村島俊策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
村島俊策
Syunsaku-Murashima.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県熊本市
生年月日 (1982-01-12) 1982年1月12日(37歳)
血液型 A型
騎手情報
所属団体 荒尾競馬組合
所属厩舎 平山良一(荒尾
勝負服 白、胴紫右襷、袖赤一本輪
初免許年 2001年
免許区分 平地
騎手引退日 2011年
テンプレートを表示

村島 俊策(むらしま しゅんさく、1982年1月12日 - )とは、地方競馬荒尾競馬場に所属していた元騎手である。熊本県熊本市出身[1]地方競馬教養センター騎手課程第73期生。

来歴[編集]

2001年3月31日付けで地方競馬騎手免許を取得[1]。同年4月7日、荒尾競馬第2競走(アラブ系B3条件戦)チュウオーサンゴでレース初騎乗[1](8頭立て2番人気5着)。同年5月14日、荒尾競馬第2競走(アラブ系B3級条件戦)にてチュウオーサンゴ(8頭立て6番人気)に騎乗し、通算22戦目で初勝利を挙げる[1]

2006年10月31日、荒尾競馬第8競走の第27回九州ジュニアグランプリでフジヤマロマン(12頭立て2番人気)に騎乗し逃げ切り[2]重賞初制覇となる。

2007年1月、地方競馬通算100勝達成[3]10月6日から8日にかけて盛岡競馬場で行われたM&Kジョッキーズカップに出場[4][5]し、8日に行われた第3戦で優勝した[6]

2008年8月9日小倉競馬第11競走のフェニックス賞(2歳オープン)でエンジェルアリスに騎乗し、中央競馬初騎乗(9頭立て7番人気7着)。同年9月10日、荒尾競馬第10競走の第12回霧島賞で7番人気のテイエムジカッドに騎乗し、2番人気テイエムミゴテカと同着優勝した(12頭立て)[7][8]。同年11月16日、荒尾競馬第6競走の頑張れ荒尾トータリゼータ杯(サラ系C-1組)をスーパーナイナーで優勝(9頭立て4番人気)し、地方競馬通算200勝達成[1]

2010年8月7日、荒尾競馬第6競走(C-17組一般戦)をサンデイルックで優勝(6頭立て1番人気)し、地方競馬通算300勝達成[3]

地方通算成績は3153戦301勝・2着334回・3着388回(2010年8月22日現在)。中央競馬3戦0勝。

おもな騎乗馬[編集]

  • フジヤマロマン(2006年九州ジュニアグランプリ)
  • テイエムジカッド(2008年9月霧島賞[9]
  • テイエムゲンキボ(2011年九州記念

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]