18回 2014年8月19日 テイエムゲッタドン 牡3 JRA 1:28.1 和田竜二 山内研二 竹園正繼
第19回 2015年8月18日 カシノランナウェイ 騸5 JRA 1:27.8 大下智 池添学 柏木務
第20回 2016年8月18日 キヨマサ 牡4 JRA 1:28.2 福永祐一 大根田裕之 岡浩二
第21回 2017年8月16日 キヨマサ 牡5 兵庫 1:28.1 内田博幸 松浦聡志 岡浩二
第22回 2018年9月11日 コウユーヌレエフ 牡4 JRA 1:28.0 川又賢治 齋藤崇史 加治屋貞光
  • コース:ダート。第1・3回 佐賀競馬場 1800m、第2・5〜15回 荒尾競馬場 1500m、第4回 中津競馬場 1760m、第16回〜 佐賀競馬場 1400m
  • 第11回は馬インフルエンザ発生による影響のため、2007年8月28日の予定だったが延期された。
  • 出走条件:中央競馬旧4歳(3歳)以上1000万円以下[5]・地方競馬旧4歳(3歳)以上全国・サラブレッド系九州産馬
  • 2000年以前の優勝馬の馬齢も現表記を用いる。

各回競走結果の出典[編集]

馬主の出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成30年度 ダートグレード・重賞競走日程表”. さがけいば. 2018年9月9日閲覧。
  2. ^ 馬齢は現在の表記。以前の表記では4歳。
  3. ^ “藤岡厩舎の躍進を支える今年JRA未勝利の大下”. スポーツニッポン. (2015年8月21日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2015/08/21/kiji/K20150821010974030.html 2015年9月1日閲覧。 
  4. ^ 12R 霧島賞(中央交流)|2018年9月11日(火)12回佐賀2日”. JBISサーチ. 2018年9月9日閲覧。
  5. ^ 1997年2000年は900万円以下。

関連項目[編集]